Safari Extension で mixi の広告を表示させない

最近の広告は Flash で作成されていたりしている上、当然のアプローチではあると思いますが、mixi に登録しているプロフィールなどから、表示内容が選択されています。

自分の場合、mixi に登録してある情報はすべて嘘っぱちですから、「女性用下着」であったり「わきの脱毛」であったり、かなり見たくない広告ばかり表示されるので、今までは Grease Monkey Script を自作して非表示にしていました。

MacBook Air に最初に内蔵されていた、Samsung HDD が 1 年経って保証が切れたとたんに動作がおかしくなり、Time Machine でバックアップをとりつつだましだまし使っていたんですが、このたびめでたく完全に起動しなくなり SSD に交換したため、システムをクリーンインストールし、Safari も 5 になったので、新機能、Safari Extension を使って、mixi の広告を表示させないようにしてみましたので、忘れないようにメモしておきます。

まず、すべてを自作するのは間抜けなので、すでにあるもの を使います。

ほとんど、上記サイトで説明は完了なんですが、補足すると、[cci]Domains Includes:[/cci] についての記述は、[cci]http://mixi.jp/home.pl/[/cci] であったり、[cci]http://photo.mixi.jp/[/cci] であったりします。場合によっては、https のこともあるので、ワイルドカードを使い簡便に記述します。

  • [cci]http*://mixi.jp/*[/cci]
  • [cci]http*://*.mixi.jp/*[/cci]
  • 次にスタイルシートの部分。

    自分の場合は、なぜか併記するとうまくスタイルが適用されなかったので、バラバラに書いていますが、注意書きが書いてありますが、[cci]!important[/cci] をつけないといけません。

    完全に消してしまいたい場合は、[cci]{display:none!important}[/cci] とし、レイアウトが崩れるために表示されているスペースはそのままおいておくが、内容は見たくない、という場合には、[cci]{visibility:hidden!important}[/cci] とします。

    [cc]
    .adBanner {display:none!important}
    #adBanner {display:none!important}
    #prContentsArea {display:none!important}
    #collaboPr {display:none!important}
    .bottomSpaceAd {display:none!important}
    #promotionBanner {display:none!important}
    #footprintjack {visibility:hidden!important}
    #footprintjack02 {visibility:hidden!important}
    .messageAreaAd01 {display:none!important}
    #contentMatch {display:none!important}
    .sponsorList02 {display:none!important}
    [/cc]

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

    コメントを残す