今年も残り 1 ヶ月 — 新穀感謝祭

今日は朔日ですね。今年も残すところ 1 ヶ月となりました。
歳をとると共に時間が過ぎるのを本当に早く感じるようになりました。
このところちゃんと休んでいないというか、オンオフのメリハリがついていないもあるのではと思うのですが。

とりあえず、というのもなんなんですが、朔日なので、担当している神社を回ります。
この時期は、どうしても落ち葉がすごいので、あっという間に境内が汚れてしまいますが、なかなか手が回りません。
昼からは、残っていた兼務社 2 社の新穀感謝祭でした。

落ち葉といえば、道路にも大量に落ち葉が積もってしまっています。
この間、薪の材料を運んだ際、多少は掃除したんですが、ボブキャットを持って帰っているので、参道周りを一度掃除して回ったほうがいいかもしれませんし、第 1 ヤードの周りも、一度、落ち葉を含めて掃除して回らないとダメかもしれません。
まあ、掃除といっても、掬って谷に落とすだけなんですが、これ、街中だと回収しないとだろうし、回収しても焚き火というわけにもいかないので、大変でしょうね。
落ち葉等は、薪乾燥機のボイラーの燃料として、使えるものなのか、少し気になります。

明日には、いよいよアメリカから薪乾燥機の組み立てに技術者の方が 2 名ほど来日します。
といっても初日は、空港への到着が 20 時を過ぎるので、実際には 3 日からの作業になると思います。

今月は、平日はほぼ薪乾燥機の組み立てと試験作業になりそうですが、山の原木も持って帰らないといけないので、これは 7 — 8 日と、14 — 15 日で完了しないとまずそうです。

軽トラの車検が 14 日までで、14 日は土曜なので、実際のリミットは 13 日です。
自分で整備する時間は取れそうにないので、普通に整備工場に出した方がいいかもしれません。

ヘッドの車検が来月の 18 日までなんですが、整備だけ前倒しで、次に神戸に上京するタイミングを見計らって、その一週間くらい前に配達に行き、配達先で台切りして、ヘッド単体で神戸のディーラーさんに車検整備に出して、高速バスで戻り、整備が終わったタイミングでまた高速バスで神戸に行ってヘッドを引き取り、台車を引き取り、通関をしてから帰る、という欲張りな計画です。

それで、神戸の次の荷物なんですが、本船は HYUNDAI GOODWILL/086W と書いてあるのですが、HYUNDAI GOODWILL は 11/25 の時点で KR PUS, Moored になっているんです。そうすると、もし本船が間違いなければ一週間は前にコンテナは積み替えのために降ろされているので、そろそろ日本に運ばれてきててもよさそうなものなんですが。
米国側の倉庫を出荷したのが 2019/10/31 7:17 なので、かれこれ一月ですから。
そうなると、コンテナ台車の車検が終わったら、その足で神戸に行かないといけないかもしれませんが、車検整備は 1, 2 日では終わらないといわれているので、今月は無理かもしれません。

整備はさておき、今度入ってくる荷物の引き取りの書類準備はそろそろ始めた方が良さそうです。

と同時に、一月分の荷物が溜まっているのですが、HAY Grapple は早めに欲しいので、これが届くのを待ってカットにするか、収穫感謝祭明けで荷物がドカドカ届いている可能性もあるので、今のカットは難しそうなので、今週末まででカットするのが現実的かなとは思っています。

許可書類のスクリプト化が遅れているので、これも少しづつ進めていこうと思いますし、すでに出来ている食品衛生法関連も、許可書類と連動して、より早く正確に処理できるように改善していかないとと思います。
とりあえず、明日は午前中は少なくとも雨のようなので、書類等を進めようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す