手水舎の改修の見積もり

手水舎の改修の見積もりができてきました。

まず、全体を修理する場合ですが、手水鉢だけで約 60 万強, これに水栓が 10 万強でした。
これは、大阪岸和田の石材屋さん(の下請けのデバンをする運送屋さんのヤード渡し)の価格です。
まあ、神戸に行ったついでに引き取ればいいので、運賃は無視できるレベル。

ただ、ここだけですでに 70 万を超えてしまいます。

据付の工事くらいなら自分でやるんですが、水道工事、それと電磁弁等で細かく水量を制御したいのと、手水鉢の水は常に循環・濾過したいので、それらのユニットを収納するステンレス製タンクや、制御盤類も設計して、制作しないといけないので、完全に予算不足です。

出典 フォト蔵

マーライオンならぬマー狼というかをイメージしているのですが、常に水を吐き続けさせたいのです。
水道でやったら、水道代がえらいことになるので、濾過して循環させたいわけですが、井戸もあるので、ポンプの電気代の方が安いなら、井戸水を使うのもありかなとも思います。

というわけで、水道工事の設備屋さんの費用次第かなと思いますので、相談してみようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す