FISKARS IsoCore シリーズの品質

そこそこ好評を頂いている FISKARS の薪割りハンマー IsoCore Maul ですが、X シリーズ、X27 や X25 と比べて不良率が高い気がします。

先日、「1 玉ったら刃が何箇所も欠けてしまったので返品・交換したい」というお問い合わせをいただきました。

FISKARS 製品については、折れたり破損した際は、メーカーの判断に基づき無償交換(送料は必要)しています。

そして、その時に、原産国の話も出たわけですが、生産拠点が複数あるようで、今のロットは、ということになりますが、たしかヘッドが台湾製で組み立てがベトナムだったと思います、とお知らせした所、アジア製なら買わなかった、とお叱りを受け、早速その点はお店に表記したところです。

台湾が悪いとか、ベトナムが悪いとか、そういうことをいうつもりはないのですが、本国製造の X シリーズよりも、やはり「粗さ」があるのかもしれません。

累積販売本数を数えてはいませんが、この刃こぼれが不良品かどうかはメーカーの判断待ちですが、とりあえず、現状 3 件のクレームがありました。

数えてはいませんが、1,000 本も売れていないことは確かですから、仮に 1,000 本売れていても、0.3% も不良品が出たことになります。

それと、シャフトの付け根の破損(初期不良)が 2 件発生しています。

X シリーズのように一体成型ではないので、その分、こういう問題が発生しやすいのかもしれません。

それで、刃こぼれについてですが、ヘッド鍛造の精度の差、というものもあるかもしれませんが、一つ気づいこととして、X シリーズは刃がテフロンコーティングされているのでわかりやすいですが、刃先のみ鈍角になっているのです。
IsoCore Maul は、刃先まで鋭角なままなんです。

具体的にいえば、X シリーズの刃先は約 30° くらいで、専用のシャープナーもその角度になっている上、両サイドを研ぐので、片刃の包丁やはさみを研ぐとかえって切れなくなるというわけです。

もし、IsoCore Maul のは先が痛みやすいな、と感じている方がいらっしゃったら、FISKARS のシャープナーを使っていただければと思います。

ちなみにシャープナーが使っているセラミックは京セラ製だそうです。
なので、京セラからも販売 されています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

FISKARS IsoCore シリーズの品質” への5件のコメント

  1. 薪割り斧はカミソリと違って、切るよりも、割る方に重きを置いているから
    少々刃先がなまったり、欠けたりしても余り気にしないで使ってるなぁ。

    幾つかのメーカーの斧を持っていますが
    使って居るうちにどれも刃先は多少痛んでいますが
    特にどうってことはないです。

    むしろ、柄が割れた(折れたのでは無くて、真っ二つに割れた)
    ヘッドのクサビがとんで、抜けそうになったりの方が気に成るしダメージが大きいです。

    斧の刃先を研ぐときは、目立て用の単目平ヤスリを使って居ます。
    薪割を始めたころは、ヤスリかけの後で砥石で研ぐこともありましたが
    最近はほとんどやらないです。

  2. 先日買い求めたIsoCore Maul をまだ使わないうちに
    刃先の欠けの記事にはちょっとテーション下がりました
    実際の所どの位の欠けで返品、交換とおっしゃっているのか
    使う内には刃先は当然傷んできます
    許容範囲は個人差も有りますが
    よほど大きく欠けて使うのに支障が出るほどなのか
    交換斧の画像を送って頂けませんか
    今なら新品として返品できますので
    宜しくお願い致します

  3. お店の販売条件を今一度お読みください。
    たとえ、不良品であっても、お客様からのご返品はできません。

    当該不良品ではというお客様からの写真は、ブログ記事内に貼り付けてあります。
    あくまでも自分の価値観ですが、自分ならばこの程度の欠けでは研ぎもしないレベルで、何が問題なのか、正直わかりません。
    メキシコ製のもう一つのアックスなど、もっとガタガタですし、刃先自体最初から丸いので。

    ただ、不良品と思う自由はあります。
    無論、それを不良品と認めるのかどうか、それは、自分ではなく FISKARS 社です。
    FISKARS 社がどういう対応するかは、まだわかりません。
    交換品が出れば、運賃をご負担いただければ、輸送します。

    なお、本名等、個人が特定できる情報がありましたので、伏せてあります。
    第三者が自由に閲覧できますので。

  4. FISKARS の斧でも、ハンマー斧は割るタイプの斧ですが、最初は刃が鋭利なので、痛みやすいのかなという思いはありますね。
    逆に、刃先が少々丸いくらいのほうが、突き刺さらなくていよい、IsoCore Maul とメキシコハンマー斧と、両方も売っているけど、刃のないメキシコハンマー斧のが好き、という声もありました。
    この辺は好みですから、ハンマー斧の刃が鋭利であってはいけない、なんて決まりはどこにもありません。

    逆に、ハンマー斧の刃が絶対に欠けてはいけない、というのも土台無理な話ではあるんですが、当該お客さんは、和斧を長く使われているとのことで、おそらく写真に写っているものがそうかと思いますが、それはそんな、一玉割って刃が欠けるなんてことはない、とおっしゃっているわけで、初めて薪割りするビギナーでもないので、無理難題を言っているとは思いません。

    なので、そういう品質なのだろう、と思いますが、じゃあ、それでたちまち機能に問題があるかというと、影響はあるかもしれないけど、送料払ってまで交換するほどの不具合なの?と思うのです。
    同じ 2,000 円の支出なら、自分ならシャープナー買います。
    保証は、いつでも使えるのだから、今切るカードじゃない、あとに取っておいたほうが得、と思います。

    FISKARS のシャープナーはあまり鋭利に研げすぎないので、刃こぼれしにくくなると思います。

  5.  丁寧な御対応有り難う御座います
    写真の程度なら土場で使うと当然付く傷で許容範囲と解釈致しました。
    しばらく様子を見ながら使ってみます
    この斧は使い方事態かなり重力が掛かる斧だと推測致しますので
    台木の上でも小粒の石などをヒットすると
    欠けると言うのではなくなまる感じでしょう

    到着の品も刃先はすでに3.4カ所爪に当たる程度のへこみがあります
    大きく割れるよりベターなのか鋼材の硬度はそんなに高くない様です
    使ってみての話ですが気になる様ならセカンダリーエッジを付けて
    刃先の角度を少し緩く研いでみます。

    切り札はおっしゃる様にまだ取っておきます。

    これからも使えそうな物時々チェックしますので
    今後とも宜しくお願い致します。

コメントを残す