内容点検に行ってきました

今日は神社の祭日でした。
というわけで、午後から予定通り内容点検に行ってきました。
こういう日に限って、片付けて帰ろうと思うとお参りの方が見えて、また片付けたら、の繰り返しです。
そんなわけで、14:30 くらいには倉庫に行きたかったんですが、実際には 15:30 になってしまいました。
点検の方は、すんなり終わりました。

それで、M さんの怪我ですが、思ったよりも悪くて、縫うほどだったそうで、二週間くらいは作業は中止した方が良さそうです。
その分、時間が取れる範囲で、薪作業に入りたいと思いますが、すでに納期が遅れ始めているし、年内どこまで作業できるのか、あと、原木の引き取りや、配達で、雪になったり路面が凍結するリスクも出てきます。

まあ、できることしかできないので、コツコツやってくしかないのですが。

内容点検の結果、食品の届を出す必要があるのですが、これに関して、少し前に FINES に移行したいということを書きました。

そういうこともあって、ネカフェの中古パソコンを買ってきたわけなんですが。
買ってきたパソコンに関してですが、安かろう悪かろうでして、まずまともに動きません。
フリーズするし、WiFi に対応していなかったので、USB のアダプタを買ったはいいものの、今時ドライバのインストールに CD-ROM をセットするとは夢にも思いませんでしたが、そのドライブすら認識していない始末。
さらに悪いことにメッシュ WiFi のネットワークがダウンして、これに関しては今も復旧できてないのですが、まあ、まともに使えるのはいつになるのやら、という感じです。
OS は 5 号がリカバリーするといって何やら作業していたんですが、それすら完了できず、途中でコケたようです。

そういうわけで、FINES に関しては、設置届というものを提出しないと行けないらしいんですが、今回は無理そうなので、先送りにしたいと思います。

お鍋等については、今まで通りなんですが、懸案があって、それは浄水器のことです。
うちは井戸水なんですが、裏山とかみかん山で、肥料を大量に消費して、地下水が汚染されてしまった ようなんですね。
水質検査をして判明 しました。

それで、その対策として、浄水器を注文したわけです。

フィルタ以外に、フィルタの手前につけるプレフィルタ(Spin-down Sediment Filter)やなんかも一色セットで届きました。

そして、浄水器は、前にも書いたんですが、I 型と II 型という分類があります。
I 型については水道法、II 型については食品衛生法の規制を受けます。
ちょっとアバウトな説明ですが、II 型は蛇口の先につける簡易タイプ、I 型はそれよりも前、水道のパイプの途中に取り付けるタイプということで、今回のものは I 型になります。

そして、うちは水道ではなく、井戸ですので、水道法の規制を受けるか、愛媛県に確認し、水道法の規制は受けない、という結論ですが、念のために、食品衛生法に基づく試験や届出が必要かを問い合わせました。
その結果、今回は、不要、ということが確認されまして、一安心です。

書類は月曜日までに届くように明日には作成して発送したいと思います。

薪割りは半分は終わった感じ

今日も薪割りでした。
というか、毎度のことなんですが、スタートがちょっと遅いんですよね。

雑貨の件ですが、搬入は終わっていて、内容点検は明日の午後ということでお願いしました。

ちょっと太めで弾いていたものをアッグ的薪割り機、こと、コーンスプリッタで処理します。
アッグ 2 号機もかれこれ何年目でしょうか。

小型の薪製造機は使い物にならないという人がいますが、太いものが入らないから、という理屈のようです。
それでどうするのかというと、1 クラスか、2 クラス上の機械なら使い物になると考えるんでしょうね。
値段は倍々と高くなりますし、鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いん、というやつですよ。
太いものが大量に入るような環境なら、また違うんでしょうが。

11 時過ぎくらいから、16 時半くらいまで、2 トンダンプで 4 台分程で、難物が全部片付いて、キリがいいところまで作業できました。
ナラは昨日で見える範囲ものは全部片付いているので、混ざるといけないので、分けてストックしています。

原木は 3 回届いているんですが、見ての通り、半分以上は片付いた感じです。

製造機でできるチェンソーダストは回収しているんですが、チェンソーで切り詰めたものはそのままで、結構掃除が大変です。
アルマジロが欲しくてたまりません。

でも高いので、フォークリフト用のブラシを買いたいなと思うのです。
ユンボでも掴めるようにして、そうしたら、まな板台車の木屑なんかの掃除も相当楽になるんじゃないかと思います。

それはそうと、昨日 M さんが薪割り機で手を怪我をしたということで、今日はお休みでした。
どういう状況なのかよくわかってないんですが、怪我は初めてなので、今後の安全対策についてよく考えないといけません。
乾燥のための準備作業の遅れが予想されます。

夕方、戻る前に確認したところ、ナラはメッシュパレット 5 つ分はできていました。
半分くらい残っているように見えたので、全部で 10 カゴくらいでしょうか。
そうすると、コロなどが 1 つか 2 つできると思います。

すでにできているカゴが 17 あって、明日くらいに 10 カゴできるとして、27 カゴ。
それに、コロが 1 カゴとして、全部で 28 カゴです。
36 カゴで乾燥スタートなので、8 カゴ足りません。
流石に明日一日で 13 カゴはできないと思われるので、乾燥のスタートは来週にずれ込みそうです。

明日 26 日は、神社の祭日です。
午後から内容点検があります。

明明後日の日曜日 28 日は兼務神社の新嘗祭です。
なので、明後日 27 日は、その準備を多少なりともしないといけません。
薪作業の時間が取れるかはちょっと微妙なところです。

今月は、火曜日の 30 日までですが、ちょっとそれまでに乾燥が仕上がるのは絶望的になりました。
少しでも早く仕上がるように頑張りたいと思います。

それはそうと、ソーチェンですが、昨日、450 に 21 がついていたと書いたと思うんですよ。
今日は、ちゃんと 95 をつけようと思ったんですが、95 を持って行ったと思ったら 21 でした。
道具をしまってあるコンテナの中に 95 があるのを覚えていたので、そっちをつけたら、研いでなくて、全く切れませんでした。

そんなわけで、研いだたら、ちゃんと新聞紙に包んで、刃の種類を書いておくことにしました。

  • K1 = 21
  • K2 = 95

です。

あと、みかんカゴだと椅子の高さ的によろしくなかったのですが、日本酒のカゴにするとちょうど良くなりました。
でも、今度は、手元が暗くて見づらいので、ライトが欲しくなりました。

Oregon 目立て機 310 その後

今日は、というか、今日も、薪割りをしました。

朝、光ファイバーの工事があったんですが、前の工事が押したようで、時間になっても来ないので、立ち合いは母に任せました。
昨日ガス欠で終了しているので、まずはガソリンを買いに行きましたが、4t の軽油と合わせて 1 万円では全く足りませんでした。
生産コストの少ない部分は燃料代ですが、去年に比べてかなりのコスト増になっていますね。

薪割り自体ですが、入荷した原木のうちナラは全て片付けました。
入荷した原木の 1/3 程度は終わった感じです。
残りはクヌギだろうと思われるものですが、まあ、もしかしたらナラが混ざっているかもしれませんけど。

そんなこんなで、16:30 頃には切り上げて、夕飯は疲れたのでお弁当を買って帰りましたが、戻ったら、Oregon 310 で、チェンの目立てをしました。

目立てをしてて気づきましたが、450 には本来ピクセル(95)を使わないといけないんですが、薪製造機用の 21 がついてました。
まあ、その程度の感覚・センスなので、目立てについて、云々書いてあっても、要するに大して違いがわからないオッサンのいうことなので話半分以下でお願いします。

というわけで、21 が 2 本、25 が 1 本目立てしました。

多分ですけど、21 と 25 は本来は砥石というか、ヤスリの直径が違うかもしれませんけど、そんなことも全く無視して気にしていません。
というか、それ以前に、今使っている砥石がどっちのサイズなのかすら知らず、さらにいえば、デプスゲージ用の砥石も使ったことすらありません。
とまあ、そういう塩梅です。

Oregon 310 については、どうやら 2017 年くらいに買ったみたいです。

この目立て機は日本では販売されていません。
310, 410 などはなく、520 という上位モデルからしか販売されいないんです。
しかも、520 で 7 万円以上しますが、米国だと $350 程度です。
310 だと $100 以下、410 で $220 程度です。

今は 2021 年なので、4 年半前ですね。

砥石はどっちかわからないと書いたわけですが、どうやら薄いもののようです。
ちなみに、一度も交換したこともなければ、ドレッサーで整形したこともありません。
整形すると削って捨てるのと同じことなので、勿体無いのでたまに裏返して、片減りするのを防いでいます。

そんなわけですが、もう 4 年以上使っているので、いい加減砥石を交換する必要があるんじゃないのか、と思って新品と比べてみましたが、ほとんど減ってませんね。
この調子だと、まだ数年使えそうな気がしてきました。
ちなみに、交換用の砥石も買ってあるんですが。。。

310 を買ってしばらくは、310 は砥石が小さいという点が引っ掛かっていました。
410 などの上位モデルと砥石が共用ではないのです。
なので、小さい砥石で早く減るんじゃないか、とか、目立てについても調整できる範囲が限られるため、イマイチ切れないんじゃないのか、とか、いろいろと思うところがありました。
また、410 などの上位モデルだと、砥石にはダイヤモンドや CNB と石のものがあります。(かなり高いですが)
調整できる範囲も多くなります。

でもまあ、蓋を開けてみると、砥石はほとんど減らなくて、機械それとも人間の方の寿命が早いんじゃないかというような状態ですし、調整についてもそれなりに切れ味に不満がない程度には「誰でも」すぐに研げるので、とてもいい目立て機じゃないかと思います。

薪割り開始

今日は薪割りをしました。

というか、家を出たのが午後で、ボブキャットを回送したり、薪製造機をセットアップしたり、そうこうしていたら、割り始めたのが 14 時半頃になってしまい、ただでさえ日が暮れるのが早いのに、それ以前にガス欠で、16 時には強制終了と相成りました。

途中で、原木が入荷して、ますます気合を入れて割らないといけないかなというところですが、ガソリンがないことにはどうにもなりません。

今日は自分は薪製造機に適した長さに切り詰める担当、5 号が薪製造機担当でした。

5 号は、今日が初めての作業なのですが、大体 2t くらいは割った感じでしょうか。

ソーチェンが全く切れなくて、新品に交換したんですが、新品はこれまた切れないのです。
厳密にいうと切れないというわけではなく、刃の角度が気に入らないというか、デプスゲージの調整がよろしくないというか、フック気味すぎるというか、まあ、刃が食い込みすぎて、ソーの速度が落ちて止まりそうになる、よって、バーを下ろす速度の調整がかなりシビアで結局時間がかかる、というところです。
目立てするかどうか悩むところですが、明日はちゃんと目立てした刃を使えばもっと切断が早くなるだろうし、慣れればもっと効率も上がるんじゃないかな、と思うのです。
1 時間に 2, 3t は割ってもらいたいところです。
それだけ割っても、製品としては、その半分しか取れません。
今月中にある程度出荷したいところですが、ちょっとこのペースだと、来月の頭までずれ込みそうです。

ボチボチ頑張ります。

ネットカフェのパソコンを購入

今日は一日雨でした。
昨日は薪仕事をするつもりだったんですが、思った以上がにがっつり降っていたので、外の仕事は休業するにして、午前中は雑貨の整理と、少量の出荷・納品をしました。

それで、午後からですが、朝 LINE でチラシが入っていて、安いように思うので、買いに行くことにしました。

基本的に Windows って使わないんですが、発送を郵便局に変えたら、Windows でないといけないとかいうことで、非常に使いにくいソフトを使って伝票を作っています、5 号が。
BootCamp で Windows をいちいち切り替えて立ち上げないといけないので、作業効率がよろしくありません。

それと、NACCS という輸入時の申告などを行うサービスも、専用のソフトを使用する必要があり、これも Windows でないといけません。

それで、まあ仕方なくというところなんですが、最近スマホゲームをやっていて、これが放置系(?)なんですけど、そとで放置するとパケット代も勿体無いことだし、エミュレータを使って、放置狩りをやったらどうか、ということで、一番高い i7 でグラフィックボードがついているのがいいんじゃないか、ということで 3 万ちょっとやつを買ってみました。

調べてみたんですが、i7-3770 というのは、Ivy-Bridge 第二世代というもののようで、大体 8 — 10 年くらい前のモデルのようです。
まあ、値段が値段ですから、エミュレータがまともに動くかどうかすら怪しいですけど、伝票の発行くらいはまともにできて欲しいです。
Windows は 10 Pro が入っていたので、NACCS の推奨環境は満たしているようです。

ただ、無線 LAN がなかったので、ヨドバシで USB の無線 LAN アダプタを注文しておきました。
いやはや無線 LAN がないことを確認する方法すらわからず、そこから調べる必要がありましたが。。。
そこそこ速いやつにしようかと思ったんですが、よく考えなくても本体が遅いだろうし、150Mbps の 900 円弱のにしました。
親機が TP-LINK なので、TP-LINK にしておきました。

ゲームはさておき輸入業務については、これで自宅である程度作業をできるようになるといいなと思うところです。
使うかどうかは分かりませんが、一応 Office 2013 というのもついてきていました。

そうこういっていると、夕方、アライバルが届きました。

ETA 23-Nov-21 JPMYJ = Matsuyama, Japan

ということで、明日入港ですが、祝日ですし、硬いところで言うと 25 日の午後くらいにデバン、というところでしょうか。
25 日中に確認できたらいいんですが、無理である可能性が高いので、翌日 26 日、神社の祭日ではあるんですが、夕方ギリギリの時間に内容点検に出かけられたらと思うところです。
それで、食品衛生法の輸入届けの書類を作って送っておくと、月曜日に処理されて、火曜日か、水曜日くらいには通関が切れると思います。

タイミング的に NACCS の導入は今回の申告にはちょっと間に合わなさそうです。

薪作り作業を開始

今日はのんびり午後からスタートでした。
まあ、見ての通りなんですが、クヌギ・ナラを分けながら、薪製造機で処理しやすいように、短めに切り詰める作業をしました。
日曜でリフトやダンプが使えないので、効率はイマイチですし、薪製造機自体もまだ運んでいません。
原木自体は、17,8 t ほどあるので、だいたい 1/3 の 6t くらい玉切りした感じでしょうか。

配達に行きたかったので、16 時には切り上げて、積み込みをして、17 時前に配達終了です。
これで今ある乾いている在庫が全て無くなりました。

生のものは、すでにカゴに入っているものが 17 と、原木を割ってできる量が推定で 36 くらいですので、とりあえず 1 回は乾燥機を回せる感じですね。
今週中に割り終えて、乾燥作業に入りたいところです。
ただ、明日は天気が悪い予報なんですけどね。

M さんに早くから頼まれている 4t 1 台分と、S さんの 4t 1 台分、あと山口の K さんの 16t が 11 月の納期なんですが、全部で 24t 必要ですから、少し原木が足りません。
次がいつ入るかってことになるんですが、小田に 10t 程度はあるようなので、ちょっと少ないけど、明日雨で作業ができなさそうなら、取りに行ってこようかなと思います。

それから、雑貨の輸入の進捗ですが、14 日に釜山にシアトルからの本船が入港済みでした。
一週間経っているので、今週くらいに接続しそうな気がしないでもないのですが、週明けにも確認をしてみようと思います。
個人的な荷物になりますが、浄水フィルターを早く取り付けたいと思います。

あと、高いのどうのゴニョゴニョ言っていた PP バンドディスペンサーですが、土日特価で MonotaRO で注文しておきました。
サイドバンパーの修理に使う、コーナーのパイプも一緒です。
12 月には、軽トラ、コンテナ台車、ミニの 3 台が車検です。
コンテナ台車は折角コンテナを下すので、補修塗装もしてしまいたいところですが、果たして時間は取れるのでしょうか。。。

ボチボチ頑張りたいと思います。