組み立て作業のその後

今日は神社だったので、終わってから、様子を見に行きました。

ドアも取り付いて、天井部分もあらかたでできていました。
排熱回収器だとか、煙突との取り合いだとか、そのあたりは、まだっぽいですが、フレーム部分をフォームスプレーで断熱し始めていたり、予定よりも少し早い気もしないでもないです。
明日も引き続き作業を進めるということでしたので、それなりに頑張りたいと思います。

それはそうと、寒いのもあるし、しばらく放置してあったのもあると思うのですが、昨日ユンボのエンジンがかかりませんでした。
新しいのを買おうと思ったのですが、サイズを確認するのを忘れていました。
というわけで、80B24L のようです。
5 年働いてくれたので、御の字ですね。

昨日持って帰ったものが多少玉きりされていました。
なぜか人力で。
どうしてプロセッサを使わないのでしょうかね。

乾燥試験用の薪を作るため原木を運びました

今日は乾燥試験用の薪を作るため、とりあえず、10t 程原木を運びました。
段取りがイマイチで、昼からの作業になってしまい、結局、1 回だけしか運べませんでした。

山ではボブキャットでトレーラのそばまで原木を運び、それをトレーラに積んだユンボで掴んで積み込みました。
持って帰ったら、その逆で、原木をフォークリフトに積み込んで、重量を計測して、はい積みしていくわけです。

降ろし終わったら真っ暗でした。

乾燥機ですが、フレームに関しては完成していて、天井部分の内張にかかっていました。
進捗は計画通りか尋ねたら、今のところ順調、ということです。
来週くらいから、断熱処理と、ワイヤリング、油圧系統の接続などを行う予定です。

明日は神社なのですが、夕方顔を出したいと思います。

薪乾燥機 組み立て 2 日目

乾燥機の組み立て 2 日目です。

朝からラフターを手配し、まず最初に chip bin の据え付けを行いました。
基礎のサイズが違っていたり、cross feeder との嵌合部分が、バン出しの際にフォークリフトの爪で持ち上げて歪んでいて、ガスで炙ってから修理したりと、思ったよりも手間取りましたが、それなりに据えることができました。

午前中には、firebox と heat exchanger との接合も終わり、なかなか順調の気がします。

夕方までにはあらかたのメインのフレームも組み上がりました。
タッピングビスでもんて固定していくんですが、ステンレスなので、鬼硬くてものすごく大変です。
ちょっと筋肉痛になるかも。
フォークリフトの高所作業カゴがなかなか役立っています。

明日は、他のスタッフさんに任せて、乾燥試験で使う薪がないので、原木を取りに行きます。

それはそうと、迷惑メールに振り分けられていて気づくのが遅れたんですが、次の神戸便の A/N が届いていて、12/3 に入港、12/4 に搬入済みでした。
フリータイムが 9 日までとか、計算が合わない気がするんですが、車検が終わってないので、その日程は難しそうです。
まだ書類が何も手付かずなので、これもボチボチ進めていこうと思います。

薪乾燥機の組み立て開始

米国からエンジニアの人たちが来日したので、今日から薪乾燥機の組み立てを始めました。

最初に乾燥機について検討をし始めたのが 2014 年の 9 月ですから、かれこれ 5 年越しです。
というか、薪を作り始めてもうそんなになるですね。

怪我の功名というか、長くかかった間にシステムが大幅にアップグレードされて、昔はコロ薪のようなもっと大きな塊をバスケットに供給するかなり大掛かりでメカニカルなシステムだったんですが、燃料がチップに変わってより安定して長時間無人運転が可能になり、機械もコンパクトになりました。
オペレーションにかかる労務費は相当違ってくると思います。

で、組み立てです。

まず、一番最初に、メインのユニットとなる firebox, チップを燃焼させるユニットですが、写真でいうと黒い箱を設置しました。

続いて、緑色のパーツが cross feeder で firebox にチップを供給するためのユニットです。
斜めになっている部分は、スクリューコンベアになっています。

その後、firebox の上に heat exchanger を載せて、壁のユニットを組み立てたところで今日はタイムアップです。

cross feeder の上に chip bin, チップを保存しておいて、それを少量づつ取り出す箱を載せる必要があるんですが、空でも 4t くらいあるのです。
うちのユニックではとても無理なので、明日は朝一にラフターを手配してあるので、今日よりも少し早めにスタートしたいと思います。

それと、かねがねの一番の懸案が日本とアメリカとの電圧の違いで、向こうは三相は 240V とか、400V とかなんですが、200V にも対応するであろうモータでやってもらっていたんですが、起動するかどうか、荷受してから試していませんでした。
真っ先に、一番大きなモータ, 15kW のものですが、試験をして、無負荷、負荷状態、ともに始動することができました。
ただ、単相の容量が 20A で、30A 必要なのが足りてないので、ここはキュービクルの方を工事しないといけなさそうです。

スケジュールは、今週中はフレーミングで、来週くらいでシート張りと断熱、3 週目で油圧や電気関連のインストールとテストの見込みです。

明日もボチボチ頑張りたいと思います。

それはそうと、貨物の件です。
次の神戸、松山、どちらの荷物も最初の本船は先月末には釜山に入港済みです。
接続待ちというところですから、一週間以内くらいに届くのではと思います。
まだ、書類も何もやってないんですが。。。
最近は歳なので、疲れてすぐ寝てしまうんで、ちっとも書類仕事が捗らないんですが、これもなんとかしたいと思います。
神戸に行くタイミングでは、薪の納品とヘッドの車検整備も済ませたいと思います。

それと、先月分の貨物が溜まりに溜まっているのですが、まだ一部揃っていないものもあります。
今週末でカットして、来週には積み込みを始めたいと思いますが、インボイスをまとめてダウンロード保存する件については、ほぼ問題ないレベルに完成したんですが、tcpdf での変換がダメダメすぎて、というか、JavaScript を実行できないようで、保存した HTML を PDF に変換する際のクオリティが低すぎて使用に耐えません。
背に腹は変えられないので、System Event を使って、むりくり Safari で PDF にするように試してみようと思います。
ダメなら、人力でやらないと間に合わなさそうです。。。ヤダな。
Hay Gripper が間に合えばいいんですが。

軽トラの車検

久しぶりの雨で、外の仕事はできないので、軽トラの車検をすることにしました。
まず銀行に行って、納税証明書も行方不明なので、昼前に役所に行って再発行をしてもらいました。

ふとタイヤを見ると、1 本丸坊主で、急遽タイヤマンに行って、交換してもらって、その後、13 時から整備の予約をしていたので、最低限やってもらって、4 ラウンドでやってもらいました。

結論から言うと。。。

不合格です。
ナンバー等の樹脂カバーがない、と言うことでした。

ここ、ナンバーにダンプした荷物がぶつからないように庇をつけているもんだから、カバー分のクリアランスがないみたいなんです。
今までは通っていたので、ついていたのか、ちょっと記憶にないですね。

カバーをつけるにしても、在庫はなくて取り寄せになるそうで、どのみち再検査です。

検査員の方と対策を話したんですが、やはり樹脂カバーを被せるのは難しそうなので、防水してある LED バー的なもの、それをつけて 20m 先からナンバーが夜に読める明るさを確保すれば OK ということで、薄い LED バーというか、テープというか、そういうものを取り付けて、今までのものは取り外そうと思います。

それはそうと、前々から気になっていた、ステンレスのコンテナの後ろに付きました。
特殊なコンテナで帝人の工場から運び出しているようです。
あとでググったら樹脂の材料か何かみたいなので、ペレット状のものが入っているのだと思います。

あとから書きますけど、薪乾燥機が稼働し始めるとチップの確保をしないといけません。
それなりの量を使うと思うのですが、雨等で濡れない、風で飛ばないように保管しないといけないわけですし、移し替える手間等も考えないといけません。

なので、専用のコンテナを作ったらとも思うのですが、コンテナも排出機能なんかをつけるとそれなりにかかると思うので、当面は今あるチップトレーラの車検を取ってしのごうと思います。
ただ、車検の整備代と、自賠責、あと自動車税がかかります。

気になるのは、積載物が変われば、当然に密度が変わるので、最大積載できる重さも変わります。
積めもしない重量に対して自動車税を払うのは気に入らないわけです。
ただ、単に積載を減らす、ということはできないようです。
構造変更をする場合、全体の重量から、空車の重量を引いたものが積載になるようですが、積む物自体が変わったらどうなるのかは気になります。

写真のコンテナは、覆ってあるので実際のところはわからないのですが、少なくともリフトアップ(ダンプアップして)排出するタイプには見えず、どうもホース的なものを接続するようなので、スクリューか何かで箱から取り出して、そのあとは、らせん状のバネを仕込んだホースで、バネ自体がくるくる回る的なもので移動するのかな、なんて思ったりもします。

ただ、チップの場合、2 軸の破砕機で作った場合、安物のシュレッダーで紙を処理したのと同じく、ダラダラと長いものが生じることがあり、大きさが均一にならないため、排出方法については、考えないといけないかなと思います。

で、昨日、変な時間に寝てしまって眠くなくて、2 時くらいに目が覚めてしまったんですが、Safari でインボイスをダウンロードするスクリプトを重い腰を上げて、さくりと書きました。

本当は、一気に PDF で保存したいところなんですが。。。

美しくないけど、動くからとりあえず。
エラー処理はないので、落とせないものは欠ける仕様ですけど、どの道、ある程度の手作業での補完は必要な前提なので、これはこれでよしとしましょう。

問題としては、これを tcpdf で変換すると美しくなさすぎるにも程がある、ということなんですが、美しさは求められていないし、それは後から考えれば良いことだと思うのです。
ただまあ、スクリプトまで表示されてしまうので、これはなんとかしないといけないかなとは思うところです。

あとから書くといったチップの件です。

この前のお宮の時に隣の M 組の社長さんが来て、新年の神社の行事の寄付金をくださったんですが、その時に、チップをもらってほしい、という話が出ました。
なんでも、木パレットを破砕して処理する事業を始めたい、ということでした。
今朝、薪がない、という電話をもらったので、夕方帰りに配達に行って来て、ちょっと打ち合わせをしました。
2 軸の中古機を探して欲しいといわれたんですが、ヤフオクには今はいいものが出てませんでした。

チップについてはこれで 2 社ほどアテができたのでなんとかなりそうです。

夜、自分は行かなかったんですが、アメリカから技術者の人達も無事に到着して、明日から早速作業を開始するつもりです。
やることはたまる一方なのですが、少しづつでも処理していきたいと思います。

今年も残り 1 ヶ月 — 新穀感謝祭

今日は朔日ですね。今年も残すところ 1 ヶ月となりました。
歳をとると共に時間が過ぎるのを本当に早く感じるようになりました。
このところちゃんと休んでいないというか、オンオフのメリハリがついていないもあるのではと思うのですが。

とりあえず、というのもなんなんですが、朔日なので、担当している神社を回ります。
この時期は、どうしても落ち葉がすごいので、あっという間に境内が汚れてしまいますが、なかなか手が回りません。
昼からは、残っていた兼務社 2 社の新穀感謝祭でした。

落ち葉といえば、道路にも大量に落ち葉が積もってしまっています。
この間、薪の材料を運んだ際、多少は掃除したんですが、ボブキャットを持って帰っているので、参道周りを一度掃除して回ったほうがいいかもしれませんし、第 1 ヤードの周りも、一度、落ち葉を含めて掃除して回らないとダメかもしれません。
まあ、掃除といっても、掬って谷に落とすだけなんですが、これ、街中だと回収しないとだろうし、回収しても焚き火というわけにもいかないので、大変でしょうね。
落ち葉等は、薪乾燥機のボイラーの燃料として、使えるものなのか、少し気になります。

明日には、いよいよアメリカから薪乾燥機の組み立てに技術者の方が 2 名ほど来日します。
といっても初日は、空港への到着が 20 時を過ぎるので、実際には 3 日からの作業になると思います。

今月は、平日はほぼ薪乾燥機の組み立てと試験作業になりそうですが、山の原木も持って帰らないといけないので、これは 7 — 8 日と、14 — 15 日で完了しないとまずそうです。

軽トラの車検が 14 日までで、14 日は土曜なので、実際のリミットは 13 日です。
自分で整備する時間は取れそうにないので、普通に整備工場に出した方がいいかもしれません。

ヘッドの車検が来月の 18 日までなんですが、整備だけ前倒しで、次に神戸に上京するタイミングを見計らって、その一週間くらい前に配達に行き、配達先で台切りして、ヘッド単体で神戸のディーラーさんに車検整備に出して、高速バスで戻り、整備が終わったタイミングでまた高速バスで神戸に行ってヘッドを引き取り、台車を引き取り、通関をしてから帰る、という欲張りな計画です。

それで、神戸の次の荷物なんですが、本船は HYUNDAI GOODWILL/086W と書いてあるのですが、HYUNDAI GOODWILL は 11/25 の時点で KR PUS, Moored になっているんです。そうすると、もし本船が間違いなければ一週間は前にコンテナは積み替えのために降ろされているので、そろそろ日本に運ばれてきててもよさそうなものなんですが。
米国側の倉庫を出荷したのが 2019/10/31 7:17 なので、かれこれ一月ですから。
そうなると、コンテナ台車の車検が終わったら、その足で神戸に行かないといけないかもしれませんが、車検整備は 1, 2 日では終わらないといわれているので、今月は無理かもしれません。

整備はさておき、今度入ってくる荷物の引き取りの書類準備はそろそろ始めた方が良さそうです。

と同時に、一月分の荷物が溜まっているのですが、HAY Grapple は早めに欲しいので、これが届くのを待ってカットにするか、収穫感謝祭明けで荷物がドカドカ届いている可能性もあるので、今のカットは難しそうなので、今週末まででカットするのが現実的かなとは思っています。

許可書類のスクリプト化が遅れているので、これも少しづつ進めていこうと思いますし、すでに出来ている食品衛生法関連も、許可書類と連動して、より早く正確に処理できるように改善していかないとと思います。
とりあえず、明日は午前中は少なくとも雨のようなので、書類等を進めようと思います。