草刈りロボット Tertill を買うかどうか悩む件

Tertill を pre-order しようかどうか悩んでいます。

Tertill というのは、Roomba を 開発した Joe Jones 氏が Kickstarter で出資を募っている草刈りロボットです。

ほとんど子供のおもちゃのようなものなんですが、境内にポツポツと生えてきた小さな芽を摘むのが大変で、今は除草剤を撒いているのですが、猛毒の懸念があるグリホサート剤を境内で使用することに抵抗があります。
かといって、屈んで草を抜くほどの暇もありません。

$249 で world wide shipping ということなので、一つ騙されたつもりで出資してみようかと思ったり思わなかったりですが、これ、一つでどれほどの面積も処理できないだろうし、放し飼い(?)にしたら、Tertill が盗まれやしないか、というのも心配です。

Tertill can easily cover the typical garden size in US, which is about 100 sq feet, favorable soil conditions or sunny climates Tertill is able to cover more area than that.

ということなので、1 台で約 9m2 ほど処理できるようです。
これが、1 日で、ということなのか、それとも、毎日ずっと動作させつづけても、草はどんどん生えてくるわけですから、1 台をずっと使ってカバーできる面積なのはわかりませんが、思った以上に、狭いです。

ちなみに、2 台セットは、$449 です。

後、もう一つ気になっているのが段差がある場所での動作です。
どの程度までの段差を乗り越えられるのか、また、段差から落ちてひっくり返ったり壊れたりしないのか、という心配です。
そういう場所を避けるために、活動するエリアを制限する機能があるのか、ということも気になっています。

面白いアプローチだなとは思うんですけど、そこのところが引っかかっています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

草刈りロボット Tertill を買うかどうか悩む件” への2件のコメント

  1. 処理能力が全く違うと思いますし、仕上がりも全く違うと思います。
    Tertill は芝生などの上では機能せず、地面すれすれで草の芽を摘むような動作をしますので、更地に近い状態をキープできると思いますが、あくまでも「キープ」でしかないわけで。
    そういえば、ホンダのロボットはどうなんでしょうかね?

コメントを残す