貧乏くさい話

今日はお宮の大祭でした。
雨が降るかと思ったんですが、餅まき行事があったので晴れてよかったです。

それはそうと、お宮の無線 LAN の速度が遅く、買い替えを検討しています。
まあ、とりあえず、昔から NEC と決めているので、今回も Aterm から選ぶつもりなんですが、問題は消費電力です。

速くて電波も強い(と主張する)モデル, たとえば、WG2600HP2 だと、消費電力が 最大 32W と書かれているわけです。

この最大、というのがよくわからないんですよ。
常に 32W ではないと思うのですが。。。

たとえば、このモデルを親機と中継機, 子機とで 3 台使うとすると、30 日で 69.12kWh 電力を消費することになります。
これ、1kWh が 30 円とすれば、2,073.6 円もかかることになるわけです。
そして、ライフサイクルを 5 年とすると、電気代が 126,144 円かかり、ヨドバシだと機器代金が 13,330 円(10% ポイント還元)なので、実質 35,991 円、都合 TCO 162,135 円もかかることになります。

これに対して必要最低限と思える性能を持つ WG1200CR ですと、10.8W で済むのです。

この場合、月 23.328kWh で、699.84 円、機器代は 4,420 円(10% ポイント還元)で、TCO は 54,507.6 円です。

まあ、最大 という部分がひかかっているのですが、無線 LAN は 24 時間電気が入れっぱなしですからね。

太陽熱温水器のエントリーでも書きましたが、照明をこまめに消して節電することもできますが、消費電力が数ワットの照明を頻繁につけたり消したりする手間をかけなくても、センサー式にしたり、極論すれば、必要ないほど高速なルータを使わない、ということだけでも、何灯分もの電力が 24 時間、節電できる可能性があるわけですから、貧乏くさい話ですが、バカにしたものではありません。

ルータの場合、買ったら最後、使うときだけ電源を入れるという訳にはいきません。
防犯カメラやセンサが常時インターネットを利用しますから。

そう考えると境内の中心にでも WiFi 用のアンテナを立てて広い範囲を効率よくカバーするような工事をしても、ある程度までの金額ならペイするようにも思えます。

よくわからないのでメーカーに聞いてみたところ、上位モデルになっても電波の届く距離自体は基本変わず、速度が向上する、ということと、二つの建物をまたぐ形は動作を保証しない、ということで、そこそこのものを買ったので良いだろう、ということがわかりました。

そのうえで、WG1200CR は一つ要する機能がないことがわかり、WG1200HS2 が使用法に適するとアドバイスを貰いました。
消費電力も、7.5W になりますから、お得です。

それで、5 の付く日なので、ヤフーショッピングで確認したところ、コジマ さんがいい感じだったんですが、なぜかヤフーマネー支払いが選択できないのです。

MONOTOOL さんのほうはちゃんとヤフーマネー支払いができたので、なくなりかけている 16mm のシャックルを 6 箱(60 個)オーダーしておいたんですが。

明日も神社で、明後日には雑貨が入港するはずで、通関や引取をして、その後納品をしないといけません。
一旦納品に出かけるとしばらく戻ってこられないので、その間に原木が運べないのが気になります。

とはいえ、同時にはできないので、上手くスケジュールを組みたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す