薪製造機のベルトコンベアはチップ積み込みには不向きな件

今日もチップ作業の続きです。
午前中、昨日夕方積んであったチップの配達をしました。
午後から、残っていたチップをふるい、2t ダンプに積み込みました。

やはりコンベアのベルトとフレームの間に細かなチップが回り込んでしまいます。
今回のチップは品質が良く、大きなものが少ない代わりに、粉末状のものが多い気がします。
写真の状態で、大体 2t ダンプに 8 割程度, 5m3 くらいの積み込みで発生したダストです。

積み込みのコンベア自体、こういうチップが挟まらない構造である必要があるのと、高さも足りないので、遅かれ早かれ、コンベアは作る必要がありそうです。
前回、積み込み用のコンベアは予算と発電容量の都合で見送っていたのですが、薪製造機のコンベアを使って積み込むとかなり作業効率が改善したので、優先して対応すべき事項と感じます。

見積もりでは、650mm x 10m で 4m ちょっと持ち上げられるコンベアを作る計画だったようです。
モータは 3.7kW になるようなので、うちの 10kVA の物だと、コンベア 1 台を指導するのがやっとかなと思います。
色々考えると、25kVA くらいの発電機が必要になるのですが、前回、展示会で落札できなかった のです。
今思えば、10kVA の発電機も、修理に 20 万ほどかかったので、もう少し思い切った額で入札していれば落とせたと思うし、残念ですが、まあ済んだことです。

で、定量供給側のコンベアですが、500mm x 8m で作ったのです。
排出側より細いので、工場に何でって聞いたんですが、

In fact, we offer the conveyor for you at the beginning, whether it is feeding conveyor or loading conveyor, both are 650mm width
But due to your power supply problem, we changed the width of the feeding conveyor to 500mm for you. do you remember?

ということだったようです。
供給側は 3kW → 2.2kW に必要な電力を減らしたようです。
なので、排出側も 500mm で間に合うってことになる気はします。
ただまあ、2.2kW のコンベア自体、まだ試していないので、排出速度等がどれくらい必要か、当たり前の話をすると 投入量 ≥ 排出量 となるわけですから、500mm に間に合うとは思うんですが。
可能性としては低いですが、ふるいの速度を向上させる + ダストを取り除くため 3 分別のふるい機本体に更新することがあって、その時に供給コンベアを 650mm 幅とかに更新するとか、あるいは、上部にホッパーを取り付けてそこに直接 SV100 で投入する設計にして、排出が多くなる可能性はあるので、650mm で作った方がいいような気はしないでもないんですよね。
実際のところ、650mm x 8m, 3kW だと $2,000 程で、500m x 8m, 2.2kW だと $1,800 なので、1 割ほどの差です。
ベルトの幅は 1.3 倍、モータは 1.36 倍の能力になるわけですから。

まあ、新しいコンベアについては、どれだけ早く見積もっても 3 ヶ月以上はかかるので、差し当たっては、茹蛸コンベアから薪製造機のコンベアに落とす際に、多少なりとも粉末を取り除いたらどうかと思います。

それで、昔、スクリューコンベアの先でチップが詰まることがある対策用に 小さな振動モータを買ってあった のを思い出したので、これを取り付けた滑り台的なふるいで多少なりとも取り除いたらどうかと思うので、試作してみようと思います。
ただ、能力的には 90W なので、処理能力がかなり微妙なところですね。
コードの状態なので、プラグを買ってくるところから始めないとですが。

それと、NCα のホースの油漏れの修理をしました。
結局のところ、G ネジの部分から漏れるのが止まらないので、販売サイトで質問したところ、R ネジをシールを巻いて接続すると良いという回答だったので、一昨日変換金具を買ってきてあったものを取り付けました。
結論から言うと、それで問題なく止まっているように思えます。
ただ、今度はカプラ側から漏れるんですね。
どうやらカプラにゴミをかんだかで傷んでいるようで、カプラの交換が必要そうです。
予備のカプラはあるのですが、さすがに持って行ってなかったので、交換して確認したいと思います。

あと、台車の件です。
後ろ周りが 1,850mm なので、茨城側で牽引できるか確認してもらっています。
一番カプラが後ろのヘッドでクリアランスを見てくれて、写真が届きました。
東急の 20ft の台車も 1,850mm くらいですね。
いけそうです。
そもそも、まな板(後ろ周り 1,840mm)自体、人組さんに引っ張ってもらったわけだし。
あとは、連結検討書を作るのが面倒くさいけど、雨の日とかに少しづつ頑張らないとです。

お昼は、マテラの森のランチ, 750 円です。
今日は生姜焼きでした。

夕方、少し早く切り上げることができたので、出荷だけして、高島屋にお出かけしました。
高島屋といえば、四川飯店ですよ。

お城が見えるカウンターで、毎度毎度の麻婆豆腐(ハーフ)です。
金曜ということもあって、ビアガーデンはやっているし、周りも団体で盛り上がっていたので、おもわず、杏露酒とビールを頼んでしまいました。
今回、なんか酸っぱいものが食べたくて、サンラータンメン(ハーフ)も頼んでみたんですが、いつものメニューのチャーハンと唐揚げに追加して、お腹がいっぱいになりすぎて、スープを残してしまいました。
何と、勿体無い。。。
随分と久しぶりでしたが、相変わらず、美味しく大満足です。
陳さん、ありがとう。

行方不明だった授与品を発掘しました

4 月に届いているということになっているもののずっと行方不明で探していた授与品ですが、プレハブの奉納倉庫に納品されているのを発見しました。
ずっとお宮かなと思ってあちこち探していたんですが、なんせ 2 ヶ月も前なので、防犯カメラの画像が確認できず、最悪、保険で対応してもらおうかと持っていた矢先でした。

明日より、授与いたします。

乾燥ですが、チップの品質が良いので、非常に順調です。

とりあえず、追加で 1 台運びました。
多分、これで仕上がるとは思うんですが。

帰りになんかカレーが食べたくなって、アイビーハウスにするか、クラブハウスにするか悩んだんですが、クラブハウスにしました。
ステーキカレー+ゴールデン+大盛り、です。
クラブハウスもアイビーハウスも海沿いの雰囲気のいいお店です。
松山(北条)にお越しの際は、ぜひ、寄ってみてください。

それはそうと、かなり良さげな 20ft のシャーシを見つけてしまいました。

H4 年式ということは、年式的に ABS がありません。
ABS ね。。。壊れるんですよ。
当然、ない ABS は壊れることがありません。

それと、ポイントは 1 軸です。
積載は 15t なので、維持費としては重量税は非課税なので、自賠責が 5,000 円程度と自動車税になるんですが、1t あたり 4,000 円程度なので、概ね 65,000 円/年、といったところです。
任意保険(車両保険)については、一括でかけてあるので、増額はありませんし。
ドレーを依頼すると、一回あたり 3 万円弱かかりますので、年に 2 回ほどでほぼ元が取れる計算です。

積載に関しては、20ft の空バンの重さは 2t ちょっとで 3t はないので、実質 12t は取れていることになります。
メッシュパレットは 8,151kg、製造機は 6,720kg、振動ふるい(+コンベア)は2,160kg でしたから、足りないということはほぼない感じです。
自分の荷物だから、事前に重量はわかるし、調整もできますし。

1 軸の場合、ヘッドの 2 軸と合わせて 3 軸になるので、高速料金が大型になります。
当然、タイヤが少ないので、抵抗も少なく、燃費も良いはず。
また、真横に折っても、タイヤを横に押すことはない(軸の中心でスピンターンする)から、タイヤも減りません。

あとはチップ輸送用に山に転がっている 20ft コンテナを加工してやれば、2t 程なら、簡単に積み下ろしはできるので、普段はチップの保管・輸送に使えば良いかなと思うのです。
内容積的には、33.2m3 のようで、比重的には 0.3 くらいなので、チップを満載してもせいぜい 10t 程度で、これまた積載十分ですね。

タイヤの山はまだあるようだし、ただ、サイドバンパーが傷んでいて、そのままだと車検は無理そうです。
他にも修理する必要がある箇所はあると思いますけど、リレーバルブも RE6 なら、互換品なんか 1 万円ちょっとでありますし。

問題は、場所が茨城ってこと。。。
片道 1,000km ほどありますので、下道だと 2 日かかります。
5km/L(往路 6km/L, 復路 4km/L)として 400L 程燃料を使うので、60,000 円、高速代は海峡部分はどうしても乗る必要があるので 10,000 円程度はかかる感じでしょうか。
ここまでで 7 万。
実際には、食費もかかるし、燃料費と同等程度の車両の経費もかかります。
人件費を無視しても 15 万くらいかかる計算でしょうかね。

7m ほどのシャーシなので、フェリーで東京から徳島まで輸送してもらうのが良さそうです。
東京・徳島は、53,900 円のようです。
フェリーまで牽引してもらう費用を調べたいと思いますが、確実に安そうです。
久しぶりに茨城にも行ってみたいところではあるんですけどね。

チップ作り再開

朝イチ電話があってチップを配達してもらえることになり、今日はチップ作りです。

一気に作ろう、ということでメッシュパレットに落とし込んで保管することにしました。
地面からは浮いているので、雨が降ってもほとんど濡れないかなと思います。

最初は、メッシュパレットの底にフレコンバッグを敷いて漏れないようにしていたんですが、直接入れても大して漏れない感じです。
これでチップの保管時のスペース効率は改善するわけですが、問題はどうやって積み込むかです。

SV100 で積み込んだらと思って、バケットに取り付けるタイプのフォークを買っておきました、アメリカで。
これで持ち上げて、外れないようにガッチャでもくくりつけて反転させれば、楽に積み込めるんじゃないかという思いつきです。
というわけで、届くのは多分 8 月とか、9 月とかになるんでしょうが、そのうちに試してみたいと思います。

20 カゴほど作ることができました。
それで出た大きすぎるものが写真の量です。
今回は品質が良いです。

チップが届いたので、乾燥もスタートです。
未実装の heat recovery system がなぜか ON になってエラーになっていました。
とりあえず OFF にして、エラーを解消しました。
昼間、火室の圧力の問題があったようなんですが、センサの問題か、これに関して入った時にはもう解決していたので、多分そうなんだろうとは思うんですが、起動前の手続きに圧力センサの調整を明示しておく必要がありそうです。

灰を入れるドラム缶の空きがないということで、配達しておきました。
明日の朝、掃除をする時に困りますから。

遅くなったので、真中に寄って帰りました。
ラーメンが食べたかったんですが、千秋も豚太郎も定休日だったのです。
わざわざに高速を使って三津まで回りました。

雨が降るまでにチップは片付けるように頑張ります。

キャンプ用 ダンボール入りの薪

キャンプ用にダンボールに入った少量の薪の注文をいただいたので、試作してみました。

箱はとりあえず、ダンボールワンさんの既製品の B4-80 です。
ダンボールですが、1 枚 100 円(税別)くらいします。

大体 5.5kg 入りました。
うちの業販の値段は 52 円/kg(税別)です。
なので、286 円(税別)が薪代です。

箱詰め費用も 100 円(税別)として、合計で、486 円(税別)といったところでしょうか。
仕切りが 6 掛けとすると、上代は 810 円(税込 891 円)になりますね。

LOGOS さんの薪は、こんな箱で 2,000 円(税込)ほどしているようです。
流石に高すぎでしょう。。。


【ロゴ印刷・フルカラー・3面】宅配80サイズ ダンボール箱(B4サイズ)

ダンボールですが、印刷しても 200 枚くらい作ると 108 円(税別)でできるようです。

こんな感じで販売用の什器用も作りたいところです。

おいおいデザインやなんかをして、フライヤーも必要だろうし、梅雨明けくらいに間に合うように進めたいと思います。

ちょっと遅めのお昼は、えい吉です。
前から気にはなっていたんですが、初訪問です。
鳥唐ランチ 850 円にしました。
ライスもついて、とってもボリューミーで、大満足の内容です。
味も、変に拗らせてないから、万人受けすると思います。
リピ確定のお店です。

帰りに西村ジョイに寄りました。
お目当ては、サイドバンパー修理用の鋼管です。
電線用を物色しました。
これで十分かも。
ただ、曲げ加工は、加工品を買ったほうが楽で綺麗かなとも思いました。

種類 外径(mm) 厚み
ねじなし電線管 / E 管(E25) 25.4 1.2
薄鋼電線管 / C 管 (C25) 25.4 1.6
厚鋼電線管 / G 管 (G22) 26.5 2.3
白ガス管(20A) 27.2 2.8

現状は、STKM, 外径D (Φmm) 27.2, 肉厚 t (mm) 2.3 を使っているので、E25 だと、直径で 1.8mm ほど細く、厚みも半分ということになります。
G22 があれば、そのほうが無難かなとも思うんですが、特に強度等について指摘されたことはないので、E25 を試してみららと思います。

ベルトコンベアの組み立て計画

今日は神社の祭日でした。
いつもならお参りが少ない月末ですが、日曜日ということもあり、ボチボチお参りいただきました。

それで、表題の件です。
チップの生産もそれなりにうまく行きそうな感じなのですが、安定してふるい作業を行うためには、ふるい機に少しづつ一定の量を投入する必要があります。
そのためのホッパーとコンベアも作ってもらっているんですが。。。
まあ、図面の通りのものなんです。
レイアウトとかもまだ煮詰まっていないのですが、基本的に水平な地面に固定するように作られているのです。
なもんで、設置すると後から気に入らなくても移動できない、ただ、使ってみないとどういうレイアウトが良いのかわからない、ニワトリとタマゴみたいな話です。

元々もらっていた図面には寸法が入ってなかったので、寸法を入れてもらったんですが。。。
6m 以上ありますね。
鋼材って定尺が基本 6m だと思うのですが、6m だと足りないなぁ。
それほどの重量はないと思うので、細いものを使ってトラスで作り直すとか、ついでにタイヤと牽引のヒッチもつけてしまう方がいいのかな。。。

ベルトコンベアの重量だけで 700kg ちょっとあるようなので、薪割り機用に持っているスピンドルは使えないので、ここはトレーラ用のアクスルを使うのが良さげ。
アルミトレーラー、組み立てて置いてあるんだけど、分解して車軸だけ使い回そうかと思います。

あとの課題は異物除去ですね。

石の除去は傾斜のきついベルトコンベアで石は破砕される時に丸くなり転がって登らないので簡単に分別できるのですが、問題は非磁性金属です。
アルミだとかが若干混ざってしまいます。

コンベアの上部ローラーをこのローラーに変えることで、アルミ等を除去できるようです。
ただ、アルミや銅の混入は極めて僅かで、過去、これらの混入によるボイラーの停止は数えるほどしかないので、コストによっては混入を許容してもいいんじゃないかと思います。

その上で、これまたごく少量のビニール等の混入があります。
これらは異臭等の原因にもなるし、現状は目視で除去しているんですが、チップに比べてとても軽いので、風力選別をしたらどうかと思いました。
風力選別をすれば、当然、比重の大きな石やアルミなども同時に除去できます。

風力選別機といえば 唐箕

普通は送風するんだけど、ゴミを吸い取るタイプがありました。

これは軽いものだけしか除去できませんね。
小石なんかが入っていたら、そのまま下に落ちるでしょう。
上から吸うのではなくて、横から吸って、重たいものは手前に落として除去する、普通の唐箕の構造でないと、この選別機では不十分かなと思います。
ただ、石に関してはコンベア部分で分離でき、非磁性金属に関しては諦めるのなら、この方式だと埃が出にくいのでありかもしれません。

ダンボール入りの薪

ゴールデンウイークも終わって今日から乾燥作業です。

まずはチップを作って、とりあえずできた分だけ園に運びました。
が、クロスフィーダが壊れて修理していました。
壊れた場所というのがシリンダの固定部で、ここ、薪割り機と同じで 1 インチのピンで止まっているんですが、そのピンを止めている抜け止めのピン, cottor pin ですが、これがチップに埋もれて破断して、ピン自体が行方不明になってしまったようです。
まあ、薪割り機の修理用に予備があるんでいいんですが、前回も壊れてもう予備がないので、この部分は設計がよろしくないので、対策を考える必要がありそうです。
そんなこんなで点火はできませんでした。

それはそうと、ダンボール入りの薪を店頭で販売する話をいただきました。
とりあえず、ホームセンターの様子を見に、松前の DCM に寄ったんですが、置いてなかったんです。
重信の DCM はキャンプ用品のコーナーが充実しているので、帰りに見てきました。

ざっと見ると、700 — 1,000 円くらいの価格帯ですね。

うちの場合、業務用卸は 52 円/kg(税抜)で、これに箱詰めしたりの加工費や、箱そのもののコストが追加になる感じです。
問題は 33cm の中割しかないことなんですが。。。

表示は 5kg で、中身は 6kg 詰めるとすると、薪そのものの値段が 52 x 6 = 312 円(税込 343.2 円)です。
これにダンボールですが、ダンボールワンの DA004 を使うとして、1 枚 77.5 円(税込 85.3円)と、念の為に内側にビニール袋を入れるとして、100 円くらいはみておいた方がいいかなと思うところです。
48 ケース作るとしても、箱詰めの作業, 納品作業自体も @100 円くらいはかかると思うので、500 円(税込 550 円)くらいになるんじゃないかと思います。
仕切りが 6 掛けと仮定すると、833 円(税込 916 円)といったところかなと思います。
箱に印刷をするとなると、その分高くつきますが、どれほど出るかもわからないし、ダンボール自体長く置くことができないので、たくさん出るようになってから考えればいいいじゃないかと思います。

束(タガ)のものが 758 円(税込 833 円)なので、完全にダンボール代が足を引っ張っている感じかなと思います。
ただ、本当に万一ですが、熱処理後にも虫がつかないとも限らないし、木屑が落ちたりという問題もないわけではないので、難しいところです。

店頭ではこんな感じでブースを作っていただけるそうで、パンフレットなんかも欲しいような口調でした。
全然そんな時間の余裕がないんだけど。。。

そういえば、薪巻きくんの新型作成の話、すっかり忘れてしまってました。

それで薪巻きくんで困っていることが 2 つあるんです。

一つがフィルの問題です。
薪を 33cm で作っているんですが、250mm 幅のフィルムがないんですよね。
サイレージフィルムだとあったんですが。。。
500mm を半分に切ればいいかと思ったんですが、電動のこで切ると熱でくっついてしまってダメだし、人力でゆっくりやっても切断面がざらざらになるのでダメ。
それにそんな手間をかけられません。
Amazon.com をみてみると、12″ のものは売られているので、最悪輸入すれば済むかなというところです。

このなかで、ストレッチフィルムの話をしているんですが、90 GAUGE CAST といってます。
GAUGE は厚みの話だけど、CAST ってなんだろう。。。

Gauge Mil Micron Millimeter Inch
90 .90 23 .0228 .0009

もう一つがストレッチフィルムは一定のテンションをかけないといけないんだけど、その方法です。
今は、摩擦力を生じるプレートをネジで締め付ける強さで調整するというアナログすぎる方式なんだけど、軸自体に一定の抵抗を生じさせる、リターダーのように流体や磁力により安定した張り調整ができないものかと思っています。

モノ自体は完成しているので、あとはアングル棚の材料をボルトで組み立てている状態をちゃんと溶接して作るとかなんですけど。
これもおいおいやっていこうと思います。