久しぶりの瓢月

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

今日は、遥々北海道から T さんの訪問がありました。

現状、割り作業や出荷作業をしていなかったものですから、乾燥工程だけ見ていただいて、あとは、うちの生産の流れを説明した感じです。

わざわざ来ていただいたコストに見合う案内ができたのか、立ち話程度で申し訳なかったところですが。

あと、園では、またチップを干していました。

チップの保管場所の問題で、どうも下の方は水が入って濡れてしまい、燃えないようなのです。
個人的には、濡れて発酵したりすると、火災のリスクもあるので、保管方法の改善が必要ではないかなと思うんですが。。。

Wedge floor の件、その後進展がないので、これをどうにかしたらと思わないでもないんですが、少なくとも、日本よりも欧米の状況は深刻なようで、担当の D さん、ベラルーシからアメリカに移動できないようで、とりあえず死んだブレーカーは手配はしてくれたようなんですが、そっちの方は梨の礫なのです。

この前持って帰ったコンテナにチップを入れて運んだらとも思うんですが、幅 2m x 高さ 2m x 長さ 3.5m くらいあると思うので、内容積としては、14m3 くらいかな思うんですが、どれくらいの重さになるんだろう、ということは思いました。

乾燥薪の場合で、0.4 くらいなんですが、針葉樹チップの容積(見掛容量)は、1m3 あたりで、絶乾重量 0.1t で、広葉樹だと 0.2t くらいなので、推定では、0.2t くらいではないかと思うのですが、そうすると、コンテナ自重が天井を抜いてない状態で 800kg ほどですので、14m3 で、2.8t の中身の重さがあるので、3.5t くらいになるんじゃないかと思うのです。

だとすると、片方に車輪をつけてやれば、2t ほどの能力があれば、もう片方を持ち上げて牽引すれば移動することは簡単でにできるので、その方法がいいんじゃないかと思うんですよね。
ついでに言えば、その状態で持ち上げたら、ダンプして排出することもできる訳ですから。
身入りコンテナを下ろす際には、左右から 2 台のリフトで持ち上げれば、問題なく持ち上がると思いますし、空だと 1t のリフトで持ち上がりますし。

一度、チップの重さは計ってみた方がいいかもしれません。

そうこうしているうちにお昼になったんで、今日は一人だから、瓢月(ひょうげつ)にしました。

瓢月、かなりおいしいと思うんですが、それはどうも、こっちの味覚のようで、5 号はまずいと言って、嫌がるのです。
まあ、コンビニはもちろん、カップラーメンですら地域で味をかえている訳ですから、それぞれの土地で好まれる味、というものがあるんでしょうね。

個人的には、香の香(かのか)が一番うまいと思う(ただし、時期による)んですが、四国以外の人がどう感じるか、少し気になりますね。
香の香には、最近全く行けてないので、機会を見つけていきたいところではありますが。。。

それで、今日は普通に大盛り(2)にしました。
隣のおじさんは 1.5 を頼んで、おでんも食べてましたが、0.5 玉刻みで注文できるようです。
増やす方は、2.5 までしかできませんでした。(器に入らないため)

その後、配達に行って、許可証を取りに行って、洗車をしたら、どうにも疲れて昼寝をしてしまい、本日終了です。
大型商品の出荷をすると言ってた件は、はてさて。

それはそうと、薪ストーブの件です。
mørso について、取り扱える機種が増えました。
ざっと価格を列挙しておきます。(およその本体価格のみ、送料別)

機種 価格
1410 158,000 円
1440 188,000 円
3112 215,000 円
3142 255,000 円
6143B 355,000 円
6148 373,000 円
7110 284,000 円

上記価格は、本体(輸入時の消費税や当方の代行手数料は含む)のみです。
日本までの輸送費用と、引取でない場合、日本国内の送料は別途かかります。

雑貨の納品

昨日、気分で休んでしまったので、今日は本来昨日やる予定だった雑貨の納品作業でした。
まあ、写真の通り、いつも通り。

あまりに暑くて、スポットクーラーはあるんですが、全く捗りません。
それと倉庫が狭すぎて、それでもだいぶ片付いてはきたんですが、足の踏み場もないというかなんというか。

特に、今、ハンドパレットトラックをコンテナへの積み込みに使っているので、倉庫はカートで人力なのです。
それで、カートですが、2 台買い増ししました。
結局、ブレーキなしですが。

そんなこんなで、今日は 300kg 分、納品しました。
なんだかんだで、在庫切れも一部は解消して、またすぐに在庫切れしたりしつつも、なんとか開店休業状態を脱することができました。

ただ、先月は、4t ほど入荷しているので、こんなペースではいけないんですが、基本的に頑張れない性分だし、この暑さでは二進も三進もいきません。

倉庫の一部をビニールカーテン等で仕切って、空調ができるようにしたらどうかと思いました。
でも、どこで売っているんでしょうかね。。。
西村ジョイには売ってなかったんですが。

明日は、北海道から薪製造機等の見学のお客さんが来られるのでその対応をして、午後から出荷の続きをしたいと思います。

5 号の逆襲

昨日、少々頑張りすぎた感があって、今日はいったん出動したものの、あまりに怠くてとんぼ返りで、臨時休業日になってしまいました。

それはそうと、どういう仕掛けかいまいち把握しきっていないのですが、おそらく IP アドレスなんだろうと思うんですが、5 号がサイトを見ていて広告がユンボだのフォークリフトだのトレーラだのしか出てこないと昨日あたりからぶつぶつ言っていたのです。
時たま出てもジムニーのパーツで、ミニのパーツがちっとも出てこないと。

そしたら、なんということでしょう。
突如ヤフーの宣伝がミニのパーツばかりになっているじゃありませんか。

摩訶不思議。

その昔、レイプ事件を起こしたノイホイこと菅野完が、産経新聞はポルノの広告が出る と呟いて、笑われてましたが、意外と自分はエロ系の CM は出ないおっさんなのでありました。

こういう広告が正常だと思うので、いっぱい閲覧しようと思います。

それはそうと、今日 Amazon で「並行輸入品にはどのようなデメリットがありますか」と尋ねられたので、一般論としての Amazon のセラーの話を含めて、個人的な見解 を述べておこうと思います。

並行輸入品に限らず、正規輸入品も、万一の事故があった場合ですが、海外のメーカーではなくて、輸入者が日本の法律ではメーカーとして責任を取らねばなりません。

質問 輸入品の場合、その品質欠陥に起因する人的・財的損害が発生した際の製造物責任者は誰になりますか。
回答 1995年7月に「製造物責任法(PL法)」が施行されました。同法は6つの条文からできており、その基本的考えは、「客観的に見て製品に欠陥があれば製造業者等は賠償責任を問われる」というものです。製造業者等の中心になるのはメーカーですが、輸入品の場合には、同法第2条3項により輸入した者が製造業者等に該当します。従い輸入者が責任を問われることになります。その理由の一つは、被害者が海外メーカーを直接訴えることは困難なため、輸入者が責任を負わなければこの法律の本来の目的が果たせなくなるからです。しかし、単なる個人輸入の代行や、通関代行など、他者の輸入行為のための名目的な輸入者である等の場合は必ずしも全責任主体とならないこともあります。このように輸入に様々な形態があるので、常に輸入者が責任を問われるとは言い切れません。被害者との関係で我が国の製造物責任法上誰が責任を負うかという問題と、ビジネス全体から見て誰が最終的に責任を負担すべきであるかという問題とを分けて考える必要があります。

このことは、買った後に不具合があったとき、販売者にその責任能力があるのか、また、連絡はちゃんとつくのか、ということを確認しておく必要があることを意味します。

たとえば、FISKARS 製品などでよく競合するあとるセラーさんですが、住所をまともに表記しておらず、推定した住所を検索すると、画像のアパートの D 棟ではないか、というような状態です。
横浜なのに電話番号の市外局番は 011 で、Amazon の番号を使って、それが特定商取引法に基づく表示なんだそうです。

さて、このアパートで、こんな傾斜地で敷地内に普通車の駐車場も満足にないようなところで、どうやって輸入した商品を捌くのでしょうね。とても、そこに営業の実態があるとは思えません。
リアルに作業をしない、クリックするだけの転売ならできるかもしれませんけど。

ネットで買い物をする際には、売り手の住所や店舗名を Google で検索して、そもそもの問題として、実態があるのか、その確認は極めて重要です。並行品の場合、正規ルートの保証等は受けられないことが多いため、売主の保証がなければ、事実上無保証、ということになりますから、なおさら重要です。

ちなみにうちの場合は、太陽電池の乗ったガルバの倉庫的な建物が出てくると思います。
そこがマイ基地です。
すぐそばに丸太小屋も見えると思います。
実店舗とは言えませんけど、予約いただいての訪問、その場での販売も可能です。
薪割り機などの大型商品は引き取り大歓迎です。
ただ、不在のことも多いので、アポをとってからのご来訪をお待ちしております。

ウッドデッキを高圧洗浄機で清掃

今日は Y くんが手伝いに来てくれました。

Lodge 製品が大量に入荷しているんですが、Amazon がホリデーシーズンとかなんとか、倉庫への納品の数量を制限していて、納品ができない状態です。

まあ、それ以前に売れ行きにものすごく波があるというか、カートのロジックとカタログ自体に変更があったようで、今まで 1 日に 10 件オーダーがあったものが 1 件あるかないか、というような感じで激減しているので、納品しても在庫の保管料金が嵩むし、梱包後長期保管してはダンボールなどの資材が痛む可能性もあるため、極力フレッシュな状態で回したいということもあり、自分の所の倉庫で保管をした方が良いのではないかなとも思う訳です。
それで Lodge 製品の保管用にみかんカゴを持って帰ったのですが、あくまでも薪を保管するように屋外に保管していたものなので、朝からこれを洗いました。

この作業はかなり大変で、高圧洗浄だけでは落ちないし、汚れた水も飛び散るしで、なんとかならないものかと常々考えているんですが、量が知れているので、結局は普通にブラシでゴシゴシ、単純作業で洗っている、という状態です。
二人でやって 1 時間以上、それで 24 カゴなので、一つ洗うのに 5 分以上かかっています。
時給が 1,250 円だとすると、一つ 100 円はかかっている計算ですが、まあ、あのサイズで、あの強度があるダンボールを買ったらそれ以上するので、まあ仕方ないかなと思うところですが、1,000 個洗ったら 10 万はかかる計算です。
やはり、食器洗い機(業務用)のものの中古を早い段階で検討した方がいいかもしれません。
カゴが清潔でないと、商品の汚損の原因になりかねませんから。
あと、薪を入れると、どうしても木屑などが付着しますし。

その後は、カゴも洗って綺麗になりましたから、Lodge 製品の整理をしました。

午後からは、Y くんとウッドデッキの掃除をしました。
少し前にやりかけていた んですが、ホースが届かなくなったため、ウッドデッキに置いてある洗濯機から水が取れるように推薦のアタッチメントを買って対処して、準備をしていました。

今回は高圧洗浄機で洗っただけです。
それではやはり汚れ、特に、緑色の変色してしまった部分が多少残りました。
デッキボードはただの杉板なんですが、今のところ痛んでいるところは特には見当たりませんでした。

ログ壁の汚れがとても気になるのですが、これもやり始めるとキリがないので、今回は見なかったことにしたんですが、丸太小屋も 2011 年に立てたので、来年には 10 年になって、その間に特にメンテらしいメンテをしていないので、塗装も必要な時期になっています。
今は暑くて嫌だし、寒くなると CPR が使えなくなるので、秋口には取り掛かりたいと思うのですが。。。

5 号はずっと検品と梱包をしていたんですが、ヤマトさんに電話をかけると、今日はリフトマンがいないということで、少しづつでも品切れしているものを納品していこうと思いますが、流石に手下ろしはキツイ量なので、出荷は明日にしました。
今まではリフトを貸してくれていたんですが、安全面でしょうね、貸してくれなくなったので仕方ありません。
一番は集荷してくれればいいんですが。

手下ろしといえば、すごく懐かしいことを思い出しました。
その昔、もう 30 年以上前に、トラックの運転手をしていたんです。4 トンの。
採用時に「手積みなし」ということで、楽でいいんじゃないのと思ったんですが、あくまでも「手積みなし」であって「手下ろしなし」ではなかったわけです。あの頃は若かった、的なね。

最近、橋本愛喜氏(女性です)の記事をよく見かけるんですが、荷物の積み下ろしの問題、待ち時間の問題と、手作業の問題については、指摘の通りだと思うんです。
実際のところ、海コンなんかの行列もそうだし、かなり改善すべき部分が多いのは確かだと思います。

出典 netgeek

あと、トラックの運転手といっても、実に様々な人がいるようで、

なんて記事があったりして、当人が突っ込んでいる通り、かなり記事自体もずれているし、周りもズレているのかなと思う訳です。
天才かどうかはさておき、当人にとって、その才能を生かして生きないといけないなんて決まりはないんですよね。

だから、元 IT 系で、現職のドライバーさんだっていると思うし、Youtuber もいる訳で、スマホアプリで簡単に解決できる程度の問題でしかないのに、そういうアプリがないのか、あっても普及しないのか。

あらぬ方向に話がずれてってるけど、要するに納品なんかも、例えばだけど、JITBOX でやる方が、自分にとってもヤマトさんにとっても楽だと思うんですけど、非常に不思議な現象として、JITBOX 方が恐ろしく割高、ってことなんですよ。
JITBOX の場合、容積的には、内寸 1.04 x 1.04 x 1.7m なので、1.84m3 なんですけど、容積重量換算を入れて、423kg だったら、大阪までだとヤマト便の場合 1 万ちょっとだと思いますが、JITBOX だと、高松〜大阪で 20,900 円もするという謎の料金体系なのです。
しかも、バラ荷の場合、荷主的には、カーゴに詰める手間すら要りませんし、当然、カーゴに詰める際に発生する隙間というロスについても考える必要がありません。

これは国際輸送でもそうで、LCL の場合、バラで送ると、荷役作業の都合で勝手にパレタイズされるようですが、この場合、パレタイズ費用はこちらが払う必要もないし、パレット自体の費用も要らなければ、パレットの容積分の運賃も必要ない、しかも、パレタイズすればどうしても隙間ができる訳で、その隙間分の容積分も支払う必要はないのです。
今は、釜山経由で、紛失や破損などの事故が起こる可能性が高いので、パレタイズしていますけど。
この辺りは、業界自体も、もっと色々考えてもらいたいと思うんですけどね。

ヤマト運輸に関していえば、北海道に荷物を送ると 80 サイズで、定価は 2,030 円、うちは 1,510 円取られるんですが、これ、Amazon のFBA だと 500 円弱、マルチチャンネルサービスだと 750 円程度(ダンボール等の資材を含み、出荷にかかる作業等の費用)、ヤフネコだと 800 円 なのです。

Amazon の値段は同じ倉庫から大量出るという点が特殊ですが、一般の消費者が利用するという点では、ヤフネコが 800 円でできるのに、どうしてそれが倍以上、になるか。
ヤフー(あるいはメルカリ等)を経由するかどうかって、特に何も変わらないと思うし、匿名配送とか、サービスはむしろ向上しているとすら思えるのに安い訳です。

まあ、なんか取り止めのない文句じみたエントリーになってしまいましたけど、うだうだ言っても、運賃が安くなる訳ではないし、合理的でないと嘆いても、社会が良くなる訳でもないし、処世術というかなんというか、せめて養分として搾取されないようにしないと、運賃の原資はお客様からお預かりしている品代に含まれる訳ですから、3PL とか、その辺りのことについても、おいおい調べていかないととは思っています。

早くもフージンエア届きました

今日は朔なので、神社の巡回でした。

で、フージンエアですが、なんと今日届きました。
早速エアピローを生産しました。

80cm くらいの立方体のダンボールにいっぱいになるのに大体 15 分くらいかかったでしょうか?
生産速度は 4m/min だそうですから、15 分だと 60m ほど生産したことになります。
10cm あたりのフィルムコストは 1.43 円だったので、一箱 858 円ということになりますね。
結構馬鹿になりません。

そういう意味で言えば、今後の話ですが、FBA 出荷ではなく、自分たちで出荷するようになった場合には、ダンボールをシュレッダーにかけると緩衝剤として使える状態で出てくるものがあるので、それを採用した方が良さそうです。
ただし、現状は、シュレッダーものは、Amazon FBA では使用が禁止されているため、使うことはできません。

米国だと、$2,400 くらいのようです。

コストとしては、ダンボールは放っておいても溜まるので、タダ同然です。
でも 30 万分、フージンエアのロールを買うのはなかなかと大変ですから、イニシャルコストを回収するのはなかなか大変かなと思います。

そんなこんなで、今日、ようやくご予約いただいていているのに納品ができていなかった X11 や 32″ Lopper などの納品のための出荷をすることができました。

出荷したその足でユンボをまたまた回送しに行きました。
前回 Y くんが体調不良で休んだので、それを明日はやろうと思うのですが、倉庫の犬走部分のレベル調整と、丸太小屋のウッドデッキの洗浄、余裕があったら、水路の清掃や、法面の草刈りもしたいと思います。

あと、月曜以降のことになるんですが、2 年前の豪雨で参道の法面が崩落した件、これ、その年の秋に 一旦片付けはした んですが、その後ずっと放置したままだったんです。

この土砂を搬入する村の埋め立て場ですが、そろそろ終わりになるとかならないとか、早く搬入しないと搬入できなくなるかも、ということで、来週はずっと天気が良いようなので、頑張ってなんとかしようかなと思うところです。

このことがあって、ずっと 0.25(7t クラス) か、0.4(12t クラス)の重機が欲しくて、でも、余計なものをついつい買ってしまって、いまだに買えていません。
有ったら、全然違うんですけどね。
いつか買える日が来が来て、お宮の工事が捗る夢でも見たいと思います。

レジ袋削減の時代に

今日は夏越祭でした。

本務神社と、兼務神社と、2 社同時なので、かなりバタバタしていたんですが、なんとか無事に乗り切ることができました。
ただまあ、チャイニーズウイルスの問題もあり、縮小を余儀なくされていますので、少々寂しい雰囲気でもありましたが。

それはそうと、表題の件ですが、レジ袋削減の時代に、プラスチックゴミを増やすようなことをしてしまいました。
ただ、ちょっと思うことがあるんですよね。
多分、自分は性根が捻くれているんだと思いますが。

プラスチックのゴミを削減しようと言うことになっていて、レジ袋が有料化された訳です。
まあ、何もしないよりはいいのかなと思うんですが。
海洋汚染の問題など、プラスチックが問題なことはその通りだと思うんですが、正直、もし本気で取り組むなら、そこからとも思うのです。

松山市のゴミの分別とかもそう。
本当にバカバカしくて、付き合い切れません。
ここにいつも書いてある通り、ペットボトルは分別なんてしません。
保管している間に腐敗するので、洗いはしますが、ラベルやキャップはそのままです。
金属や古紙同様、市の回収には出さずに、資源として業者の交換(買取)に持っていっています。

こういうのって、何らかの利権なのか、それとも新興宗教なのか、本来とは異なる意図を感じずにはいられません。

ちょうど亀田とか、ブルボンとか、お菓子の包装について、Change.org でなんかやってる女子高生がいますけど、グリコ・森永事件というのがあって、あれと同じで、特定の菓子メーカーに対してのネガキャンではないのか、どうしてロッテはいつも対象にならないのかという声があったりして、その女子高生の真意、つまり純粋に彼女は亀田とブルボンしか食べないのか、それとも企業価値・イメージを毀損する隠れた意図があるのか、そこのところはわかりませんけど、本気で亀田とブルボンが菓子の過剰包装をやめてプラスチックが減るというという考えでいるのなら、かなりおめでたいと思う訳です。

なぜなら、菓子業界の売り上げランキングでいえば、大御所というのは、明治、グリコ、ロッテであって、明治に関して言えば、1 兆円を超えており、グリコやロッテの 3 倍以上の売り上げのようです。ただまあ、明治は、菓子とうセグメントのみにフォーカスすると、1,000 億程度でカルビーなどの方が規模が大きくなるようです。
ランキングサイトにより、順位は変わってきますが、これらに対して、ブルボンは 6 位くらい、亀田については、7 — 8 位くらいです。
プラスチックゴミを減らすためにお菓子の包装を簡略化すると言うことを考えるとして、本当に絶対量を減らすのなら、どうしてロッテ(や、グリコなど上位メーカー)に言わないのか、と言う指摘は正鵠を射ていますね。
あくまでも個人的な印象として、そらら上位メーカーの菓子も、亀田とかと大差のない包装だと思います。

そして、フードロスの問題もあると思うんですよね。
自分は家事はほとんどしないので、料理もほとんどしませんけど、あまりしないからこそ、食料品などを大きな単位で買うと、消費する前に傷んでしまう、なんて言うことはよくある訳です。
せんべいなんて、どう包装しろと言うのか、と思いますね。
個別に包装しないなら、開けたら全てを早めに食べ切らないと、湿気でダメになりますし。
衛生面の問題もあるかと思います。

えらくふりが長かったんですが、別に積極的にプラスチックゴミを増やしましょう、というこではなくて、いろいろな問題がある中でどのように梱包するのかずっと考えてきていて、色々やってみたんですが、今現在の一つの結論として、プラスチックの梱包材を使用することにした、と言う話です。

まあ、簡単に言うと、梱包材を作る機械を買いましたよ、と。
買ったのはこちらです。

梱包材の材料となるフィルムに空気を送り込み、熱でシールして梱包材を作る仕組みです。
そのため、梱包材自体の輸送コストや保管コストを削減できます。
意外と手間がかかりますが、梱包材は空気が入っている袋なので、穴を開けて空気を抜けば小さく捨てられます。

今は、紙で梱包していますが、非常に高コストなのです。
コストがかかる=環境負荷が大きい、というのはあるのではないかと思います。

導入が今まで遅れた理由としては、かなりシンプルでして、輸入時に今までは梱包材も含めて輸送していたのですが、あまりに梱包材で容積が増えているので、パッケージングを米国倉庫でやり直すように変更したのです。

たとえば、Lodge のスキレットなどは、紙コップのように重ね合わせると、ものすごく容積を節約できます。
しかし、メーカー梱包ですと、3 枚で 1 箱になっていて、場合によっては、その箱を別の大きな箱に入れた上で、緩衝材をつくめて出荷されてくる訳です。
鋳鉄製品ですから、簡単に割れたりかけたりしてしまいますので。
そして、重たいので、輸入時に箱をきれいに積みつけても、到着する頃に箱が潰れて傾いたりして、かえって破損することが多いため、今のやり方に変更したのです。
Amazon に納品する場合、一つ一つのアイテムをビニール等で小包装しないといけませんし、その際に元の箱に収まらなくなるので、スキレットなどはメーカーのオリジナルの箱自体必要ないですし。

ただ、今度は Amazon への輸送時に緩衝材が足らなくなる訳です。

で、この機械、海外だと Air pillow maker とかそう言う名前で、おそらくほとんどが Made in China なんでしょうか、国内とあまり価格差がありませんでした。

そして、とりあえず、国内で購入することにしようと思いましたが、以下の 3 機種に絞りました。

フージンエア Super Air ダンボールワン
機械価格 28,800 円 86,900 円+送料 20,460 円
マット製造 不可
ピローロール価格 2 ロールで 6,980 円+送料 1,050 円 6,600 円+送料 4,130円
ピロー 10cm 単価 1.43 円 2.36 円+送料 2.07 円

一番重視したのがランニングコストで、フィルムについては、純正品を使用する前提で考えました。
ピローのサイズは色々あると思うので、本来は重さで考えるべきなんでしょうけど、わかりづらいのでざっと計算しました。
やはり、ランニングコストが安いと主張している フージンエア がダントツに安いです。
ただし、ロールは 2 本単位となります。

次に重視したのが、バブル(マット)が製造できるかどうか。
ピローとバブル(マット)は写真のように用途が違います。

結局のところ、通販というのは、価格と商品の輸送品質くらいでしか差別化するのが困難です。
価格競争力についてはほぼ問題ないと思うのですが、輸送品質はまだまだ改善していく余地があると感じています。
フージンエアの導入で、輸送品質が向上して、破損等でお客さんに迷惑をかけることが減ればと思います。