O 型は出血多量で死ぬ確率が 2 倍以上高いとかなんとか

こんにちは、O 型です。

非科学的なことをいうと、ノーテンキな典型的な O 型です。

類型論と特性論という話がありまして、例えば、血液型が O 型はアバウトで、A 型は几帳面、というような理屈を類型論というわけですが、こと血液型に関しては、これで性格を分けるのは、無理という見解が一般的です。

まあ、「やっぱり血液型と性格には関係があった!A型は几帳面、O型は開放的な医学的根拠」なんて記事もあるんですが、自分的には、当たるも八卦当たらぬも八卦、ってことで、いちいち目くじらを立ててガーガー喚くようなことではない、占い程度のことかと思ってるんですけど。

で、性格はさておき、O 型の自分としては捨て置けない記事を見かけたんです。

 重いけがで救急搬送されたO型の患者は、それ以外の血液型の人に比べ、死亡率が2倍以上高いとの研究結果を、東京医科歯科大の高山渉特任助教(外傷外科)らが2日、救急医学の専門誌に発表した。O型は他の型に比べて血が固まりにくく、大量出血する人が多い可能性があるという。

 O型の患者には、医療現場でより慎重に止血するなどの対応が求められる可能性がある。高山さんは「死亡が多くなる仕組みを、さらに詳しく調べる必要がある」と話している。

 2013~15年度に入院が必要となる重いけがで東京医科歯科大病院など2病院に運ばれた患者901人のデータを分析。死亡率はO型が28%、O型以外が11%と差があることが分かった。

 けがをして血管が破れると血液中の血小板が集まって傷をふさぐが、O型の人は血小板をくっつけてのりのような働きをするタンパク質の一種が少ないことが知られている。これが原因で大量出血が増え、他の血液型と死亡率に差が出た可能性がある。

ようするに、O 型は血が止まりにくいので、出血で死にやすいですよ、ということなんですが、ちょっと怖いですね。
とはいえ、造血細胞が骨髄移植でもで変わらない限り、血液型が変わる、ということはないと思うし。

薪割りをする場合、チェンソーだとか、斧だとか、かなり危ない道具を使います。

かわはらさんのブログにも書かれていた んですが、丸のこの事故などはとても多いですし、これから雑草が伸びる季節ですが、刈払機の事故も、怖いです。

十分に安全対策には気を配りたいものです。

それはそうと、O 型といえば、インディアンが O 型しかいない、ってな都市伝説を聞いたことがあります。
本当かな?

出典 palomar.edu

どうでもいいついでに血液型の分布を調べてみたんですが、南米はほとんど O 型しかないない見たいですね。

これを見ると、南米には同じ性格の人しかいない、ということはないわけですから、血液型と性格を結びつけるのには難がありそうにも思えてきます。

日本人は、A:O:B:AB = 4:3:2:1 の割合だそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す