JØTUL(ヨツール)F 500 の問い合わせがあったので

Hearth & Home 暖炉家(だんろや) では、薪ストーブの輸入を代行しています。
薪ストーブはカナダから輸入していますが、米ドルに比べてカナダドルが相対的に安いためです。

基本的にストーブの本体価格が高額なモデルほど国内の販売価格との差額が大きくなります。
理由は単純で、カナダ本国で 10 万円の TrueNorth TN20 であっても、30 万円の F 500 も Majolica Brown Enamel も、運賃等はほぼ変わらないためです。

JØTUL(ヨツール) F 500 の場合で、ドンブリでいえば、定価の 30% 以上の値引きとなる見込みです。
以下の価格は、カナダドル建てです。

モデル 価格 在庫
Matte Black 2,610 3
Blue Black 2,970 3
Majolica Brown Enamel 3,150 4
Clean face — Matte Black 2,610 1
Clean face — Brown Enamel 3,150 3

別途、カナダ国内の梱包輸送費用が $70 程度かかります。

また、日本の港までの運賃が 1m3 あたり、4 — 5 万円かかり、F 500 の場合、容積は 0.7 — 0.8m3 程度を見込んでいます。(前回実績 0.65m3
この他に通関と検査の手間賃 5,000 円程度、日本国内の輸送費用がかかります。
※ 上記運賃等は、当方の雑貨と混載した場合の一例

前回、F 500 SE(格子のないタイプ) の Majolica Brown Enamel とエコファン 812 を代行したケース での総額は、416,159 円でした。同じ、愛媛県内への納品のため、日本国内の輸送費用はかかっていません。

Majolica Brown Enamel は日本では発売されていない色味ですが、アイボリーエナメルの場合、680,400 円(税込)ですので、エコファンがついても、定価の 61% となりました。

F 500 SE の Majolica Brown Enamel もですが、過去には F 400 のガスストーブ(もちろんエナメル) や、F 45 のようなハイブリッド(鋼板と鋳物との良い点を組み合わせた日本未発売の最新モデル)など、個性的なストーブを、本場の価格でお届けしています。

F 45 については、在庫があります。

薪ストーブの導入や入れ替えを検討されている方は、Hearth & Home 暖炉家(だんろや) の代行サービスをぜひご検討ください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す