AmazonFBA の納品データ作りがものすごく大変になった件

つい最近のことなんですが、AmazonFBA の納品時のミスが多いためか、納品の際に輸送箱の三辺のサイズや重量等のデータ登録が義務付けられました。

とりあえず、輸送箱に連番のシールを貼って、サイズ等を測り、それをいちいち Numbers に入力して、その後、xlsx ファイルをダウンロードして、そこに転記していますが、かなり面倒くさいのです。

出力される FBA ラベルは、tcpdf を使って、連番、例えば、輸送箱が 50 箱ならば、1/50 — 50/50 という風に表示を追加して、貼り間違いや、箱のロストがわかるように工夫しています。

それでふと思ったのが、箱詰めの指示自体を同じようにラベルシールで出力して、そのシールに情報登録用 URL を出力しておき、iPhone でアクセス、ラベルに箱サイズ等を手書きして OCR 処理して入力すればミスが減るのではと思いました。

で、Google Cloud Vision API を使い、PHP で手書き文字の認識を試してみました。
使ってみた画像はこちら。

結果ですが。。。

6 0f: LCC3
W 50 636H21 4KG

という感じ。
流石に字が汚いので、微妙なところですが、数字だけならそこそこかもしれません。

ただまあ、いちいち写真を撮影したりする手間を掛けるのなら、普通に打ち込んだ方が早いかもしれません。

今のところ、どうするのがいいのか考えあぐねている状態なので、おいおい煮詰めていこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す