メッシュパレットの輸入代行案件が完了

今日はちょっとした野暮用ばかり片付けました。

朝一、メッシュパレットの輸入代行案件の運賃等の振込をして、事故品の対応を話し合いました。

溶接がイマイチだったり、曲がって取り付けてあったり、微妙に錆びていたり、の事故品がありました。
まあ、使えないわけではないんだろうけど、日本人の感覚からしたら不良品なわけです。
工場側と話して、$100 を次回の注文時に値引きしてもらうことで落ち着きました。
お客さんには、うちが建て替えて 20,000 円返金しようと思います。

それで、今回の案件の決算です。
青森県にコンテナで 152 枚納品でしたが、総額 2,256,310 円となりました。
よって、1 枚あたり 14,844 円という計算です。(税、送料込)
今の円安の状況下だと、15,000 円を切ることができているので、そこそこリーズナブルな金額じゃないでしょうか?
ただ、お客さんがデバン作業を行いましたので、誰でも、というわけにはいかないと思いますが、条件が整えば、コンテナでの納品にも対応いたします。

1 枚から、バラ売りもしています。
48 枚から、配達もしていますので、こちらもよろしくお願いいたします。

ずっと NPα を試したり、チップ作りのためお宮に持って帰っていた ViO30 ですが、園で太すぎるものを小割りしたいということで回送しました。

NPα でカプラ周りから漏れる症状が止まらないので、念のために新しいカプラを持っていったんですが、コーンスプリッタを繋いでみると、全く漏れません。
どうも米国製 x クタイセイケイツール(おそらく MADE IN CHINA)との相性問題かなと思いますが、ひどい時はダダ漏れなので、使い物にならないので、一旦お蔵入りにして、ゴムパッドと一緒に試験的に輸入したカプラに交換して試してみようと思います。

ついでに、チップダンプも回送しておきました。

帰りに運輸局に。
希望ナンバーの申し込みです。
今回は時間の制約があり、絵柄ではなく、普通のにしました。
「ひ」になりました。
プレート代は 2,310 円でした。

さらに西署に車庫証明を取りに行きました。
何度も行きたくないので、地図はその場で手書きしました。
こっちは 2,750 円でした。

15 時を回ってしまいましたが、お昼です。
久しぶりのてんやで、ホタルイカのかき揚げの初夏の海鮮天丼+初夏小鉢、1,180 円にしました。
お昼に 1,180 円も使ってしまいました。
昨日も、でんぷんで散財したのに。。。

てんやですが、なんかこのところ、潰れまくってるんですよね。
東野のお店がまず潰れて、古川も潰れて、行動範囲内だと、三津だけが生き残っている感じ。
東野はレディ薬局で用事がないし、古川はミョンドンヤになったみたいですけど、東温のフードコートで一度食べたけど、二度目はない(韓丼のほうがいい)ので、こっちも用事はないし。

しかし、てんやも 390 円のサンキュー天丼はやめましたの張り紙があって、ミツに行った時は、そのうち、海弁か、ラムーのパクパク、と言う選択になりそうな悪寒がします。

あと、昨日プライマーを使い切ってしまったので、DCM によって、シルバーとクリアと一緒に買っておきました。
もう一仕事できそうで、微妙にできなさそうな時間になってしまったので、少し早めに切り上げ、本日終了です。

今日は、メッシュパレットに入れたチップも運ぼうかと思ったんですが、ダンプに積んであるものを先に運びました。

こんな感じで、トタン板を置いて雨よけしているものの、風が吹いたら飛びそうだし、屋根の下に移動したいのです。
ただ、隙間だらけだから、そのまま積んで走ったら、チップを撒き散らすことになりそうです。

北海道で農業用に大コンや、メッシュパレットを使っていて、内側にネトロンのようなものを貼り付けているのは知っていたので調べてみました。
やはり、ネットを貼り付けていますね。
こういうものを用意してやれば、チップがこぼれ落ちることをかなり軽減できそうです。

あと、回転フォークに対応していないメッシュパレットを対応させるアタッチメントも作っているようです。
まあ、うちには回転フォークもないので、別のアタッチメントを開発する必要があるんですけど。

コンテナリフターというようですが、このような装置を北海道の農家では使っているようです。
随分と大掛かりですが、それだけ大量に作っている、ということなのでしょう。

これは大袈裟すぎるので、いろいろ 5 号と話していたんですが、ドラム缶の反転機(フォークリフトアタッチメント)のメッシュパレット用を作って欲しい、という話になりました。
ドラム缶の反転機はチェンを引っ張って操作するんですが、それもかったるいので、電動にして欲しいそうです。

それで思いついたんですが、ウインチを手で巻くのがかったるくて、ウォーム減速機になっているものを買って、WP36 に取り付けてあるんですが、電動ドリルで操作できるのです。

これらのアイデアを組み合わせると、フォークリフトのアタッチメントとして、比較的簡単に作れそうな気がしてきました。
薪の配達の際に、メッシュパレットから薪を取り出すのに、どのみち反転機は必要になるので、煮詰めてみたいと思います。

インフィードコンベアのトレーラ化

インフィードコンベアですが、もともとはしっかりとした基礎を作り、そこにアンカーで固定する作りです。
現状、基礎の作成はおろか、作業する場所すら決まっていないような状態なのですが、実際に使ってみないことにはレイアウトとかも考えられないし、一発でうまく行くとも思えません。
それに、そもそも第 1 ヤードは借地なので、しっかりとした基礎を作り据え置いたところで、退去しないといけなくなる可能性もあるし、いろいろ考えたんですが、可搬式にしておくのが良いという結論になったわけです。
それで、構内トレーラとして作ることにしました。
薪製造機同様、フォークリフトで牽引して移動できます。

朝一、アルミトレーラの部材を引っ張り出しました。
車軸は FF の軽乗用車のリアアクスルを使うかと思ったんですが、園に在庫がないということで、アルミトレーラのアクスル一式を使うことにしました。
作ってあるものをバラすのは面倒くさいので、在庫の 2 台を使うことにしたんですが、当面使うことはないだろうと、倉庫の奥の、しかもラックの上に積んでしまっていたのです。
製造機の在庫や何かを移動してリフトで引き出そうとしていたんですが、5 号と M 君がそうこうしているうちに人力で運び出してくれました。
アルミだから、見た目よりは軽かったみたいです。

アクスル自体、こんな感じです。
アルミのフレームの幅とコンベアのフレームの幅が違うこと、コンベアと追加で作ったフレームの重さがおそらく 1t 以上になること、その辺りを考慮して、リーフサスを受けているブラケットについては作成して、かつ、2 軸にすることになりました。
ヒッチ部分に重量がかかりすぎるといけないのですが、重心がわからないので、実際に車軸を取り付けてみて、バランスを取ろうと思います。
その関係で、サスのマウントの位置を調整できる構造にする必要がありました。
なので、やはりブラケットは作成しないといけない感じです。

コンベア自体はだいぶ形になっていました。

アクスルを届けに行く時、「でんぷん」でランチをいただきました。
ここ、電車を改造したレストランです。
ずっと気になっていたんですが、ようやく訪問です。

〒791-0102 愛媛県松山市高野町51−1
 
〒791-0102 愛媛県松山市高野町51−1 

M くんの独立のための市場調査というか、自分的には最初から居抜き等で店舗を構えるのは費用がかかりすぎるし、万一コケた時投資した資金って全部無駄になるので、キッチンカーやコンテナなどそれ自体が動産であり、万一隣接や近隣の店舗がハズレでも、簡単に引越しできる、そういうお店がいいんじゃにかと思っているんです。

しかしまあ、肉体労働のおじさん 3 人組にはちょっと敷居が高いお店でした。
お昼で 5,000 円近くかかりました。

お昼から、ずっと後回しになってしまっていた授与所の解体をしました。

これ、バラした後、車庫の一番奥にしまうんですが、いろいろとものがありすぎて。。。

車庫の片付けだけで 2 時間くらいかかってしまいましたが、Brave 24t、発掘です。
かれこれ 1 年以上は在庫になってますね。
五十嵐商店さんだと 70 万以上の定価で、うちでは 50 万を切る、自分で自分を褒めてあげたい感じですが、3 割ほど安い(全く同じ商品ではありません)価格にしてあるんですが、何でか売れません。
細々とした初期不良があったりはしたんですが、基本的に、大きな故障が出ていない、とてもいい機械だと思います。

こう言っちゃアレですけど、薪割り機って、「国産」って、高いだけで、品質と性能のバランスが全く取れてないと思うんです。
さらに身もふたもないことを言うと、最近はチャイニーズ品の品質が格段に向上しているので、今までだと米国製を圧倒的にお勧めできたんですが、米国の物価高で、今までの 1.5 倍くらいしてしまうので、強くお勧めしづらいところです。
なので、正直、エンジンだけ聞いたことのあるブランドに載せ替えて米国製並に高いチャイニーズ品を買うくらいなら、いかにもチャイニーズなハイガーあたりを割り切って買った方が、年に数回程度しか使わないものなら、十分かもしれません。
ハイガーの場合、大体、中国の工場出荷価格で US$400 程度のものを 12 万程度で売っていますので、US$1 = 300 円くらいで、今の為替レートや、輸入の経費(運賃、倉庫経費、輸入時の消費税)、国内の販売経費(モールのピンはね、クレジットカー等のピンはね、2024 年問題で高騰している配送費)を考え合わせると、それなりにいい線じゃないかと思うのです。
MADE IN CHINA, 本当に最近は品質が格段に向上しています。
とはいえ、値段ほどの品質はあると思いますので、予算に余裕がある方はぜひ Brave VH1724GC をご検討ください。

インターロッキングブロックを高圧洗浄しようと思ったんですが、ちょっと授与所の片付けに時間がかかりすぎたので、M くんたちにはボブキャットのタイヤの組み替えをやってもらって、自分はまな板が来月車検で、タイヤをチューブレスにしようと思うので、鉄チンの塗装をすることにしました。
ずっと放置してあったのでサビサビです。。。
とりあえず、プライマーまで仕上げました。
中塗り、上塗りはスプレー缶がないので、また今度にします。
4 本塗らないと何でボチボチ空いた時間に頑張ります。

これは、22.5 x 7.50 で 11R22.5 を組み合わせるつもりです。
ヘッドから外して使い回すものは、22.5 x 8.25 を買おうと思います。

倉庫に埋もれていて救出したローリーですが、洗浄して、パレットに固定してみました。
高圧洗浄機が使う水の方が多くて、水道で水を汲むのが間に合わないので、ローリーに貯めてから作業をしようと思うのです。
水を張ってみたんですが、思いっきり漏れてますね。
ブチルテープを貼ってみたけど、ダメでした。
次に作業する時までに修理が必要です。
とりあえず、ゴリラテープを貼ってみます。

振動モータは思ったよりもかなり強力だった件

以前、乾燥機のスクリューコンベアの先のチップを落とす縦穴(?)部分に割り箸ような長い竹やなんかが詰まることがあり、その対策にと思って買っただけでお蔵入りしていた振動モータですが、4mm アンダーを落とす篩を作ったら、ということで園から引き上げてきました。

プラグを買ってきて取り付けてみたので、とりあえず手に持って運転してみたんですが、片手では持っていられないほどブルブルします。
90W だと思うんだけど、随分と強力です。
よく考えれば、大きい方の古いは 0.25kW x 2 = 500W ですから、その 1/6 ちょっとの能力ということになります。

正直、木でちょっとしたふるいを作ろう、2×4 で枠を作って、そこにステンレスのネットを貼ろう、くらいに思っていたんですが、コーススレッドでちょっと組み立てる程度では振動で壊れてしまうじゃないかと思えるほど強力でした。
茹蛸コンベアから吊り下げるか、とも思っていたんですが、別に単管パイプ等を使って、ある程度の重さのある枠を作って、そこから吊り下げるくらいの細工も必要かなと思います。
粉塵を集めるのが面倒くさいので、集塵機を接続できるようにするのが一番いいかな?
将来的には、一度で 50mm オーバー、4mm アンダー、それに製品と 3 分別できるのが理想ではありますが。

ところで、この振動モータ、単相でアースを含めて 3 本配線があったんですが、ポッキンプラグが売ってなかったんです。

というわけで、アースはつないでなくて、テープで巻いて押し込んであるんですけど、漏電とかした時どうなるんだろうとは思うんですが、三相の方もコードはあるけど、その先、まだ細工していません。
それに、その先、発電機だしなぁ。。。
発電機からもアースを取らないといけませんよね。

それと、発電機では電気が足りなくなる件ですが、たまたま電気屋さんが家に来ることになっていたので、その時に聞いてみたら、引き込みの仮説ポールまでたててある状態だと、工事費は 10 万円はかからない、月々の固定料金は 10kW で 6,000 円程度、とのことでした。
今のところ、インフィードコンベア 2.2kW, ふるい本体 0.5kW, 茹蛸コンベア(仕様不明) 1kW, 小型振動モータ 0.09kW, 排出(積み込み)コンベア 3.7kW, 集塵機 1.5kW といったところで、10kW あれば間に合うかなと思うのです。

ただまあ、近い将来、第 1 ヤードにチップ作業を引越ししたいので、そうなると電気工事は無駄になるんですよね。
はてさて、どうしたものやら。。。

薪製造機のベルトコンベアはチップ積み込みには不向きな件

今日もチップ作業の続きです。
午前中、昨日夕方積んであったチップの配達をしました。
午後から、残っていたチップをふるい、2t ダンプに積み込みました。

やはりコンベアのベルトとフレームの間に細かなチップが回り込んでしまいます。
今回のチップは品質が良く、大きなものが少ない代わりに、粉末状のものが多い気がします。
写真の状態で、大体 2t ダンプに 8 割程度, 5m3 くらいの積み込みで発生したダストです。

積み込みのコンベア自体、こういうチップが挟まらない構造である必要があるのと、高さも足りないので、遅かれ早かれ、コンベアは作る必要がありそうです。
前回、積み込み用のコンベアは予算と発電容量の都合で見送っていたのですが、薪製造機のコンベアを使って積み込むとかなり作業効率が改善したので、優先して対応すべき事項と感じます。

見積もりでは、650mm x 10m で 4m ちょっと持ち上げられるコンベアを作る計画だったようです。
モータは 3.7kW になるようなので、うちの 10kVA の物だと、コンベア 1 台を指導するのがやっとかなと思います。
色々考えると、25kVA くらいの発電機が必要になるのですが、前回、展示会で落札できなかった のです。
今思えば、10kVA の発電機も、修理に 20 万ほどかかったので、もう少し思い切った額で入札していれば落とせたと思うし、残念ですが、まあ済んだことです。

で、定量供給側のコンベアですが、500mm x 8m で作ったのです。
排出側より細いので、工場に何でって聞いたんですが、

In fact, we offer the conveyor for you at the beginning, whether it is feeding conveyor or loading conveyor, both are 650mm width
But due to your power supply problem, we changed the width of the feeding conveyor to 500mm for you. do you remember?

ということだったようです。
供給側は 3kW → 2.2kW に必要な電力を減らしたようです。
なので、排出側も 500mm で間に合うってことになる気はします。
ただまあ、2.2kW のコンベア自体、まだ試していないので、排出速度等がどれくらい必要か、当たり前の話をすると 投入量 ≥ 排出量 となるわけですから、500mm に間に合うとは思うんですが。
可能性としては低いですが、ふるいの速度を向上させる + ダストを取り除くため 3 分別のふるい機本体に更新することがあって、その時に供給コンベアを 650mm 幅とかに更新するとか、あるいは、上部にホッパーを取り付けてそこに直接 SV100 で投入する設計にして、排出が多くなる可能性はあるので、650mm で作った方がいいような気はしないでもないんですよね。
実際のところ、650mm x 8m, 3kW だと $2,000 程で、500m x 8m, 2.2kW だと $1,800 なので、1 割ほどの差です。
ベルトの幅は 1.3 倍、モータは 1.36 倍の能力になるわけですから。

まあ、新しいコンベアについては、どれだけ早く見積もっても 3 ヶ月以上はかかるので、差し当たっては、茹蛸コンベアから薪製造機のコンベアに落とす際に、多少なりとも粉末を取り除いたらどうかと思います。

それで、昔、スクリューコンベアの先でチップが詰まることがある対策用に 小さな振動モータを買ってあった のを思い出したので、これを取り付けた滑り台的なふるいで多少なりとも取り除いたらどうかと思うので、試作してみようと思います。
ただ、能力的には 90W なので、処理能力がかなり微妙なところですね。
コードの状態なので、プラグを買ってくるところから始めないとですが。

それと、NCα のホースの油漏れの修理をしました。
結局のところ、G ネジの部分から漏れるのが止まらないので、販売サイトで質問したところ、R ネジをシールを巻いて接続すると良いという回答だったので、一昨日変換金具を買ってきてあったものを取り付けました。
結論から言うと、それで問題なく止まっているように思えます。
ただ、今度はカプラ側から漏れるんですね。
どうやらカプラにゴミをかんだかで傷んでいるようで、カプラの交換が必要そうです。
予備のカプラはあるのですが、さすがに持って行ってなかったので、交換して確認したいと思います。

あと、台車の件です。
後ろ周りが 1,850mm なので、茨城側で牽引できるか確認してもらっています。
一番カプラが後ろのヘッドでクリアランスを見てくれて、写真が届きました。
東急の 20ft の台車も 1,850mm くらいですね。
いけそうです。
そもそも、まな板(後ろ周り 1,840mm)自体、人組さんに引っ張ってもらったわけだし。
あとは、連結検討書を作るのが面倒くさいけど、雨の日とかに少しづつ頑張らないとです。

お昼は、マテラの森のランチ, 750 円です。
今日は生姜焼きでした。

夕方、少し早く切り上げることができたので、出荷だけして、高島屋にお出かけしました。
高島屋といえば、四川飯店ですよ。

お城が見えるカウンターで、毎度毎度の麻婆豆腐(ハーフ)です。
金曜ということもあって、ビアガーデンはやっているし、周りも団体で盛り上がっていたので、おもわず、杏露酒とビールを頼んでしまいました。
今回、なんか酸っぱいものが食べたくて、サンラータンメン(ハーフ)も頼んでみたんですが、いつものメニューのチャーハンと唐揚げに追加して、お腹がいっぱいになりすぎて、スープを残してしまいました。
何と、勿体無い。。。
随分と久しぶりでしたが、相変わらず、美味しく大満足です。
陳さん、ありがとう。

お兄ちやん茶トラたちと出会って 8 年になりました

この子は 4 号です。
最近、だんだん色が薄くなってきて、クリームっぽい色合いです。
ダイリュート遺伝子というものがあると、こういうふうに色が薄くなるようです。

この子達、お宮でダンボール箱に入っていた状態で保護 しました。
ぱっと見 3 ニャンズかと思ったら、4 ニャンズで、どうしようか途方に暮れたものですが、今ではいて当たり前の日々です。

かれこれ 8 年、これからもずっと元気でいてほしいものです。

今日はお宮も忙しかったです。
よく考えると令和 6 年 6 月 6 日と 6 のゾロ目ですね。

同じ日でも、中国では縁起が良くて、西洋では不吉となるわけで、実に不思議なものです。

今日から、新しい授与品として、5 号が猛烈にプッシュしているブレストレットに新色(?)というか、新石というか、追加になりました。
このブレスレットは、ご祈念後のお頒ちとなります。

で、なんだかんだで、夕方までお参りが途切れず、いつもよりも 2 時間近く片付けが遅くなって、家に帰って少しのんびりしていたんですが、5 号から LINE があって、夜降るかも、ということでチップの続きと雨よけをすることにしました。

少しでも濡らさないため、2t ダンプに 1 台分、積み込みます。
薪製造機のコンベアを使って、積み込み作業がかなり効率化されたので、一人で 2 時間弱で + 積み込みが可能になりました。

今回のチップは品質が良くて、生コンホッパー、多分 0.3m3 くらいの容量だと思うのですが、1 台, 5 — 6m3 くらいでしょうか、それだけふるって、1/2 くらいしかオーバー材がでないのです。
その分、細かく砕かれているためか、ダストが多い気はします。
埃っぽくて大変。。。

結局、20 時過ぎまでかけて、雨の養生をしたりで、すごく疲れたので、今日はさっさと寝たいと思います。
明日は、チップを配達したいと思います。

行方不明だった授与品を発掘しました

4 月に届いているということになっているもののずっと行方不明で探していた授与品ですが、プレハブの奉納倉庫に納品されているのを発見しました。
ずっとお宮かなと思ってあちこち探していたんですが、なんせ 2 ヶ月も前なので、防犯カメラの画像が確認できず、最悪、保険で対応してもらおうかと持っていた矢先でした。

明日より、授与いたします。

乾燥ですが、チップの品質が良いので、非常に順調です。

とりあえず、追加で 1 台運びました。
多分、これで仕上がるとは思うんですが。

帰りになんかカレーが食べたくなって、アイビーハウスにするか、クラブハウスにするか悩んだんですが、クラブハウスにしました。
ステーキカレー+ゴールデン+大盛り、です。
クラブハウスもアイビーハウスも海沿いの雰囲気のいいお店です。
松山(北条)にお越しの際は、ぜひ、寄ってみてください。

それはそうと、かなり良さげな 20ft のシャーシを見つけてしまいました。

H4 年式ということは、年式的に ABS がありません。
ABS ね。。。壊れるんですよ。
当然、ない ABS は壊れることがありません。

それと、ポイントは 1 軸です。
積載は 15t なので、維持費としては重量税は非課税なので、自賠責が 5,000 円程度と自動車税になるんですが、1t あたり 4,000 円程度なので、概ね 65,000 円/年、といったところです。
任意保険(車両保険)については、一括でかけてあるので、増額はありませんし。
ドレーを依頼すると、一回あたり 3 万円弱かかりますので、年に 2 回ほどでほぼ元が取れる計算です。

積載に関しては、20ft の空バンの重さは 2t ちょっとで 3t はないので、実質 12t は取れていることになります。
メッシュパレットは 8,151kg、製造機は 6,720kg、振動ふるい(+コンベア)は2,160kg でしたから、足りないということはほぼない感じです。
自分の荷物だから、事前に重量はわかるし、調整もできますし。

1 軸の場合、ヘッドの 2 軸と合わせて 3 軸になるので、高速料金が大型になります。
当然、タイヤが少ないので、抵抗も少なく、燃費も良いはず。
また、真横に折っても、タイヤを横に押すことはない(軸の中心でスピンターンする)から、タイヤも減りません。

あとはチップ輸送用に山に転がっている 20ft コンテナを加工してやれば、2t 程なら、簡単に積み下ろしはできるので、普段はチップの保管・輸送に使えば良いかなと思うのです。
内容積的には、33.2m3 のようで、比重的には 0.3 くらいなので、チップを満載してもせいぜい 10t 程度で、これまた積載十分ですね。

タイヤの山はまだあるようだし、ただ、サイドバンパーが傷んでいて、そのままだと車検は無理そうです。
他にも修理する必要がある箇所はあると思いますけど、リレーバルブも RE6 なら、互換品なんか 1 万円ちょっとでありますし。

問題は、場所が茨城ってこと。。。
片道 1,000km ほどありますので、下道だと 2 日かかります。
5km/L(往路 6km/L, 復路 4km/L)として 400L 程燃料を使うので、60,000 円、高速代は海峡部分はどうしても乗る必要があるので 10,000 円程度はかかる感じでしょうか。
ここまでで 7 万。
実際には、食費もかかるし、燃料費と同等程度の車両の経費もかかります。
人件費を無視しても 15 万くらいかかる計算でしょうかね。

7m ほどのシャーシなので、フェリーで東京から徳島まで輸送してもらうのが良さそうです。
東京・徳島は、53,900 円のようです。
フェリーまで牽引してもらう費用を調べたいと思いますが、確実に安そうです。
久しぶりに茨城にも行ってみたいところではあるんですけどね。