Illustrator で hatching

Illustrator で作図して、それを DXF で書き出しして、NCVC で NC コードを作成しています。

スクエアエンドミルでの文字の彫刻や、ポケット加工には、図形の内部を hatching する必要があり、それを以前 mixi のコミュニティで教えていただきました。

すぐに忘れてしまうので、記録しておきます。

基本的には、ここを見ろ、で終了なんですが、もしをアウトライン化した場合には、ベジェ曲線のままで、これだと、NCVC は理解できない DXF が吐き出されてしまいます。

なので、文字を直線だけにする必要があります。

具体的には次の手順となります。

  1. 文字をアウトライン化したパスに[オブジェクト>パス>アンカーポイントの追加]を数回かける
  2. [オブジェクト>パス>単純化]でオプションの「直線」にチェックする。この時一緒に「角度のしきい値」を1~2くらいにすると直線上に追加されたアンカーポイントは適当に消える

できるだけ滑らかにするならアンカーポイントの追加の操作をたくさん繰り返します。ペンツールなどで1個1個追加してもいいので、アンカーポイントの位置にこだわるなら、1の手順は手作業でしてください。

以上、リンク先のブログの方に mixi でアドバイス頂きました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す