ダサい LED は終わりにしたいので、早く送ってください

クラウドファウンディングで出資している LED 電球の「Siphon」なんですけど、出資した順に送っているそうです。

えー、俺、少なくとも、一番最初に売り切れた限定アイテムのリターンがまだ何十個とある時点で支援したんですが。。。

まあ、がたがた騒ぐようなことではないのですが、この成功したと言われるプロジェクトでいくつかのことを学びました。

まず、このプロジェクト、今は 1 月末で、記憶が確かなら 10 月 16 日の時点で記事 にしてあるため、それより以前に申し込んだわけで、成果物の配布まで約 3.5 ヶ月かかっていることになるわけです。

この間、何度かメールが送られてきたのですが、こういってはなんですが、彼らの都合、出資者からすればどうでもいいことばかり、例えば雑誌で紹介されたとか、ほぼスパムみたいな内容ばかりでした。

出資、といっても、彼らの LED 電球がどれほど爆発的に売れようとも、我々に約束されているリータンは、決まった内容であるので、はっきり言ってしまえば、どれだけ世間が注目しているか、というようなことはかなりどうでもいいことです。

そんなどうでもいいことよりも、リターンである製品がちゃんと生産されているのか、一体いつになったら送られてくるのか、その事のほうがはるかに重要と感じるわけです。

無論、良い製品企画だから、実現して欲しい、というような気持ちもあるにはあるんですけど、神社やログハウスの照明として、あまりに無機質な照明器具はどうなのよ、という部分があり、商品自体が欲しい、と思って支援した、というよりも、事実上割安な単価で、「購入予約した」という感覚です。

そういう感覚で支援すること違いが間違いなのかもしれませんけど、海の物とも山の物ともつかない、そういうものに出資するわけですから、リターンが魅力的でないと、誰も投資はしないわけです。

この辺の感覚の乖離が、プロジェクトの進捗レポートが見当違いと感じる理由であり、自分にとって一番大事なリターンの発送時期を含めて、発送を始めた今となっても、何ら報告がないことへの不満・不快感につながっているのかなと感じたわけです。

ビートソニック側としては、バイラル・マーケティングの一環として、ネットでの話題にのぼることによる効果、つまり、クラウドファウンディング資金を調達するのと単なる予約販売とのマージンの差額(概ね 15% 程度)が広告宣伝費とみなせるかどうか、というようなそろばんを弾いているのでしょうし、あるいは、クラウドファウンディングで資金の調達ができた(=市場からニーズのある商品だという太鼓判を押してもらった)ということで、さらなる資金調達が可能になるための、ファンドなどからの資金調達に備えての所謂踏み絵的な要素があっての、クラウドファンディングの利用という公道を凝ったものと、推測しています。

まあ、流行りですし、クラウドファウンディングには、注目していています。

クラウドファウンディングで、自分が何をやりたいかというと、薪の販売に参入したいので、その資金を調達したいわけですが、今回の Siphon への出資を経験してみて、色々と勉強になりました。

現状では、薪とクラウドファウンディングの相性はあまり良くないと思っているし、集められる資金は、愛媛発であれば、せいぜい 50〜100位、だとすると、グリーンリボンさんのやり方(出資金の利息を薪で払う方式)のほうがスマートだと思うんですよね。

地域密着型の成功事例もボチボチ出てきているようですし。

まあ、Siphon、送ったっていう連絡はないのですが、届いたら、レポートしたいと思います。
まずは、薪ストーブの周りの照明を交換したい感じかな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す