薪ストーブ・煙突・薪割り機 輸入代行

ログハウスと薪ストーブの輸入雑貨のお店 Hearth & Home 暖炉家(だんろや) では、薪ストーブ、ならびに低価格で十分な品質を備えたカナダ ICC 社製の煙突のプランニング、米国ブレイブ社の薪割機の輸入代行を行っています。

現在の薪ストーブの取り扱いモデルは以下のとおりです。
価格は、リンク先のお店サイトでご確認ください。

上記価格には、配送費・据付等の工事費は含みません。

また、輸入代行につき、製品自体の保証は、初期不良を除き、メーカー保証のみとなり、その場合、海外での保証となるため、たとえ無償保証でも日本国内までの輸入経費や国内での運賃、部品交換の工賃などは別途必要になります。
在庫があるものは、在庫を貸し出し、お客様の注文した品物が届いたタイミングで当該品物で返却を行って頂く形をとってりますので、販売ではありません。
損害賠償の予定額は、代行価格の 10% です。

現在の薪割機の取り扱いモデルは以下のとおりです。
価格は、リンク先のお店サイトでご確認ください。

上記価格には、組立費は含みません。

また、輸入代行につき、製品自体の保証は、メーカー保証のみとなり、その場合、海外での保証となるため、たとえ無償保証でも日本国内までの輸入経費や国内での運賃、部品交換の工賃などは別途必要になります。
損害賠償の予定額は、代行価格の 10% です。

薪ストーブ、薪割り機は、引き取りにも対応いたします。

また、時間がかかってもよい場合、当方の都合で、当方指定の地点に無料配達する【おまかせ便】サービスを行っています。

おまかせ便の場合、配達の日付も時間も一切指定できません。
時間は、極論すれば、午前 3 時のこともありえます。
また、道路事情により、打ち合わせの時間に到着できない場合もありえます。
平ボディ車なので、雨が降ると、養生はしますが、荷物は濡れる可能性があります。

かなり融通がきかないサービスではありますが、大型商品の配送料金は馬鹿になりませんので、手間をかけても安くしたい、という方は是非ご利用ください。

原則、瀬戸大橋経由ですが、高速道路(特大車になります)の通行料差額を負担頂ける場合、しまなみ海道経由での配達も可能です。

薪ストーブ・煙突・薪割り機 輸入代行” への25件のコメント

  1. こちらのメーカーの商品の取扱は今の時点ではありません。
    取り扱えるかどうかの調査には時間がかかります。
    分かりましたら、コメントしたいと思います。

  2. できます。
    但し、定番商品ではないため、ブレイブのDUAL 20Tのように細かなフォローは難しいです。日本に入ってきていない縦横兼用機などもあります。
    手数料は、10%です。
    運賃について、前回、思った以上にかかってしまうという自体が発生したのですが、LCLの場合、概ね1m3あたり、4万円くらい、検査になると検査費用が嵩みます。1m3あたり、5万とか、6万とかになることもあります。ブレイブDUAL 20tだと、1m3を切るサイズにコンパクトに梱包されているのですが、ティンバーウルフはサイズが大きく運賃がかさんで、国内で買ったほうが安いこともありえます。

  3. はじめまして
    ブレイブ社の薪割り機は自分で組み立て、配送を行うことはできるでしょうか。

  4. 重松さんのほうでBrave DUAL SPLIT PCLS2013GCの実機が稼働しているものを実際に見ることはできるでしょうか。

  5. コメントありがとうございます。
    今のところ、在庫はありません。次回の輸入時に、一緒に輸入できますよ。

    自分でかんたんに組み立てできると思います。
    実際、共同購入では、皆さん自分で組み立てられました。

    こちらでフォロー(組立作業・保証等)が必要ない場合、代行費用はかかった費用の 10% です。

  6. 品物は愛媛県松山市にあります。
    実際に、見て、試し割りとかも可能です。

  7. はじめまして。Cordwood Coversを販売されるのですか?
    もし、販売されるのであれば、是非購入したいのですが、価格を教えて頂けないでしょうか?

  8. Cordwood Covers ですが、まだ品質等を確認していません。
    品物の内容を精査して、販売をどうするか、考えていきたいと思います。
    品物の性質から、品質については、判断するのにかなりの時間を要します。
    少なくとも、梅雨の時期どうなるのか、これについては、アメリカには梅雨はないと思うので、よく観察をしてみて考えていきたいと思います。
    販売は早くても次のシーズンになると思います。

    価格についてですが、北米での価格で $100 を大きく超える高額なものです。
    輸入の経費、関税、さらにショッピングモールでの販売手数料もかかりますから、お店で販売する際には、$1 = 150 — 200 円位になります。
    価格としては、2 万円を大きく超えて、3 万円に近くなるかと思います。
    なので、正直売れると思えないので、取り扱わない可能性が高いです。
    ただ、品質が良いなら、分かる人はわかると思うので、少量をひっそりと販売すると思います。
    いずれにせよ、日本での排他的な販売権を取って、安く仕入れて大量にさばくような品物ではないと思います。

    それまで待てないという場合には、輸入を代行いたしますし、英語に問題がないなら製造元が日本に出荷してくれるようですので、個人輸入に挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

  9. ブログ拝見しました。
    広葉樹を中心に薪ビジネスを計画中です。
    仙台市近郊の30町歩の雑木林です。
    薪プロセッサーを調べています。
    FARMI WP36(エンジン付き)が150万円以内で購入できるとは嬉しいですね。
    是非、詳細をご教授ください。

    よろしくお願いいたします。

  10. 鈴木さん、こんにちは。
    WP36 ですが、うちで使っているものはフルオプション状態なので、現地でも 150 万では無理です。
    ベースは現地で 10,000 ユーロくらいから買えます。
    トラクター PTO や、エンジン等、仕様が細かく選べますよ。
    うちで輸入する場合で、うちと同じような仕様ですと 300 万くらいかかります。(正規代理店があるので、フィンランド本社が直接出荷しないようになりました。)
    FARMI 正規代理店は、山形の有限会社フォレストさんになります。
    仙台ですと近いので、問い合わせてみてはいかがでしょうか。
    実機を見たい場合、遠距離になりますが、愛媛にいらしていただければ、デモ対応いたします。
    うちに輸入する場合は Pilkemaster EVO36 となります。(同じ機械です)

  11. 重松さんの以前のブログにあるように、山形のフォレストさんはやる気ないようです。
    色々聞いているのですが、返事が全くありません。催促しても同じ。
    ということで、是非EVO36のお見積りと、WP36の実機見学を希望いたします。
    よろしくお願いいたします。
    ちなみに当方は宮城県仙台市在住です。

  12. 鈴木さん、こんにちは。

    記事を書いておいたので、ご覧ください。
    どんぶり勘定の数字は書いてあります。

    フォレストさんは、うちの場合、回答は最終的にはいただきましたけど、恐ろしく時間がかかり、とても不安を感じました。
    youtube などを見ていると FARMI 社から、人が来るほどの付き合いのようですから、FARMI 社側の対応の問題ではないと思います。

    なお、詳細なお見積りですが、代行サービスのご依頼をお願いします(有償です)。
    以前も問い合わせがあったのですが、その後ご連絡がなく、海外ですから、単に何度も問い合わせを行って成約しないことを繰り返すわけにはいきません。
    心証を害すると、アフターフォローにも影響するためです。

  13. はじめまして 晴と申します。
    BRAVE社の VH0626の輸入は可能でしょうか?
    もし可能な場合、最終的な引き渡し価格はどのくらいになるでしょうか?

  14. そちらのモデルは、米国では現在販売されていませんので、基本的に取り扱えません。
    在庫があっても、かなり前に廃盤と思いますので、正直オススメいたしません。

    26t ではなく、24t のモデル(五十嵐商店さんはこの最新モデルは取り扱っていません)は、お店で普通に扱っておりますが、現在在庫が 1 台あります。
    運賃別で、349,980 円(税込)ですが、現在 10% off クーポンが適用されます。
    なお、五十嵐商店さんの扱っている 26t は、税別定価 627,000 円です。
    まあ、価格の差はサービスの差であると思います。

  15. ご回答ありがとうございます。VH0626は、 五十嵐商店さんのカタログにあるVH-2600と同じ機械かと思ったのですが、、、? 違うのでしょうか?

    ご紹介いただいた22トン機も魅力的なのですが、節のある手強い玉切りが多いため、なるべくパワーのある機械をと思っております、、、。

  16. 五十嵐さんと同じかどうかはわかりません。
    仮に、カタログ上のスペックが同じでも、五十嵐商店さんとは、品質コントロールやアフターの体制が全く違うのではと思います。
    うちはあくまでも米国の品質であり、保証も米国人の基準です。
    クレームは聞きますが、対応するかどうかは、あくまでも本国の判断になりますし、対応があった場合でも、交換用部品の運賃は有料です。
    そういう前提での価格となっています。
    輸入代行は、平たくいえば、運送サービスですから、初期不良であっても、当方は責任を負いません。
    約束しているのは購入と輸送の手配だけです。
    ですから、そういう同じものかどうか、などということも含めて、知りませんし、知っていることをいって、それが間違いであっても責任は負いません。
    機種の選定を含めて、ご自身でご判断ください。
    また、代行費用は 10% で、運賃は 1m3 あたり 4 万円くらいです。
    これ以上の細かなことは、手間がかかりますので、自分でお調べになられるか、見積料をお支払いください。
    梱包が輸出に適さない状態ですと、梱包をやり直しますので、数万円かかることもあります。
    また、荷姿によっては、本体並みに運賃がかかります。
    過去 $1,000 の薪割り機の輸送に $1,000 くらいの運賃がかかったことがあります。
    まあ、国内では 30 万円くらいでホンダウォークさんが売ってましたから、それでもずいぶんと安く輸入はできましたが、そういうこともありますから、簡単にいくらとは答えることができないのです。
    もし、難物を割りたいということでしたら、37t モデルをおすすめします。
    薪屋をやっている自分の経験から言えば、割れないものを無理に割ったところで木くずができるだけですから、全くおすすめしません。
    普通に使うときは、鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん、という状態になります。
    24t あればほぼ十分で、30t でも過剰と思います。
    ですが、人により価値観は異なりますから、30t や 37t も輸入のご依頼は受け付けます。
    ただし、輸入したことがないため、荷姿等がわからないので、費用については実費としか言いようがありません。

  17. ご丁寧なご回答ありがとうございます。
    米国製品の日本国内での販売価格があまりにも高額なため、直輸入品の導入を検討しています。キットを組み立て、メンテも基本自分で行う覚悟でいます。
    大口径でも節もなく、長過ぎない玉は 斧で充分割れますが、節目物も多く、チェンソーばかりに頼っていられないことから 高品質のエンジン物を検討している次第です。
    商業目的ではなく、あくまでも個人使用で、大いに薪を食う大型ストーブ用の薪確保を目的としており、出来た薪の形状にはこだわりません。節の部分も有効利用せざるを得ないのが実情です。
    ご指摘の通り、トン数から今一度見直し(20トン代くらいでも 端から攻めれば 節も捌けるかもしれません、、)、機種を選定していきたいと思います。
    お忙しい中、大変貴重なご意見、ご教示を賜りありがとうございました。

  18. TRAVIS INDUSTRIES.社のCape Cod 薪ストーーブの輸入代行をお願いしたいと考えていますがご対応の可否についてご回答頂けるようお願いいたします。
    可能であるようでございましたら、詳細見積もりをお願いするにあたり費用負担はやぶさかでありません。宜しくお願いいたします。

  19. TRAVIS社の薪ストーブについて、今の所実績がありません。
    単なる代行でしたら、アフターのことを考えなくて良いので、調達することができますが、きちんとフォローしてくれるところから調達したいので、現在取引のあるディーラーに扱いの可否を問い合わせて回答致します。
    来週になるかと思います。

  20. 問い合わせの結果、取扱がないようです。
    現在取引のある会社、複数に当たりましたが、現時点ではお力になれそうにありません。
    Travis 社は、大変排気のクリーンなストーブを作っているので、興味は持っております。
    ですが、一人でやっているので、取扱を増やすにも限度がかなり低い位置にあります。
    今回は折角お問い合わせいただきましたのに、申し訳ございません。

  21. お知らせありがとうございます

    今季は現用のF600で越冬します・・・
    燃料の消費軽減を考え、入手を希望した次第ですが状況の変化がございましたらお知らせ頂けるようお願いいたします。
    この度はお手数をおかけいたしました。

  22. リージェンシーの F3500 などはいかがですか?
    こちらでしたら、燃焼効率が 87% と大変効率的なようです。
    カナダ製ですので、当方でお手伝いできます。
    まだ、一台も入れたことがないため、運賃等は現状わかりませんが、1m3 あたり 5 万円程度で、写真を見る限り、こん包後でも 0.8m3 くらい、1m3 を超えることはないのではと思います。
    売れてしまいましたが、個人的には、ヨツールの F40 であるとか、火室は鋼板製で堅牢・エアタイトで、見た目は鋳物のジャケットを着ている状態でクラシカルで、気に入っています。
    F600 の入れ替えということであれば、F50TL などは、ウインターグリルという機能があるので、興味があります。
    https://youtu.be/ihKD8Hiu6qk
    もうひとつ大きな F55 というモデルも有りますが、これらは北米のモデルのようで、日本では販売されていません。
    いわゆるシーガーストーブになりますので、奥行きがあり、サイコロのように真四角な形状となります。
    いずれにしても、カナダ便は 2 ヶ月くらいかかりますし、先週カットしたので、今のタイミングだと 3 ヶ月近くかかると思いますので、今シーズンにはほぼ間に合わないと思います。
    ゆっくりと良いモデルを探されてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す