とりあえずキャンターにバックカメラを取り付けました

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

今日は、というか、今日もというか、野暮用をやっていたら、昼を回って結構な時間になってしまい、薪割りするには中途半端なので、キャンターにバックカメラを取り付けかけていたのをとりあえず完成させました。
とりあえず、というのはまあ、おいおい見ていただいたらわかると思うのですが、いちばんの完成と言い切れない理由は、結局カプラが見つからず、REVERSE IN の配線 が完了していないからです。

まず、やらかしたこと、その 1 は、カメラ取り付けの専用ナットをなくした、ということです。
専用のナットは、「C」のような形をしているのですが、その理由は見たままでして、コネクタ部よりもねじ穴の方が小さいので通すことができないからです。
ないものはないので、ねじ込んで通しました。

やらかしたこと、その 2 は、取り付け部分が破断したことです。
ネジはどうもアルミダイキャストでかなり脆いようで、工具で締めたら折れてしまいました。
カメラは両面テープで貼り付けて固定しました。

やらかしたこと、その 3 は、コネクタの接続部を防水するために買ってきてチューブが細すぎて使い物にならなかったことです。
チャイニーズものは、たいてい水が入って壊れるのですが、買いに行くのも面倒くさいので、ビニールテープを巻いただけです。
そういえば、こういうこともあろうかと、ブチルテープを買っておいたのを、今、思い出しました。

まあ、そんなこんなの苦難(?)を乗り越えて、中継ケーブルはなんとかキャブまで引き込みました。
やらかしたこと、その 4 は、せっかく買ってきたヘッドユニットと、内装との隙間を埋めるトリムパネルをどこかに無くしてしまったことです。
捨てたりはしてないと思うんですが、なくなるような小さなものでもないんですけどね。。。

画質はこんな具合です。
正像になっているので、カメラの側の配線をカットして鏡像に切り替えることもできるのですが、ヘッドユニットの側の設定でも反転できるので、設定で鏡像に切り替えて完了です。

それと、昨日のジムニーのドリンクホルダーの件の続きです。
スマホを固定した時に、そもそも端子が繋げないなら意味がないのですが、気になっていたので確認したら、ちゃんと穴がありました。

JB23 に比べて JB64 のスイッチは出っ張りがないので、例のエーモンの USB 端子 でツライチになるんじゃないかと感じます。
取り回しを考えると、いちばん右に用意するのが良さそうですが、あまり時間が取れなさそうだし、繋ぐほど長時間乗ることは稀なので、そのうちに考えるとして、一旦棚上げにした方がいい気がします。
そういう意味だと、このドリンクホルダー自体、Apple の新しい Magsafe アダプタ(iPhone)に対応して充電できるとか、それには CarPlay が Bluetooth 経由で利用できるようにならないといけないわけですが、少なくとも BMW Mini では対応できているので、そう遠くない将来に対応しそうな気もするんです。
まあ、その時には、助手席側にこれを移設しようとは思いますが。

それで、野暮用の件です。

野暮用ってのは 2 件ほどあります。

1 件目は、前々から気になっていたことですが、原木を有償輸送したというブログ記事を見て、それっていいのと思い、思い立って市役所に確認したのです。

それで結局のところ、持ち主がお金を払ってでも引き取ってもらいたいと思っている時点で、それは一般家庭から排出されたものならば一般廃棄物になる、事業所の場合は、産業廃棄物に該当するものは産業廃棄物に、そうでないものは一般廃棄物となり、一般廃棄物収集運搬業の許可が必要、という回答でした。
一般廃棄物収集運搬業の許可がないなら、個人なら 5 年以下の懲役、1,000 万円以下の罰金、法人は 3 億円の罰金ですから、かなり重大な犯罪ですね。
知らない法律はたくさんあると思うんですよ。
何か新しいことを始める時に、自分は思いついてすぐ始めるタイプなので、きちんと調べることはとても大切だと感じました。
気をつけないと。。。

なんで気になったのか、というと先日チップを買いに行った時に、有償で太い丸太を処分場に持ち込んでいる(お金を払って捨てている)人たちが行列を作っていたので、引取の需要はそれなりにあるようなので、そういうものを薪に加工することで、資源化とコストダウンを同時の行えると思ったのですが、とある人からそっち界隈は利権の塊で非常にヤバイと聞いたので、よく調べて参入しないとと思いますし、チップは買ってもタダみたいな値段だし、破砕機の値段もどんどん上がっているので、そっちは参入する気はないのですが。

松山市の場合、一般廃棄物収集運搬業の許可は新規には取得できない状態が続いているので、これも当面考える必要はなさそうです。

古物の許可(現時点でのタビープロダクツの営業内容的には不要と警察相談済み)も取っていこう思います。

2 件目ですが、これは Fecebook ネタなんですが、林内運搬車が欲しいと思っていたところ、出物の情報をもらいました。

これ、もともと 600 万くらいするものだそうですが、いくら 20 年以上前のものとはいえ、60 万は異様に安いわけです。
グラップルは動作しそうなので、定置式で使ってもいいかなとも思うんですが。

欲しすぎるので電話をして確認すると、いろいろ知らないことがあっていくつか教えてもらえたんですが、この車は、2 つのアキシャルピストンポンプがあり、斜板を操作して油量をコントロールして走行する仕組みなんだそうです。
それで、走行時にエンストすることがあり、負荷をかけると止まるらしいので、ポンプが悪い可能性が非常に高いとのこと。
ポンプはもうメーカーに在庫がない、廃盤で直せない、とのことです。
だから 60 万だという説明で、とても正直に説明してもらいました。
本当に良心的な業者さんです。
あと、グラップル自体は、操作レバーが折れてなくなっている部分に関しては動作未確認、ただ、こういう何連もになっている操作弁自体の構造からして、一つの弁が機能するなら、他の弁が機能しない確率は非常に低く、レバーの修理だけでいけるんじゃないか、とのことでした。

今、原木を持ってきてくれている K さんは、こういう機械にとても詳しいので、電話をかけて聞いてみたんですが、やはりポンプの修理は無理だろう、やめたほうがいいとのことでした。
あと、このクラスの機械になると、故障した際の修理費がべらぼうに高いので、HST ではなく、機械式の方がいい、ということです。
個人的には、HST の方が好きで、フォークリフトもアクロバは HST だし、ボブキャットはもちろん HST で、HST で壊れた経験は全くないので、ハズレを引いていないだけなのか、低速でのコントロール性に優れているので、HST がいいかなと思っていたんですが、山だとまた事情が異なるんでしょうかね。

現状、ViO-30 があるし、4t ユニックもあるし、あとは、林内作業車があれば、原木の搬出ができます。
今年は原木が 1t 11,000 円(税別)に値上がりしてしまいましたし、毎年上がり続けるため、できることを自分たちでやっていく必要がある時期に差し掛かったと感じています。

とありず、K さんが中古車に心当たりがあって、椎茸センターに持ってきてくれるというので、一度見てみてから考えようと思いますが、1t ちょっとなら 20 — 30 万くらいが相場らしく、まあ、それで小さいようなら、半値になっても、その間に十分それくらいの仕事はしてくれると思いますから、小さいものから始めてみるのも悪くないかなと思います。
ただ、グラップルがあるとすごく便利だとは思うんですがね。

そんなこんなで、今日は薪仕事が全くできていないので、明日は頑張ろうと思います。

惚れ惚れするような原木が入荷しました

今日は、朝っぱらから起こされたんですが、午前中は、追加の注文だとか、あと、書類のミスがあったことに気付いてそれの突き合わせをやっていたら、昼までかかってしまいました。(まだ終わってません)

とりあえず、原木の置き場がなくなっているので、コンテナを片付けないといけないので、コンテナシャーシを回送して、コンテナを積み、出荷用の製品を積み込めるように配置して、台を切って薪屋さん的仕事はお仕舞いです。

文字で書くと「コンテナを乗せた」ですけど、コンテナはリフト 3 台で持ち上げているだけですから、10cm もずれたら乗りません。
箱の長さだけで 12m 程あるので、位置を合わせてバックしなきゃいけないんですが、結構狭いのです。
あまり下手なことをしてまた田んぼに落ちたくもないので、結構時間がかかるんです。
本職ではありませんので、コンテナは年に一回しか積み下ろししません。
これで 3 回か、4 回目くらいです。

ようやく原木が入荷し始めました。
この前見に行った山からの原木です。

う〜ん、惚れ惚れするような良い原木です。
曲がりも、節も少なく、太さも太すぎず、細すぎず、薪になるために生えていた(おぃ)ようなクヌギたちですね。
皮に痛みもないし、泥なども付着していないし、乾燥機で割ってすぐに熱処理するので、虫や菌がつく暇もないでしょう。
どんな美しい薪ができるのか、今からワクワクします。

それはそうと、乾燥機ですが、24 時間運転に移行しましたが、灰が溜まる問題が発生しました。
当たり前っちゃ当たり前ですが、昼間だけに比べて 3 倍の時間運転するのだから、3 倍の灰が発生するわけです。
灰はかなりの熱を持っていて、取り除くは結構な負担になるので、メーカーが灰の自動除去装置を開発していて、夏頃にいるか、と聞かれていたんですが、安定して稼働させることを優先していたので、一旦棚上げにしていたのです。

少し前にメールをしたんですが、音信不通なので、担当者がまた国に帰ったのかもしれません。
今晩ちょっと電話をしてみようと思います。

夕方、今朝お札が足りないといと連絡があったので、配達して本日終了です。

昨日、一昨日と二日連続でイエローハットが閉まっていたんですが、今日はついに営業していました。

こんな感じで、ジムニー専用コーナーがあるんです。
神社の俸給をいただいたので、ちょっと贅沢ですよ、贅沢。
買ったものはずばり、EXEA Jimny 専用 ドリンクホルダー EE-224 です。
イエローハット価格 2,980 円(税別)、ずばり 1 円たりとも値引きしない定価販売です。
しか〜し、お友達クーポン 500 円を使って、2,778 円で購入できました。

ちなみに カーメイトのもの も同じ値段なんですが、EXEA だと、スマホホルダーもついています。Amazon だと、カーメイト が売れ筋のようですが、自分は偏屈なので、売れてない方を買いましたよ。

あまりに嬉しくて、駐車場で取り付けてしまう前期高齢者は、老眼でメガネをかけると手元は見えないし、暗いし、アレンキーが行方不明になって探したりしていたら、 30 分近くもかかりました。
いちばんの心配は、自分の iPhone は XR で、耐衝撃ケースをつけているので、Mini の Qi 充電器には大きすぎて固定できないので、このホルダーは大丈夫か心配だったんですが、問題なく使えました。
意味なくわざわざドリンクをセットして、意味なくわざわざスマホをセットして、5 分ほどで家に着いてしまいました。
明日も意味なく、ドリンクをセットして、意味なくわざわざスマホをセットして、ドライブしたいと思いますが、その前に、山に行って泥だらけだから洗車しろと言われそうです。

スマホをセットできるようになると、Apple CarPlay が有線しか対応してないので、ホルダーにセットした状態でケーブルをつなぎたい病の発作を起こしてしまいました。
ちょうど下に目くら蓋があって、そこに埋め込みたいのです。

ググると先人の努力の痕跡を発見。

23 ですけど、64 でもまあ、似たようなもんでしょう、たぶん。

うーん、美しい。
これは真似しないと。

材料はこれ。

ツライチとならないとか、64 だとどうなるのか、ちょっと気になるところではありますが、1,000 円ちょっとだし。

まあ、それよりも前に、キャンターのバックカメラをなんとかしろってことです。
あと、コンテナのバックカメラと。
こっちはまだ DC-DC が届きません。

それと、今更ながら、ジムニーのバックカメラはダメすぎました。
いくつかのダメな理由があるんですが、まず視野角が狭すぎて、見たいところが見えません。
それと、これはカメラの問題ではなく取り付けの問題なんですが、バンパーの面に取り付けたため、カメラが突出しているので、荷物の積み下ろしのたびにカメラに足をぶつけて明後日の方向を向いてしまい、今は地面を映しています。
ナンバー取り付けタイプがいいかなと思ったんですが、将来的なことを考えると、ナンバーは移設する可能性が高いので、今のカメラをちゃんとバンパーの裏に取り付けて引っ込めるのが吉かと思います。
カメラと RCA 変換ケーブルはどうも対になっているようで、中継ケーブルは使いまわせるものの、カメラを交換すると、ヘッドユニット周りをやりかえないといけないのでかなり面倒ですから。

朝っぱらに電話で起こされたら番号が 800 から始まっていた件

今日は珍しく朝早起きです。
というのも電話がかかってきて起こされたからなんですが、番号が 800 から始まっていたんですね。
800 は米国の 0120 みたいなもんです。
タビープロダクツ ポートランド支店(もちろんバーチャル)に初の着信です。
時差があるのでそういうことになるわけですよ。

電話の内容は、オーダーの確認だったんですけど、注文したのは Kindling Cracker です。
これは Northern Tool + Equipment が全世界での販売権を持っている商品で、そこにどうやってファイヤーサイドさんが入っているのか、ちょっと興味深いんですが、まあ、そういうわけで Northern から仕入れるしかありません。
といっても、仕入れとは言えない数量なので、値引きもあってないようなものです。
今、Black Friday だの Cyber Monday だのでセールをしているので、それで安くなっているというところです。

Kindling Cracker 自体は、2016 年に いいかも的なことを書いた んですが、「高い」と思って特に仕入れなかったんですが、そうこうしているとファイヤーサイドさんが扱い始めたので、ずっと傍観していたのです。
ただ、扱って、とよく言われるため、細々と安いタイミングで仕入れて、少量提供している、って感じです。

というわけで、Kindling Cracker が少量 入荷すると思いますが、今月末のカットになるので、日本に入るのはシーズン終わりでしょうか。

真冬に薪を作る人はいないと思うのです。

通常、11 月くらいに伐採して、しばらくは葉枯らし乾燥で山に倒しておき、旧正月を過ぎたあたりから山から下ろすわけで、うちの場合で言えば、価値の高いしいたけの榾木になる部分が優先されるわけで、大体 4 月に入ったくらいから、ついでに出せる範囲で薪用の原木も出す、というような感じで入荷してきます。

そもそも論としては、クソ寒い冬に割ったところで、すぐに焚けるわけでもなし、梅雨前くらいまでに作業をすれば良いのだから、今のセール時期に安く仕入れて、それを価格に反映させた方がいいんじゃないかと思うのです。
とまあ、舞台裏はそんな事情になっているのです。

Northern は基本的に化粧箱に直接 FedEx の伝票を貼り付けて発送してくるので、箱がズタボロになります。
うちの倉庫についてからは、それなりに丁寧に扱ってはいるんですが、着くまでにどうこうなるのは対処のしようがありません。
今回はその点念押しをして、パレットに乗せてストレッチフィルムで巻いて送ると言っていたので、改善されることを期待しましょう。

なんだかんだで起きてしまったんで、倉庫の在庫を整理していたんですが、なんと、輸出書類のミスに気付いてしまいました。
と同時に、良いことにも気づきました。

倉庫では、入荷があると Tracking Number をスキャンして内容物を登録しているのです。
今までは、インボイスに発送時の Tracking Number が記載されておらず、小ロットの貨物は口割れしたり、あるいは、今だとバックオーダーになり全量届かないところに別のサプライヤーから同じアイテムが届いたりすると、違った入荷予約に登録され、いわゆるテレコになるわけです。
それ以前に、積み込み伝票自体が間違えていた、というのはあるんですが。。。

少なくとも Tracking Number と、それに紐づいたアイテム, アイテム数のデータは残っているので、次回入荷分の荷物については、パズル的作業になると思うんですが、事前にある程度、整合性を取ることができる気がします。
前回は、開披になって、一つ一つ数えるという大変な目にあったのですが、今回もその可能性が高いので、できることはしておこうと思います。

あと、ウォーキーが壊れた件ですが、すっかり書き忘れましたが、基板が手に入らなかったのですが、改造して直っていました。
修理代がいくらか気になりますが、多分、それほど高くないと思います。

さて、今日も一日、のんびり楽しく仕事をしますか。

今年も残り 1 ヶ月

今日は 1 日なので、神社の巡回です。
午前中に回る予定が、米国倉庫の在庫確認作業で午前中がほぼほぼ潰れて、お昼からになってしまいました。

それで、昨日持って帰った台車の件ですが、電源を明るい時に確認したら、バック関連は、ランプの真後ろで取るのが良さそうです。
理屈から言えば、前から引っ張ってきているわけですから、前のソケットの裏で取ってもいいかなと思うところではあるんですが、見ての通り、バックカメラ用の配線がきているし、わかりやすいところから取ったほうがいいかなと思うのです。
ランプ自体も暗そうなんで、新しくしようかなと思ったんですが、基本的に全く見えないランプを云々しても仕方ないし、ボロい代車なので、あまり手を入れても仕方ないところです。

そんなこんなで結構な時間になってしまったので、原木の引き取りは明日以降にすることにして、今日は雑貨の出荷をやって、24 ケース, 約 200kg 分の作業をしました。

今日は在庫確認のついでに発注も少ししたんですが、また品切れ等で入荷しないものが増えてきているような感じです。
ないものはないので仕方ありませんし、一つ売ったら二つも三つも分仕入れられるような、そういう薪ストーブ業界あるあるな値段では売っていないので、たくさん売れても、代金が回収されてから仕入れ、3 ヶ月くらいかかって日本に納品される、というサイクルで、STORES.jp に至っては 2 ヶ月くらい回収まで時間がかかるため、一月で売れても年に 2 回しか回りません。
仮に、10% キッチリ利益をお預かりしても、121% にしかなりませんので、在庫切れが頻発することでしょうが、仕入れられるものがなくてバランスが取れている感じでしょうか。

来年からは、タビープロダクツ合同会社として営業を開始するのですが、借入をしてでも規模を拡大していくのか、それとも今のペースでのんびりと頑張るのか、これがいちばんの悩みです。
年 1.21 倍に成長し続けて、10 年で 6.7 倍になります。
もし、年に 3 回転すれば、1.331 倍で、17.4 倍と、桁違いに成長できます。

まあ、机上の空論であり、扱っているものがニッチなものである以上、すぐそこに天井があるように思いますし、逆にパイが思ったより大きいとしたら、うちよりも資金力がある大手が参入したり、メーカー自体が日本法人を立ち上げてお仕舞い death。

今一番の夢というのは、後二人くらい人が増えて、山仕事がチームでできるようになることですかね。
グラップルソー、フォワーダー、増トンアームロール、これくらいの投資ができ、3 人チームで搬出ができれば、山の整備を兼ねて、薪づくりができればなと思うのです。

千里の道も一歩からといいますし、その一歩を踏み出して、歩み続けないといけません。
ただ、永遠には生きていられないので、元気で仕事ができるうちに結果が出るように計画を立てて、それなりに頑張っていこうと思います。

大祭翌日はゴロゴロしたい気分だったのに徹夜だった件

大祭というのはどうも疲れるのです。
普通に祭日の翌日は疲れるのですが、特に大祭はそれなりに緊張するので、ヘロヘロとは言いませんが、翌日は昼くらいまでゆっくりしたいくらいな感じなんです。

で、ゆっくりしたいところですが、輸出のため(米国に出す書類)を作る必要があって、いつもは向こうの月曜日だから、午前中にでもボチボチ作るかと思っていたら、矢のような催促があり、徹夜する羽目になりました。
催促されたのもあるんですが、前回の通関時に、書類のミスが頻発していた件もあり、今回から倉庫側での商品の管理方法を変えたのを思い出して、そうなると気になって眠れなかった、というのもあります。

管理方法ですが、今までは、

  • オーダーを入れたら、オーダーの情報を倉庫に登録する
  • 倉庫で荷受けして、それを反映させる

という流れだったんですが、例えば、Amazon.com の場合、インボイスやパッキングリストを送ってこないので、倉庫側としては、先に入れたオーダーは先に納品される、という大前提で処理をするのです。
しかし、Amazon.com では Subscribe & Save という、いわゆるサブスクを利用していて、洗剤だの、ゴミ袋だの、細々としたものが大量に届くのですが、複数のオーダーが取りまとめられて一箱で届いたり、逆に複数の箱で届いたり、また、サブスク自体がオーダー日と届く日に 2 週間くらいのズレがあるため、付き合わせ処理が破綻し掛けていたのです。

なので、

  • 倉庫で荷受けしたら、品物の明細と、Tracking Number だけ入力する
  • こちらがオーダーと付き合わせる

に変更しました。
つまり、突き合わせはこちらの責任で行う必要が出てきたのです。

というわけで、作業量が膨大になって、初回なので人力でゴリゴリやりましたので、徹夜になってしまいました。
貨物量的には、今回は、通気バッグや、薪割り機などの大型商品がほとんどなので、細々としたものは通常の 1/3 もないくらいなんですが、丸っと一晩かかってしまいました。
ほぼ完成して送る手前くらいで、不覚にも寝落ちしてしまいましたが、隣の工事の騒音で爽やかに目覚め、仕事を完遂できました。

安心したから寝るかなとも思ったんですが、不思議と眠くないので、普通に仕事をすることにして、輸出が終わったので、次の仕込みをしないといけないので、在庫切れそうなものを拾い出して発注をかけたんですが、まあ、商品がまともにない。
今仕込んでも、届くのは 2, 3 ヶ月後になるので、今年の冬に売れる商品としては、最後の仕入れになる感じです。
仕入れ過ぎると翌年まで不良在庫として持ち越しになりかねないのですが、毎度毎度、仕入れは気分です。

そうこうしていると、電話が掛かってきて、危うく忘れるところだった伐採の件で呼び出されました。
この間、電柱の移設をしてもらった際に、光ファイバーにかかっている雑木を伐採してもらえる話になって、今日がその日だったのです。

まあ、現地で打ち合わせるだけで、作業はお任せなので、その間、昨日の大祭の時にお供物の野菜を準備してもらった前の総代さんにお礼に行きました。

エリエールのゴルフ場の隣なんで結構山なんです。

1位 標高631m 久万カントリークラブ(愛媛県)
2位 標高591m 高原ゴルフ倶楽部(愛媛県)
3位 標高565m 松山ロイヤルゴルフ倶楽部(愛媛県)
4位 標高563m 松山小野カントリークラブ(愛媛県)
5位 標高471m エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)

– [http://fanblogs.jp/golf1000m/archive/83/0](http://fanblogs.jp/golf1000m/archive/83/0
)

自分は基本的に半袖、素足なのですが、その格好だったもので、寒くないのかと言われてしまいました。

別に寒くはないのですが、そうなのかなと思って、その後、フリースを着たら、汗をかいてしまったので、車に積んであるまな板を除菌するアルコールでクロックスを消毒したのですが、汗疱(かんぽう)というらしいのですが、皮膚に水が溜まる病気があるので、汗をかいてはいけないのです。
汗をかいたら冷やさないと皮膚がズタボロになります。
なんでも原因不明とかで、それがいつもクロックスで素足の理由です。
もっともらしく言ってますが、楽ってのがそれよりも大きな理由なんですが。

たまたまお供物に吟醸酒があったのと、純米酒もあったので、他の日供のお供え(野菜以外)をお礼に持っていきました。
そしたら、今度は生姜をもらってしまいましたが、ハウスで暖を取るのに薪がいるというので、今度、その界隈に配達に行くので、ついでに一袋木っ端を持っていこうと思います。

戻ったら、伐採は無事に終わってました。
引きずり出して薪にするには、まだ微妙な太さですね。
欲しい人がいたら、軽トラ半分くらいはあるかと思います。

その後、チップがなくなりかけているので、チップ工場に買い物に行ったんですが、社長がいない。。。
電話をすると、別のヤードにいるということで、チップ代を払いにいきました。
そうしたら、桜の木を大量に持ち込んでいるおじさんがいたんで、話しかけました。
そうしたらもっと太いのがある、ということで欲しいと伝えて、電話番号を教えたんですが、はてさてどうなることやら。

その後、車検が終わっているコンテナシャーシを引き取って、配線作業があるので、一旦お宮に持って帰りました。
ざっと見たら、リバースの隣にまで、バックカメラに電源を送ろうと配線をやりかけて、常時電源がないので放置してある配線が残っているのを思い出したので、それを流用しようと思います。

そうこうしていると土建屋さんから電話が買ってきて、薪の件かな、そろそろ電話しないとと思ったら、チップ工場をやりたいと前々から相談されている件の方で、チップを買って欲しいという話なので、それは全然問題ないんですけど、薪も配達に行かないといけませんね。

そんなこんなで一日が終わって、昨日までに切れよ、とツッコミが入りそうですが、髪が長くなってうざかったので床屋に行って、生姜をもらったので、豚肉を買って帰ったのでした。

明日こそはゴロゴロしよう。。。って、1 日だから、神社の日でした。
死なない程度に頑張ります。

新穀感謝祭でした

今日は午前中は準備をして、午後から兼務神社の新穀感謝祭でした。
例年とは違いチャイニーズウイルスの問題で、直会等もなく、あっけない感じもしないでもないです。

11 月も残りわずかで、もう直ぐ 12 月、あっという間に 1 年が過ぎていく感じです。
いよいよお正月の準備をしないといけないのですが、どうしたものかと思い悩むところです。
もっとも、うちのような小さな神社の場合、それで生計を立てているわけではなく、むしろ持ち出しくらいの感じなんですが、なんだかんだと言って、お正月の間の社頭での収入は、神社の護持・運営に大きな割合を占めているのも事実です。
まして、その地域の中核となるような大きな神社の場合、さらにその割合が高まるようです。
飲食店などは GoTo などの支援策も、効果の程はさておき、あるわけです。
神社に関しては、政教分離ということなのか、給付金とか、そういう支援がないようですから、経営が厳しい神社というのも出てくるのではないかなと思います。

まあ、なにはともあれ、無事に終わってほっとしていますが、来月 12/6 に後 2 社の新穀感謝祭が残っているので、それがおわれば、冬至祭を残すのみとなります。

どっと疲れが出て戻ったら寝てしまったんですが、5 号と夜にお好み焼き屋さんに行ってきました。
手前が関西風ネギ焼きシーフード大盛り、奥が関西風デラックス普通です。
お昼を食べてないからと大盛りにしたんですが、ちょっと多かったです。

明日は、コンテナシャーシの車検ができていると土曜日に連絡がったので引き取ってきたいと思います。
一旦、お宮駐車場に持って帰って、バックライトから 24V を取っておこうと思います。
コンテナを載せると作業しづらいので。
この間注文した、肝心の DC-DC は、まだ届いていません。
届いたら、バックカメラを取り付けてみたいと思います。
ちゃんと電波が飛んでくれたらいいんですけど、こればかりはやってみないと分かりません。

時間的に余裕があれば、原木も取りにいきたいところですが、輸出の処理もしないといけないし、雑貨の出荷準備もあるし、ちょっと無理かもしれません。
というか、休みがないんで休みにしたい気持ちもあるんですが、ここらが踏ん張りどころの気もします。

ボチボチがんばります。