麻婆豆腐の研究

今日は 15 日なので、神社の巡回です。

雨模様でジムニーは泥だらけになりました。
なんとういか、まあミカン山なんですが、山側の土砂が崩れて道が狭くなっていて、谷側は土が流れて薄いコンクリートが宙に浮いている状態で、路肩も緩んでいるので、あまり谷によると転落しそうな雰囲気なんですよね。
今度洗おうとは思います。

本務神社について、明日は祭日なので、社務所の片付けをしたり、軽トラを止めたままだったので持って帰る準備をしていると、F さんがものすごく久しぶりに息子さんとお参りに来られました。
滞在している時間はほんの数十分なのですごくタイミングが良かったんですが、作業をするつもりだったので、着物ではなく普通にジーパン・T シャツでした。
申し訳ないけどその格好で、おはらいさせていただきましたが、F さんは自分が愛媛に戻ったすぐ後、兼務させていただくことになった神社の総代さんでした。もう 90 くらいじゃないかと思います。
自分も歳を取りましたが、みなさん、等しく歳を重ねました。
ご夫婦でお元気そうでお会いできて良かったです。

話は変わって、陳建一さんの麻婆豆腐が好きなんですよ。
なぜか松山には赤坂四川飯店があるんですが、本当に美味しいです。

いつものように Youtube を散策していると、陳建一さんが家庭で作れる麻婆豆腐の動画をアップされていました。

実に素晴らしい動画ですね。
まあ、流石にここまで材料を揃えるのもアレなんですが、いくつかポイントがあるように思います。

  • 豆腐は必ず塩で茹でる(湯豆腐状態)
  • 混ぜるときにおたまの丸い方で押す等、豆腐を崩さないように気をつける
  • 水溶き片栗粉を入れる際は火を止め、その後、しっかりと火を通す

かなと。
他にも麻婆豆腐の動画はいくらでもで来るんで、それなりにみたんですが、基本的には陳建一さんと同じことを言っているだけですね。

幸せに生きると書いてこうせいのこうせい校長の動画も確認しておきましょう。
浸透圧だの、メイラード反応だと、ちょっと化学っぽいワードを織り交ぜてきます。

というわけで作りしました。

長ネギを切るときに、こうせい校長の蛇腹切りを試みたんですが、かなり繋がったままのものができてしまいました。
あまり拗らせるのもどうかと思ったので、チョッパーを取り出したのはいうまでもありません。

ラー油を買い忘れてしまいましたが、まあまあの出来。

もう一点失敗したかなと思うのは、仕上げですかね。
5 号は、ネギも花椒(ホアジャオ)も好きくないのです。
最後の最後で分けて、仕上げれば良かったのかなと。
自分的には、どちらも少ないと感じるし、5 号はないほうがいいと感じたでしょう。
ホアジャオはホールを使ったんですが、後から足す場合には、パウダー状にしてやる必要がありますね。

豆腐を茹でる塩加減ですが、これ、結構難しいかも。
塩が多すぎると塩辛くなるし、少ないと浸透圧の関係というか、ただの湯豆腐というか、温まっただけの豆腐で、豆腐の水分が減らないので弾力が増しません。
陳建一さんオススメの絹でやってみたんですが、絹だとやららかすぎて崩れやすい。
木綿は正直硬すぎてダメだと思うので、こうせい校長のように、絹の場合、技がない素人は、豆腐自体を大きめに切ったほうが簡単じゃないのかと思いました。
あと、こうせい校長の言うように、湯から上げる際ですが、なかったんでしかたなく網であげたんですが、穴あきおたまのほうがいいでしょうね。
湯が切れる、というよりも、あくっぽいものが網だと残ってしまいました。

ここ 10 年くらいで焼くだけ以外の料理をしたのは、今回くらいなので、まあ、上出来ではないかと思います。
自画自賛。

コンロは大変なことになってしまいました。
アルカリイオン水スプレーがなくなっていたので、買って置く必要がありますね。

明日は神社の祭日なので、ぼちぼち頑張ります。

水圧を測定しました

まあ見ての通りの結果で、0.15Mpa でした。
0.15Mpa は 21.76PSI です。
Mpa から PSI への変換は 145 を掛けます。(逆は 145 で割ります)

水道法の規定に基づく水道施設の技術的基準を定める省令では、配水管から給水管に分岐する箇所においての水圧の範囲は0.15Mpa以上~0.74Mpa以内となっています。

ある意味ギリギリ下限ではあるんですが、向こうの浄水フィルタがこの圧力で良いのかどうか、後、シャワーなどで水圧が足りるのか、ということが気になりますね。

母屋は丸太小屋よりも 5m くらい低いので、計算上 0.05Mpa くらい圧力が高いはずです。
厳密に言えば、重力加速度が 9.8 なんで、2% ほどズレますけど。

(1.0 x 10^3) x 5.0 x 9.8 = 49,000 Pa = 0.049Mpa

倉庫については、さらに 5m くらい低いので、0.1Mpa くらい高いと思います。
まあ、後で測ってみようとは思いますが、RO の場合、0.3Mpa 必要だとすると、どこに設置するとしても、加圧ポンプがないとダメですね。

whole house タイプの場合、圧力損失がどの程度かにもよるんですが、給湯器なんかは水道法の圧力がある前提で設計されているでしょうから、問題が生じる可能性もなきにあらずですね。
一応、この情報をメーカーに伝えて、加圧の必要があるのかどうか、確認してみようと思います。

納品の準備

瓦パレットでの納品の準備をしています。
ハンドパレットが使えるものとそうでないものとがあり、1 段目は使えるものを選んで積み込んでいます。
1 パレットあたり 800kg くらいあり、ハンドパレットの能力が 1500kg なのと、床が合板で、1.5t は無理があって危ないため、2 段目は吊って積み込むつもりです。
そうやって積み込むと、下ろすときはその逆の手順になるので、ユニックと 2 台で配達に行く必要があるかなと思うところです。
ただ、あまり効率が良いとは言えないので、良い方法を考えていかなといけないかなと思います。

乾燥ですが、順調に進んでいて、明日くらいには仕上がる見込みです。
それでトレーラ 1 台分がいっぱいになるかはちょっと微妙なところですが。。。
今週は天気が微妙なのと、ユニック車の点検整備があるので、早くても来週くらいの納品になりそうです。

帰りにアイソウに寄ってマットを買いました。
食器をガタガタするのと、食べるときにこぼすことがあるので。
これで安心です。

軽トラ 1 台分とは

Facebook で、軽トラック 1 台分を知人に分けることになったのだがいくらくらいなのか、と質問されていました。
この質問に答えるには、軽トラック 1 台にどれくらい薪が積めるのか、ということを考えないといけません。

まず、いうまでもないことですが、軽トラックの最大積載量は 350kg です。

SNS などで明らかに過積載をして、それを自慢するような投稿が一昔前にはチラホラありました。
乗用車に積みすぎる人も時々出没します。
とはいえ、それしか車がないなら、どれくらい積めるのかは知っておく必要がありますね。
過去にまとめてあるので、参考にしてください。

その上で、軽トラックの荷台の寸法ですが、

にまとまっていますが、厳密な話をするわけではないので、幅 1.4m, 長さ 2m とします。
そうすると、アオリ高さを 0.3m として、すりきりいっぱいまで積んだら、0.84m3 の容積があることになります。

あくまでも自分の経験則ですが、薪を綺麗に並べて積んだ場合、概ね 1/3 程度、隙間ができます。
そうすると、実質、薪の体積は 0.84 x 2/3 = 0.56m3 くらいになります。

薪の重さですが、これは樹種と乾燥具合に依存しますが、よく乾燥している薪は概ね以下のような密度になります。

主なところだけ引用しますと、

樹種 比重
クヌギ 0.85
コナラ 0.76
ケヤキ 0.69
サクラ 0.6
ヒノキ 0.41
スギ 0.38

という感じです。

ただ、これはあくまでも参考の数字であって、この辺りのコナラの場合、同じ容積でクヌギが 440kg だとすると、コナラでも 420kg 程度はあります。
仮に、クヌギの比重が 0.85 なら、0.85 x 420 / 440 = 0.81 となりますので、引用先のデータよりも随分と重いのです。
みなさん知っての通り、うちはそれなりの量の薪を生産していますが、その上で、クヌギよりも 1 割も軽くはないかなと感じています。
なので、地域によりコナラはかなり差があるのではないかと思っています。
これは、少し前にも書いた、クヌギは遺伝的にばらつきがない、ということにもつながると思っているのですが。。。

さて、薪の重さがわかりましから、軽トラの荷台いっぱいに薪を積んだらどうなるのか、計算してみましょう。

クヌギなら、0.56m3 x 0.85 = 0.476t = 476kg です。過積載になります。
コナラだと、426kg ですから、助手席の 55kg 分踏まえて、車両総重量的に超えないなら、検挙されることはないギリギリかなと思います。
ケヤキくらいになると、386kg ですから、ギリギリ大丈夫かなというところです。

ただ、いずれも、気乾比重 といって自然乾燥ではこれ以上乾かないレベルの水分量での重さなのです。
ですから、割ったばかりの薪は、はるかに重いので、過積載には十分気をつける必要があります。

とうわけで、軽トラ 1 台分、過積載になることを無視して単純計算するとすると、クヌギ・ナラの類なら 450kg 程度になりますので、1kg あたりの単価に重さをかければ、値段が導けますね。

まずは水圧の測定が必要

井戸水の汚染対策ですが、選択肢がかなり絞られてきました。
そして、目下のところ最有力の対策ですが、丸太小屋に供給される全ての水を濾過するタイプ、となります。

選択肢を列挙すると、

  • 浄水フィルタタイプ
  • RO(タンクあり・ポンプなし)
  • RO(タンクあり・ポンプあり)
  • RO(タンクレス)

という感じで、値段は下に行くほど高くなります。

RO の場合、浄水能力が高いのが利点なんですけど、タンクがとにかく邪魔です。
さらにうちは井戸水なので、可能性として夏場だとタンクが冷たいので結露したりしないのか、という懸念があります。
タンクレスや、ポンプありの場合、電源も必要になります。
RO で浄化するのは飲用水だけなので、専用の蛇口を追加しないといけません。
蛇口自体はシステムに付属するんですが、うちはキッチンがブラックで、水栓もブラックなのです。
なので、お揃いの浄水蛇口を買うと、これがなかなかの金額になります。
さらに、タンクレスの場合は、蛇口にデジタルメーターがついているので、クロームの専用のものを使わないといけません。
RO の場合、お風呂や洗面、トイレといったそのほかの水回りについては手付かずなので、水垢の問題等は依然残ります。

これに対して全ての生活に使う水を濾過するシステムの場合、水圧が足りていればですが、ポンプは必要ないですし、蛇口を新たに追加する必要もないわけです。
システム自体も安価です。

なので、まずは水圧が足りているのかを調べ、足りているようなら家全体を濾過する方法で進めようと思います。
その上で、汚染の除去が不十分であるとか、なんらかの問題が残ったら、その時はその時で、RO なりを追加で投入すればいいのかなと思います。

というわけで、水圧の測定が必要なので、水圧のテストゲージを注文しました。

「通常2~3日以内に発送します。」って表示があるんですけどね、音沙汰なし。

こちらだと、Prime だし、Amazon が発送するので、明日届きますね。
しかも安いし。
選択ミスですが、注文してしまったので、しばらくは待とうと思います。

豪快な朝鮮の薪焚き屋台

最近、屋台の動画にハマっています。
それで、ちょっとやってみたいなと思ったのがこれ。

豪快に薪で辛そうな液体につけた鶏を煮込んでいます。
薪はクヌギですかね?
台はドラム缶でできているようです。

問題は鉄の鍋というか、これは売っているのをみたことがありません。
厚みもかなりのもの。
打ち出しで作ったんでしょうか?

この動画で面白いなと思ったのは、料理の運び方です。
鍋に取っ手がないし、どうするのかと思ったら、台ごと運ぶという斜め上の運び方でした。
ひっくり返らないのかなと思ったら、鉄筋で作った部分はフレームの穴に差し込みになっていました。

それはそうと、クヌギについてです。
少し前にクヌギは朝鮮半島が原産地であるという話を聞きました。
日本に存在するクヌギの DNA を調べたところ、ナラに比べてバリエーションが少ない、というのがその根拠で、移入したものであろう、という推論です。
ようするに、ナラなどよりもクヌギの方が利用価値が高いため、人的に移入させて、栽培した、ということです。
実際、薪として利用する場合でも、ナラに比べてクヌギは僅かに密度が高く、このことはすなわち、生産性が高く、保管性が良く、エネルギー密度も高い、ということに他なりません。
成長速度に関してもクヌギの方が早いと思います。
要するに、利用価値が高いということはそういうことだと思います。

こんな記述も見たんですが、

クヌギがそもそもの初めから日本に自生していたにか、あるいはいつの時期かに外から持ち込まれたものかは正確には言えません。おそらくDNA解析をおこなって分子系統学的に調べればはっきりするでしょう。残念ながらそれに答える研究論文は見つかりませんでした。アメリカで広汎なクヌギの仲間 (Quercus 属)の解析をした例はありますが、日本のクヌギ(Quercus acutissima)の出自については何も情報はありませんでした。ということで、クヌギは古代から日本人の生活に密着してきたことを考えると、日本のクヌギは日本に自生していたものとみなしていいのではないかと思います。いずれにしろ分子系統学的研究がなされればはっきりするでしょう。

このテキストは、2017 年付のようなので、4 年前のものです。
この時点では、解析例はないと記載されているので、それ以降に研究が進んだということになるのでしょうかね。
ファクトチェックというわけではないのですが、クヌギの出自についての研究のソース等ご存知の方がいらっしゃいましたら、コメント等で教えていただけますと幸いです。

ついでに。

少し前にも貼り付けたんですが、薪ストーブ初心者さん向けのクヌギ・ナラ等、どんぐりの仲間の見分け方です。