欲しいボブキャットのアタッチメント 2 種

ボブキャットですが、薪づくりにそれなりに活躍してくれてはいるんですが、いくつか困ったことがあります。

薪割りアタッチメントは売ってしまったので、今持っているのは普通のバケットと、フォークアタッチになるんですが、一つ目の問題点は、地面に落ちている薪を普通のバケットで掬うと、細かな木くずやゴミもそのまま入ってしまう、ということです。

ViO のスケルトンバケットは持っているのですが、掬える量がボブキャットに比べるとかなり少ないので、効率がイマイチです。

また、フォークアタッチで原木を運ぶ際ですが、平らなところはまだいいとしても、坂道などでは転げ落ちないようにそれなりに注意しないといけないし、場合によってはバックで走らないといけないしでかったるいのです。

アタッチメントが高いのなら諦めもつくってもんですが、それほどしないのでどうしたものかと悩みます。
どちらも、ユンボは、アタッチメントがあるので、なくてもなんとかなるわけですし。

先ず、スケルトンですが、60″ のもので、今はセールで Special Price $850.95 です。
ただ、見て分かる通り、網目が大きすぎるのでそのままでは使えません。

TITAN は Universal Mount の出来が悪くて、うちのボブキャットの場合、レバーが干渉して使いづらかった(使えないわけではないのがミソ)ので、マウントを作り直しましたが、これも同じだと思いますので、まともに使うには、国内で再加工が必要でしょうから、運賃と合わせると、3 倍にはならないと思いますが、確実に倍は超えると思うんです。

でも、それだけあれば、自分で作ってもいいんじゃないかとも思うわけです。

将来的には、生産性をさらに向上させるために、1.5m3 BOX に Universal Mount を溶接して、予め薪を計量充填しておくことで、ダンプして軽トラに素早く積み込めるようにしたいし、その 1.5m3 BOX に薪をスケルトンでさっと掬って充填したいわけです。
ただ、1.5m3 BOX だと入りすぎるかもしれないので、その辺は、調整が必要かもしれませんし、形状も動画のようにダンプにより適した形にしないとかもしれませんが。
1.5m3 BOX は幅も 2m あるので、軽トラに積み込むにはちょっとワイドですしね。

もう一つは、グラップルなんですが、これはいろいろなチョイスがあるんですが、機能が増えれば値段もそれなりに上がっていくのが難しいところです。

それで、これは!、と思う面白いアイテムを見つけました。

何が面白いかというと、既存のフォークアタッチに追加で取り付けて使うわけですが、Adjustable なので、いつもひっくり返して困るウッドバッグの移動時にロードスタビライザー代わりにも使えるんじゃないかと思うんですよ。

高さ的に MAX 上にしてもちょっと低そうな気もするし、いちいち脱着するのも面倒だから、フォークアタッチ自体に加工をするかもしれませんが、あまりアタッチ自体が重くなるのは好ましくないということもあるのが悩みどころです。

もちろん、今まで通りに、ヒンジドフォークとしても使えるわけですが、押さえることができるようになるので、更に細かな作業ができ、要らない時は外せばいいだけなので、かなり食指が動くところなんですよね。

値段も Special Price $646.20 なので。

まあ、のんびり考えたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す