Frankfurt Express

12/31 に遅れるとかなんとか連絡があった Frankfurt Express ですけど、

ETA: 2021-01-02 12:00 LT (UTC +9)

ということになっています。

Frankfurt ExpressHapag-Lloyd ですね。

そんなこんなで、明けました、おめでとうございました。

そういえば、その昔、ちょっとアレな会社に間違えて就職してしまったことがあって、いやまったくブラック企業だとは思わないんですが、ちょっとウマが合わないというか、能力開発セミナーみたいなのがあってですね、

ありがとうございました

というのがおかしい、という宗教じみた発言があったりしたんですよ。
感謝は現在しているんだから、過去形になるのはおかしいとか、英語では Thank you であって、Thanked you とはいわんだろうとか、まあ、新年早々、どうでもいいことを思い出したのでありました。

というわけで、次の貨物、依頼を受けている TrueNorth TN20 本体であるとか、修理用のパーツであるとか、少々遅れ気味です。予定通り 2 日に入港して、接続に一週間かかったら 9 日頃、2 週間かかったら、16 日頃ということになりますが、今のところ 2 週間以上かるようなことはないので、仮に 16 日だとして、翌月曜日の 18 日搬入、午後確認が取れるとして、痛感を切ったら、19 日頃には発送ができるんではなかろうか、というところです。

お宮の方はというと、やはり閑散としています。
例年よりも人手が大幅に減った感がありますね。
感染拡大防止という面で言えば、良いことでもあるけど、やはり神主としては、一抹の寂しさを禁じ得ません。
歳旦祭も、祭典だけで、早々に解散でしたし。

今、世界はこれまでの生活スタイルから、新しい生活スタイルに強制的に変化させられていると思います。
良いとか、悪いとか、そういう問題ではなくです。

いつだったかのホリエモンのスピーチを思い出します。

寝食(ネショク)を忘れて一つのことに熱中する癖があります、の行も思い出しますけど、それは置いておいて、内容としては、正鵠を射ていて、肝に銘じようと思った核心は、

みなさんが知らないうちに、世界中のすごい人たち、頭のいい人たちは、どんどん皆さんが知らないうちに、新しい技術を開発して、勝手に世の中を変えていってしまっています。

人間なんて、5年先の未来だって、僕だって予測できないです。いまから10年前に、みんながこうスマートフォンを持って歩きスマホとかしながらツイッターとかラインとかやってる未来想像できましたか?みなさん、10年前に。できなかったでしょう?僕も出来ませんでした。だから未来のことなんか考えることには意味がない。そして、過去を悔やんでる暇はみなさんにはないはずだ。なぜなら、これから、グローバル化で競争激化して、そして、未来には僕は楽しいことしかないと思います。それは、どうやったら楽しくできるか。それは今を一生懸命生きることです。

という部分です。

世の中の仕組み、ルールなんて、ある日突然変わるんですよね。
現に今、支那ウイルスという疫病によって、日常が根本的にかわっていっているじゃないですか。
無論、こういう疫病の蔓延は予測されたことではありますが、それに対しての準備が十分であったとはとても言えないと思いますし、そういう意味では、予測できていなかったに等しいと思います。

未来のことなんか考えることには意味がない、という部分、これは自分自身の未来ではなくて、社会というシステムから与えられるであろう環境であるとか、ルールであるとか、そういうもののことを指しているんだと思うんですよ。
年金がもらえるだろうかとか。

だからこそ、楽しい未来にするために今を精一杯生きる、ということについてはその通りだと思うんです。
今の積み重ねが過去であり、その積み重ねが切り拓くの未来ですから。
ただまあ、精一杯は無理なので、ボチボチ生きたいと思います。

それと薪の配達の件ですが、お宮の太陽電池小屋に 6 袋くらい発掘しました。
2.4t くらいはある計算です。
個人のお客さんの差しあたってのバックオーダーが 3 袋なのですが、プロセッサから出ただけのものを乾燥のために保管してあるだけなので、割が太すぎます。
時間が取れ次第小割りにして、配達に出動したいと思います。
新年は 4 日から、薪屋さんの営業を再開いたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

Frankfurt Express」への1件のフィードバック

  1. 後ろ向きでは走れません
    いつも前を向いてしか走れないのです。
    前はあまり見えませんが
     
    止まってしまった人は振り返る。
     
    いろいろ読ませてもらっています

    少々長すぎる感はありますが
    らしさがあります

コメントを残す