フラッシングの寸法違い問題

納めさせていただいたフラッシングの寸法違いがあって、原因はわからずじまいなのですが、今度のコンテナに間に合いそうなので、正しいサイズで再輸入することにしました。

お客様には、再度、フラッシングを納めなおしていただく必要があるし、自分はフラッシングを調達しなおすほうが、低コストでハッピー・エンドになると思うので、所謂三方一両損的ですけど、特例として、対応しています。この解決方法は本則ではない(後述)なので、誤解のないようにお願いいたします。

Flashing-for-flat-roof-(Mr問題、つまりフラッシングをどうするのか、日本国内で作るのか、それとも北米から調達し直すのか、という部分で、お客さんと相談をする中で、DIY をされる方ですから、価格などを調べつくされているわけで、最終的に「ガルバで十分です」という話になりました。

ステンレスのほうが安心なのですが、確かにガルバリウムでも、それなりに高い耐候性を有します。

今回は、ベースサイズが大きく(24″ → 30″)なり、それに伴い価格も前回のものよりも上がりましたが、それでも $50 → $90 ほどです。サイズが上がった分、厚みも増すので、その分安心感もアップすると思いますし。

こういう部分の小さなコスト差でも、積み重ねで大きくトータルコストが変わってしまいますね。

煙突部材の品質などもお仕着せではなく、最終的に利用されるのはお客様ですから、品質・予算のバランスを始め、とにかく、お客様との綿密な打ち合わせの大切さを感じました。

また、今回の最大の失敗点は、「現物合わせが原則、部材が揃ってから工事に着手する」、という DIY の原則から逸れてしまったことかなと思います。

念の為に書き添えておきますが、Hearth & Home の輸入代行サービスは、本来は、このようなサイズ違いに対して、保証をしません。

なぜなら、オーダーシートにある部材を輸入しており、注文された商品を納めてあるからです。
今回もオーダーシートそのものの商品は納めさせて頂いています。

Hearth & Home の輸入代行サービスはでは、お客様の依頼に合致するように部材をアレンジしますが、そのアレンジの正確さ、有用さは保証しません。

部材の過不足などに対するリスク、部材同士の適合など、最終的には、お客様に責任を負って頂く必要があります。

例えば、煙突は、天井裏など実際に抜いてみないと、寸法が正確に把握しづらい部分があるため、通常は、余分に見積もりますので、たいてい部材が余ります。

少なく取って、足りない場合は追加の運賃がかかりますし、余れば、煙突代が無駄になる、フラッシングも、大きいと余った分は切って捨てて無駄になるけど、足りないと大変、確実にサイズを指定して安全マージン分大きくするのか、来たものに合わせるのか、どちらを取るかは、ケースバイケースと思います。

将来的には、煙突については、国内に在庫を用意することで、過不足の問題を緩和したいと計画をしていますが、現状は、受注発注、ということです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す