海上コンテナはどこで買えるのかという疑問

JR コンテナの中古は JR 貨物で買える という当たり前のことに気づいたのですが、だとすると、海上コンテナはどこで買えるのかということも、もともとコンテナを使っていた船会社で買えるのでは? と思いついたわけです。

ヤフオクなどでも売っているんですが、売り主はコンテナハウスなどの業者さんなのです。
よく考えなくても、彼らは「どこか」からコンテナを仕入れているわけです。

2t とか 4t とかあるコンテナを自分で運べる人はあまりいないと思うので、大部分の人は、そういう業者さんに頼んで、運搬や据え付け等をして貰う必要があるかもしれませんが、自分の場合は、自分でできるので、間に業者さんが入るということは、その分マージンが乗るということにほかならないわけです。

その仕入先の「どこか」はどこだろう、と想像してみましたが、JR コンテナの理屈で行くと… 船会社!ということになりますよね?

早速検索してみました。

問い合わせてみたところ、40ft の 8’6″ のドライで 32 万(税抜)ということでした。
積み込みについては、リフト使用料が本来はかかるけどサービスします、ということです。
うーん、ごくごく普通の値段です。

こちらの業者さんだと、28 万との表示ですし、カードで支払えるのでポイントがつきます。
まあ、カードで支払うと、業者としては paypal とかの場合、3 — 4% の手数料が発生するのですから、価格自体が変更になる可能性はあるかと思いますが。

こちらの業者さんも 28 万, カード対応ですが、オプションサービスの料金表があります。

塗装は 5 万〜となっていますが、これは 12ft とかの小さな箱だと思いますが、記憶が確かなら、塗った 40ft は +10 万程度でした。
40ft ですと箱の長さが 12m ほどありますから、底は塗らないとしても表面積は 100m2 以上はあると思うのです。
大体一斗缶で 2 度塗りすると 50m2 くらいしか塗れませんから、安い塗装色で一缶 10,000 円だとしても、塗料だけで 2 万、シンナーだの下地の防錆塗装だの何だの言うと、結構掛かると思うんですよね。
手間賃を入れると、餅は餅屋じゃないけど、自分でやるよりも塗装仕上げまで依頼したほうがいいような気もしてきました。

コンテナも 40ft にもなるとかなりの大きさだし、置いてあっても目立ちます。
お店の看板として役割を担うこともできると思うので、そこそこ綺麗にはしておきたいと思います。

というわけで、海上コンテナの場合は、業者さんによって価格に幅があるので、実物を見て、状態と値段を確認して納得して買うほうが良い、と感じました。

ただ、薪の輸送に関しては、納品させていただいているところに大型トレーラで直接搬入できなくて、ユニック車で小運搬しているので、普通のコンテナではなく、屋根のないタイプ、オープントップコンテナ が便利かなと思います。

あまり売られていないようなので、じっくり探したいと思うのですが、あまりに高いようだと、シェイク を買ったほうがいいかもしれません。

ちなみに、以前買った 20ft は古道具屋さんで買いましたが、自重が 2t 強あるので、鉄の価値だけで 5 万円ほどはあるのです。
やはり安く買うには、一旦使われた出物をヤフオクで探すしかありません。
ただ、この場合注意しないといけないのは、個人宅などの場合、売り主が積み込むことができない、という点です。
積み込みのためにラフターを雇うと、それだけで簡単に 3 万とか、4 万とか飛んでしまいます。
その点を考慮して、入札価格を決めないといけませんね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す