キャッペ = キャット+カーペット — ギャッベではない

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

この子は 1 号です。
DCM ダイキで悩んで買った 498 円(税別)のカーペットです。
多分 MADE IN CHINA。

この子は 3 号です。
キャッペの上で寝てくれました。

ギャッベではない、キャッペです。
キャット+カーペット、略して、キャッペ。

いらない絨毯の切れ端でもいいんですが、オーバーロックミシン、要するにですね、「かがり縫い」をしてもらわないといけないのですが、この加工費が結構掛かるので、買った方が安いってわけです。

尤もほつれても困らないし、まあ、そういうものが置いてあっても、何ら支障がないといえばないんですが、奮発してみました。

それにしても、うちの子は可愛いなぁ。
皆さんもそう思いませんか?
間違いなく、世界一、いや、宇宙一の可愛さ。

午後から白(柴犬)ちゃんをおいぬえん(犬の美容室)に連れて行って、洗ってもらったんですが、預けた帰りに山にいって、コロ薪を持って帰りました。
ちょうど 500kg あるようです。
よく見ると、製品として出荷できそうな長いものが混ざってたりするんだけど、どういうことだろう。。。

その後、林業機械展+αで遠距離でかけるので冬タイヤに履き替えようとしたんです。
そうした所、今はアルミなのでアルコアの専用ナットを使っているんですが、鉄に戻す場合純正ナットが必要になるんですが、道具箱に入れてあったら蓋がちゃんとしまってなくて、ナットが前用 2 個、後ろ用が 2 個で、都合 4 x 2 x 2 = 16 個も不足しているんです。
タイヤマンには当然在庫がなくて、ふそうにまで行ったんですが、やはり在庫なし。
履き替えることができません。。。
大丈夫かな、雪とか。。。

メッシュパレットの問題点

薪の配達にメッシュパレットを使っています。

その理由は、長距離でも荷崩れしづらく、2 段積むことで 2m の高さでも安心して運べるからなんですが、問題点もあります。

問題点とは、

  • 高価なこと
  • それなりに重量があること
  • 畳んだとしても、それなりにスペースが必要になること

です。

今回、客先から回収した際、メッシュパレットの畳み方が間違っているものがあり、それをそのまま積んでしまい、振動で荷が傾いてしまい、また角あてなどが外れて摩擦で固縛していたラッシングが破断して、やむなく路上で積み直したのですが、タイヤを落として死亡事故、という例もありますし、まな板台車でアオリがなく、荷台の高さも 1.5m ほどあるので、後ろの軽自動車などにヒットしたら、即死ものの大事故になってしまうところです。

低速走行時で窓を空けていたので、荷が崩れた瞬間、振動でメッシュがガタつく音が聞こえ、事故を回避できましたが、いわゆる「ヒヤリ・ハット」です。

出典 Wikipedia

ハインリッヒの法則 に拠ると、こういう事例が 300 件あれば、軽微な事故が 29 件、重大な事故が 1 件あるとされているわけです。1/300 で死亡事故になっていた可能性もあるわけで、距離にして 1,000km 以上走行するので、荷の固縛について、なお一層、確実に行わなければならないと感じました。

で、肝心のメッシュパレットの畳み方ですが、標準的なもの、つまり、前のみ半開きになるタイプについては、次のようになります。

まず前面パネルの閂を外し、前に倒します(一般的なものは前のパネルの下の段は傾く程度で完全に倒れません)。
次に側面を持ち上げて引き抜き、そのまま後方に倒して、後ろのパネルを畳み、その上にサイドのパネルを 180 度回した状態で重ねた上に、前のパネルを重ねます。

文で書くとわかりづらいので、動画で。

フロントのパネルの付け根が L 字型になっていて、その分高さがあり、畳んだサイドと後ろのパネルの重なりによる高さを吸収するようにデザインされているので、畳む順序を間違えると斜めになってしまうだけでなく、メッシュパレットが曲がったり破損する原因になります。

次に、畳んだメッシュパレットの積み方です。

最初の写真にもある通り、2 パターンあって、一つは普通に重ねる方法ですが、もう一つは、90° づつ回転して積み重ねる方法です。

前者の場合、パレットそれぞれの間に脚の分、空間があるため、リフトの爪が入るためヤード内での保管に適します。

後者の場合、W=1,200mm のものは、D=1,000mm なので、回転させると荷は 1,200mm 角になってしまうのですが、脚が交互に嵌合するので荷崩れしにくいので、輸送時に適します。

大型のパネルバンなどに積む場合、1,200mm 角のだと横 2 列は積めないと思うのですが、まな板なので問題なく、脚も、下の段は狭い方の向きで積むことで、脚が荷台から外れることもなく積み込ます。

積み重ねた場合の問題点としては、畳み方を間違えていなくても、どうしても曲がったりしているものが生じてくるため傾いていくこと、かなり強く固縛しておかないと路面の凹凸などにより弾性によりふわふわするので、それがラッシングなどの角が摩擦で痛む原因になることです。

これはロープ等だけでの荷締めではかなり限界が低いので、番線や鉄帯で固定しないといけないと思いました。
また、角あてについても、専用のものを準備しておく、つまり、角あて自体が外れないように、サイズなどを工夫する必要も感じました。

メッシュパレットは、3 — 4 段は積めるので、貴重な屋根のあるスペースを効率よく使用できる利点は、デメリットを補って余りあるほど大きいです。

バラ積みで運べるようになり、そのままタイヤショベルででも積み込み、重量や容積で販売できればよいのですが、かなりの設備が必要になるため、当面は、工夫して乗り切りたいと思います。

冬の準備は完了 — 薪をウッドデッキに運び込みました

ここの所休みがなかったので、今日は家でゴロゴロしていたんですが、寒くなってきたので、冬の準備で薪を運ぶことにしました。

まあ、見ての通りのやり方です。

ごく一部、ちゃんとしたものもあるんですが、みかんとか、後は、クスノキとか、それと、いわゆるコロ薪が大部分です。

2 パレット分運んだので、好き放題焚いても 2 週間くらいは持つんじゃないかと思います。

相変わらず手首が痛いままなので、みかんカゴにクヌギなどがきっちり入っていると重くて大変です。
15kg くらいまででやめておいたほうが楽でいいかなと思います。
その量で、計算上は一晩持つはずですから。

おニャー様は新しい敷物も大満足の様子。
薪もいい感じで燃えてます。

駐車スペースですが、クッション砂を敷いたところで終わっていて、リフトが埋まるんで、さっさとブロックを敷いて舗装したいとは思うんですが。。。
HST なので、抜け出せなくなりはしないので、ズルズルと放置プレイです。

石垣の目塗りもまだだし、いい加減、少しづつ外構も完成させていかないとなんですが、ログ壁の再塗装も必要になってきて、やることが貯まる一方です。

寒いに外の仕事は嫌だから、春になったらやろうと思います。

ZenRobotics — robotic sorting station

これ、すごいロボットですね。
ディープラーニングで産廃を選別するロボットだそうです。
埼玉の深谷のシタラ興産という会社が導入したそうです。

前々から産廃処理業には興味があって、混ぜたらゴミですが、分別すれば有価物になるものも少ないない割に、人的コストの問題でそのままミンチにして焼却したり埋め立てたりして、松山の場合だと、違法な埋め立てをした業者がいたり、松山市の場合、馬鹿げた分別を市民に強いている行政があったりするわけです。

松山市もこのロボットを導入して、可燃ごみ、不燃ごみ、位の括りで収集し、分別や資源化はロボットで行い、市民はゴミの分別などという生産性の低い行為を行政に強制されることなく、より意味のある事業に注力できるようにしたどうかと思うのです。

で、このロボットですが、薪の選別も楽勝でこなしそうですね。

薪の場合、基本的にはある程度大きさなども決まっているのでロボットアームで掴むまでせずとも、コンベア上から叩き出して選別する程度で十分でしょうし、光学だけで虫食いの有無、長さ(形状)など、もしかしたら、他にもセンサをつかすれば、乾燥度合いや、樹種まで選別できるかもしれません。

そうえば、薪のソーターとしてすでに出荷されている Vepak も北欧発だったと思うのですが、人口も少なく、冬も長い、日本よりも条件は悪いと思うのですが、不思議と先進的な製品が多い気がします。

どうでもいいことですが、FISKARS の X シリーズの斧もフィンランド製です。

薪のサイズ感は人によってかなり違うようです

これは 40cm なんですが、9 日に来週の配達のため準備をしたり、計量した時の写真です。
見ての通り、鉄カゴに入っているのですが、鉄カゴのメッシュは 50×50, または 50×100 ですから、まあ、そういうサイズ感なわけです。

先週納めたものもこれくらいの割サイズなんですが、ちょっと太すぎる、という話を頂いたわけです。
あと、長さの選別がきちんとできていないようでした。

まあ、長さの選別は、こちらのチェック漏れもあるんですが、来週にも、一度、品質管理について、もう少し煮詰める必要があると感じました。
袋詰のやり方も買えたほうがいいと思うのもあるのですが、コストは結構かかっているので、かけたコストに見合う結果は出していかねばなりません。

割サイズについては、現状のサイズでの工数で、今後ピザ用の小割などは、当然手間が増える分、生産コストが上昇するわけで、玉切りだけプロセッサでやって、小割については kindlig machine でやるほうが最終的には、安価に生産できるわけですが、イニシャルが掛かるので、間を取って WR-6 はどうかということも話したんですが、事故や怪我の問題があるので、現状の往復割で十分パフォーマンが得られているので、そこの部分は当面はそのまま行きましょう、ということで落ち着いているわけです。

今後の生産分(納品分)について、うちで言うところの中割のみになるので、これに関しては、工数を計算して、コストを再計算して見ないといけないわけですが、400kg あたりで、500 — 1,000 円程度、コストが増大する可能性があります。

選別機(トロンメルスクリーン)の油圧ユニットですが、ボルトは結局 MonotaRO で取り寄せて届いているので、後はキーの問題だけなので、とりあえず、組み立てて試運転が可能なようには準備を進めたいと思います。

それともう一つの急ぎの仕事として、乾燥機を運転できる状態に持っていきたいと思います。

エアクリーナーについては、ロビンから納品があったと連絡があったので、これも早々に直して、薪割りも再開したいと思います。

一度には無理なので、ボチボチ片付けていきたいと思います。

まあ、明日は、夕方から大麻頒布始祭があるので、午前中に、荷下ろしくらいは済ませたいと思います。

ドアはヒンジ交換が必要なようです

今日は、途中でドアの建て付けの調整と、それと右のリアレンズ ASSY の交換に立ち寄りました。

車検のこともちょっと相談したんですが、今週末カットオフの荷物は、2 週間後くらいに六甲アイランドに到着するので、12 月の 2 週目くらいにまた神戸に来ることになると思うので、そのタイミングで、整備しようということになりました。

ただ、そうすると、車検を受けられるのは、12/18 以降になるので、愛媛で自分で持ち込んで車検しようと思います。

それと、エンジンオイルの件も聞いたんですが、33L 入るそうで、まあ、純正オイルは 1L 650 円で高いといえば高いんだけど、驚くほどでもないんですが、フィルタが 3 つあって、そっちだけで 2 万くらいするそうなので、結構馬鹿にならない感じなので、自分でやったほうが良さそうです。

オイルに関しては、15W-40 を入れてください、ということで、DH-2 だそうです。
オイルのグレードは写メを取っていいですよ、ってことだったので、念のために記録してきました。

それにしても、ドアの修理代は結局全部でいくら掛かるんでしょうか。。。
高い軽油になりました。

何を今更。。。牛久の臭くて小汚い山岡家、実はあれが 1 号店

愛知まで戻ってきてます。
今日は渋滞がひどくてえらく疲れました。。。

で、山岡家です。

いや、山岡家いえばですね、この間ですね、つくば時代に仕事でお世話になった O さんがつくばに来てたみたいで facebook で山岡家の話になったんですよ。
その時、山岡家臭いでしょう、という話をしたんですが、普通に食べられましたと言うんですね。
なんか店の写真もアップしてあったんですが、明らかに見た目がきれいなんで、おかしいなぁと思ったわけです。

それで最近トラックで走っていると、山岡家って、あっちこっちに増殖しているじゃないですか。
調べてみると、結構なチェーン店みたいなんですよ。

こちとら歩いていこうと思ったら行ける距離にあるもんだから、山岡家といえばあれが山岡家だと思いこんでいたんですが、まさかの 1 号店でした。

何を今更言っているんだ、とツッコミがかっぱ民や、だっぺ民から入りそうです。

そういや、だっぺ県、今年も魅力ない県 No.1 に輝いたそうですね。

しかし、牛久市、色々あるじゃん。

牛久大仏、牛久沼(うな丼発祥の地)、稀勢の里、このくらいか、と思っていたところに、山岡家 1 号店。

何年ぶりかの山岡家でしたけど、ちょっと臭いけど、まあ、美味しかったです。
駐車場も広くていいし。
シャワー無料というのがどうやれば使えるのかわからなかったんですが。。。

それはそうと、今更の話。

なんか色々ボタンを押したりしていたら、オートクルーズ機能がありましたよ。
アダプティブではないんだけど、いや、ずっと使い方がわからなかったんですが、とっても楽になりました。

日本仕様の新型は、自動ブレーキとか、i-see(UD でいうところの ForeTrack)あたりはまだ実装されてないようなんですよね。

渋滞中に使おうとしてみたんですが、車速が 30km/h を超える辺りからしか機能しません。
また、指定の速度にまで自動的に加速する操作なんかもちょっとわからない感じです。

明日ディーラーによるので、その時に教えてもらおうと思います。

独立懸架と、デュアルクラッチ、プリクラッシュブレーキ、アダプティブクルーズコントロール、これくらい、今時下手すりゃ軽でもついているんで、さっさと投入してください。>ディーラーさん

薪が売れまくって儲かったら、新型に乗り換えるんで。

そういえば、スカニアの新型がモーターショーに出店されたってのの続報、全然チェックしてないです。
帰ったら、チェックしないと。

ウッドバッグの下に敷くパレットを積み込み

木のパレットは地面に置くと短時間に腐ってしまうのと、4 方向ではないものが多いので、パレットを購入しました。
100 枚ほどなので、ウッドバッグひとつ製品は約 400kg なので、40t ほどが乾燥させられる量、ということになります。
もう 100 枚くらいあるので、80t 分、まだちょっと少ないですね。

今回は、ロールボックスパレットも買いました。

明日は神戸まで帰りたいと思います。

あと少し、無事故でがんばります。

Husqvarna チャップスの仕様変更

今日はこれから倉庫に雑貨の納品です。

M さんから、写真と色が違うんだけどと、かなり前に指摘を受けた Husqvarna(ハスクバーナ)のチャップス の件ですが、ようやく実物を見てみました。

かなりグレーっぽい感じで、まあ、これはこれで悪くはないと思います。
前は 深いブルー でした。

この辺、海外製品のいい加減なところで、Husqvarna に関していえば、以前は ヘルメット のロゴが黒だったものがいつのまにやら銀になって、これもクレームになったことがありました。

当然、海外製品なので、そういうのも「仕様」として納得していただいているんですが、中には納得出来ない方もいらっしゃるようで、手袋を装着してからサイズが合わないから返品というトラブルがあったこともあります。

通販の場合、サイズ違いの問題があり、チャップス もフリーサイズのみ扱っています。

で、チャップス って何、という話です。

チャップスは、足に巻きつけて装着するタイプのチェンソーの防護用の安全用品です。
特殊な繊維が仕込まれていて、万一、チェンソー作業中に脚を切断するような事故が発生した際に被害を大きく軽減します。

チェンソー作業の事故のうち、大部分は、左手の甲と足に集中していることが知られています。

簡単にいえば、安全グローブチャップス を装着することで、約 8 割の事故の被害が軽減できる可能性を高めることができる、ということです。

ちなみに、安全グローブ のクレームで、左右が対称ではない、違うものの組み合わせではないか、不良品だ、というものがありました。

チェンソー作業の事故のうち、大部分は、左手の甲に集中している、つまり、その事故に対応すべく、手袋自体、左右で作りが違うわけです。

わざわざ怪我をして学習しなくても、人間は他人の経験からも学ぶことができます。
備えあれば憂いなし!

安全グローブ は、長期在庫になっているため、セール価格で提供いたしますので、どなたか是非買ってください。

薪の配達の合理化 — 40 ft side lift self loading container trailer

今日は荷下ろしですが、午前中ちょっと降るようです。
毎度クロックスなので、滑って落ちないようにしたいと思います。
ヤバそうなら、安全靴に。w

長距離運転する時、すれ違うトラックなんかを見ながら、薪の配達の合理化のことなんかを考えているのですが、アームロールのフルトレとか、色々思うんですが、現状、やはりコンテナかなと思うわけです。

で、セルフローディングタイプのシャーシを日本では全然見かけないんですが、何ででしょうか。

このシャーシがあれば、40′ のコンテナを自力で積み下ろしできますし、リフト部分はスライドするようなので、20ft も写真のように積載可能なようです。

で、プラットホームを使えば、重機の積載車(ただし、かなり床面が高くなるので大型の機械は高さ制限に引っかかって無理)としても便利そうだし、薪の配達などもこれがあればボブキャットごと積んでいけるので、先方にリフトがなくても OK だし、コンテナごと置いて帰れば、倉庫代わりになる上、鍵もかかって防犯上もよろしい感じです。

今は規制緩和で、キングピンから後ろ 13m までいけるようになったはずなので、キングピンよりも前にも 1m 以上のスペースは取れるはずで、台車自体は 14m くらいまで作れるはずで、十分 40′ コンテナも積載できると思うんですけどね。

まあ、高くて買えないんでしょうけど。。。

今思う一番現実的な回答は、やはり、トラックマウント型フォークリフトかなと思います。