アネスト岩田キャンベルのエアハンマー TLX9803 を買ってみた

出典 Yahoo! 天気

台風ですが、予定通りこっちに来ているようです。

予報で、あんな動きするわけ無いだろう、とか高を括っていたんですが、なんと、本当に予想通りに逆コースでやってきています。
高い金かけて衛星を打ち上げ、いろいろ積み上げてきたことは伊達ではない、ということでしょうか、それにしてもびっくりとしか言いようがありません。

昨日の夜三重に上陸して、今大阪のあたりで、雨も風も、今のところ、特に台風を感じるような状態ではないのですが。。。
京阪神の方面の方に大した被害が出なければいいのですし、こっちも大したことがないといいんですが、5 時に今治市に避難指示が出ていますね。

土砂災害に関する避難準備・高齢者等避難開始を発令しました。 対象地区は次のとおりです。 波方地区全域、大西地区全域、菊間地区全域、吉海地区全域、宮窪地区全域、伯方地区全域、上浦地区全域、大三島地区全域、関前地区全域 崖付近や沢沿いの地域は、土砂災害の危険性が高まることが予想されます。 特に、今回の平成30年7月豪雨災害を受け、既に土砂災害が発生している箇所や、崩れやすくなっている箇所などは更なる土砂災害に警戒が必要です。 高齢者や小さな子供がいらっしゃる方など、避難に準備がかかる方は、支援者と連絡を取り合うなどし、避難を開始してください。 それ以外の方については、避難の準備を整え、気象情報に注意して、危険だと思ったら早めに避難をしてください。 避難場所への避難が困難な場合は、近くの安全な場所に避難してください。

菊間地区全域が対象なのに、松山は何も出てないんですが、本当に大丈夫なんでしょうか。。。
水路については、再度清掃しておいたんですが、隣の神主さん、神社からの排水なのに水路を掃除しないし、倒れそうな枯損木も放置してあるし、本当に無責任な方で困ります。

で、本題です。

まだ取りに行っていない海コンシャーシですが、日本海側で使われていたもののため、写真でもわかるほど錆びた箇所があります。
手間を掛けては意味がないのですが、ある程度の補修はしないといけないと思うのです。
そのため、楽に補修する方法を調べてみました。

結局の所、削るのが楽そうだなと思うのですが、問題は、エアハンマーを持っていないことです。

出典 Amazon.co.jp

そこでざっと調べたところ、アネスト岩田キャンベルのエアハンマー TLX9803 が値段が安くて、台湾製だったので買ってみました。

ヤフーショピングで、価格は、3,406円(送料 500 円含む)で、690 ポイント付きましたので、実質 3,000 円以下です。
Amazon.co.jp でも同じくらいの値段ですね。
WHATNOT というお店が安かったです。

そうそう、上のリンクはアフィリエイトではないのですが、薪山崎 さんというサイトで、アフィリエイトで月に 4 万も儲かった、という記事 がありました。

このブログも季節により変動があり、当然、お店同様、夏場は閑古鳥ですが、PV 的には同じくらいですから、記事をそのまま鵜呑みにすると 1 PV あたり、0.8 円程度の収益になっているということになるわけですね。

まあ、噂の範囲ですが、youtube が動画再生 1 回あたり 0.1 円程度の収益といわれていますから、仮にそれくらいの収益でも、5 万 PV なら 5,000 円の収益になるわけです。

非常に夢のない話をすると、雑貨屋さんは消費税を払う必要がないレベルの売上で、粗利を 10% くらいに設定しているので、ここまで算数の計算をすると、年間 100 万も粗利がない、ということになります。

あくまでも、粗利であって、実際の利益ではありません。

ブログに書いてある通りで、月に一度くらい、通関をしたり、日々、発送指示をしたり、たまには発送や配達もしていますし、商品は自分でチョイスして、サンプルを取り寄せて使ってみて、それで販売をするので、結構手間もかかっているんです。

ですが、アフィリエイトってノーリスクで、在庫すら要りません。

アフィリエイトの場合、紹介先が最安とは限らないし、中にはあからさま過ぎる手数料目当てのリンクがあったりと、この辺は、リテラシーの問題であって、リンク先で買う買わない、というのは利用者さんの方のスキルと注意力の問題でしかないといえばそうかなとも思うわけです。

実際のところ、Amazon.co.jp とか、アフィリエイトだとかにピンはねされる分を含めて 2 割くらい抜かれているわけで、自衛はしていかないとと、大変ですしね。

アフィリエイトといえども、単に導入すれば利益が上がるというものではなく、それだけ質の高い記事でなければ、結果には繋がらないと思いますし、そういう意味では、モチベーションアップにも繋がりそうな気もしないでもないので、まあ、気が向いたら、導入してみようと思います。

ちょっと脱線しましたが、TLX9803 は 2HP くらいのコンプレッサーが最低必要なようです。

あらかた TLX9803 で削ったら、その後は、転換剤で処理をしないといけないのですが、youtube を見ていると、Chassis Saver が一般的に使われているようです。

これ、10 pounds で $80 していますね。
4.5kg で小一万、ということです。

サビキラー の場合、4kg で、実売価格が 1.5 万円程度です。
輸入の手間や、サビキラーが水性で、エアレスで吹けるし、使い勝手が良さそうでもあるので、サビキラー を使うと思いますが。
この辺のことは、昔書いた ときから特に進展はありません。

エアレスといえば、買った Graco のエアレスですが。。。
実はまだ、箱を開けてすらいません。。。

それと、欲しいと思っていた 好川のエアレス用のガン刷毛 ですが、Graco のガンにはとりつかないようです。
変換を噛ませば付くようなのですが。

Q7
各社のエアレスガンとの接続は可能でしょうか?
A7
国内外のエアレスガンメーカー製品との接続チェックをしております。グラコ社製のガンの接続は直接できませんが、アダプターを使用することによって解決できます。接続がうまくいかない場合はご相談下さい。ただし、トリガーガード付の場合は外してご使用下さい。

さっさと、20′ を塗れってことだと思うんですが、下地処理をしたら、あとは 40′ でも 10 分で塗れるわけで、このくらいの速度で塗れるのなら、高い塗料を使うよりも、トタン用の安いやつを 5 年くらいのスパンで、早め早めに重ね塗りするほうが良さそうです。
下地処理のほうが遥かに時間かかるわけですから、錆びさせない、塗装を剥離とか云々しなくても済むうちにどうにかしたらどうかということです。

それとコンテナの改造ですが、楽しい動画を見つけました。
ガスで切断しないとダメかと思っていたんですが、今ある道具で普通にできる(かもしれない)ということがわかりました。
40′ コンテナも自力で運べるようになるので、コンテナハウスづくりも、また一歩、実現可能に近づいた感じがします。
ただまあ、40′ は自力で荷降ろしするのが困難なので、ヤードなどの現場の小屋的なものは 20′ で作ったほうがいいようにも思います。
海コンシャーシは兼用ではないのですが、20′ はまな板で運べばいいですし。

溶接は自己流なので、まずは一度習いに行こうと思います。

こういう講習ですが、市の補助金を頂いていて、去年までは民間の教習所の場合は、市内でないといけなかったのですが、コベルコ教習所は隣町なので NG だったものが今年から OK になりました。

今年の目標の資格 のうち、残るものは、

  • 移動式クレーン運転士
  • 高所作業車運転技能講習
  • 足場の組立て等作業主任者技能講習

ということで、これに

  • アーク溶接等特別教育
  • 車両系建設機械(解体用)運転技能講習

くらいまで頑張れればいいのかなと思います。

毎年忘れてしまっているんですが、そろそろいい加減に、電気工事士も取っておきたいと思いますし、来年は忘れないようにしたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す