思い切って買ったこたつ

前々から欲しかった葉っぱのこたつを買ってしました。。。
結構、お高かったです。

形もそうなんですが、天板は本当に凝っていて、端部がカールしていたりするんです。
使いにくそうな気もするんですが、そういう人は、真四角のを買えばいいわけです。
気に入って買うので、これはこれでいいんだと思うのです。

6 様も興味津々です。
冬本番には、こたつに入って、丸くなってくれるもんでしょうか、気になります。

それはそうと、バッテリーの件で書き忘れたことがあります。

卒 FIT というらしいのですが、うちの母屋もソーラーを導入してからかれこれ 10 年になるのではと思うのです。
母屋はオール電化なので、災害への備えとしても、蓄電池には興味を持っているんです。

記事によると、約 100 万、それでいて 10 年保証ということになっています。
母もあと 10 年くらいは自宅で生活できるでしょう。
ここからもが問題で、金利も考えると、月に 1 万円くらいの設備コストがかかるわけですが、ペイするかどうか、ってことです。

卒 FIT により売電単価が仮に 0 になるとして、そうすると夜間等、電気を買っている部分が浮くのかなということですが、このことはすなわち、月に最低でも 1 万円も電気を買わないと、電池のコストが賄えないということを意味します。
無論、10 年以上電池は使えるのかもしれませんけど、家自体の寿命や生活スタイルの変化というリスク要因を考えると、10 年で少なくともイニシャルコストが回収できる、ということで考えてみないといけません。

そうすると、1kWh が 25 円平均としても、400kWh も使わないといけません。
発電容量自体が、4kWh なので、年間 4000kWh 程度しか発電しないのですから、もうこの時点でアウトです。

もっとわかりやすく書くと、根本的なこととして、そもそも月に 1 万円も買電しているなら、その生活スタイル自体が終わっているということがあって、さらに、昼間は発電した電気を消費するのだから、発電量 100% が蓄電に回せるわけではないにも関わらず、発電量自体が平均として、月に 400kWh もなく、深夜はオール電化割引で単価が安いく、全くペイしない、ということです。

災害時のバックアップと考えても、発電機等もありますから、まだテスラパワーウォールでも元は取れそうにありません。

逆に考えると、劇的にやすいと言われているテスラパワーウォールの、さらに 1/2 — 1/3 になればペイする可能性が高い、と思います。
ただ、これも、工事費というゲタがあり、ここは下がる要素が微塵もないので、電池単価自体は、1/3 — 1/4 くらいに低下しないといけないと感じます。

当面は電気を捨てた方がエコロジーってことのようです。

続 マキタバッテリ

昨日の話の続きです。

気になったので、リチウムイオンバッテリのことを調べてみました。

確認したところ、

お客様のお問合せのリチウムイオンバッテリの件ですが、SP188に該当するか・・につきましては、バッテリのWhが関係して参ります。

バッテリが18Vの6.0Ahでしたら、100Whを超えるバッテリになりますのでSP188の要件を満たすことができません。

18Vの5.0Ahでしたら100Whを超えない為問題ございません。飛行機の機内にも持ち込み可能です。

とのことで、要するに 100Wh を超えなければ問題なく輸送できそうです。

それと、新型, 40V XGT というシリーズが出ましたね。

当然こちらに移行していくことになると思いますが、うちはまだ 14.4V も 18V に混在して一部しぶとく生き残っているような状態ですから、少なくとも後 5 年は 18V でいくと思います。

それはそうと、最近、少し気になったことがあります。
台風による停電が長引いたりしたこともあると思いますが、いわゆるモバイルバッテリーの宣伝が目につくんですが、あれ、100,000 m Ah みたいな表記なんですよね。

パッと見、なんか物凄い容量ってイメージがあるんですが、冷静に考えると、小学生だか、中学生の時に計量, 度量衡を習ったときに、アホのように桁が多くならなように、大きい方については、水(液体)だったら、リットルが、1/10 のデシリットル、1/1,000 のミリリットル、あるいは、1000 のキロリットルとか、適切に使うように習ったと思うんですけどね。
まあ、半世紀も前の話なんですが。

それに、もう一つ、ミリ表記はさておき、何で Ah なのよ、ってことです。
その上、電圧を書いてないんです。
ちょっと調べたら、

mAh(ミリアンペアアワー)というのは、バッテリーの容量を表しています。
数が大きいほど、バッテリーにためる電気の量が大きく、一度に充電できる量が多くなります。
ただし、バッテリーの電圧(V)が違うと単純に比較はできません。以下の詳細を参照ください。
※エレコムでは容量は3.7V換算で統一しております。(2014年10月現在)

ってことで、3.7V らしいんですけど、何なのその電圧は、そして、エレコムでは ってことは、他所は知らんがなってことだし、2014年10月現在 ってことは、もしかしたら電圧は変えるかもね、ってことです。

こんな表記では、容量をまともに判断できないんじゃないかと思います。
東京ドーム何個分的、iPhone X を 5 回満充電できる、の方がまだマシに思えるレベル。

前に欲しい的なことを書いた Anker PowerHouse ですが、これなんかも、434Wh / 120,600mAh と表記をしているんですね。
計算すると、電圧は 3.6V のようです。

434Wh 分のバッテリに、DC/AC インバータだの、DC/DC コンバータだの、そういう部分を考えるとまあ、割安だと思うんです、何も持っていない前提なら。

ただ使用頻度を考えると、今でも 5 万ほどしていますから、微妙に思うんですよね。

現実問題、もし USB の充電ができればいいのなら、空調ジャケットのアダプタは USB がついていますし、うちのはスピーカーだけど、ラジオ機能付きもプレイヤーもあったりして、それにも USB ポートがあります。

バッテリの充電をどうするのか、という問題については、充電器が必要になる、というのは最大のデメリットだと思うんですが、うちの場合は、12V DC のものもあるんで、車でも充電できるし、車のハイバッテリを使っている独立型太陽光発電でも充電できるし、100V だと、太陽光のパワコンの非常用 100V からも充電できる、そう思うのです。

それと、もう少し根が張るんですが、エネポ という選択肢もアリかとも思うんです。

facebook で奥さんが知らない間に買ってきた、と嘆いていた旦那さんがいたんですけど、奥さんのチョイスは正直悪くない思いました。

理由はいくつかあるんですが、

  • ガソリンは危ない。花火大会での爆発、新幹線や京アニの放火に見る通り、女性や子供など、扱いに慣れていない人もいる環境で使用するべきではない。
  • ガソリンは長期保管できない。キャブレータが必要。

の 2 点だけでも、防災用としては適さないとはっきり言えると思います。

その点カセットガスについては、阪神大震災を機にカセットの統一がなされているので入手も容易で、長期保管も可能。
かつ、扱いもガソリンに比べれば、格段に安全で容易だと思います。

ただまあ、旦那さんの嘆きの一部同意できる点もあって、奥さんのメインの目的は、冷凍庫の中身を守ること、だったわけです。
このガス発電機は、長時間運転できないんですよね。。。

家から持ち出さないでほぼ据え置きでいいのなら、非常用ならプロパンガス発電機が一番だと思います。
プロパンガスボンベが流されるほどなら別ですが、あれなら、ガス会社がいつもボンベを管理してくれるし、超小型のボンベなら今でも充填してもらえるから持ち運びもできるし、カセットガスよりも、気温が低い時にも安定すると思います。

えらく話が脱線したので元に戻そうと思いますが、いろいろあって、結局、セットを購入してみました。
うまく輸送できるかどうか等は、おいおい報告させていただこうと思います。

マキタの 18V ツールを物色中

単なる置き忘れか、それとも盗まれたのか。。。
ブロワーが見当たりません。

社殿など、この時期はそうでなくとも落ち葉等ですぐに汚れてしまうのですが、台風による強風もあって、ブロワーがなくて、清掃の効率が悪く、かなり困りました。

今使っているのは、普通の(?)18V なんですが、思い立って 18+18 で 36V のタイプを買ってみました。

とりあえず、評価はほぼ ★ 5 ということで、外すことはまあないかなというところです。

ついでにオプションのノズルも注文しました。
いらないかなとも思ったんですが、そんなに高くないように思うし、あったら便利かもしれませんから。

バッテリーと充電器のセット品の方が割安感はあるんですが、リチウムイオン電池の輸送が面倒くさそうなので、とりあえずベアツールです。
セット品だと、+$200 ほどで、バッテリ 5Ah x 4 と、充電器(2 個同時タイプ)がついてくるので、充電器を無視しても、バッテリが $50 ってことになるのです。
5Ah の純正品は、国内品だと後から買うと 15,000 円くらいはしますから、10,000 円で売ったら、タダでブロワ本体と充電器をゲットってな寸法ですよ。

わざわざ冬には参入しようとは思いませんが、セット品を買ってバラして並行品を売る商売は、競争が激しいので利益は薄そうですが、うちの場合、トレーラ輸送や倉庫が自前で、今はキャパが余りまくっている状態なので、夏にすることがないなら、いいのかなとも思ったりしています。
電池の輸送についても、おいおい調べていないといけないと思います。
そういう障壁がある方が、片手間のセドラーの参入が防がれている分、不毛な消耗戦にならずに済む気がしますから。

まあ、そういう商売目線は横に置いておいて、ちょっときになるアイテムがサジェストされたんです。

ちょうど 18V の刈払機が壊れている(らしい、貸し出しているので詳細不明)、なんとかしないとと思っているわけですが、まあ、背負いのエンジン式もあるわけで、それでやってやれないことはないんですけどね、そこまででもない時のがちょっと欲しいわけです。
現実問題、18V だと弱くて、返付きの刃を使うとそれだけでしんどそうで、電池もあっという間に空になってしまう状態でしたから、36V タイプがよろしいのではないかと思っていたのです。

日本にあるのか知りませんけど、先端部分、というか、要するにアタッチメントになっていて、ナイロンカッターだとか、高枝チェンソーだとかになるわけですよ。
器用貧乏臭が漂ってはいますが、ヘッジトリマーにもなるようです。

とりあえず、バッテリをどうするかは置いておいて、ナイロンカッターのセット(バッテリー付き)で $400 くらい。

出典 Amazon.com

ヘッジトリマーは置いておいて、高枝切りについては、地上からやるならエクステンションがいるけど、カゴに乗ってやるならいらない気もするんですけ、まあ、一式だと、

といったところですが、こういうのって、持ったら重くて使う気にならない、なんてパターンもあるんで、まずは実物を見て考えたいところ。
でも、日本のラインナップ にはない模様。

シアトル(タコマ), ロス便のスケジュール決定

カナダ・バンクーバ便ですが、先日以下のように連絡がありました。

VSL: OOCL KAOHSIUNG V. 103W
ETD VANCOUVER: 10/17
ETA BUSAN: 11/4
ETA MATSUYAMA: 11/16

貨物の写真が届いていたんですが、すっかり見落としていました。
注文品の JØTUL(ヨツール)F 400 もちゃんとあります。

シアトル(タコマ)便ですが、今日、B/L のドラフトが届きました。
ETA, ETD 等は記載なしですが、本船は、HYNDAI FAITH と記載されていました。

TACOMA, WA (W)
Arrival 2019-10-16 16:00
Berthing 2019-10-16 22:00
Departure 2019-10-18 18:00
BUSAN, KOREA (W)
Arrival 2019-10-30 18:00
Berthing 2019-10-30 19:00
Departure 2019-10-31 14:00

というわけで、本日、タコマ入港、次は朝鮮の釜山に 10/30 なので、ここで積み替えが生じるのですが、接続に一週間と程度とすると、11/6 くらいに神戸という感じかなというところです。

ロス便ですが、

VSL: ONE HANNOVER V. 079W
ETD LAX: 10/21
ETA KOBE: 11/6
2 PALLETS

ということで、ほぼ同じタイミングなので、まとめて通関できそうです。

問題は、薪の納品です。

関東に納品に行きたいのです。
あまり先に伸ばすと、凍結の心配があるし、シーズンに入って販売も始まるわけで、ギリギリのタイミングかなと思います。

11/6 に通関ができるとは思わないのですが、翌々日の金曜日だと下手を打つと二進も三進もいかなくなるので、無難なところだと、11/11 の月曜というところでしょうか。
流石にとんぼ返りはしんどすぎるので、予備日を 1 日設け、

6 日, 神社が終わり次第出発、この日は与島まではいきたいところ。
7 日 賤母までは行きたいところ。
8 日 到着、荷下ろし。
9 日 予備日、出発。賤母くらいまでは戻りたいところ。
10 日 神戸着。
11 日 通関作業等。
12 日 愛媛着。

なんとか、神社の仕事にも影響が出ない感じのスケジュールだとこんな感じでしょうか。
ただ、アメリカの 2 便のスケジュール次第で、現時点では、少なくともタコマ便に関しては推測です。

雑貨類に関しては、在庫がほとんどないので、そちらの通関を最優先でやらないといけないんですが、薪乾燥機の工事もあるし、なんとも微妙なところです。
このスケジュール通りなら、予約品の納期ですが、アメリカからのものは 11 月中旬、カナダからのものは、11 月中旬〜下旬、となりそうです。

明日は、朝一で歯医者、午後は、Vio-30 のドーザーシリンダの O/H が終わったそうなのでその引き取りと、薪乾燥機の組み立て時に日本に来てもらうエンジニアさんのビザの申請書類などをやろうと思います。

このところ、朝晩めっきり寒くなってきたので、帰りに アイソウ にこたつを買いに行けたらいいなとも思います。

北条祭り終了

4 日間の北条祭りですが、とりあえず無事に終えることができました。
ほっとしていますが、疲れもどっと出ています。

とにかく台風が心配でなりませんでしたが、幸いに愛媛・松山は風が強かったくらいで、雨が降るわけでもなく、行事も滞りなく行うことができました。
その一方で、亡くなった方もいらっしゃいますし、今も避難を余儀なくされるほどの被害を受けた方、そこまでではないにせよ、生活の基盤にダメージを受けた方も少なくないと思います。
まずは、お見舞いを申し上げますとともに、早期に生活が再建されるようにお祈り申し上げます。

お祭りが終わって、夕方、白と 5 号と、6 号と散歩しました。
直会で飲んだので、家に帰れないので 5 号に迎えに来てもらったのです。

それで、うちの隣の八幡さまの参道に、自分が確か小学校高学年くらいの時に引っ越してきたんですが、目魯止神社の小さな祠があるんですね。
そこの祠がなくなっていてびっくりです。
どういうことだろうかと見ていると、すごく可愛い子がいましたが、向こうも、6 号が気になるようです。
写真を撮ろうとしたんですが、なかなかすばしっこくって、ようやく撮った一枚です。

散歩の途中で同じ組のおじさんに会ったので、一緒に散歩をしながら世間話をしました。
祠ですが、どうも屋根が痛んで昨日屋根を剥がしていた、ということなので、修理に出したようです。

今回の秋祭りですが、以前総代をされていた方、複数が亡くなったと聞きました。
他にも顔を見ない氏子さんがいたので、元気ですかと聞いたら、亡くなったと知らされました。

組のおじさんも 80 になったんだ、ということを言っていて、自分が歳をとるように、周りの人も同じく歳をとります。
近所の方、お世話になった方、今回の台風のような災害がいつあるかわかりませんし、周りの人ともう少し、話をしたり、いわゆる近所づきあいといか、そういう機会を持ちたいと思いました。

明日は神社の祭日なので、まだ少し神社の仕事が続きます。
もうひと頑張りしたいと思います。

17 日は、午前中は歯医者なのですが、午後からは、薪乾燥機の作業を再開したいと思っています。
今年の冬の薪のことのお問い合わせを少しづつ頂いているんですが、強制乾燥した薪については、乾燥機の工事がいつ終わるのか、はっきりとしたことが見えていないので、なんとも言えないところです。
自然乾燥薪の在庫はありますので、当面はそちらでの対応となりますので、ご了承ください。

Brave(ブレイブ)20t のタンク不良その後

ちょっと宣伝です。

いよいよシーズンインという感じになってきたので、お店の方もささやかにセールをしています。

最近は、より多くのお客さんにご利用いただいていており、扱う貨物の量も増えてきました。
お陰様で安定した輸送ができ、コストが少しづつ下がっています。
消費税が増税となりましたが、増税前に仕入れたものであり、かつ、今のところ免税のため、便乗値上げする必要もないため、販売価格の値下げ、さらに割引とで、むしろ格段に安くなっているアイテムもあります。

例えば、FISKARS IsoCore Maul は、税・送料込みの価格を 10,999 円に引き下げ、10% off となっています。
また、FISKARS X27 も、税・送料込みの価格 9,999 円の 10% off で 9,000 円なので、増税前よりも安くなっています。

そのほかにも、輸送中で納品までしばらくかかるアイテムについて、予約割引価格のものもあります。

ぜひ、Hearth & Home 暖炉家(だんろや) にお立ち寄りいただければと思います。


Brave(ブレイブ)20t のタンク不良のその後です。

お客さんより、写真をいただいたんですが、やはり溶接割れ、という感じです。

タンクの不良は、作動油が漏れたりして周りを汚す上に、修理するにも作動油を抜いて、溶接するにも塗装するにも脱脂しないといけないので、大変な迷惑をお客さんに強いてしまいます。

初期不良が 1 件ありましたが、割れについては、これが 2 ケース目です。

このケースは、稼働時間がわずか 30 時間あまりですし、エンジンマウント部をぶつけたりしたこともない、ということで、雑に扱っているうちのものよりもはるかに丁寧に、そして日々きちんとメンテをしていただいていたものだけに、使用方法に問題があったとは到底思えませんから、溶接自体が良くなかったのか、というのが率直な感想です。

このモデルは一番売れているのですが、とはいえ、100 台も売れていませんから、分母が小さいのでなんともいえない部分ではありますが、今のところ、率でいうとかなり問題があります。

電動化するとなると、モータを積まないといけませんし、作動油の量も、12L と微妙なところで、どの道、この部分は国内で製作する必要があると感じています。

不良が保証対象だったとしても、形が形で、過去の例でいうと、これを一つポンとパレットの上に乗せられたものですから、海上運賃だけで 3 万くらい掛かって、国内運賃も、何千円も掛かかり、あまりにとんでもない金額で、お客さんに請求できなかった、という事案がありました。
梱包のことは、日本のようにきちんとしたことをしてくれることは望めないので、とても難しいところです。

もう一つ思うことは、各パイプをフレーム兼作動油タンクとして使うことの是非です。
フレームとタンクが別体なら、万一、フレームが痛んでも、ここまで手間ではないと思うのです。

前回の出荷から梱包をし直して、個人宅にも配送できるようになった訳ですが、今後はフレームを選べるようにしようかなと思っています。
必然的に、国産フレームを選ぶ人がいれば、今までのフレームが余るので、万一があっても補償に回せます。

まだ、秋祭りが終わっていないし、秋祭りが終われば、薪乾燥機のことや、山に溜まっている原木のことなどもありますので、まとまった時間を取ることがなかなかできないんですが、この件も、早めに処理したいと思っています。

Vipukirves, Leveraxe Classic MX – 36 インチ 薪割り斧

うまく投稿できていませんでした。
そのため、すでに完売しております。


表題の通りなんですが、キワモノ中のキワモノ、Vipukirves ですが、ついにお店に登場です。
まあ、殆ど売れないと思いますけど。

うちで扱っているのは、一番オーソドックスでクラッシックな、まさに Vipukirves って感じの Leveraxe Classic MX になります。
Vipukirves のカタカナ表記は登録商標だそうで、商品名への併記を控えております。

ちなみに国内に正規ルートもあるんですが、並行品の販売は禁止 とサイトに書いてあり、すごい代理店さんがあるものだと、驚いています。
商標として登録するのはいいとしても、並行品の販売を禁止するというのは、いささか穏やかではありません。

それ以前の問題として、我が国には「独占禁止法」という法律があります。

総代理店契約が輸入品について行われる場合において、第三者が契約当事者間のルートとは別のルートで契約対象商品を輸入することがある(以下これを「並行輸入」といい、商標権を侵害しないいわゆる真正商品の輸入を前提としている。)。
 並行輸入は一般に価格競争を促進する効果を有するものであり、したがって、価格を維持するためにこれを阻害する場合には独占禁止法上問題となる。

真正商品の並行輸入を阻害するのは、独占禁止法上問題 ではないでしょうか。
ただまあ、「価格を維持するためにこれを阻害する」という行為は、平然と行われているんですけどね。

あ、いうまでもないことですが、うちとうちのアイテムは日本国内の正規代理店さんとは、一切関係ありません。

北条祭り 1 日目と台風

北条祭りの 1 日目は無事に終わりました。
こちらは風はあるものの、雨もなく、警戒していた割には、被害は全くありませんでした。
ただ、祭具などは痛むと高額で、修理もままならないため、祭典終了後、速やかに収納しました。

関東地区の方は、夜半に上陸するとのことで、気をつけてください、以外の言葉が見当たりません。
被害が出ないことを、出たとしても最小限の物的な被害で済むようお祈り申し上げます。

それはそうと、今回の台風に関して、Twitter 等で流れてくる情報で不可解に思ったことがあります。
それは、窓ガラスにテープを貼るとか貼らないとか、そういう話です。

最初は、FNN にまとまっているような情報でした。

ところが、そのうちに、

という情報が出て、最終的には、貼った方が帰って強度が落ちる説まで出たわけです。
結局どうなのか、気になっていますが、窓の対策は、愛媛でも今後重要になるかなと思いました。

このバズったツイートは、

というツッコミがあって消えたようです。

愛媛のような台風があまり来ないところでも、結構、被害にあってるんですよね。
その中で、窓の被害は過去に 2 回あって、1 回目は、雑貨などをしまっている倉庫の窓が、窓枠が老朽化していて、窓ごと吹っ飛んでしまった件と、神社の窓(木製建具にアクリル板をはめ込んである)が風圧に耐えられなかった件です。

前者はどうもブログには書いていなかったようですが、普通に農協から共済金が下りて、足りなかったのですが、直さないわけにもいないなので、普通に追い金して直しました。
足りなかったのは、単純な理由で、「壊れたところ」だけしか下りなかった、からです。
壊れるのわかっているので、全部直したわけです。

後者も全く同じ状態で、壊れたところだけ農協から共済金が下りて、壊れないけど、壊れそうなところも含めて、全部直しました。
以来、台風の被害は発生していません。
かなりスリムなビスで止めてくれはしたんですが、経年で、ビスを打ったところがひび割れてきています。
アクリルなので、紫外線で劣化していくため、あと数年すると耐用年数になると思われますので、次回はポリカにした上で、ビスを打つ位置には下穴を開けるようにしようと思います。
また、風圧で建具下部から雨水が浸入しないような、止水と風圧に耐えるための何らかの閂的なものを取り付けられる工夫もしておきたいと思います。

窓とは違いますが、とらっくのドアは大きく、風で持って行かれていたんだこともありました。

こういうことはやはり経験しないと気づきにくいです。
ただ、今回の台風では、ニュースサイトで、この危険性が周知されていました。

個人的には、内側からやるのが良いかどうかは別として、この方の対策はかなり気合が入っているなと思いました。

でも、一番手っ取り早いのは、窓の外にコンパネで蓋をすることではないかと思います。
そういう意味では、ゾンビが来襲してきても、入ってこられない対策をしておけば完璧そうです。

いよいよ明日から北条祭りです

自分は何月何日とか、何時何分とか、期限が決まっていることがものすごく苦手です。
だから、子供の頃から遅刻はするし、会社員になっても、時間通りの勤務というのは土台無理なので、一人フレックス状態(というよりも会社に住んでいるに近い)でした。
神社の仕事は、うちのような一人神主だと代えが効かないので、とてもストレスなんですよね。
それでも、電車やバスなんかの運転士さんほどではないとは思うんですが。
そんなこんなで、準備自体も、なかなか捗らないのでした。

それに今回は、台風が来ています。
四国はそれほどでもない予報ですが、関東、特に千葉は前回に引き続き、今回も影響が出そうで、とても心配しています。
まあ、こればっかりはどうしようもないんですが。。。

松山祭りが終わったお宮は、提灯や幟を片付けたんですが、北条祭りはこれからなので、出したり、しまったりのタイミングを誤って破損させると予算が厳しいのでとても困りそうで、結局、ギリギリまで出さない、という選択をしました。
なので、明日は早起きして、風の具合を見ながら、準備を整えたいと思います。

それはそうと、少し気になっていることがあります。
なんでも、新しい X-Cut なるソーチェンがあるらしく、切れ味が抜群によろしい とかなんとか。

早速値段を見てみると、うちのに適合するのが SP33G-72E になるのですが、結構高くて、1 本 2,000 円以上しています。

まあ、大手の通販だともっと高くて、そういうところの養分になる程、情弱ではないつもりなんですが、北米でも一本 $20 するので、手間を考えると Amazon.co.jp で買ったほうが良さそうです。

今使っているソーチェンの 2.5 倍はするんですが、とても 2.5 倍切れるとは思えませんが、それなりに作業効率の改善が期待できるのなら、価格差は 1,500 円に届かないので、ソーチェンの寿命の間に 1 時間程度の労働効率の向上が見込めれば、元が取れることになります。

まだ、買いだめてあるチェンがあるのですが、とりあえず試してみたいなと思う今日この頃です。

次回の TrueNorth TN20 の入荷予定

品切れしてしまった TrueNorth TN20 ですが、入荷のスケジュールが確定しました。

VSL: OOCL KAOHSIUNG V. 103W
ETD VANCOUVER: 10/17
ETA BUSAN: 11/4
ETA MATSUYAMA: 11/16

接続が微妙な感じです。
最悪、もう一週遅れるくらいに思っておいた方が良いかもしれません。
バックオーダーの JØTUL(ヨツール) F 400 も入荷予定です。

それはそうと、品切れが多発している Lodge(ロッジ)製品 ですが、こちらも来週の出荷です。
クッキングウェア類のパレタイズが終わり、梱包の様子を送ってもらいました。
日本に着くまでに厚生労働相に提出する書類の自動作成スクリプトを完成させたいと思います。

それ以外の雑貨類も入ってくるので、そしたら検品作業が大変そうですが、このところ、めっきり気温が下がって快適に作業できるのが嬉しいです。
資金力がないので、冬の商材を満足に仕入れることができませんでした。
薪割り機を値上がり前にストックしすぎたように思います。
単価が高いので、今後は、回転率の悪い商品は、やはり無理をしてまでストックしないようにしないとです。
まあ、何事も経験です。

今日は、連休は北条祭りなので、その準備をしました。
紙垂を新しくつけ直したんですが、台風で飛ぶかもしれませんが、かといって、古いままというわけにもいかないですしね。
今の所、予報では、土曜日の祭典と準備の間は、影響がありそうなのですが、日曜日の地域全体での子供神輿、月曜日の各地区の神輿とは、とりあえず、降水確率は低いので、ホッとしています。
火曜日まで祭典があるので、頑張りたいと思います。

あと、台風の対策として、のぼりや提灯の格納などもしました。

明日も本殿の清掃など、お祭りの準備と、余裕があれば、雑貨の検品・梱包・出荷等も進めていきたいと思います。
ボチボチ頑張ります。