加湿が必要だけど給水が大変でなんとかしたい件


Hearth & Home 暖炉家(だんろや)
北米から直輸入したログハウスや薪ストーブ用の用品を扱っているネットストアです。是非お立ち寄りください。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

今日は明後日の日曜日の祭典の準備をしました。

落ち葉はキリがないので当日にするとして、ざっと拭き掃除をしたりたんですが、この前買った新しいタイプの回転モップを早速使いました。
バケツのサイズ的には半分なので、使い勝手は悪くないですね。
ただ、耐久性がどうか、という部分に関してはちょっと懐疑的ですが、一年くらいは仕事をしてほしいなと思います。
壊れたら、次は MonotaRO のでいいかなとも思いますが。

そんなこんなで、今日も戻ってゆっくりと、薪ストーブタイムです。
あったか〜くて快適♪ ではあるんですが、悩み事があります。
そう、空気が乾燥するのです。
もう、静電気がすごくて、猫発電所状態です。

で、加湿器の登場なんですが、加湿しても加湿ても追いつかないのですが、しないよりはマシなので使ってはいるんです。
ただただとにかく給水が大変なのです。

去年は自動給水もできるし(ただコネクターを繋ぐのが面倒でやってません)、加湿能力に問題がない「冷風扇」を持ち出してみたりもしたんですけど、まあ、とにかくうるさいのです。

というわけで、今年のテーマは自動給水、ということでググったら、あらまあ、一発ヒット。
少しのことにも、先達はあらまほしき事なり、であります。

要点としては、

  • フロートバルブで加湿器のトレイに給水する
  • フロートバルブへは 1/4″ の耐圧チューブを使う(実施のところは、外径 6 — 7mm 程度のチューブであればなんでも良い模様)
  • フロートバルブの給水音がうるさいので流量を調整できるボールバルブを噛ませると良い

ということですね。
それで、各商品にリンクを貼ってくれていて、感謝の気持ちもあってリンクから買いたいところですが、残念ながら高いので別のものを買いました。

フロートバルブ, 700 円でした。

1/4″ のチューブですが、別に飲むわけでもないので、コンプレッサの耐圧ホースでいいんじゃないのか、と思ったりもするんですが、必要な長さを調べてから考えたいと思います。

それで、水道側(供給元)をどうするかって問題ですけど、一応、フロートバルブのセラーさんから 1/4″ のチューブが繋がる塩ビのチーズが用意されています。

800 円ですけど、うち、そもそも塩ビじゃないんだよなぁ。
架橋ポリのヘッダー配管になっているのです。
はてさて、どうしたものか。。。
今使っている架橋ポリ管のサイズも忘れてしまっているので、まあ、その辺りを調べてからですかね。

13A の架橋ポリ管からは 1/2″ G に変換してやれば、1/4″ チューブがつながります。

お手軽さでいえば、屋外(ウッドデッキ)に水槽を用意して、室内の加湿器の水面の高さにこのバルブをセットして、加湿器と水槽とをチューブで接続すれば、万一、バルブが壊れて水が溢れても室内が水浸しになることもないですし、バルブの作動音の問題もありませんし、複数の加湿器を一つのバルブでコントロールでき、さらにバルブ自体、1/2″ なので 13mm のワンタッチカプラを取り付けることができると思われるので、大きな水槽にホースを繋ぎ、水道に直結しないことで、水道工事自体省くことができるし、事故時に大量の漏水が発生することも防げる気はするのです。
でも、このやり方は、いずれ水槽のお手入れが面倒になると思うんですパスです。

ホース自体は 1/4″ とても細いので、とりあえずは薪ストーブの外気導入用の穴を使って引き込んでみようかと思っています。
また、万一の漏水事故に備えて、オーバーフロー排水管も用意しておこうと思います。

進展は追々報告したいと思いますが、うまくいかない可能性も多々あるので、あまり期待しないでください。
多分ですけど、連続加湿できるようになると、薪ストーブの火が落ちた後、加湿することによる室温の低下が気になるんじゃないかと、すでに失敗の予感がしていますから。

木屑お掃除ブラシ完成 — やっつけ仕事もいいところ

案ずるより産むが易し、ともいいうんですけどね。
やっつけ仕事もいいとこですが、作りました。
取りあえずは使えたんですが、地面の凹凸で前後方向にこねる力が結構加わるようで、すぐに壊れそうな雰囲気です。

売り物の図面ですが、ブラシとブラシのピッチはもっと密で 50mm です。
ダクターの幅は 40mm なので、間隔は 10mm ということがわかります。
まあ、壊れたら、固定方法の検討を加速したいと思います。

そうそう、スコップの寸法も確認したんですが、幅は 1,600mm 弱、フォークポケットの内寸は 140mm 強, 外寸で 160mm 程です。
そんなわけで、1,500mm のブラシ幅にしました。

あとは、明日の出荷の確認と、借りていた油圧ユニットを返却するため、荷造りをして終了です。
今回は、急ぐということで、別の配達の荷物を積み込んでしまっているので、チャーター便での出荷となります。

少し早めに終わったので、帰りにアイソウとエミフルに寄ったら、すっかり帰りが遅くなりました。

少し肌寒い感じがしたので、即点火です。

バーナーですが、新富士バーナーの草焼き用なんですが、見ての通りノズルが長いので、薪の隙間で点火できます。
結構火力もあるので、おすすめです。
ちょっと値段が高いのが難点ですが。。。

今、時期ではないのか、あまり売られていないようですが、ファンはこういうスタンド付きの USB 充電タイプを使っています。
価格的には 1,000 円くらいからあったと思うのですが。。。

以前は、キャプテンスタッグの火おこし用を使っていたんですが、Amazon での評価は悪くないんですが、個人的に、1 年くらいで壊れてしまい 2 回買い直しているし、それ以前に、単一電池って結構高く、意外とすぐに電池を交換しないといけないので、かなりコスパが悪かったんです。
結構うるさいですし。

USB 充電式の場合、電池自体は買う必要がありませんし、もう 3 年目ですから、コスト的には全然安いわけです。

ただ、問題がないわけでもなくて、着火する時にちょっと放置していたら、熱でガードが溶けて変形してしまったんです。
ファンがガードに干渉するので、ニッパーで干渉する部分を切り取って使っています。
もともとそういう目的のものではないので、耐熱性はありません。
キャプテンスタッグのものが金属製なのとは対照的です。

ファンについては、もっといいものがあるようには思うのですが、今のところ、この組み合わせで、簡単・一発着火です。

バーナーで煙突を温めておくこともできますし、見ての通り焚き付け等の細かいものなどは用意しなくても、放っておくと着火できます。
カセットガスはブタンなら 1 本 100 円ほどですし、バーナー自体本来の目的でも使えますし、着火剤を使うよりもはるかに経済的で、効率が良いと思います。
ただ、見た目が美しくないのが難点ではありますが。。。

そんなこんなで、横着着火の薪ストーブで温まりながら、猫たちとくつろいで、夜は老けていくのでした。

ブラシアタッチメント作成計画

今日は雨でした。
午前中は久しぶりにのんびりして、午後から雑貨の納品作業を行なって、夕方少し早めに切り上げました。

最近は、FISKARS X25 が売れ筋なんですが、Amazon でちょっと安めの価格で売られているので、うちも価格を調整しているので、この円安ですと、正直かなりギリギリになってしまっています。
円安も少しは落ち着いた感があるんですが、もともと 110 円だったもが 140 円前後になったら、ドル安に感じます。
慣れとは恐ろしいものですね。

ブラシアタッチメントの作成ですが、とりあず木パレットにダクターを固定してテストしたらと思っていたんです。
ただ、あの薄い板で強度的に大丈夫なのか、という懸念があったりして、いろいろ考えたんですが、まだ硬い樹脂パレットの方がいいんじゃないかと思いつきました。

売り物の方はどうなっているのかというと、図面までありました。


ブラシの大きさ(毛足の長さ)が異なるので、多少の差異は出るんでしょうが、およそのサイズ感というものがわかりました。

うちのリフトはサイズ自体が小さいものしかないのですが、園のものは爪が長く、爪の幅自体も広かったんです。

売り物は取り付ける際に根本にサヤフォークピンで固定する仕組みになっているんですが、この方式の場合、当たり前ですがブラシ自体は爪の根本まで差し込んで固定しなければなりません。
2m くらい爪がある場合、ブラシの先から 1m 以上爪が突出するわけで、そうなると壁などの障害物がある場合、爪が干渉してうまく掃除できないんじゃないかと思うのです。
爪の先に被せてチェン等で抜けないように固定する方が使いやすいのかなと思いました。

ただまあ、園の方からは掃除が大変というような声は聞こえてこないのと、園ように作るとしてもリフトのサイズが全く違うので、共用できる必要はないのではないかと思うのです。
タイヤも W になっているので、リフトの幅自体も違うし、狭くて障害物が多く、アスファルトやインターロッキング舗装の神社と、広くて障害物の少なく土間コンクリートで平滑な園と、環境もまた違います。

下手の考え休むに似たりともいいますし、まずはパレットに固定したものを試作して様子を見てから、細かいことは煮詰めていこうと思います。

バラスはちょっと足りませんでした

今日は午前中は地鎮祭でした。
老人福祉施設で、大きな現場だったので、祭壇等も整えてくださっていて、非常に助かりました。
足元もちゃんと転圧してありましたし、5 号も任せて安心な工務店、と感心していましたが、逆に、雨が降るのにテントも用意していないとか、不安しかない業者さんもいたりしますし、まあ、いろいろです。

地鎮祭の間、M くんには拝殿の縁にペンキ、というか、クレオトップを、今回は直射日光で劣化する南側を念入りに、西側とを塗ってもらいました。

地鎮祭から戻るとお昼で、昼からは、M くんにはトレーラの荷台を、自分と 5 号とで、原木置き場を舗装する際に鋤き取ったバラスを均しました。
見ての通りなんですが、ちょっと足りないです。
まあ、あまりものなので仕方ありません。
木屑が混ざって、色が黒くなっているわけですが、傾斜があるので雨で細かいパウダー状の木屑は流れ減ってしまうと思うので、おいおい足していかないとかなと思います。

あと、M くんが突然思い立って焼肉をするといいだして、Y くんや T くん(一度会ったことがあるらしいけど、すっかり忘れていた)など知り合いを集めてバーベキューをすることになりました。
結局、夜までやってたんですが、写真は撮り忘れました。
たまにはみんなでワイワイするのもいいですね。

それはそうと、フォークリフトですが、結構頑張りましたが、なんとか落札できました。
年式は古いんですが、ディーゼルだし、前向きに考えると、昔のものはシンプルな作りなので、かえって壊れなくていいんじゃないかと。
少なくとも壊さなければ、10 年後でも買った値段の半分くらいでは売れると思いますし、そう考えると月に直したら 1,000 円とかです。
月末までに広島に取りに行く必要があります。
ガソリン車のお宮リフトが余るので、K さんがリフトを備えるまでに貸し出そうと思います。

明日は天気が悪いようなので、ゆっくりしたいと思います。

ペンキ塗りの準備

今日は久しぶりに雑貨の納品作業をしました。

スペースがまたタイトになってきていたので、しばらく在庫になりそうなものをメッシュパレットに移して、高く積む作戦に出たのですが。。。
狭いので、新品のメッシュパレットを踏んづけて、一つ曲げてしまいました。
ガッツリ曲がったので、修理できるか微妙です。。。
寝てたほうが良かったような状態ですね。
まあ、それでも倉庫は少し片付きました。

夕方、コンテナへの積み込みも完了しているので、園に瓦パレット等を持っていって入れ替えようかと思ったんですが、明日 M くんが手伝いに来てくれるので、お宮とトレーラに防腐剤を塗ってもらおうと思うので、パレットをおろして作業できる状態にしました。
水を吸っているようで、少し板が暴れて浮いている箇所があるんですよね。

土曜日に残りの残土というか、バラスというか、運んでくれていたようです。
少しだけ均しておきましたが、ボブキャットで運んだほうが早そうです。
明日続きをしようと思います。

帰りに DCM に木ネジを買いに行きました。
ブラシが届いているので、パレットにでもダクターをねじ止めして、駐車場がチップや落ち葉で汚れているので、掃除してみたいのです。

まあ、ネジはちゃんと買いましたが、おニャー様への献上品も買い込んでしまいました。
4 箱買うと税抜き 1,000 円弱、一箱税込でも 300 円以下で買うことができます。
結構お得かなと。
いろいろな味があって、飽きずに食べてくれていますし。

明日は地鎮祭があります。
その間、ペンキ塗りは M くんに任せて、昼からブラシ作りをして、お宮の掃除を頑張りたいと思います。

はてさて落札できるのでしょうか

今お宮で使っているリフトが 1t のガソリン車で、ガソリンは配達してもらえないので、ちょっと不便なのです。
それと、薪を入れるとメッシュパレットは一つ 500kg 近くなるので、2 段だと 1t 近いので能力ギリギリなんですが、お宮駐車場は微妙に傾いているので、結構際どいんですよね。

ヤフオクに結構いい感じのリフトが出ていたので入札していたんですが、他の入札があって、ウォッチもそれなりに入っているので、最終的にいくらになるのかなというところです。
広島からなので引き取りは楽そうです。

欲をいえばサイドシフトやポジショナーがあるとよかったんですが、そうするとフルフリーにもしたくなるし、キリがありません。
まあ、お宮なのでそこまで使うことはないですし。

火曜日終了なので、頑張りたいと思います。