認証トラクタ again

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

今日の午前中は天気が微妙な予報で、9 時くらいまで寝てしまいました。

久しぶにのんびりしたんですが、ルミナスのレンジ台 を組み立てて、カラーレーザープリンタを設置しました。
ちょっと事務部屋(というよりもかなり物置)もすっきりとした感じです。

そして、車検のことを思い出しました。
そう、トラクタの車検のタイミングなのです。

そういえば、配達に行くとか言っていなかったかとツッコミが入りそうですが、配達するものがないので、配達は延期しようと思うのですが、車検は延期できないのでした。

車検ですから、認証トラクタ の件が再燃するわけです。

で、結局よくわからないので、運輸局に電話したんですが、整備課ではなくて、検査の担当と話してということになったのですが、検査中はダメだから、昼休みか、終業後に話してほしいということになりました。

チップトレーラの件もあるんで、一旦行った方が良さそうです。

午後からは。。。品切れしている L9OG3 や、在庫が少なくなってしまっている L8SK3 の梱包と出荷をしようと思っていたのですが、実は風邪を引いたくさいのです。
なので、薬局に買い物に行って、そのままずっと寝ていました。
半分死んでいたら、5 号が七草がゆを作ってくれて、とりあえず、少々復活してブログを書いています。

明日には完全復活して、ちゃんと出荷作業をしないとと思うところではありますが、こればっかりは、具合次第なのでなんとも。
まあ、もともと頑張れない性格なので、気が向いたら、仕事をしようと思いますけど、記憶が確かなら、12 月からしっかりと休んだ記憶がないので、たまには何もしない期間、というものもあってもいいんじゃないかと思うのです。

9 日から庭師さんが神社の松の剪定に入ってくれることになっているのと、10 日はお日待ちがあるので、だらだら休めるのも明日までですが。

やることは一向に減っていないので、調子が悪い時でもできることをこなしていこうとは思います。

それと、これまた個人的な忘備録ですが。。。

薪乾燥機のブレーカーユニットにくっついている AX-11 についてです。
動作について問い合わせたところ回答がありました。

About getting the kiln running.

The blue wire is connected to x5 on the PLC
If the branch circuit breaker is tripped, then 24VDC power is sent to x5 and tell it that there is a problem.
To test:
– disconnect blue wire from Branch circuit breaker, so no error signal can go to PLC.
– Then test AMP rating on each phase when the main fan is running.

branch circuit breaker is tripped, ブレーカーが落ちた状態、つまり、小さな窓が緑色になっている場合、x5 (PLC) に 24VDC(マニュアルには、24VAC という記述があるけど、おそらく誤植)が送られ、異常を知らせる、ということのようです。

解決策(場当たり的)については、その下に書いてある通り、配線を外したら通電しなくなるので、正常と x5 を誤認識させることができますが、当然、ブレーカーが落ちても、そのことを x5 が知ることはできないわけです。

リミットスイッチを使用して、ブレーカーが落ちた時、その落ちたブレーカーのノブ(?)がリミットスイッチを入れるようにすれば、同じことはできますけど、そんな小細工をしなくても、交換用の部品が送られているそうなので、それを待つ方が良いと思います。

それで、ブレーカーユニットの破損の理由についてですが、特に明確な答えはなかったので、新しいユニットが届いたとしても、また壊れてしまうリスクが排除できません。
なので、test AMP rating on each phase when the main fan is running, 実際にどのくらい電流が流れるのか、調べてみる必要があります。

モータの仕様については、240V だけではなく、208V にも対応しているということで、15HP = 11kW なので、11kW / 0.2kV = 55A Max ということになりますから、60A で足りないことはないのかしら、と思うところではあります。

それで、もともとこのシステムは 60m3 程の薪を乾燥させる用にデザインされているんですが、敷地の都合的に 30m3 のサイズに縮小しているので、メインファンの能力が過大である訳です。
ファンブレードはピッチが可変なので、調整して負荷を合わせて下げてることも提案されました。

当然、一番電気を食うファンの負荷が下がれば時間当たりのランニングコストも低下します。
ただ、それで乾燥にかかる時間伸びれば、意味がありませんで、この部分はセンシティブな要素かなと思います。

提灯を作ることを一旦諦めてみる

年末になんとかしないとと書いた提灯の件です。

時間も取れないし、一旦諦めて普通に作り直そうと思って 花山ちょうちん店 さんに行ってきました。

店の前の道が整備されていて、最初、車での入り口がわかりませんでした。

古い提灯を持って行くの忘れてしまったので、寸法がわからないんですが、サイズは基本的に今は写真の一手しか作らなくなったということで、かつ、ビニールはもう作らないんだそうです。

その代わりに紙は手すきの和紙を使っているとか、こだわっている部分の説明も受けました。

問題は、完全受注発注で納期がかかることと、ビニールではなくなるので防水の問題でしょうか。
それと、よく考えると 7 つまとめて作り直さないと、傷んでないものも遅かれ早かれでしょうし、色やサイズが揃わないので、おかしなことになりそうですから、費用もかなりかかります。

どのみち、次のお祭りには間に合わないことはわかったので、他のお店にも聞いてみたいとは思いますが、次の次の、春の大祭までにはなんとかなるように決断をしたいと思います。

FISKARS X7 ようやく納品

長らく品切れをしていた FISKARS X7 をようやく納品しました。

いわゆるハチェットと呼ばれる手斧ですが、これ薪活には本当に便利だと思います。
キャンプ用にもとても良いサイズ感だと思います。

シース(カバー)が付属するので安全に持ち運ぶことができ、シャフトが中空の樹脂のため、とても軽量で、かつ、極めて堅牢です。刃もとても鋭利で、切れすぎて怖いくらい、実際自分はあまりに切れすぎて楽しすぎて夢中でやっていて思わず怪我をしましたが、とにかくよく切れます。

非常にオススメできる逸品です。

それと、お願いというか、ご案内です。

Hearth & Home で販売している FISKARS 製品には、保証があります。
しかし、多くの他店では、保証はないか、あっても初期不良のみと言った状態です。

X シリーズでも、斧自体は堅牢ですが、シースはそれほど丈夫ではありません。
IsoCore シリーズは、X シリーズに比べて構造が複雑なため、格段に不良の発生率が高い です。

1 万円もする斧を買って、一年で痛んだとして、保証がなければ、それでお終いです。
Hearth & Home で買っていただきますと、メーカーが不良であると認めた場合に限りますが、新品交換を無償いたします。(現在は、国際送料として 2,000 円のご負担が必要)

※ 本国でのセンドバック保証ですので、本来は、不良品の返品(送料はお客様負担)が必要です。しかし、折れた斧を回収しても仕方ないので、今までのところは、写真での対応となっています。将来、メーカーの対応がどう変化するかはわかりません。

田舎の一個人の努力では、すべてのユーザーさんにこのような事実を告知することはできません。
もし、斧をお探しの方がいらっしゃいましたら、最終的に判断されるのはその方でしょうが、保証の違いや、価格の違いについて、特に、Hearth & Home では折れても無償で交換していることを、お知らせしてください。

一度は折れてしまっても、不良品ならば、新品になるのですから、買って残念な思いをすることはないはずです。
わけのわからないコピー品が半額でも、長い目で見れば FISKARS のコストパフォーマンスの方が間違いなく優れていると思います。

内職用にカラーレーザプリンタを導入

今日はお日待でした。

新年の行事としては、10 日にお日待、13, 15 日にどんど焼き、17 日に家祓い、19 日に新春大祭が残っています。
あとは普通に 6, 16, 26 日が神社の祭日で、ホッと一息というところです。

明日は雑貨の出荷が滞っているので、それを進めようと思います。

出典 ブラザー

それで思い切って内職用にカラーレーザプリンタを導入しました。

買ったのはブラザーの HL-L3230CDW です。

キヤノンと比べて印字速度がちょっと速いようなのでこちらにしました。
というか、プリンタはほとんどブラザーばっかり使っています。

Amazon FBA のラベルを普通紙に印刷するので、インクジェットではダメで、税関の申告書類を印刷する際に、カラーインクジェットで出していたものを、モノクロレーザーに変えたら、写真がよく見えない、と不評だったので、カラーレーザにしたわけです。

社務所には、複合機があるんで、そこまで行って印刷すればいんですが、ちょっと面倒なので。

結構コンパクトに見えたものの、持ってびっくり、むちゃくちゃ重たいです。
20kg くらいありそう。

価格は 2 万円ちょっとなのですが、ランニングコストはやはりインクジェットには敵わないだろうな、と思うところです。

今までのモノクロは倉庫でシール用に回そうと思います。

それと、年末、雨上がりに作業をしたので、車がドロドロなのです。
それでケルヒャーのフォームノズルを買ってみました。

たまにはトラックも綺麗に洗いたいと思います。
欲を言えば、タイヤハウスを洗えるランスも欲しかったんですが、かなりいい値段するので、まあそのうちに買えたらいいな、とは思いますが、この辺りは、塩カルが撒かれることもほとんどないし、必要性はちょっと低いかなと思います。

三日にもなるとお参りもボチボチになる件

今年はお正月中は天候にも恵まれ、昼間は暖かくて過ごしやすく感じました。
10 時すぎくらいからですけど、近年の傾向として、暖かくなっ頃合いから、正午くらいまでのお参りが多い気がします。
まあ、それでも 3 日目にもなると、お参りもボチボチというか、疎らになるのでした。

新しい時代、令和が始まり始めてのお正月、ということで、神社庁から棒?のようなものが配布されたんで、埋けておいたわけですが、思うに、植樹でもした方が良かったような気がしないでもないんですよね。
とりあえず、令和を記念して、金幣の修繕、奥之院の修繕、手水舎の修繕、これらの事業を進めています。
まあ、提灯もなんとかしないとと思いつつ、手つかずなんですが。。。
1 月は、なんだかんだと野暮用も多いのですが、2, 3 月になると、行事がほぼないので、4 月の大祭までを区切りにしたいと思っています。

それはそうと、少し前から時々声がしていて、気になっていたんですが、倉庫というか、車庫というか、作業しているスーペースに何か動くものを発見しました。
というか、年末、天井のジプトーンが落下していたので、なんか入ったな、とは思っていたんですが。
黒い子は、まだまだ小さいんですが、お母さんかな、キジトラx白っぽい子と 2 ニャンズを目撃しました。

警戒心が強く、ただ威嚇したりはしてこなかったんですが、近いうちになんとか保護したいと思います。
うちにはもう 5 ニャンズもいるので、お迎えすることは難しいように思うのです。
とはいえ、このまま放置はできないので、まずは保護して、去勢してこれ以上増えないようにはしないといけないと思っています。
リリースせず、里親さんが見つかれば、それが一番なのですが。

作動油がダダ漏れになった件

これは昔の写真なんですが。。。

去年の年末の原木運びの際に、もともと調子が悪いというか、カプラ自体錆びていて、立て付けが悪くなっていたんですが、だんだん漏れがひどくなってきて、中に乗っている人に飛び散るくらいになってしまいました。

全部で 3 つあって、真ん中はどうもドレンのような気がするんですが、とにかく使っていないのでどうでもいいとして、上と下とは交換しないといけなさそうです。

アッセンだと、$300 近くするので、とりあえず、今回はカプラだけでいいんじゃないかと思うんですよね。

物自体は 1/2″ NTP で持っているのですが、問題は相手側の口金がどうなっているのかと、全長なんかの関係で、今持っているものがつくんだかつかないんだか、ってことです。

あとりあえず、いつもパーツを買っている All Skid Steer さんに聞いたら、シリアルを教えてくれってことなんで、時間ができたら、確認してきたいと思うんですが、免税の手続きもやらなきゃと思いつつまだ手付かずで、写真(全体や、エンジン、シリアル等)を撮影してほしいと役所の方に言われているので、ついでに済ませておきたいと思います。

なんとか新年です

世間の人たちとは、多分正月というものについての感覚が全く違うんじゃないかと思います。
とにかく忙しいというイメージです。

去年の 12 月は、薪乾燥機の組み立て作業や、原木の回収など、やることがたまりにたまって、それでもなんとか、仕事を持ち越さずに済みました。

元旦は、当然ですが、神社なのです。
弟たちが手伝ってくれるので、なんとかなっています。
まあ、手伝うと言っても、準備等は一切しないで元旦いてくれるだけですけど。

そんなこんなで慌ただしい一年が始まりました。

一年の計は元旦にありというので、今年の抱負について考えてみました。

それで、去年の年始を振り返るとこんなことをいっていました

一年の計は元旦にあり、というのですが、あまりにバタバタしていて、ゆっくりする時間もなかったため、具体的な目標を考えることもできませんでしたが、今年は、神社について、まずは災害の復旧と防災対策を進めていきたいと思います。
雑貨屋さんについては、薪ストーブと薪だと、どうしても冬に偏るため、薪割り機や、ダッチオーブンなど、新しく始めた商品をより充実させていき、今後は、シナジーの期待できるアウトドア用品などについても、取扱を広げていきたいと思っています。
ただ、セレクトショップという性質上、売れれば何でも売る、ということにはならないので、商品に対する知識や経験が必要なため、ゆっくりとしか増やしていけないとは思いますが。
薪屋さんについても、今年こそは、乾燥機を可動させて、衛生的な薪を生産して、ピザ屋さんや石窯パン屋さんのような、年間を通して薪の需要があるところにアプローチしていきたいなと思います。

まず、薪割り機については、これは鳴かず飛ばず、です。

ダッチオーブン、というよりも Lodge 製品 については、本店での売り上げはサッパリですが、全体では安定して買っていただけるようになりました。

薪の方は、乾燥機は稼動しましたが、安定して運転するには今しばらくノウハウの獲得が必要になりそうです。
その上で、乾燥の品質, ひいては薪の品質を高めていくには、さらに時間がかかりそうです。

なので、今年は、

  • 薪乾燥機の安定稼動と安定生産
  • アウトドア関連など、薪, 焚き火に関連の高い商品の充実

を頑張りたいと思います。

それと、薪割り機については、電動化を進めたいと思います。
先月送った貨物の中に、電動化のための試作に必要な部材が入っていて、今月中に届くんじゃないかと思うのです。

この辺りのパーツ なんですが、結局、適当に取り寄せて現物あわせでどうにかしよう、という計画です。

モータに関しては、JIS モータで向こうのポンプを駆動するため、ちょっとした細工は必要になるんじゃないかと思っています。

そういうのに必要になるので、フライスとか、旋盤とか、最近ちょっと欲しいんです。

まあ、薪割り機がもうすこし安定して、せめて月に 1 台くらいはコンスタントに売れるようにならないと、土台無理なので、それまでは、加工に出そうと思います。

ようやく正月が来そう

タイムリミットの大晦日です。

原木置き場ですが、なんとか撤収しましたが、枝を集めて、重機を回収して戻ったらもう真っ暗でした。
ここは長く借りて、本当に迷惑をかけてしまったのですが、今度は約束を違えずにすみました。
本当にホッとしました。

その後、薪の配達です。
これも年内ということで、暗くなってからですが、出動です。
ざっと積んだたら結構てんこ盛りでした。
これもなんとか間に合いました。

その後、お宮に戻って、総代さんがしめ縄を新調してくださっているので、紙垂をつけていきます。
提灯をなんとかするのは間に合わなかったんですが。。。
全部終わったら、20 時を回っていました。

みなさま、よいお年をお迎えください。

ようやく雑貨を一部納品

今日は 3 パレットの出荷です。

薪乾燥機の組み立てや、トラックの故障などで、予定がずれにずれた上に、原木の回収もあって、もう 30 日だというのに、まだまだ倉庫には荷物が山積みなのです。

お正月の準備の合間を縫って、品切れしている大型商品を出荷しました。
合間を見つけて、他の商品の納品も進めたいと思いますが、さすがに年始にはそんな時間は取れなさそうです。

予約分で、納期が今月末のものは、FBA では間に合わないので、宅配便で出荷しましたので、とりあえずホッと一安心です。

それはそうと、去年買って使っていなかった暖房服 を使って見ました。

ただ、USB ケーブルが短くて、マキタの空調服用のバッテリーホルダーの USB ポートにつなぐとギリギリすぎるのです。
とりあえず、100 均でリールタイプの USB ケーブルを買ってきたので、明日、山で使ってみようと思います。
暖かさ的には、まあ、USB の電力ですから、大したことはないんですけど。

明日もお正月の準備と、最後に残った枝の片付けと、重機の回収に山に行きたいと思います。

お正月の準備と原木の片付けが佳境

いよいよ今年も残りわずかとなり、お正月の準備をしないといけません。

今朝は兼務社の一つの準備があるのですが、朝、モップのバケツのを見ると、氷が張っていました。
初氷ではないかと思います。

今年は比較的暖かいように感じていて、実際のところ、薪の売れ行きも今ひとつなんですが、これから本格的に寒くなるんでしょうかね。
お正月 3 が日くらいは、天気が良いといいのですが。

掃除が一通り終わったら、昨日、積みっぱなしで帰っていたので、荷下ろしをしました。

結構、山においていた時間が長いので、皮が痛んでいて、積み下ろしでかなり剥げてゴミが出ます。
焼け石に水なんでしょうが、それらをどこにでも捨てると、土がどんどんふかふかになっていってしまうので、早速スコップで集めてみました。
チップビンに放り込もうかとも思ったんですが、水分が多いし、皮ばかりなので、他のチップと撹拌してからの方がいいと思うのですが、他のチップはシート養生してあるので、面倒なので、まあ、そのうちやろうと思います。

なんだかんだで山に着いたら 12 時で、1 回では無理だなと思っていたんですが、やはりギリギリ無理でした。
まあ、どの道、ユンボとボブキャットを持って帰らないといけないので、1 回では無理なんですが。
あとの残りは、トレーラに 1/2 ないくらいですが、ものすごく曲がっているような曲者を撥ねてあるのが残っているので、意外とかさばるんじゃないかと思います。

短いものとか、落ちないように組み合わせて積んだので、時間がかかって、戻ったら 17 自前だったんですが、頑張って荷下ろしを終えるところまでやりたいところでしたが、暗い中無理してやったら、リアのマーカーを爪でつついて潰してしまいました。
MonotaRO の安物 ですが、それでも 1,000 円ほどはするんでもったいないことです。

明日、明後日も、当然、お宮の準備がありますが、明日は雨だし、雑貨が溢れかえっているので、初詣の人からよく見えるので、倉庫の片付けをしないとみっともないので、出荷と片付けを頑張ろうと思います。
明後日は、午後から残りの原木の片付けを済ませたいと思います。
今年の仕事は今年のうちになんとか終わりそうです。