ソープストーンの薪ストーブ その 1 — Osburn Matrix

今日は午前中は昨日の神戸の荷物のデバンをして、昼からは松山港に通関と引き取りに行ってきました。

途中、超久しぶりに三津浜の 日の出 でお好み焼きです。
というか、三津浜焼き と呼ぶべきですかね。
今日は少し知恵を使って、電話予約してから行きました。

通関ですが、今日は区分 2 だったので、検査は無しでした。
サクリと引き取って、届いていたっシャックルと、チャーコンを持って園に行きました。
シャックルは、フレコンの口を〆るために使います。
チャーコンは電源がないので、薪製造機のオイルを冷やすために廃車のラジエータ用のファンを太陽光で回そうという作戦に使います。
うまくいくかどうかは謎ですが、これから油温が上がりやすくなるので、その対策です。

まあ、そんなこんなで、珍しく予定をそつなくこなしましたが、ダンボールは捨て損ねました。

さて、表題の件です。

HETA の LOGI が欲しいということで、相談を受けたんですが、率直なところ、ファイヤーサイド さんは、他の一次代理店に比べて、明らかに誠実な商売をしていると感じていて、HETA がどうかは知りませんけど、少なくとも Vermont Castings の場合、個人輸入しても、ほとんど安くすることはできません。
というわけで、ウチで扱う意味は殆どないと思いますよ、と即答したんですが、それ以前の問題として、うちの仕入先では、扱えませんでした。

まあ、それでもそもそもがお高いし、代替案くらいは考えてみようか、ということで、少し調べてみました。
なので、しばらく、うちで扱える何モデルかを紹介していってみたいと思います。
一応、LOGI のコンペティターとして、ソープストン、かつ、シュッとしてる(重松の主観で)モデル限定でチョイスしていますので、クラシカルな定番の Hearthstone には触れませんので、悪しからず。

まずは、Osburn Matrix です。
このモデルは過去にも取りげました。

このモデルは、簡単にいうと、コペンみたいなもんで、って、余計に話がややこしいような、要するに、ソープストーンにもなる、ということで外装を選べるのです。

ちなみに、本体価格(現地価格で輸送費や消費税などは含みません)は約 120,000 円、ソープストーンのサイドパネルは 62,000 円、トップパネルは 26,000 円です。ウチでの値段です。

日本に持って来るには、梱包費用、カナダ国内の輸送費用、国際送料、国際送金時の為替手数料、輸入消費税、国内送料、ウチの手数料、などが必要です。

定価的には、USD $3 599,00 だそうで、今のレートだと 390,000 円くらいのようです、米国では。
ブラックパネルを選べばもっと節約できるんですが、このエントリー的には、それはできない相談です。

ビデオで説明してくれていますが、ブロワーが付いています。カナダ製。

シュッとしたスクエアなフォルムだけど、ワイドなプロポーションで、出力は 22kW ということなので、額面通り受け取ると、結構広めのスペースでもいけちゃいそうな気がします。あくまでも、数字の上では。

予算的にソープストーンを諦めてかけている諸兄に、ソープストーンでもそういう値段であるんですよ、とお知らせしたくなる 1 台ですけど、これはいっておかないといけないことですが、自分もこのモデルは実機を見たことがありませんので、実際の品質はわかりません、ってことです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す