輸入菌床から日本国内で発生したしいたけは「国産」なのか

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

こんな記事を見かけました。

1/13(日) 7:02配信 日本農業新聞
シイタケ菌床 輸入量が過去最高 産地に危機感 「国産」で流通
菌床輸入量の推移
 2018年のシイタケの植菌済み菌床の輸入量が過去最高となった。財務省の貿易統計によると、1~11月の輸入量は1万8650トン。12月分の結果が出るのを待たずに、これまでの最高だった17年実績(1万5649トン)を上回った。輸入菌床は国産に比べて安く、発生したシイタケは国産として販売できるため、国内産地は危機感を強めている。

 シイタケ菌床の輸入量が前年を上回るのは11年連続。12月分が前年並みなら年間2万トンの大台を超えることになる。輸入先は99%以上が中国だ。

 現行の産地表示では、輸入菌床を使って国内で培養、発生させたシイタケは国産として販売できる。国内種菌メーカーでつくる全国食用きのこ種菌協会によると、輸入菌床の価格は国産菌床の半額ほど。このため関東地方を中心に海外資本の業者が工場を建て、輸入菌床を使ったシイタケ生産に乗り出すケースが増えているという。

 菌床重量の3分の1がシイタケとして発生するといわれる。18年産の菌床輸入量が2万トンとして計算すると、そこから発生するシイタケは約6700トン。18年の菌床シイタケ生産量が17年産並み(約6万3000トン)だったとしても、全体の1割を輸入菌床から発生したものが占める格好だ。

 菌床きのこ類の中でも特にシイタケは、国産菌床にこだわる生産者が多い。価格の安い輸入菌床を使った国産シイタケの増加は、国内生産者にとって大きな脅威となっている。このため同協会は、販売するシイタケに菌床製造国を表示するなどの制度見直しを求め、消費者庁などと協議を進める。

 さらに 同協会などは2017年、国産菌床で生産したシイタケであることを 消費者にPRするため、登録商標「どんぐりマーク」を作成した。菌床のおが粉原料の75%以上が国産樹木であれば、育てたシイタケに付けて販売できるというもので、国内生産者に積極的な利用を促している。

なんだかな、という記事です。

しいたけの栽培の場合、原木の状況もとても厳しい わけですが、それに加えて、菌床との競争もあるし、その菌床についても、このような問題がある事自体知りませんでした。

これに関しては、表示の制度に著しい欠陥があると思います。

菌床だけではなく、原木についても、植菌済みの原木を輸入して、国内で発生させたらどうなるのか、それも、二夏目の発生直前に輸入したら、それは日本製といえるのか、ということです。

うなぎでも同じ問題がありましたよね。

消費者としては、表示されている以上のことを調べて買うということはなかなか難しいわけで、発生したのがどこか、ということではなく、国内産の原料を使っているのか、国産だと、原木の汚染の問題もあるわけですし、産地などについても、原木の産地というのはとても重要だと思うのですが、実際、愛媛産の原木は関東以北に送られていたわけで、それは、愛媛産なのか、ということです。

氏より育ち、という状態であれば、育った場所に関しても、重要でしょう。

しかし菌床については、育つ場所ではなくて、育つための床に使われているおがくずだの混ぜ物のふすまだのの養分で育つわけですから、その材料を食べているに等しいわけで、それを表示しなくてよい、というのは極めて不自然に感じます。

登録商標「どんぐりマーク」を作成した。菌床のおが粉原料の75%以上が国産樹木であれば、育てたシイタケに付けて販売できる

というのも、75% でいいんだ、というのが率直な感想です。
どうして 100% でないのか。
まあ、100% だと、万一の混入などで偽装ということになってしまうリスクがあると思いますが、75% だと、25% は混ぜて良い、という業者が出てくると思うんですよ。

うちの原木はしいたけのホダ木にならない部分で作っているので、原木しいたけ栽培があって初めて成り立ちます。
クヌギやコナラの山は、しいたけ原木や薪炭目的での利用があってこそ、手入れが行き届きます。

海外からのものが国産と表示されるようなことがあっては、健全な競争が行なえません。
制度の穴は早々に塞いでもらいたいと思います。

喜多喜多喜多! — ついにやってきたオレンジ色

オレンジ色の車がやってきました。

記憶が確かなら、オレンジ色の車は、

を買うとかなんとか言っていたような気がしたんですが。。。

とりあえず、オートマです。
パドルシフターになっているので、マニュアルライクな運転もできるのではと思うですが、このモデルは 7 速 DCT ではなくて、8 速トルコンみたいです。

それで、早速大問題というか、Apple Car Play を付けたんですが、なんと、充電台に XR がはまらないんですよ。
ケースの分大きすぎるようです。
はてさてどうしたものやら。

とりあえず、2 月までは忙しくて、納車してもらう暇もないのですが、あとのことはのんびり考えたいと思います。

薪乾燥用のチップの輸送計画

薪乾燥機については、結局の所、薪ではなくてチップを使うことにしたので、チップを購入して、輸送し、それをホッパーに投入しなければなりません。
当然ですが、使用する量も薪の生産量に合わせてかなりの量になると思われます。

古い話で忘れた人もいるかも知れませんが、実は、そういう目的のための箱車を持っているんですよ。
もともとは醤油の工場に大豆を輸送するために使われていたものです。

事務所車にしようと思っていたんですが、結局、放置プレイ。

チップを輸送する場合、投入する部分が狭いので、何らかの細工が必要に思います。
また、排出は、ハイリフトなんですけど、当然、そんなカプラはついてません。

ハイリフトってのは、カプラ自体が高く持ち上がって、台車を傾けることにより、後方から荷物を排出することができる装置です。

まあ、当然ですが、そうやって排出するためには、排出されたチップを受けられるだけのピットが必要になります。
ピットがないなら、後ろに積み上がって、詰まってしまいますからね。

なので、くみあい配合飼料號を本来の使い方で使ったらと思ったんですが、ちょっと微妙なところです。

それで、次善策を考えてみたんですが、20ft のオープントップコンテナを使う方法です。

20ft の 8’6″ コンテナの場合、制限外積載許可を得て、まな板で輸送することができます。
つまり、くみあい配合飼料號を使うと、これの自動車税が発生し、車検の整備費用も発生しますが、それを回避することができます。
20ft コンテナの積み下ろしは、大した手間ではありませんし。

20ft の容積は、32m3 くらいで、チップ自体は、3 倍ほどに膨れていて、それで 0.5t(絶乾)のようなので、5t 程度ということでしょう。
乾燥機のスペックとしては、10% の燃料を必要とするそうなので、話半分として、月に 60t の生産を行うには、チップは 20ft で 1 — 2 本輸送しないといけない、ということになるようです。

20ft コンテナのまま保管しておけば、チップの飛散の問題はないですし、まな板台車に積みっぱなしでも、40ft シャーシのほうが使えるので、乾燥した製品の薪の保管は、そのまま 40ft の方を使うこともできます。

コンテナからホッパーへの投入方法については、検討課題ではあるんですが、スクリューコンベアをコンテナに仕込んであらかたそれで排出してしまう(あるいは一時保管のため、通気バッグに小分けにして保管する)というのでもいいかなとは思います。

それはそうと、チップの価格が 1t 1 万ということなんですが、高い気がするのですが、そんなもんなんでしょうかね。
これも立ち話レベルだし、あまり遠方から調達すると、運賃の問題もある上、どうせかかる経費なら、氏子区域から調達したいと思うところです。

まあ、こういう事を考える以前に、目の前に積み上がっている未処理の薪を出荷する算段もしないとなんですが。。。
そうこうしているうちに、次の原木の話もやってきているので、ボチボチでも頑張っていくしかないです。

20 日の大祭が終わるまでは身動きが取れそうにないし、その後、薪の配達、薪割り機等の輸入の通関等あり、薪割り機の配達もあります。
それで、今回の貨物ですが、今日バン出しをしますと連絡があって、引取は 15 日から、ということでした。
このところ、およそまともにスケジュール通り流れてくれないので、かなり困るんですが、どうにかならないもんでしょうかね。

今の所の 20 日大祭後のアバウト過ぎる予定ですが、

  • 21 日 午前までに積み込み、午後 3 時頃出発(コンテナトレーラ)、翌日早朝和歌山到着
  • 22 日 荷降ろし、午後神戸へ 夕刻までに CFS にて貨物確認後、食品衛生法届け出
  • 23 日 通関、積み込み、(検査)、愛媛に向けて出発
  • 24 日 正午頃、愛媛着
  • 25 日 荷降ろし
  • 26 日 神社祭日
  • 27 日 検品・梱包
  • 28 — 29 日 千葉県納品へ(4t ユニック)
  • 30 日 千葉県納品
  • 31 日 富山県納品
  • 1 日 三重県納品
  • 2 日 山口県納品
  • 3 日 愛媛着

というところでしょうか。

富山の方は行ったことがないんですが、この時期 8 号線って、スタッドレスであれば、普通に走れるもんなんでしょうかね。
関東から新潟に抜ける時、ここは高速のトンネルを使って走ろうかとは思うんですが、あそこ、確か、チェン規制(トンネル内はチェンを外す)だったと思っているんで、もし天候が悪かったら、キャンセルしたほうが安全には思うんです。
とはいえ、かなり配達をお待ちいただいているので、いい加減なんとかしたいところ。

それと、せっかくの乗用車ですが、いつ納車してもらおうか悩んでいます。。。
乗る暇ないような。。。

認定トラクタとは

なんとか愛媛にたどりついています。
積み荷は空気でした。

今治のあたりを走っている時、196 号線ですが、50km/h の下りでボーッとしていたら 80km/h くらい速度が乗っていて、排気で減速をしつつ、2 車線になったので第一車線に寄って 60 — 65km/h に落としきって、どれほども立たない間に景気よく右側を走っていった車がいたんですが、見事ご用なりました。

危ない危ない。

まあ、統計的にいって検挙される可能性は限りなく低い速度ですが、ゼロではありません から、右の車両がいなかったら、お高い青い紙をもらう羽目になったかもしれません。

それはそうと、なんで速度が 60 — 65km/h なのよ、と思うかもしれませんが、自動で走っているときに、5km/h のマージンを与えているので、60km/h だと、55 — 65km/h で走るのです。
だから、何キロだったのかはわからないんですね。

ドライブレコーダーの線を引っこ抜いておいたので、あとで何キロだったのか、確認してみようと思います。

お日待ちも無事にこなせてホット一息です。

さて、海コンシャーシの新規ルートの許可申請ですが、フル積載すると、軸重が 10t を超えるのでダメよと戻ってきました。
車検証には、第五輪荷重は 11.5t になっているんですけど、よく考えると、「軸重」なんですね。

認証トラクタとは

橋梁照査要領に適合するように製造された海上コンテナ用トレーラを牽引する海上コンテナのフル積載への対応を設計段階で考慮して製造された2軸トラクタで、その駆動軸重が11.5トン以下であって、道路運送車両の保安基準第55条の規定により軸重の基準の緩和の適用を受けた車両を指します。

認証トラクタの判別条件1

検証情報の備考欄に次の記載があるか否かが判別基準となります。
・緩和事項コード 005(軸重)及び制限事項コード 067(基準緩和による運行は、国際海上コンテナを輸送するトレーラをけん引する場合に限る)の両方が記載されている。

認証トラクタの判別条件2

・その他検査事項 630(保安基準第4条の2の告示で定めるものに適合)と記載されている。

上記1及び2のいずれかの記載があるものがいわゆる認証トラクタということになります。

車検から引き取ってきたばかりなのに、運輸局に行くことになりそうです。

とりあえず、005, 067 だけ書いてもらうべきか、まな板も緩和を受ける可能性がないとは言えないので、630 も書いてもらうのがいいのか、まあ、時間が取れたら確認して考えようと思います。

車検引取

車検が終わったので、神戸に引き取りに行っていました。

途中、左折の時、初めて通る狭い交差点があって、右に振れないし、右折レーンに車が止まっていて、ギリギリのギリギリだったんですけど、行けたと思ったんですが、こなかで止まったときに、出発前に点検した際に、左の後ろを擦ったあとがありました。。。
当たってはないんでしょうけど、縁石がか何か映らないところが出っ張っていたんですかね。

慎重に運転したいと思います。

木工所の木っ端

1 号です。
ストーブが点いていないので焚いて欲しいようです。
この子は、自分にとても懐いているんですが、人見知りが激しいんですよね。
他の子は、誰にでもフレンドリーなんですが。

昨日積んで帰った木工所の木っ端を神社に運びました。
御札のお焚き上げのときに、火力アップのために用意しておきます。
よく燃えるので、薪のお客さんにも、サービスで持っていこうと思います。

このあと、ユンボを原木の片付けのために第 2 ヤードに移動しました。
途中、鉄工所に寄ったり、今晩のきっぷを買いにいったりで、なんだかんだですっかり昼を回ってからの到着です。
とりあえず、原木は全部片付けたんですが、今回入荷したものは、クヌギ・コナラはあまりないのと、あまりに細いものが多くて、ちょっとどうしたものか、というところです。

スタートが遅れたので、せっせと片付けたため写真はありません。。。

まあ、原木を云々する前に、とにかく出荷を頑張らないとです。

明日は、車検から引き取ってきたいと思います。
残念ながら、お日待ちや工事の起工式と重なって、通関や引取はできないので、空気を運びたいと思います。

原木の入荷

去年末に連絡があって、40t ほど出るんだけど、ということだった原木が配達されてきました。
クヌギ・コナラがメインかと思ったんですが、かなりごちゃまぜでした。
選別するのも大変なので、ミックスとしてしか出荷できなさそうです。

ミックスの場合の最大の問題は、うちは容積ではなく、容積と重量を保証しているのですが、クヌギ・コナラを前提としているため、重量が規定になるようにすると容積がばらつき、容積が規定になるようにすると重量がばらつく、ということです。
なので、容積売りするしかないかなと思います。

まだ、原木が少し残っているのと、山にも残っているし、年末に伐採したものもあるので、そろそろ割り始めたいところですが、それ以前に、出荷がまともにできていません。

昨日は 6 袋, 400kg 入なので、2.4t 程、選別・小割・ブラッシングができたんですが、なんとか 1, 2 月で粗方出荷できたらなと思うところです。

とりあえず、ヒンジでは選別するのが大変なので、ユンボを回送して、片付けたいと思います。

ヘッドの車検と修理の件ですが、とりあえず、ある程度のところまで仕上がって、今日から引き取れるようになっているので、薪割り機の配達は諦めて、夜行の高速バスで引き取りに行こうと思います。

A/N も届いて、11 日から引き取り可能、ということなんですが、お宮の仕事の都合でどうにもならないため、せっかく神戸にいくつでに食品衛生法の届け出と、申告前にパッキングリストを提出して、税番などを確認してもらって、次回、通関がすんなり行くように段取りしておこうかなと思います。

コメリで売っている収穫コンテナはしまう時かさばるという問題を解決!

この間、ダイソーで買った小物入れ。
積み上げることもできるんですが、180 度回転させると、スタックしてコンパクトになるんです。
それと同じ原理の収穫コンテナが アグリジャーナル で紹介されていました。

▼使うとき

▼くるっと返して……”180°回転”

▼使わないとき

うーん、素晴らしい。

それと、このコンテナのもう一つ魅力的な点は、今までのコンテナと組み合わせて使える、という点です。

なんでも、コメリ で 598 円(税込)とのことで、通常のコンテナ(398 円 税込)よりも若干高い 程度なので、大量に必要とせず、これから買う人にはおすすめですね。

収穫コンテナα(アルファ)
598円(税込)
単品サイズ:(約)W55.5×D40.5×H31cm
単品重量:約1.65kg
容量:約45L

今までのコンテナは使用しない時は、2/3 程度にしなからなかったのが、1/3 になるということですから、2 倍スペースが有効に活用できるのもあるんですが、コンテナ自体、噛み合って収納されているので、横にずれたりする心配がありませんから、輸送時に固縛する手間も減ると思います。

あとは写真でわからないのは、耐久性や耐候性でしょうか。

薪で使うのだともう少しシックな色味のものもあればいいんですけどね。

これを言うと身も蓋もなんですが、愛媛の場合、みかん農家さんの廃業が多いので、収穫コンテナ自体、産廃同然でとても安価に中古品が手に入るため、多少不便でも、値段優先かなというのが正直なところです。

薪活新戦力 — セールだったので思い切って買ってしまったアイテム

前々から欲しかったんですが、高価なアタッチメントなので、ずっと我慢していたのですが、セールで $1,000 を切っていた ので、思い切って買ってしまいました。

48″ なので、写真から梱包サイズを推測すると、1.5 x 1.5 x 1m くらいにはなりそうな予感がします。
運賃も本体と同じくらいかかるし、税金やら、いろいろ入れると、30 万近いものになりそうです。

グラップルソー付きの 0.25 が買えたらいいんですが、乗用車を買い替えたりしたこともあるし、ヘッドのエアサスを全交換したりと、予定外の出費が重なっているものの、積んで下ろしてで、掴めるものが 2 台ないと原木の小運搬・整理がうまくいかないので、つなぎとして買ってみました。

意外とヤフオクでボブキャットのアタッチメントの需要はあるようなので、不要になったら売ってしまえば、ある程度は回収できると思うわけです。

今月末の船に乗せれば、2 月末にはつくので、原木の搬出時期にはなんとか間に合うかなというところですが、ユニバーサル・マウントといって、汎用になっているので、ボブキャットにピッタリフィットするかはやってみないとわかりません。

TITAN 社製のアタッチメントは、パレットフォークもそうなんですが、ボブタッチのレバーとのクリアランスが不十分でガスで切って調整し直したので、これも多少の調整は必要かなと思っています。

社務は一段落 — アメリカ行きは延期の予感

今日は、本来 4 日のお日待ちの都合が合わない一件のお宅での祭典のみで、久しぶりにのんびりしました。

やらないといけないことはたまる一方で処理が追いついていないのですが、思うに、いわゆる ADHD とか、そういう症状だと思うのですよ、自分。
気になることがあると、キューの一番上にそれを積んでしまうもんだから、いつまで経っても、仕事が片付かないのかなと。
でもまあ、今更そういう性分も治るとは思いませんし、他人様に迷惑をかけることがないようになんとか頑張っていくしかないかななどと思う今日このごろです。

そういえば、余裕と思っていた年賀状は結局書けませんでしたので、寒中見舞いでも書こうかと思います。

それはさておき、アメリカ行きの件です。

乾燥機ですが、神社の仕事と薪の仕事の兼ね合いで、2 月頃に行こうか、という話をしたら、

I am currently traveling and will be back in USA in the end of February, so if you can wait until then, please do so.

という返事が担当の D さんから来たわけですよ。
ちなみに、これ、年末の返事ですから、1, 2 月はいないってことです。
長い休みで羨ましい。

ちなみに、今年度末に間に合わなかったのも、D さんの旅行が毎度数ヶ月で話が前に進まなかったからなので、いないときには無理ということなので、3 月にしようと思います。

それはそうと、薪ストーブの点火はいつもガスバーナーでチョチョイとやっているわけですが、神社のお焚き上げの点火用にお宮に持っていったので、昨日、新しいバーナーを買ったんですが、同じ新富士製なんですが、性能が劇的に向上しています。

まあ、バーナーはさておき、もう一つ新商品を見つけてしまったのがこれ。

スコピック は使っているんですが、緑なのがどうなの、って感じだったんですが、灰スコピックはマットブラックでいい感じですし、灰と謳ってあるとおり、薪ストーブの灰の掃除にも良さそうです。

まあ、まだ スコピック は壊れていないので、買い直す気はないんですけどね。
次買うならこっちかなと思います。

少々お高いですが、まあ、なんとかバードよりは安いですし、値段分の仕事はすると思います。