ヤフオクで出品が取り消されてしまいました

一昨日のことなんですが、ヤフオクで出品しているものがすべて取り消されてしまっていて、何事かと思ったんですが、新たに出品することもできなくなっているんです。

以前、ヤフーショッピングでも同じような状態になったんですが、その時は理由の開示はありませんでしたし、出品は二度とさせません、ということで、そのままになっています。
うちは、ストアとして規模(年間 1,000 万円以上売り上げる)を満たしていませんから、ストアに移行することはできません。

Q & A を見ると、今回のようなケースでは問い合わせに応じないということになっているのですが、何のことやらさっぱりわからないので、ダメ元で問い合わせを行いました。

そうしたところ、規約に違反している疑いがある、ということで停止した、というのです。

具体的には、ストアでない普通の出品者の場合、手元にない商品の出品が禁止されているのですが、高額な薪割り機や薪ストーブを本当に在庫しているのか、という疑いがかかったようです。
それで、オークション ID とともに在庫を写真で提出してほしい、という話になったわけで、こうやってシールを張って写真を撮ったわけです。

よくいえばパトロールが機能しているということなんでしょうが、実際のところ、「ギフト」が Amazon から届いたりすることもあるわけですし、北米でも Amazon で買ったのに、なぜか Walmart から「ギフト」が届いたりしていたこともあります。

ヤフオクに限らず、実際のところはいたちごっこなんだろうなと思います。

Amazon.co.jp のセラーフォーラムを見ると、こういう無在庫転売屋について喧々囂々やっていたりするわけです。
転売屋だろうとなんだろうと、商品が売れて文句はないだろうという人と、不快感を示す人がいるわけです。

ヤフオクの場合は、ストアはさておき、個人の出品の場合には明確なルール違反です。

まあ、今回は、在庫があることは証明したわけですから、あとはヤフーがどう判断するか、ということでしょう。
複数チャンネルでまたがっているといことですが、オークションは 1 点のみの出品でその分は予め他のチャンネルの在庫数からは引いてあるので、ダブルブッキングすることはないはずなんですけどね、まあ、手動なので、完璧ではないので、そのへんのことも正直に告知しておきました。

こういう事態に至った原因ですが、違反商品の申告というのができるのですが、そういう申告があったのだと思います。
一応こちらにも違反申告がありましたよ、という告知が来るんですけど、大抵は言いがかりみたいなものですから、およそまともに相手にする必要はありませんが、今回のように停止になると、やましいことがないわけですから、なおさら面倒くさいのです。

李下に冠を正さず、という言葉がありますが、あらぬ疑いをかけられないよう出品の説明を丁寧にすることが大切であると感じました。

実際のところ、ヤフオクは今となっては売れるチャンネルではないですが、個人的には、売り手と買い手とが対等である点をはじめて、独特の雰囲気が好きなんで続けているんですが、お店のプラットフォームとしては、Amazon に移行していて、結果が出つつあるので、ヤフオクの優先度はどんどん下がっていくと思います。

最終的には、やはり、自前のお店が作れるといいなと思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

2 thoughts on “ヤフオクで出品が取り消されてしまいました

  1. 私もヤフオクを覗いたときに
    何もでてナイーなあと思いました
    アメリカ行くので止めたのかと
    思いましたが違ったんですね
    なんででしょうね~
    格安のアレが原因かな

  2. 推測ですが、既得権益を守りたい勢力の嫌がらせではないかと思います。
    結局の所、無在庫転売の疑いは晴れて解除されました。
    そもそもやましいことは一切ありませんので。

コメントを残す