会津散策の記憶

福島といえば、塔のへつり。
いや、西村京太郎サスペンスで見て気になったので、行ってみました。

IMG_3394

塔のへつりの売店では、謎の生物「ピッカル」に出会いました。
残念ながら「ドラ太」は売り切れ。
危うく買いかけましたが、買ってどうするの冷静に考えてしまった自分が悲しい感じです。

IMG_3393

その後、伊佐須美神社に参拝、ビジネスホテルよりも安い温泉宿、伊東園グループの「東山パークホテル新風月」に泊まりました。

特に何をする計画もなかったんですが、温泉街から降りたところに、武家屋敷 があり、立ち寄ってみました。

会津地方って、不思議な事に「瓦屋根」の家が全く無いんです。
殆どの建物が板金なんですが、貧乏くさいトタン屋根ではなくて、鬼瓦風の役物があるので、明らかに金がないから板金というわけではないようです。
新建材のコロニアルだとか、アスファルトシングルとか、そういう屋根もありません。
信号機が縦型になっているので、おそらく冬は相当雪がつもり、そして、その雪が重たい、また、室内の熱で雪が溶けたものが板金以外の屋根では対処ができないか、難しいのかもしれませんね。
そんな中、見事な瓦屋根のお屋敷でありました。

QR コードでスマホで音声ガイドが聞ける仕組みが用意されていて、とてもわかり易かったです。
これは、コストがほとんどかからないので、神社でも取り入れたいと思いました。

このお屋敷は、西郷頼母という家老の方お屋敷だそうです。

戊辰戦争、白虎隊のことなどは、殆ど知らないのですが、このお屋敷の一角に、この家老の方の妻子が自刃したという場所があり、人が大切にすべきものは何か、生きること(死ぬこと)はどのようなことか、考えずにはいられませんでした。

武家屋敷の後は、会津城を見学しました。

2015-09-20 11.57.09

ちょっと、外から見ただけで、ものすごく違和感があったのですが、やはり、鉄筋コンクリート製のお城でした。
本物のお城は、戦争の後、取り壊されてしまったようです。
これだけの規模のお城になると、なかなか木造で再建するのは困難なのでしょう。

2015-09-20 12.34.20

どういうお話かも知らないのですが、八重の桜の八重さんの肖像がありました。
どうみても、綾瀬はるかさんには見えません。
渡辺えりさん、凄くはまり役だと思うんですが、どうでしょうか?

2015-09-20 13.44.38

お昼は、売出し中の B 級ご当地グルメ、牛乳ラーメンをいただきました。
ゲテモノを予想しましたが、以外にもマイルドでなかなか行けました。
まあ、次頼むか、といわれると微妙ではありましたが。

武家屋敷と会津城でかなり時間を使いましたので、本当は、都都古別神社や石都々古和気神社を参拝したいところですが、夕方になってしまうので、前回行かなかったあぶくま洞に目的地を変更しました。

2015-09-20 16.29.33

まあ、こればっかりは写真で見ても全く伝わらないと思うので、やはり、行くしかないかと思います。

後から、石都々古和気神社なんかの前を通って帰ったんですが、人がだいぶでていて、お祭りのようでした。
結論からいえば、間に合ったように思いますが、次回、時間を作って、ゆっくりお参りしたいと思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す