エコファンのモータ交換方法

エコファンのユーザの方から問い合わせがあったので、モータ交換方法を説明します。

当方が販売したモデル以外の場合、手順やキットの内容が異なることがありますので、基本的には、購入されたお店にお問い合わせください。

雑貨屋 Hearth & Home でお求めいただいたエコファンは、出荷後 1 年間、万一モータが不良であった場合、新しいモータを無償で提供します。ヤフオク経由の場合は、取引ナビが使える間の保証となります。

交換用のモータは 810, 812 は共用で、現在在庫があります。805 用は欠品しています。

修理方法については、以下のURLでビデオが公開されています。
http://www.caframo.com/hearth/812motorreplacement.php

ビデオなので、見たままですが、英語が苦手な方向けに、簡単に日本語で説明いたします。

モータ交換キットは、マニュアル、モータ、ネジ 2 本、アレンキー(6角の芋ネジ用工具)で構成されています。
(当方のキットは、修理用なので、化粧箱には入っていません)

wekador_phillips_pozidriveキットにはドライバーが含まれません。ビデオでは phillips screwdriver といっていますが、phillips(フィリップス) とは、日本で普通「プラス」と呼ばれるドライバーのことです。プラスドライバーにはサイズがあります。

当方が確認した範囲では、#2 です。よって、サイズを確認した上で、PH2 などと刻印されている中くらいのサイズのドライバーを使ってください。(ロットによっては、ドライバサイズが異る可能性があります)

どうでもいい情報として、ヨーロッパからの輸入ストーブを使っている方、プラスによく似たネジで、pozidirve(ポジドライブ)というものがあります。形状が微妙に違うので、気をつけてください。左が phillips、右が pozidrive です。(画像は、panfleks.blogspot.com より引用。)

さて、交換手順です。

まず、羽を取り外します。付属のアレンキーで動画のように取り外してください。

続いて、モータを固定している左右(外側のアルミフレームに固定してあるネジ)をプラスドライバーで取り外します。
モータは 90 度回転させて、後方に押し出します。

続いて、コネクタを取り外します。必ずコネクタ部分を持って、コードを引っ張らないように注意してください。コードを引っ張ると断線して動かなくなります。

後は、逆です。

モータにコネクタを接続し、後方から押し込みます。

ネジで元通り固定し、ブレードをアレンキーで固定して完了です。

モータは寿命になると、元気がなくなってきます。回りが悪いのは、寿命であって、故障ではありません。
異音がする、まったく回らない、という症状以外でのモータ提供は、消耗品のため有償となります。
交換の頻度は使用状況により異なりますが、回りが遅くなったな、と思ったら、交換をお勧めいたします。

価格は、当方のエコファンをお買い上げのお客様で、保証期間を過ぎてモータの寿命での交換の場合、1800 円(税込・送料込)となっています。

他店でお買い上げの方は、送料別(990円〜、他のものと同梱も可能)となります。在庫数が少ないので、お断りすることもありますので、ご了承ください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す