パレットを買ってみました

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

パレットを買ってみました。
アメリカで。

Nestable Plastic Pallets, いわゆるスキッドと呼ばれているタイプで、重ねて収納できるタイプです。
こんなの。


何故これを買ったか、というといくつかの理由があります。

まず、このタイプは重ねられるので購入時に運賃が安く上がります。
今回、10 枚買ったんですが、商品の価格は @$22.89 で、10 枚 $228.90 ですが、運賃が $97.21 もかかります。
都合 $326.11 なので、1 枚 4,000 円もするんですけどね。

次に使いやすいから。
下板がないので、ハンドパレットトラックでの作業が楽なのです。
今後仕事が増えても、パートさんにリフト作業は無理でしょう。

また、使った後仕舞うのも、重ねるだけで、ぴったり重なるし、ずれたり、それで倒れたりもしません。
軽いので、重なっているものをバラすのも楽だし、そもそもハンドパレットなので、そこが人力ですから。

あと、Open Deck というらしいんですが、床面が網っぽいのもポイントで、

  • 雨に降られても水がたまらない
  • デッキ面を踏んでも足跡がつきにくく、足跡の砂埃がダンボールに付着する量も少ない
  • 荷物が滑りにくい
  • 軽い荷物が吹き飛んだり、荷崩れしないように、ゴムネットかけるときフックを容易に掛けられる

ってところでしょうか。

ちなみに、床面が平面のものを Closed Deck というようです。

このパレットは、在庫が North Carolina なので、Tennessee の隣です。
なので、パレットを送って、それに積みつけてもらい、チャータートラックで引き取りに行き、通常の貨物のように Portland や LA の倉庫にまとめず、そのまま Chicago に運んで、Lodge 単体で LCL で輸送してみようと思います。

今までは木のパレットだったんで、到着後はゴミになっていたんで、もったいなかったんですが、これで到着後も便利に利用することができそうです。

Safari の Export as PDF と Print からの Save As PDF

大ハマりです。

輸出のためのインボイスをまとめているんですが、結構枚数があるので、半自動処理をしています。

これがかなり曲者というか、トリッキーというかなんですが、流れとしては、

  • 倉庫にある品物のうち、積み込むもののインボイス番号をピックアップする
  • インボイス番号から、Amazon 等での注文だと判明したもの(日用品, 例えば洗剤など)の invoice を Safari で表示, 一旦 HTML としてローカルに保存する
  • ローカルに保存した HTML のうち不要なものを CSS を細工して取り除く(ヘッダやふった、ロゴなど)
  • Export As PDF を使い PDF に変換して保存する
  • 各インボイス番号に基づきソートし、連番を振った上で、FPDF を使い 1 ファイルにまとめる

って感じなんです。

Amazon とか、まあその辺での小物の買い物は、次のような理由でものすごく数が多いので、いちいち人力でやっていたら、大変だし、ミスが起こります。
なので、自動化しているんですが。。。

  • 洗剤やケミカル類, おにゃー様のグッズなどは、Subscribe & Save という定期注文で、1 アイテムごとにインボイスができるため、10 アイテムを定期注文しているなら、10 件のインボイスが発生する
  • Subscribe & Save は、同じアイテムを 2 個買うと、1 件の定期注文とカウントされるけど、1 アイテムづつを 2 件定期注文すると、注文件数に下駄をはかせることができ、割引率がアップ
  • また、数が多いときは、数量変更だと、いちいち変更作業が必要だけど、全部ならスキップをワンクリックするだけで良いので楽

ぱっと見はうまく動いていたんです、ぱっと見は。

問題は、表題の通りなんですが、Export As PDF と Print からの Save As PDF の近いです。

本当は、Print からの Save As PDF で PDF に変換したかったんですが、プリントダイアログの操作をしないといけなくて、この部分が不安定だったんで、それを省略できる Export As PDF で処理していました。

このところずっとこれで問題なく動いていたんですが、出来上がった PDF の用紙サイズがおかしなことになっているのです。
インスペクタで見ると、Paper size: 40.19 x 23.32cm となっています。
これを A4 サイズにすると、横 210mm x縦 297mm なので、右半分が欠落してしまいます。

当たり前ですが、Print からの Save As PDF の場合、用紙サイズの設定ができるので、このような問題は起こりません。

で、なんで一旦 HTML で保存をするのか、というと、Amazon の側が当然セキュリティのため、暗号通信になっているので、wget だとかそこらへんでゴニョゴニョできそうになかったため、です。

次に HTML から PDF の変換を、それこそ FPDF でやれよ、って話ですが、JavaScript やら CSS でゴニョゴニョしているため、レイアウトが崩れすぎて使い物にならなかったため、です。
Acrobat を使ったらできるんだろうか。。。持ってないけど。

しかしまあ、個人事業者の方で、こういう税金を払う時に提出しないといけないインボイス類って、どうやってるんでしょうかね。

というわけで、丸一日かかっても解決できませんでしたので、今回は人力で Print からの Save as PDF での変換作業で凌ぎたいと思います。

それはそうと、次の Lodge 製品の仕入れの件なんですが、今まではバラバラというか、一個一個の荷物として倉庫に搬入してもらい、それをこちらで輸出用の梱包にまとめていたんです。
ただ、この方法だと輸送コストが嵩む上、紛失や破損、あとそれらの管理のコストもかなりかかるし、Lodge 製品もある程度売れるようになってきたので、量をまとめて注文をしようかなと思うわけです。

それで、担当者が知らない単語がでてきたのですが、

ということのようです。

  • MOQ Minimum Order Quantity 最低注文数
  • SPQ Standard Packing Quantity 最小発注単位
  • SNP Standard Number of Package 標準の梱包の数=「出荷梱包単位」

さて、SNP ですが、例えば Lodge の製品で言えば、L8SK3 などは複数枚, たしか 3 枚で 1 つの箱に入っているんです。
その場合、SNP = 3 なのかなと思うわけです。
ただ、その箱が本当に最終の箱か、とも思うんですが、基本的にある程度の大きさがあり、当然に、鉄なので重たいので、3 枚入りの箱を、さらに大きな箱で梱包するのかという疑問なんですが、以前紹介した Lodge の工場での生産風景で、出荷時にパレットにはい付けして、ストレッチフィルムで梱包している様子が見て取れますが、このパレット 1 枚、これも SNP といえば、SNP じゃないの、って話です。
さらに言えば、パレットにきれいに積みつけられる数、1 段のですよ、これも SNP といえば SNP ではないかと。

うちの標準の梱包サイズで言えば、L8SK3 は LCC3 と共通の箱を使い、1 箱 5 枚で再梱包しています。
再梱包する理由は、L8SK3 には外箱がないため、Amazon で保管されている際に、

  • 1 アイテムがどこまでか範囲をはっきりさせるため
  • 商品を保護するため

1 アイテムごとに箱に入れるか、ビニール袋等で個別に梱包し、FBA ラベルを貼り付けることを求められるためです。

厳密に言えば、この作業はメーカーバーコードで納品すれば省略できますが、手間暇かけて丁寧に検品して、丁寧に梱包してこそ差別化できる わけでし、値段とその部分でしか差別化はできませんから、ここが自分の唯一の仕事と言っても過言ではありません。

で、箱の寸法ですが、B4-80 と同じくらいなんですが、長さ 375 × 幅 265mm(内寸)なので、400 x 300 といったところです。

段ボール箱の積上げ劣化②

写真は、保管のために倉庫内で積んである様子で、棒積みになっています。
この後、輸送のために、交互の煉瓦積みに積みなおししましたが。

要するに保管時には、ダンボールの強度を優先して、劣化を避けるために低く積んでおくわけです。
輸送の際には、特にこの箱は輸送専用で、Amazon に到着したら破棄されて、お客様にお届けするものではないので、到着まで持てば良いので、荷崩れせず、かつ、スペース効率の良い積み方に切り替える、というわけです。
写真の量で 3 x 3 で 9 箱、入り数が 5 ですから、一箱 15 キロはないですが、一つ 5 pounds なので、10kg ちょっとですね。なので、1 段で 100kg くらいです。
4 段積めば、一番下の段には 30kg 以上乗っているのですから、小学生くらいの子供が踏み台に使っているようなものです。
なので、ちゃんと考えないと、すぐに箱がダメになってしまうんです。
箱は 100 円近くしますので、パレット一つあたり、梱包の材料代だけで何千円もかかっているんです。

もちろん、LCC3 のように積み上げても、製品全体で重量を受け止めることができ、ダンボールが痛まない場合、また、LCC3 の場合、普通の茶色の箱と、カラー印刷の化粧箱とバリエーションがあるんですが、カラー印刷はコートされているのか、とてもとても滑りやすいため、そもそも棒積みで何段か積んだら、リフトが止まっただけで前方に滑り落ちかねないので、こういうものはシュリンクフィルムを軽く巻きつけておくと、フィルム同士が接すると滑り止めにもなるので、輸送ラベルからの保護も兼ねて、シュリンクフィルムを巻くようにしています。

えらく話が脱線しましたが、アメリカのパレットは、40″ x 48″ なので、1,000 x 1,200mm といったところなので、LCC 3 の箱なら、煉瓦積みで 300 x 400 が 4 個 x 1 列、400 x 300 が 3 個 x 2 列で、10 個/段, ということになるんじゃないかなと思うわけです。

ただ、最初から色々と細かくいいすぎるのもアレかと思うわけで、向こうも素人ではないというよりも、こちらよりも経験も知識もあるだろうから、まずはやってみて、問題が出たら煮詰めていけばいいんじゃないかなと思います。
まあ、結構、自分のやり方に固執して、それ以外はできない、という人もいるというか、そういう人の方が多いんで、問題が出ても解決できないってのは往々にしてあるパターンだったりもするんですが。

案ずるより産むが易しともいうし、とにかくやってみようと思います。

netvue orb cam が届きました

この前追加で注文したと書いた netvue orb cam ですが、今日届いてました。

それでお代は、

Item(s) Subtotal: $107.97
Shipping & Handling: $26.30
Your Coupon Savings: -$3.00
—–
Total before tax: $131.27
Estimated tax to be collected: $0.00
—–
Grand Total: $131.27

と相成りました。
一台 5,000 円ちょっと、というところでしょうか。

早速、お宮に取り付けてみました。

前に取り付けてある outdoor cam に取り付けでああでもないこうでもないとやっている様子が激写されていましたが、結局ベストなポジションは決まらず。。。

それで、今回届いたものは古い在庫だったのか、ファームウェアのバーションが古く AI 機能が使えません。
ファームウェアを更新したら、最新版では使えるようになっていました。

AI というのは、Lab Features という項目の中に入っているので、まだ実装されているとは言い難い、ベータ版、という位置付けなのかもしれませんが、モーションアラート時に「人であるかどうか」を識別して、無駄な通知を減らす、という機能のようです。
モーション録画自体は行われる模様で、クラウドの録画履歴に「人を検出した」とわかるアイコンが表示されます。
しばらく使ってみて、どれくらいの精度になるのか、カメラの位置により逆光になりやすい等、いろいろ条件もあるかなと思うので、設置場所を含めて試してみたいと思います。

なんだかんだで、pan, tilt 機能がついている分、壊れやすいのではないかという懸念があるのですが、耐久性についても、しばらく使って様子を見てみるしかなさそうです。

鉄の値段が凄まじいことになっていました

今日は午前中、アメリカの倉庫からパレタイズが終わったと連絡があったので、ちょっとだけ書類仕事をしました。
まあ、まだ終わってないんですが、月曜日までと言われているので、明日と明後日もあるんでなんとかなるでしょう。

前回は 3 月の末に出荷依頼をして届いたのが 5 月半でした。
今回は 5 月の末に出荷依頼をしたので、単純計算をすると、届くのは 7 月半ば、ってことになりますか。

すでに納品したものうち、売り切れるものも出ていて、全く入荷数が足りていません。
足りないということを認識したわけで、今から注文をするので、リードタイムも合わせると、9 月半、ってことになるんでしょうかね。
腐るものでもないし、多めに仕入れることさえできたら、もっとスムーズにことが運ぶんですが、ない袖ばかりは振ることができません。

そんなこんなで、入荷したものの出荷作業とかをしたため、段ボール等が溜まったのと、鉄もかなり溜まっていたので、捨てに行くことにしました。

途中、とあるところに寄ると。。。届いていました!
まあ、どうなるかは、来週月曜日に判明すると思いますが。

それで、鉄ですが、なんと驚きの 5 円でした。
1,150 円もらいましたけど、捨てる手間が省けた程度でしょうかね。

紙の方は 30 ロールくらいもらえましたので、ボチボチですが、まあ、これも捨てる手間が省ける程度です。
まあ、嵩張るペットボトルとかをまとめて捨てられるのですが、よく考えると、それだけペットボトルを買っているということでもあるんで、そこをなんとかした方がいいんじゃないかとも思ったりもします。

そんなこんなで、夕方までかかってしまって、本日終了。

明日は書類を片付けていきたいと思います。

薪割り機を電動化するのための部品

ブレイブ往復式薪割り機を電動化するための部品ですが、輸入はしていたもののすっかり放置していたので、今日、ちょっと現物合わせで確認してみました。

まず、ブリーザキャップですが、これは部品を取ったところ、前にも書いた通り Nortrack のものなんですが、既存のタンクのクラック等の不具合もあり、取り寄せの際、形が歪で梱包がまずく、運賃がアホのようにかかって、結局お客さんにいくらなんでも申し訳なさすぎて請求できなかった経験があるものですから、国内で作動油の容量をアップしたり、エンジンガードをつけられるものを生産しようという計画もあるんです。
そうすると、エンジンは下ろして、交換用にフレームだけ取ったり、そういう使い回しをすれば、タダでもらったところで、運賃がアホのようにかかってはお客さんにメリットがないので、運賃分でまともなフレームを買ってもらった方がいいかなというところです。
無論、不具合が出たら、という話ですが。

それで、ブリーザーのサイズですが、現物合わせで確認して、やはり 3/4″ NPT でした。
戻り側、これは 3/4″ NPT とわかっているので、まず、3/4″ NPT のポートが二つ、ということです。

それと、サクション側のポートです。
写真の小さい方が 1-1/2″, 大きい方は 2″ ですが、明らかに 2″ ではないので、多分 1-1/2″ なのかなというところです。
ストレーナ自体も、1-1/2″ くらいで 14GPM くらいのスペックなので。
2″ だと 24GPM くらいになります。

写真で分かる通り、タンクの幅というか、厚みというか、横ではなくて、前後方向の長さが短いので、ちょっと寸胴なストレーナを使っているのですが、これバラすとシールしなおさないといけないので、どうしたものかなと思い悩んでいますが、こればかりは、現物で確認するしかなさそうです。

そしてこれがフェイスマウントでないタイプのモータを使う場合のポンプマウントになり 4F17 というマウント規格になります。

当たり前ですが、米国仕様になっていますので、日本国内の JIS モータとは軸の高さがあいません。
ポンプの軸の高さは、3.59″ = 9.12cm です。

出典 MonotaRO

エンジン 5HP 相当ということで、3.7kW でいいと思うのですが、油圧ポンプの定格は 3,600rpm なので 2P になります。
3.7kW の 2P, 4P の枠番号は 112M というものになるのですが、C 寸法は 112mm です。
よって、10mm 4F17 の方に下駄を履かせてやると良いということになります。

あと、出力軸ですが、28mm, キーは 8mm なので、これをどうするのか、考えないといけません。
GC160 の方はというと、3/4″ dia. x 2-7/16″ keyed, tapped 5/16″-24 UNF という仕様です。
3/4″ = 19.05mm なのでかなり細いです。

カップリング自体ですが、強度を考えると、上の規格のものを使った方が良いかもしれません。
L-95 でないと、1″ のものがないんですが、1-1/8″ だと、28.575mm なので、0.5mm 緩いです。
なので、1″ のものを 28mm に削り出してもらうのが良いかなと思います。
一つ $8.70 ですし。
旋盤加工がいくらにつくのか、それが問題。
キー溝も掘りなおさないといけないでしょうし。

ポンプ側は、1/2″ dia. x 1-1/2″ long keyed で、$8.70 です。
こっちはポン付。

この部品はまだ手当てしてません。
というか、モータも手当てしてないので、まずはそこからかもしれません。

天皇陛下ご即位記念の製作品?

今日は高知の安全整備さんに VOLOVOLO の整備に行きました。

とりあえず、こりゃあ高いですよ〜と言われてしまいましたが、ざっと分かっている部品で、

  • ヘッドライトユニット 20 万
  • ラジエーター 19 万
  • キャブサス 2.9 万 x 2

といったところと、直す必要ないですよといわれているのが、ブレーキパットの残量センサですが、残量が分からないので、車検から半年経っているので、タイヤを外して足回りの点検・整備もお願いしました。

ついで、

  • エアドライヤ O/H
  • エアタンク 2 番 O/H
  • バックモニターの電源不良
  • 今日ぶつけたアルミ箱の修理

というおまけも。。。

単純計算で、部品代だけで 50 万くらいは行きそうなんですが。。。
安倍ちゃんマスクも来ないし、10 万円はやく下さい!
焼け石に水ですが。。。
1 号から 6 号、5 号の分も俺がもらうとして、70 万給付されないかな。。。
勤労意欲が沸きます!

それで帰りに園に寄りました。

そうしたところ怪しげなブツが稼働していました。

M さん作、天皇陛下の御即位を記念して制作したと主張していました。
そうなの?
拾ってきたゆでダコのベルトコンベアがついに日の目を見ました。

チップですが、ハンマー破砕で一応スクリーンはついているようなんですが、スクリューコンベアに詰まるような塊が混入していて、乾燥機が停止してしまい、下手なところにひっかかると、復旧が半日コースになるということで、あらかじめ大きなものを全部抜いてしまうという作戦です。
大きなものを抜いたチップでの動作はうまくいっているようです。

ヘッドが治ったら、福岡に配達に行って、その後、和歌山に配達に行って、千葉にメッシュパレット引き取り、茨城にコンテナ引き取りに行ってこないとです。
ボチボチ頑張ります。