微妙

今日は原木の引き取りに行きました。
というか、まずは積んだままになっているのを下すところからだったのですが、そもそも園について作業を始めたのがすっかり昼を過ぎてなので、山に着いたら 18 時前という状態。
まあ、見ての通り、超絶微妙な状態です。

原木の品質がとにかく微妙。
アホのように太かったり、重機でへし折られているものが入っていたり、「く」の字にまがったり、「Y」や「ト」の字の形のままのもの、果ては鉛筆ですかってくらい細い枝に、蔓が猛烈に絡まっていてコブになっていて、見ただけでまともに割れないことが明らかなものまで、薪にするのに都合が悪いものを寄せ集めたのではないかと言いたくなるくらい、本当に良いものを抜いた後のあまりものみたいなもが多いんです。

まあ、とにかく立退はできたので、このまま腐っててても、原木も腐って碌なことにならないので、気持ちを切り替えて、少しでも早く加工して片付けてしまいたいと思います。

それはそうと、お腹の調子も少し良くなったし、仕事をするからなんか食べないとと思って、久しぶりに太養軒にいきました。

〒790-0844 愛媛県松山市道後一万7−13
 
〒790-0844 愛媛県松山市道後一万7−13

典型的な学生さん、職人さん向けの大衆食堂です。
もともと井上さんという老夫婦が経営していて、お宮にもよく来てくれていたんですが、当時は高校生だった自分がもう半世紀を生きる状態なので、代が変わっています。
ただ、メニューは昔のままなんです。
といっても、自分は 30 年以上、写真のじゃんぼハンバーグカレーしか食べたことがありません。
だから、今日も、じゃんぼハンバーグカレーです。

美味しいはずが。。。微妙でした。
そう、3 日ほど食べてないところに、これはかなりきつかったんですよ。
なんともまあ、久しぶりなのにもったいないことをしました。
もちろん、米粒一つ残していませんが。
ちなみに、650 円(税込)です。

その後、おやつに好物のガリガリを買ったんですよ。
なんかピンクいのがあるので、思わず買ってしまったんですが、袋を開けてニオイで、梅だと気づきました。
そう、一度食べて、微妙だったんですよ。
忘れてて、買ってしまいました。

で、鳥越俊太郎氏が痴呆といわれて、「悪いことだけじゃない。一度観た映画も内容を忘れるから何度も楽しめる」みたいなことを言ってたのをふと思い出しました。
体調が悪くて篭っていたので、その間 Netflix を見ていて、ふとサジェストされたのでアルスラーン戦記を見たんですよ。
はい、配信分見終わって、全部見ていることを思い出しました。
一度見たものを何度も見て、それなりに楽しめました。
でも、残念ながら、まだ女性大生を別荘に連れ込んで、バージンだと病気だと思われるよ、という決め台詞を吐く機会には恵まれておりません。あ、その前に、別荘がなかった。。。

うーん、どうでも微妙すぎる話でした。

あと、シアトル便の A/N が届きました。
本日入港、明日、15:00 くらいにデバンとのことです。
明日の内容点検はちょっと無理そうで、そうなると、最短木曜日。
木曜日中に検疫所に送っても、到着が金曜日ですから、今週中の通関は無理そうです。

薪も明日くらいには乾燥が終わりそうです。

ボチボチがんばります。

JØTUL(ヨツール)の新型 F500

今日は、午前中、薪割り機の見学のお客さんがあって、午後から地鎮祭でした。
朝起きた時点お腹が痛くて調子がイマイチだったんですが、地鎮祭は終わりには立っているのも辛いくらい、目眩や吐き気がして、熱中症でしょうか、夜までずっと寝込んでしました。
まあ、無理は効かない年齢になっているということでしょう。
体温調整などもうまくいかないし、これからの夏場の体調管理をしっかりしないとと思いました。

それはそうと表題の件です。
少し前のことなんですが、新しい JØTUL(ヨツール)の F500 を見る機会がありました。

北米では、去年くらいにモデルチェンジして、順次切り替わっていたんですが、価格が恐ろしいほどに値上がりしたんです。
値上がりの理由は JØTUL FUSION TECHNOLOGY, 触媒を搭載した ことによるものです。
ちなみに、触媒は 20 年保証 だそうです。
それで、うちでは在庫を持つのをやめて、希望する方がいらっしゃる時にだけ手配するように変更しまして、今のところ、1 台も引き合いはありません。

これに対して、日本国内の ECO と称する新モデルは、定価は据え置きなんです。
もともと JØTUL は北米では、日本の定価の半額以下が一般小売価格ですから、初めは他所のストーブの値段に合わせて値上げが難しいため、仕入れ価格の何倍もで売るという戦略を維持できなくなっただけかとも思ったんですが、実は違ってました。
小規模な改良を行ったクリーンバーン機だったのです。

よって、北米の F500 V3 と日本の F500 ECO とは、見た目は同じでも、構造は全く別のストーブと言えます。

当たり前ですが、今までクリンバーンだったものをコストをかけて触媒を追加したのは、そうしなければ北米では環境基準をクリアできなかったから、ということではないかと思います。

はてさて、日本に、EPA 2020 に対応しているからと言って、高い触媒付きを選択する人はいるのでしょうか。
自分なら。。。
クリンバーンでも十分に思いますので、いくら 20 年保証と言っても、壊れる可能性の高い触媒機を積極的にチョイスしようという気はあまり起こりません。
ただ、煤の量はかなり減るようなので、煙突の汚れだとか、燃費の改善だとかが、どの程度の差があるのかは、いまだに触媒気を使ったことがないものですから、ちょっと気になってはいます。

それはそうと、F45 も V2 になっていて、EPA 2020 Certificated ですけど、こちらは、Jøtul Turbulator non-catalytic technology とやらで、触媒機ではありません。

Efficiency LHV 76.55% HHV 71%

ということです。

F500 V3 の効率は、

Efficiency LHV 84.7% HHV 78.4%

ということなので、燃費の差はかなりあるようです。

雨なので原木を運びました

まあ、見ての通りです。

スラグを入れているので立退になりました。
これで、2 台目。
あと、1 台は、1/2 もなさそうです。

ただなぁ、この土場には 60t 分くらいの原木がないといけないのです。
どうみても、積み込んだ量は 12t 程度、あってもせいぜい 14t でしょう。
前回も、これと同程度ですが、一部は別のところで積んでいますから、せいぜい 10t 程度。
残りも 10t はないでしょう。

どれだけ贔屓目に見ても 40t はないんですよ。
20t はどこに行ったのか。。。
盗まれたんでしょうかね。

枝のような細いものが多く、品質も今ひとつですし、天気同様、テンションは駄々下がりです。

日曜日は地鎮祭があるので、明日、土曜日にある程度割ってスペースを空けて、週明け早々に、全部引き取りを完了したいと思います。

乾燥スタート

今日はこのところ休みがなくて、疲れてしまっているのか、迂闊にも昼寝をしていまい、ろくに仕事ができませんでした。

午前中、5 号が何やら騒ぐので何事かと思いまして、そうしたところ、節かと思ったんだけど、何かいる、というのです。

確かに何かいます。
トングで突いてみたら、キュっとかって鳴いて、コウモリでした。

いや、おニャー様たちは脱走した形跡もないし、一体どこから入ったんでしょうかね。
薪ストーブはドアは閉まっているので、そこではなさそうですし。

何はともあれ、おニャー様に襲われては可哀想ですから、表の日陰に出しておいたら夕方までにいなくなっていました。
ただ、逃げられるほどの体力が残っていたのか、野良ニャーに食べられてしまったような気がしないでもないんですが。

夕方、どうしても出荷だけはしておきたかったので、薪割り機を発送しに出かけるついでに、園にも寄りました。

薪ですが、2 釜目の乾燥をスタートしました。
多分これで、トレーラー 1 台分くらいはできるので配達に出かけられると思います。
ありがたいことに注文をたくさんいただけているので、この後も頑張って薪を作りたいと思います。

発送した薪割り機は、Brave(ブレイブ)の 24t と、PREDATOR です。
帰ったら、22 時を回ってしまっていました。

明日は今日できなかった原木の引き取りをしたいと思います。

急遽 徳島〜高知でヘッドを引き取りました

昨日、ボルボのディーラーの丸栄さんから電話があって、安全さんに頼んであった修理と点検整備が仕上がりましたってことだったんですが、代車が急ぐのですぐに引き取ってということで、急遽、引き取りに行くことになりました。

それで、昨日香川の S さんのところには寄れたんですが、徳島の H さんのところは時間的に間に合わなくてキャンセルさせていただいたため、今日、徳島に寄ってから、高知に行くことになりました。

行きは乗用車だし、高速を使ったので楽ちんでした。

それはそうと、途中の PA のトイレで見かけた不思議なツバメの巣です。
明らかに人工的で、糞が落ちないようにガードも取り付けてあります。

人工巣 というもののようです。

最近は、ツバメの巣が迷惑というような発想をする変わった人もいるようです。
その理由というのが大抵は糞が落ちる、ということなのですが、この対策はいいですね。

うちの倉庫にも毎年来てくれて、とても幸せな気持ちになるのですが、ただ、お迎えするにあたり、爆撃を受けた際に物が汚れないように都度養生して回らないといけないのと、商品を保管しているので、今の時代、衛生面はより気をつけたいと思っているところだったのです。

今年はすでに子育てが始まっているわけで、今更ですが、来年は、おうちの場所を誘導することができたら、糞に対する対策も容易になりますよね。
とても良いことを知りました。

糞の問題がある時、どのようにそれを解決しようとしたのか、ツバメを追い払おうとするような人もいる中、人工巣というものを考案し、ハンデを持った方の自立の支援のための作業として仕事を作る、そういう人もいるわけです。
同じ問題に対しての、大きな差がありますね。
物事に取り組む際の姿勢としてもとても考えさせられるのがありました。

まあ、そんなこんなで、食事を撮る時間もなかったものですから、今日初めてのごはんを レストラン高知 でいただきました。
ここはゆったりとした敷地で、ちょっと値段はよろしいんですが、味は個人的には値段に見合うものだと思っています。

ここの少し手前に、木の駅ひだか というものがあったようです。
機会があれば、訪問してみたいなと思いました。

愛媛に戻りました

配達を終えて無事に愛媛に戻りました。

昨日は、茅野市スタートです。

まず初めに、I さんのお店 ペロンタ に行きました。

〒391-0213 長野県茅野市豊平7702
 
長野県茅野市豊平7702
チェルトの森 管理事務所内

メニューです。

おすすめのチーズわんバーガー(ダブル)をいただきました。
手作りの味です。
パンも、ログハウスの隣に工房を作って、そこで焼いているそうです。

ゆっくりしたかったんですが、少しだけ近況などを話して、軽井沢に配達に向かいました。
大門街道からそのまま 152 号を走って 18 号(途中県道 80 号)のルートにしました。
初めてのルートなんですが、トレーラだとどうか、ということなどは実際走ってみないと、航空写真やStreet View だと、見落としがあるかもしれないので。
お昼過ぎに無事に引き渡しを完了しました。(が、組み立ての時の作動油代金等をいただくの忘れてしまいました。。。)

次は、十里木に向かいます。
無料の中部横断道路を佐久北から、八千穂高原まで走りました。
佐久南から先は、これまた初めてです。

それで、この時、このルートも初めてだななどと思ったんですが、141 号に小海線の踏切があるじゃないですか、あそこまで走って、あれ、ここ走ったことあるような、という状態になり、野辺山高原に登って、ジョンディア飾ってあるヤンマーの店を見て、がっつりと、ここ来たな、と思い出したわけです。
記憶が曖昧なままなんですが、多分、F さんのところに Airens の薪割り機を納品したとき に通ったような気がします。甲斐大泉駅で待ち合わせをしたので、多分、そうなのかなと思うんですが、調べたら 5 年くらいも前になるようです。
本当に風光明媚なところで、時間があればゆっくりとしたいところなんですが。。。

ペロンタのあと、何も食べてないので、いい加減なんか食べようと思って、道の駅南きよさとに寄ってみました。
が、営業終了。。。
夜、Y さんと合流して、以前食べ損ねた富士宮やきそばを食べようと思っていたので、時間微妙だからどうしようかと思いつつ、ラーメン屋に行きました。

味噌ラーメン専門店 味噌の力 中小河原店

〒400-0854 山梨県甲府市中小河原町634−1
 
山梨県甲府市中小河原町634−1

いつもは塩しか食べないんですが、猛烈に味噌推しの店だったので、素直に従いました。
やめときゃいいのに、ライス「無料」ですけどおつけしますかと聞かれて、に即答 YES です。
大盛り無料ですけど、も危険なセリフですよね。
個人的には好きな味でしたね、拗らせてなくて。

まあ、ラーメン屋の位置でわかると思いますが、その後、358 号を走って、精進湖、本栖湖を抜けて十里木に向かったのでした。

ここは初めてだったんですけどね、上九一色と書いてある郵便局とかがありました。
地下鉄サリン事件 のことを思い出しましたが、1995 年だそうですから、かれこれ四半世紀以上前になるんですね。
当時は商社に勤めていたんですが、営業の人が被害に遭って、会社が騒然としたのが今でも昨日のことのように思い出されます。
今は上九一色村自体は無くなっているようですが、かつては、精進湖、本栖湖、この辺りが上九一色村だったようです。

十里木にはほとんど暗くなる直前に到着して、下ろして説明をして、出発する頃にはすっかり真っ暗になっていました。

その後 Y さんと合流して、念願かなって、富士宮焼きそば 賞味と相成りました。
「どうですか、輪ゴム見たいという人もいます」と聞かれたんですが、言われてみたら、わざわざ富士宮と名乗るからには、何か違う点があるのだろうなと思うんですが、すみません、普通の焼きそばに感じました。

Y さんにお会いするものすごく久しぶりで、こういう時期だから、お店だけ教えてもらって一人で食べるつもりだったんですけど、せっかくとうことで、小一時間、席に座る時も正面にならないようにして、気をつけての談笑となったわけです。

予定では駿河健康ランドに行くつもりだったんですけど、よく考えると、このタイミングで、不特定多数の仮眠室で、寝ている間に誰かがくしゃみでもしてシナウイルスを撒き散らしたら、不潔じゃないの思ったわけで、かといって、ホテルをとって 5,000 円とか払うもの馬鹿馬鹿しいので、そのまま帰ることにしたんです。

潮見坂まで走って、疲れたので休憩したんですけど、この時結構眠くて、どうやら財布を落としてしまったようです。
翌朝、名阪国道を走っている知らない人から電話がかかってきて、「しげまつさんですか?」といわれて何事かと思ったら、財布を拾いましたがどこにいますか、ってことでその方も三重に向かうんですが、ということですが、潮見坂ですから、150km は離れてます。
朝なので、3 時間以上待たないといけないのですが、送ってくださるという話になったので、好意に甘えてそのようにお願いしました。
しかし、財布を落としたのは実に久しぶりですね。
20 代くらいは、しょっちゅう落として、一度も戻ってきたことはなかったんですが。
国大に行っていた時も、財布が 100 均なのをひとまわりほど違う同級生に不思議がられたものですが、落とす前提だったんですよね。
今回は免許やメインのカード類は別のケースに入れてあったので、無事でした。
ちなみに、こういうことの予防のための探知機 TrackR は、電池が切れていたようです。

その後、なんの捻りもなくお昼はこなかです。
いつもと全く同じ、ヒレ 120g。
ただ、今回は、ご飯のおかわりは我慢しましたよ。

その後、香川の S さんを訪問しました。
知り合ったのはちょっと前なんですが、ずっと機会がなくて、訪問できていなかったんです。
今回、ちょっと込み入った話があったので、お邪魔させていただきました。

乾燥機や薪割り作業スペースを見せていただいて、几帳面なんで A 型だなと思ったら、S さんは B 型だそうです。
曰く、自分がすべての作業をやっているわけじゃないから、とのことでした。
まあ、血液型と性格に関しては、相関はない、ってのが科学的な見解のようですけどね。

それで、うちの製造機 WP36 のバーオイルの供給に問題があるという話をしたら、ハッキの供給システムを見せてくれたんですが、おそらくですが、黒く太いホースがパイロット用の高圧ホースで、ここに圧がかかると白いチューブを閉じてある弁が開き、重力でバーオイルが供給される仕組みのように見えます。
ちなみにこのバルブ、痛んだそうで自分で O/H したけど、買ったら 8 万だかいわれた、ということで結構高いもののようです。

この仕組みを使えば、WP36 も今よりは安定してバーオイルを供給できるようになるのではと思います。
バーを倒すためにシリンダを操作しているのですから、その油圧を感知して、リレーのようにバーオイルの弁を開けてやれば、切っている間だけバーオイルを供給することができます。
でも、さすがに 8 万もするものはない感じ。

カブトムシ屋さんも廃業してしまい、チェンソーダストはボイラーの燃料にするだけなので、バイオオイルを使う必要もありません。
オイル供給の手間を考えると、もともと WP36 は、作動油を使う設計ですし、作動油は汚くなる前にバーオイルでどんどん消費して、どんどん足せば、冷却・潤滑性能は云々しないなら、それはそれで合理的かなとも思うわけです。
圧がかかっているわけで、それを押し出すなら、バーの溝にゴミが少々溜まっていても、無理やり供給されるのも利点かなと思います。
でも、そうならば、わざわざこういうリレーのようなバルブを使う必要など微塵もなくて、極論すれば、故意にリークさせるのと同じことですから、シリンダへ行く圧油をチーズで分けて、その先に毎秒一滴とかのレベルに絞れる弁をつけた上で、バーに供給すればいいのではとも思ったりするわけです。
まあ、近いうちに薪製造機はオーバーホールしようと思います。

そんなこんなでなんとか無事に愛媛に到着しました。

それと、PREDATOR 20t ですが、1 台嫁ぎ先が決まりました。
茨城の N さんのところに発送です。
運賃が上がるので、組み立てすることができないので、動作の確認はできません。
万一、到着して動かなかったらごめんなさい。

もう 1 台はうちで組み立て様子を見る予定です。
様子を見た後には売却すると思います。
工業製品なので、待てばまた入荷します。
欲しい方がいらしゃったら、相談してください。
ただ、このモデルは、無保証です。
ヤフオク風にいえば、ノークレーム、ノーリターン。
AS IS, 現状渡しとなります。

長野の T さんに配達した Brave 24t ですが、初の不良品でした。
ログ置き台の金具が変です。
多分、左右の部品を間違えて組み立ててあるんだと思いますが、なんとかワッシャーをスペーサにして組み立てできたようです。
一応、メーカに確認をして、正しい部品を取り寄せようと思います。
でも。。。4 ヶ月くらいかかりそうです。。。