【林業機械展】ロボット型薪ストーブ

林業機械展では、香川で開催されているのになぜか高知県(高知家)が幅を利かせていまして、昨日紹介した薪割り機も高知の企業のものですが、ロボット型薪ストーブも、高知の 小磯鉄工 という会社の出展です。

薪ストーブ関連の出展は、気がついた範囲ではここだけだったと思います。

facebook では、やはりこのオリジナリティ溢れる造形に多くの人が食いついていました。

実際の所の、使い勝手や性能がどうか、という部分はさておき、インパクトはかなりある商品ですね。
買うか、お店で扱いたいか、というと残念ながら、個人的には NO ですが。

国内で薪ストーブを小規模な鉄工所が生産する場合、正直言って、海外の、例えば TrueNorth に勝てるかといえば非常に厳しいと思います。
価格・性能、その両面で合理的に買い物する層にはアピールするのがなかなか困難ではないでしょうか?

そうなると、手作りである、という部分をどうアピールするか、ということになりますから、ロボット型という方向性が正しいかどうかはさておき、こういうやり方はある意味、ビジネス的には正しいのだろうと思います。
それでいいのか、という思いは多分にありますが。

例外的に、宇野さんの カグツチ は、性能に関しては、自分は住宅で使っていないためなんともいえませんが、価格については、直販で TrueNorth 並の値段を実現していますし、そういう意味では、もう少し使いこなして、思う所(外気導入であるとか、温水コイルを仕込むとか)を改造したバージョンを作っていきたいとは思っているんですが、やりたいことは多々あれど、お金も時間も、そして何よりも才能がないので、遅々として進まないのが頭の痛いところです。

まあ、できることしかできないので、マイペースでのんびりやりたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す