牛久大仏

牛久大仏 に行きました。
長年近くを通ることはあっても、なぜだか行ってみようという気にはならなかったのですが、思い立って行きました。

入場料は 500 円で、大仏の内部に入ることができるセット券が 800 円です。
駐車場は無料でした。

遠目にもでかいのですが、近づくとそのスケールに度肝を抜かれました。
120m だそうです。

85m の高さの展望スペースまでのエレベータで登ることができますが、正直、隙間から覗くような感じなので、これ自体は微妙。

個人的には、構造物として興味があったのですが、建造時の写真パネルが展示されている程度で、当たり前ですが、お寺さんにとって、そういう技術的なことはどうでもいい(というよりも伏せておきたい)ようでして、フーレムについても模型がちょっとあるだけで、見学できるようなことはありませんでした。

胎内にたくさんの仏像があり、ナントカ家などと表示があったので、多分、過去帳を納めて、法要しているのだと思うのですが、あくまでも個人的にですが、神社でも、神式の葬儀を執り行う人々に対して、集合墓地のようなものであるとか、このような象徴的な施設が求められているのではないかと感じました。

神主がこんな事を言うと、不謹慎かもしれませんが、宗派がもし、この系列であれば、ここで供養してもらえればと思える荘厳なスペースでした。
これだけの大仏を建立できたのは、それだけ多くの人々の協力があってのことと思いますし、そういう人々の思いが、この空間をそのように維持しているのでしょう。

小動物の公園もあり、なんと、おさるのショーも催されていたのですが、結構本格的でした。
日光の猿芸はちょっとあれなものだったのですが、こちらのお猿さんは頑張って楽しませてくれました。

何度も行くところではないと思いますが、800 円以上の価値はある、非常に手入れが行き届いた素晴らしいスペースでした。
子供や若い人はどうかと思いますが、ある程度の年令に達しているのなら、訪問する価値は十分にあると思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す