楽しいぞ、ジョイフル本田!— ハスクバーナの特売品にキュン死寸前!

朝一、ホーマックに行ったんですが、ちょっと欲しいものがなくて、朝マックして、時間を潰して、ジョイフル本田に繰り出しましたよ。

薪の雨よけを物色しに行きましたが、ジョイフル本田だと、ちょっと大きいサイズのポリカがあるので、いいかなと思ったんですが、お値段が少々高い気がして、とりあえずパス。

ウロウロしていると、鉄筋コーナーで組んであるものも売ってました。
愛媛で予め作って持ってこようかと思ったんですが、運送の手間を考えると、ジョイフル本田で買ったほうがいいかなと思いました。

そうこうしていると、あたらしくハスクバーナを売り始めるということで、コーナーができていました。

目玉は充電式チェンソー。
勢いで買いそうになりましたが、今のところなんとか耐えていますが、お得感が半端ないです。
多分買っちゃうんだろうなぁ。。。

枝の剪定だとかで、エンジン式だと、始動するのが難儀なんですよね。
本当は、ポールソーのほうがほしいですが、その時、どの道バッテリーと充電器は必要ですし、マキタには、ポールソーがありませんし、いつ出るか待つのもどうかと思うんですよね。

ソーチェンは 91, 12″ ということで、30cc 相当、ということでした。

その後、薪を納めて、警察署に通行許可関連で出向き、本日終了です。
雨で予定が随分と狂いましたが、明日は、パレットの引取をしたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

楽しいぞ、ジョイフル本田!— ハスクバーナの特売品にキュン死寸前!” への2件のコメント

  1. 樹上の枝打ちならリヤハンドルよりも、トップハンドルが使い易いです。

    エンジンならゼノアの「こがる」にフィンガースタートが有るから
    それなら指一本で始動できます。

    ハスクのバッテリーチェンソーならトップハンドルもあるし、バッテリーも共用だから
    買っても無駄にはならないと思います。

    一方バッテリー式で先行しているスチールは、従来のシリーズと別のシリーズを出してきました。
    バッテリーは従来のモデルと共用できませんが、本体に充電器、バッテリーをセットで
    しかも従来の機種よりも低価格で出しています。

    これだと今持っているバッテリーの流用を考えなくて良いので、新しい戦略ですね~。

    バッテリー式は未だ未だ先が読めません。

    で、買って帰るんでしょ? (・∀・)ニヤニヤ

  2. 買いました。
    買わないでする後悔よりも、買ってする後悔。
    ダメならオークションという手段もありますから。
    この値段だと、金額的な後悔の可能性は相当低いので、するとしても、トップハンドルにしときゃよかった、または、充電式はパワーが足りないね、のどちらかでしょうし。

コメントを残す