コンテナの防水

ヤフオクで安いコンテンを買ったんですが、安いにはそれなりの理由があって、少々雨が漏るのです。

塗装もやり直す必要があるのですが、その時にコーキングするにしても、それで止まるとは思えないので、対策をしないといけません。

上に屋根をかけるのが簡単に DIY できて、確実でしょうけど、その状態で輸送できなくなるし、仮に輸送できたとしても、風圧で屋根が飛んだりしないか、ということが心配なので、この方法はない感じです。

出典 MonotaRO

コンテナのサイズは約 2m x 3m なので、2 トンくらいのトラック用のシートを使って凌ぐ方法もあるかとは思うんです。

2.3m x 3.6m なので、大きさは足りています。
値段は 4,741 円で、1 年の保証がついているので、1 年はこれで凌ぐことができるということになりますね。

ただあくまでもシートなので、恒久的なものではないことは確かです。

それと、神戸に引き取りに行く時、コンテナを積んでいけば、天候を気にしなくても良くなるな、なんて思っていたんですが、シートだと風でバタバタしますから、都度、ゴムで張り直しをしたりしないといけませんので、面倒といえば面倒。

とはいえ、安価ですし、掛けるだけですから、問題が出たら次の対策ということで、場当たり的ですが、あまり凝ったことをする時間もお金もないので、とりあえずはシートで凌いでみようと思います。
どの道一つはプチフォーの車庫にするので、一度設置したら、当面動かすことはないと思うので。

次の手ですが、普通に考えると、FRP 防水だとかになるんでしょうが、鉄板なので熱での伸び縮だとか、上に乗るとポコポコ変形したりするような状態(鉄板が薄い)ので、FRP がどの程度追従するか、剥がれたり割れたりしないか、ということが気になります。

業者さんに頼むと平米 8,000 円くらいが相場みたいなので、48,000 円もしてしまいますから、はじめからきれいなコンテナを買ったら良かったという話になってしまうので、コスト的にどうなのかということもあります。

ちょっと気になっているのは ラバーロック という商品があって、ローラーでゴムを塗装できる、というものです。

どれだけ薄くても、水がもれなければそれでいいので、ゴムで動きに追随できる、というのは魅力的に聞こえます。

ただ、情報がぜんぜん出てこない、というよりも、瓦の修理工事の情報が出てきて埋もれている感じですね。

こちらについてはゆっくり考えたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す