電動の小型キネティック型薪割り機がヤフーに登場!

キネティック型、一部界隈では「ドドンパ」と呼ばれているようですが、フライホイールに運動エネルギーをためて、ドカンと割るタイプの 100V 家庭用電源で動作する小型のモデルが BAUHAUS さんから登場しました。

facebook 情報ですが。

色は何色かあるようですが、ヤフオクよりもヤフーショッピングのほうが基本的に安い感じです。

価格は、69,980 円ということで、相当微妙な値付けと思うんですが、まあ仕方ないかなと思うところです。
北米では、$450 — $600 ですので、やはりちょっと高い気はしますが、数が出るわけでもないだろうし、BAUHAUS さんはきっとチャイニーズ輸入のエキスパートで、モーターなどを PSE 対応させるノウハウをお持ちなんでしょう。
こういうノウハウで稼いでいるともいえますしね。

それで使い物になるかしら、という話です。

電動(油圧)については、正直、残念な思いをしたんですけど、まあ、その辺の感想は昔も書いたのです。

もう一度いうと、電動(油圧)については、使いものにならないというのが個人的な考えです。

理由は 100V だから。当たり前ですが、1500W 以上の仕事はしないのです。
1500W = 1.5kW です。
小型のエンジン、例えば、GC160 など 160cc クラスのガソリンエンジンだと、大体 4kW 以上あります。
なので倍以上の仕事をするわけです。

小型の油圧機械の場合、アキュムレータ, Hydraulic Accumlator を導入するのは現実的ではありません。
アキュムレータは、蓄圧器で、用途の一つとして、圧油を蓄える、バッファとしての機能があります。

薪割り機の場合、薪を割っていない間、つまり、シリンダが伸びる動作をしていないときには圧油は使用しない(小型の家庭用薪割り機は大部分が単動です)のですが、常に油圧ポンプを駆動し続けることにより、アイドル時間も電気エネルギーを圧油に変換して蓄えることができるため、薪を割っている間の見かけの仕事量として 1.5kW 以上の仕事をさせることができます。

そういえば、少し前に話したんですけど、シトロエンの油圧サスペンションはアキュムレータをショックアブソーバとして利用 していました。
古い話です。

話をもとに戻すと、費用対効果で考えると、これはあまりうまい方法とはいえません。

エアコンプレッサと同じ理屈なので、なら、エアを使えばということも思ったんですが、薪割り機は 20MPa くらい、エアコンプレッサは常圧のもので 0.7MPa, 高圧でも 4.6MPa なので、随分と低い圧力なのです。
仮に高圧で使い物になるとしても、高圧コンプレッサがいくらするのかというと。。。まあ、そういうことです。

そこで、キネティック型です。
キネティック, Kinetic とは「運動の」という意味です。
電気エネルギーを重たいフライホイールを高速に回転させる事により運動エネルギーとして蓄え、それを一気に薪割りに使おう、という乱暴なアイデアを形にした、とても乱暴な薪割り機です。
乱暴といっても、まあ斧でぶっ叩いて、かち割る行為も乱暴以外の何物でもないんですけどね。

このタイプの問題点としては、油圧のように粘るということは全くありませんし、ラムの速度を調整したり任意に止めたりすることはできない、ということでしょう。

それと、フライホイールの軸にいきなりギアを噛ませてラムを押し出すという構造のため、その部分に大きな負担がかかることは想像に難くないわけです。(他の構造のものがあるかも知れませんし、BAUHAUS さんのキネティック型の動作構造を理解して、それがそうだと言っているわけではなく、あくまでも自分の知っている範囲での話です)

ただ、電動の場合、もともとの入力が 1.5kW なので、エンジンに比べたら負荷が小さく、なんとかなるんじゃないだろうか、と思うんです。
かといって、MADE IN CHINA の売りっぱなしを買うのはかなり勇気がいるかなと思いますけど。

あと、気になることとしては、電動を使わないといけない環境で、果たしてキネティック型が使えるのか、という疑問もあります。
要するに動作時の騒音等の問題です。

実物を使ったことがない以上、これ以上推測で書いても仕方ないのですが、個人的に買うか買わないか聞かれたら、「今はまだ買わない」というところでしょうかね。
流石に 7 万も出す勇気はないのです。

もし良いものなら、一気に普及するんでしょうけど、かれこれ前から海外ではこのタイプが販売されているわけですけど、一向に普及する気配がないことからも、活用できるシーンが限定されているのか、根本的になにか問題があるのか、何れにせよ、油圧式を置き換えるレベルには至っていないと思います。

もう少し、5 万円を切る程度にまで値下がりすれば、買ってみても損はないのではとは思いますから、もうしばらく様子を見てみようと思います。

あと、BAUHAUS さんですが、前々から興味関心のある出品をされているので知ってはいますが、一度も取引をした経験はないので、確かかどうかを含めて全く知りません。
おすすめするわけでも、しないわけでもありません。

いちいち書くことではないと思いますが、嘘を書くつもりはないですけど、書いてある内容が正確かどうかということについて、保証したり責任を取ったりすることはできませんので、自分で考えて、裏を取って、自分の責任で判断してください。
嘘があれば、当然訂正はしますが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

2 thoughts on “電動の小型キネティック型薪割り機がヤフーに登場!

  1. 早速記事に取り上げていただき、しかも超がつく詳しい解説をありがとうござました!記事を見て、私もやはり…『もっとお安くなったら考えてみよう』との結論に至りました!それまでは、、、気合の手割りで頑張ります!!

  2. 殆ど推測で書いてあるので、記事が役に立つかは微妙ですが、価格がもう少しこなれてくるか、普及して能力が明らかになってからのほうが良いと思います。
    もし、気が変わって購入されたら、ぜひ、感想を教えてください。

コメントを残す