お客さんから写真が届きました — TrueNorth TN20, コストパフォーマンスで堅牢な逸品

お客さんから薪ストーブを設置して、焚き始めた様子の写真をいただきました。
温かい新年を迎えられた様子が伝わってきて、とても嬉しく思います。

TrueNorth TN20 は、鋼板製のため堅牢で、気密性にも優れています。
エントリークラスでは、ほぼ無敵にコストパフォーマンスではないかと思います。

外気導入キットも用意されていますから、高気密住宅でも、安心して導入していただけるかと思います。

また、日本のような地震が多い国でも、固定できるように設計されているため、耐震性も考慮されている、隙のないストーブです。

最新の環境基準もクリアし、シンプルなクリーンバーンで、操作はレバー一本です。

同じくカナダ ICC 社の Excel, ULTRABlack 煙突との組み合わせなら 30 万円くらいから必要な部材一式を揃えることができます。

都合がいいことだけいうようなお店も少なくないと思いますが、うちは都合が悪い事の方を声を大にしていいたいと思いますが、ICC 社の煙突は、施工性が悪いのです。
ですが、防火性能などは非常に厳しいカナダの基準をクリアした安全性の高い煙突で、価格も国内の煙突の 1/2 程度、室内用の空気断熱の ULTRABlack には、シングル煙突と同じくらいの価格で導入できます。
EXCEL 煙突は、防水性能が弱いのですが、この弱点を克服するため、Hearth & Home は角トップを開発しています。
安いだけではなく、日本ならではの気候条件などに合わせて、ローカライズも行っています。
また、煙突部材は現場で不足してしまういことなどがありますが、そういう場合でも、工事が止まることを最小限に抑えられるようにHearth & Home は主要なパーツを在庫しています。

工事費は人件費ですから部材が安くなっても節約できませんので、トータルでは半額という訳にはいきませんが、100 万円以上掛かるものが 60 — 70 万円で実現できますし、DIY なら半額どころか、1/3 以下ということも可能です。

今までは専門店の材工一式で普通車が買えるほどの金額のものか、あるいはホームセンター等の粗悪品での DIY しか選択肢がありませんでしたが、Hearth & Home のサービスを使っていただきますと、本場からの直輸入のリーズナブルな価格と、工事もおまかせで全部丸投げから、ハーフビルド、100% のセルフビルドまで、自分の時間・能力・予算に応じて、幅広い選択が可能になります。

すでに多くの方がセルフ設置されて、薪ストーブを楽しんでおられます。

TrueNorth, あまりに人気で在庫が切れていますが、近日入荷予定です。
ストーブの導入を検討されている方は、ぜひご検討ください。



【6 月限定】クレジットカード決済 クーポンキャンペーン実施!5,000 円以上のご注文で 1,000 円引きクーポンが利用できます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す