薪火焼肉

昨晩は思い立って薪火焼肉に挑戦してみました。

今年もいよいよ終わりで、スーパーに買物にいったら、ものすごい混雑で、みんないいお肉とか買ってて、自分も焼肉をしたくなった、というわけです。
といっても、買ったのはカルビみたいな肉ではなくて、レバーだけですけど。
後は、キノコ焼きです。

facebook で見かけたアイデアなんですが、金網を折り曲げて、ちょっと熾火から距離が取れるように細工をするのがキモだと思います。

金網自体は普通に百均で売っているものです。

それで、しばらくやってみてから気づいたのですが、網は大きければ大きいほどいいと思うんです。

なぜかというと、薪ストーブの中でお肉をひっくり返そうと思ったんですが、素手では熱くて無理なんです。
かといって、グローブをはめて箸を使うのなかなかと大変。
ですが、網が大きいと、網はあまり熱くならないので、素手で引っ張り出して、外でひっくり返し、またさっともとに戻せるんですね。

今日は完全に熾ではなくて、普通に焚きつつ焼いてみまひた。
樹種はナラなんで、特に香ばしいような匂いは感じなかったんですけど、桜とかなら、また違ったのかもしれません。

しちりんで焼くよりも圧倒的に早く焼けるし、ムラもない気がします。
炉の中は煙が出ても煙突から排気されるので無煙ロースター状態です。

本当に楽でよかったですよ。

ますます JØTUL F50TL が欲しくなりました。

ちょっと気になることとしては、F50TL のグリル機能ですが、一応、ステンレスになっているんですが、今回はダイレクトに炉の中に食材を入れるので、食材に含まれている塩分がどのように影響するか、ということです。
まあ、分厚い鋳鉄が錆びてたちまちダメになる、なんてことはないんでしょうが。

さて、今日で今年もおしまいです。
この一年、駄文にお付き合いくださいましてありがとうございます。
来年は、多少は為になる話の一つでもできるように、頑張っていこうと思います。
初詣は、氏神様にお参りの後、ぜひ、うちのお宮にもお越しください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す