MakiHouse

MakiHouse、アクセントは「ま」でお願いします。

今まで短足だったので、下駄を履かせてみました。

なんか、微妙に足が足りないのは、まあ、よくあることで、大した問題ではありません。
そのうちなんとかなるというものです。

施設の皆さんが手伝ってくださって、というよりも、殆どやってくださって、さくりと出来上がりました。
原木トレーラーも入れる高さになりました。

問題は屋根です。

透明のビニールだと暑いし、間に合わせでブルーシートにしたら、半年くらいしか持たないし、今度は高いので、張り替えるのも手間なのでどうしたものかと思案中です。

お金をかけるのなら、赤外線カットのポリカ波板ですが、白い農業用のビニールでよいのではないかと思うのです。

ハウスの天井ですが、このままだと水が貯まるので、棟の部分を折り曲げたパイプを垂木として、それなりのピッチで固定して、それで張ってやればいいんじゃないかと。

ただまあ、コストの問題もあるし、普通にビニールで、下に寒冷紗を張るほうが安上がりの気もしないでもないんですよ。

値段と手間とで考えたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

1 thought on “MakiHouse

  1. ビニールハウス用のポリですが、赤外線カットのピンクの物があります。
    それなら透明の物よりも暑くなりにくいですよ。

コメントを残す