薪割り機のプチメンテ — オイルエレメントを交換しました

今日は薪割り機の オイルエレメント(フィルタ) の交換をしました。
作動油はまだ交換の必要がある状態ではなかったため、交換していません。

オイルエレメント ZINGA AE-10 の交換手順です。

まず、当たり前ですが、古いオイルフィルタを外す必要があります。
この時、空気が入り、油圧回路内の作動油がタンクに戻ります。
前もって、ある程度抜いておく必要があります。

次に新しいフィルタを取り付けるます。
フィルタに説明が書いてあるのですが、英語なので、一応ここで説明しておきます。

<警告>
歪んだり、傷ついているフィルタは、破裂したり、漏れの原因となります(ので使ってはいけません)。

<取り付け手順>
1 古いガスケットが取り除かれていることを確認し、フィルタベースを清掃してください。新しいガスケットに新しい作動油を塗布してください。グリスを使ってはいけません。

2 ガスケットが固定されていることを確認してください。フィルタがベースに接するまでねじ込んでください。

3 更に 1/2 回転させて締め付けます。作動油を補充し、システムを運転します。油圧を確認してください。漏れがないことを確認してください。

とまあ、そんな感じになります。
フィルタ は消耗品なので、適宜交換してください。

交換用フィルタはうちのお店で販売しています。

それはそうと、ホースとの取り合い部分から少し漏れていました。
増し締めはしておいたんですが、漏れがひどくなるようだと、NPT に交換しようと思います。
みなさんも、定期的に、ボルトやクランプ等の増し締め点検もお願いいたします。

薪割り小屋ですが、基礎ができ上がりました。
屋根の部材ももらえることになっているので、リサイクルして作業環境が整えばと思います。
千里の道も一歩からとはよくいったもので、少しづつでも前進していっているようですので、ボチボチがんばります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す