薪ストーブ、第三のチョイス

昨日は、今回の旅のメインイベントである、薪ストーブ有名ブロガー川原さんの訪問を済ませました。

目的は、雑貨屋 Hearth & Home で始める薪ストーブ本体や煙突のような施工が必要なアイテムの販売、あと、販売は当面先になりますが、薪の生産販売についてアドバイスを頂くことです。

薪ストーブは受注発注を原則として考えているんですが、2 機種程度メインの機種を選定して、在庫を持っておこうと考えています。具体的には、JØTUL F 45 GREENVILLE と F400 なんですが、メーカーの選定、モデルの選定について、色々意見を伺いました。

その他にも、取り扱える各ブラントについて、アドバイスを頂くことができました。

表題の第三のチョイスとは、今までは、薪ストーブの価格帯というのは、安いチャイニーズストーブの一桁程度、次がいきなり、本体価格が安いものでも 20 万円代、普通は 50 万円程度という輸入ストーブになり、輸入ストーブの場合、煙突の施工などとの抱き合わせ販売になるので、最終的には総額で 100 万円に近いコストが必要になり、あまりに両極端なので、その中間、専門店のストーブ本体価格で断熱煙突まで一式揃う、Hearth & Home の輸入ストーブという選択肢、という意味です。

と同時に、施工についても、全部自力、全部プロ任せ、というものから、コンサルや、ハーフビルドという、川原さんが提供している第三のチョイスとのコラボで、幅広いニーズに幅広く答えていこうと考えています。

ほぼ丸一日、色々意見を伺い、自分の考えについても、説明させていただくことができ、今後の方向性をある程度決めることができました。

あまりに話が盛り上がりすぎて、写真を取ることすら忘れてしまって、また、話はひとつのエントリーにまとめられる範囲にはとどまりませんでしたので、随時、整理して、アップしていきたいと思います。

今日は、関東滞在最終日なので、残りの積み込みを完了して、愛媛への帰路につきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す