一般的な階段作り

今日は午後から春祭り・祈年祭でした。

祈年祭は「きねんさい」と読みます。
米のことを「奥御年(おきつみとし・おくつみとし)」ともいうんですが、米を始めて、五穀豊穣、ひいては工業・商業など、あらゆる産業の振興を祈念するお祭りです。

松山はチャイニーズウイルスが蔓延して大変な状態ですので、直会もなく、少し話をして解散となりました。
それで少し話をした内容についてです。

K さんが先日松山に来られた際に一緒に S さんが来られたんですが、この方、林道をつけたりの森林整備のスペシャリストということで、これからの薪屋さんの事業計画について、アドバイスをいただいていたんです。
その際に 30 丁程、スギやヒノキの針葉樹の山を集めて、計画を立てて、認定林業事業体になりましょうという話があったんです。

それで、もう少し低地のお祭りでも話をしたんですが、そちらはそれほどの面積の山がないよということだったんですが、流石に五明まで上がると、多分あるということで、総代さんの山もかなりあるようで、森林組合の担当の方を聞いたので、月内くらいに一度相談に行ってこようと思います。

こういう言い方は不適切かもしれませんけど、現状、うちはビタ一文補助金を受けていないのですが、補助金を受けている他の事業者さんと、公平・平等に価格競争をすることができません。
林業機械を次々に導入している会社とかあるんですが、どう考えても、木材の値段から逆算すると、機械を購入できるわけなどないし、うちと違い輸入して安く済ます、というノウハウもないでしょうから、お金の出どころといったら、宮崎県なら盗伐かもしれませんが、補助金くらいしかないと思うんです。
県庁の資料で見たら、やはり認定林業事業体に名を連ねていました。

まあ、スギやヒノキは薪にはならない気もしないでもないんですが、チップの生産も始めたいし、帰りに別の総代さんのところに行って、薪やチップの材料になる原木の中間土場の候補地を探してほしいとお願いしました。
でもまあ、買わないとダメかもと言っていたんですが、土砂崩れとかの際の責任の問題もあるし、そうなるとなかなか難しい感じです。

愛媛県の場合、愛媛県土砂等の埋立て等による土壌の汚染及び災害の発生の防止に関する条例 というのがありまして、3,000m2 を超えて山林を造成することが規制されているます。

その次のハードルとして、工場立地法 というのがあって、工場の面積が 3,000m2, 敷地が 9,000m2 を超えると引っかかるのです。

それ以前に、山の真砂土を採掘してつつ谷に残土を埋め立てしても、それだけの面積を平らにするのには、かなりの時間を要するので、早くかからないと生きているうちには工場ができないわけで、もちろんお金を払えば早くできるんでしょうが、お金をもらって(少なくともタダでは)、工場用地にしないと、薪ビジネスは単価が安すぎて成立しません。

千里の道も一歩からというので、まあ、風呂敷を広げるのは大概にして、少しづつ前に進んでいければと思うところです。

それはそうと、階段の作り方を調べています。
そうしたら、とても為になる(と思う)チャンネルを発見して、楽しくてずっと見ています。

スライド丸鋸で、厚めの板を挽くときに、ちょっと変わった刃の入れ方をしているんで気になっていたんですが、ちゃんと理由があって、普通にやるとキックバックが起こることがあるけど、それを防止するためだとか、素人にもわかりやすく説明してくれていて、ありがたいです。

ビスの打ち方にしても、楽に木口が割れないようにするコツだとか、本実の板の止め方で、逆に止める場合、実にボンドを塗っておくとか、こういうのって、知っているのと知らないのとでは大違いですよね。

桁にしても、節を如何に隠すかとか、自分だったら全く気にしないで適当にやると思うし、色を見たりして順番を決めたり、プロにはプロの細かな気配りがあるのだと感心しきりでした。

丸太小屋のキッチンですが、19 日に納入となりました。
II 型キッチンになったんですが、シンク側には食器洗い機が着くので、その電源が必要です。
コンロ側はレンジフードがあるのでその電源と、電子レンジだとか炊飯器だとか、そういう機器類のコンセントも増設しておいたらと思います。
でも、10 年も前のことですっかり回路がどうなっているのか忘れてしまいました。
食器洗い機は 200V なんでしょうかね。
その辺もよく見てみないといけないかなと思います。

明日は、Y くんが手伝いに来てくれる日ではあるんですが、ここ 2 週間くらい、休みらしい休みが全くないので、5 号が可哀想なので、休みにします。自分は仕事をしたいんですが、もう年で、夕方仕事が終わると、気絶するように昼寝(?)といいうか、2, 3 時間寝てしまうので、疲れているんだろうとも思うんです。
もともと頑張らないタイプなので、あまり根をつめると、作業の効率が落ちてしまうのです。

午前中、雑貨の梱包をしていた時に検疫所から書類が戻ってきているので、輸入申告の書類は揃ったので、明日は運賃計算書を作ったり、通関のようの補助的な資料(HS CODE やアイテムの画像などを含めて、HS CODE の根拠となる材質や使用目的を記したもの)をまとめるくらいはしておきたいと思います。

HS CODE って、って方は、以下の動画をご覧ください。

実際には、税関に分厚い電話帳みたいなものがあって、そこで調べるのですが、ネットでも調べることができます。
オンラインなので、新しい情報検索することができ、便利です。

ここまで書いておいてこういうのもアレですが、個人輸入をしようと思っている方がいらっしゃったら、忠告しておきますが、こういう細かな書類はアイテムが 1 点だけでも、コンテナ満載 1 万点あっても、基本的に同じ程度の手間がかかります。
どう分類されるのか(どの HS CODE で申告するのか)ということには、商品に対する知識と、分類(通関)に関する知識と、双方が必要になり、わからない場合、税関に事前に教示してもらう等して、申告することになります。

通関を依頼すると、10,000 円+税の扱い料と、11,800 円〜(大額の場合, 非課税)の料金が発生するんですが、これは 30 万円分の商品であっても、3,000 万円分の商品であっても、同じなんですよね。

だから、自分のように、輸入を今後もずっと継続して行う、という意思がない場合は、個人輸入は代行を依頼したほうがいいと思います。

うちでも商品はかなり限られますが、代行を行なっているので、薪ストーブや薪割り機等なら、一度ご相談ください。
多分、個人で苦労して運ぶよりも、トータルで安くなると思います。

春祭りの案内状作りの内職

今日は春祭りの案内状作りの内職でした。

折り機ですが、MonotaRO のコピー用紙とすこぶる相性が良いです。
MonotaRO の用紙だと全く詰まりません。
これからは、MonotaRO の用紙にしようと思います。

それで、朝 A/N が届いていて、今回は伊予商運さんに入るということだったので、搬入のタイミングについて電話で確認したら、午後になるだろうということでした。
14 時過ぎに連絡があって、内容点検は 15 時から可能ということで、点検に出向きました。
夕方、急いで帰って、検疫所に書類を郵送しておいたんですが、早めに戻してもらえるとありがたいなぁというところです。
明日、金曜日中に処理されれば、土日の間に戻ってくると思うので、月曜日にも通関を切れると思います。

それで、Brave(ブレイブ)の 13t ですが、びっくりするほど箱が小さかったです。
まあ、考えてみれば、20t よりもコンパクトなメインフレームの部分だけですから。
K さんから 20t のフレームも頼まれているのをすっかり忘れかけていたので、忘れないうちに部品と発注をしておかないとですが、パーツで頼むのが安いのか、この際だから、20t のトラクター用を買って、バラした方が安いのか、その辺も吟味しないとです。

夕方、あまりに道路が汚いので、掃除のついで石垣も洗っておきました。
たまに洗うと綺麗です。
ただ、泥が跳ねて、洗っている本人は汚れてしまいましたが。

明日は封筒詰をして、発送したいと思います。

Gorilla-Lift

先にナンバーつけてからにしたらと言われそうですが。。。
面白いものを見つけてしまいました。

まあ、みたままの商品で、Gorilla-Lift です。
値段は、$160 ほどで、配送料無料。
かなり食指が動くアイテムですね。

アルミトレーラは相変わらず、進展なし。
そうこうしているうちに春祭りシーズンに突入してしまいました。

それと、頼まれている鉄のトレーラの方ですが、未だ音沙汰なし。

本船ですが、HMM PROMISE で、調べてみると既に南シナ海にいます。
そうすると、近いうちに松山に入港すると思うんですが、今週中か、遅くとも来週くらいでしょうか。
A/N が届かないので何とも言えませんが。
一応の予定は、

US SEA
SEATTLE
ATD: 2021-03-15 04:41 LT (UTC -7)

KR PUS
BUSAN
ETA: 2021-03-27 01:00 LT (UTC +9)

でした。

品切れしているトング類も届く予定ですし、これもいつオーダーを入れたのか忘れるくらい前なんですが。。。

あとは、13t のデュアルタイプが 2 台入ります。
これで多少は小割りが効率化されればと思うんですが。
モノがきたらになるんですが、作動油タンクを作らないといけません。
そういえば、頼まれているドリーも作らないとだし。。。

あと、前はついていたと思うんですが、油圧ポンプにキーがついてなかったんです。

Shaft 1/2″ dia. x 1-1/2″ long keyed

という具合で、キーについて書いてないんです。
キーですが、おそらく 1/8″ だと思うんですが。
あと、ポンプを固定するボルトのサイズ等もわからないので調べて、無ければ取り寄せないといけません。

GX200 も在庫がなくなっていまいました。
エンジンの方もキーがついてなかったんだけど、こっちのキーは大量に買って持っているので問題ありません。
ただ、エンジンにポンプをマウントするブラケットを固定するボルトの在庫がありません。
まあ、MonotaRO で売っているんですが、ものすごくいい価格なんですよね。

でも、今買って、届くのは 8 月頃になりそうです。

ベルトコンベアを落札しました

今日は兼務神社の春祭り、祈念祭でした。

本来であれば、餅まきなどの行事があって、賑やかなんですが、役員さんだけです。
まあ、仕方ありません。

直会では東京オリンピックの話になって、前回の東京オリンピックの話が出たりして盛り上がりました。
そろそろ聖火リレーだったりするわけですが、大会自体、いったいどうなるのか、とても気になります。
次のオリンピックまでは生きてないと思うのですよ。
まあ、なるようになるし、なるようにしかならないんだろうと思います。

エンジン式の普通(?)のベルトコンベアを落札しました。
乾燥機の燃料のチップを作る作業が結構負担になっているので、多少なりとも省力化しようと思う訳です。

このタイプは、おそらく薪には使えないか、使えても、かなり角度が緩くないと持ち上がっていかないと思います。
チップも、あまりたくさんだと、横からこぼれ落ちるかもしれません。

値段的には、そこそこですが、問題は運賃で、運んでもらうと本体よりもはるかに高額になります。
K さんに引き取りをお願いしたので、次回配達の際に引き上げてこようと思います。

Proportional flow diver

少し前に複数のシリンダを協調して動作させるためには proportional flow diver というバルブを使うと良いようだ と書きました。

それで、気になったことがあったので調べてみました。
気になったことというのは、proportional flow divider は、逆流させることができるのか、という点です。

結論から書けば、ギアタイプの flow divider の場合、正逆どちらでも動作するようです。
まあ、詳しいことは動画を見ろ、で終わってしますが。

出典 森砂利店

ウォーキングフロアを自作する場合ですが、前に書いた 通り、荷下ろしの際には #1, #2, #3 と 3 つのグループの床板を駆動するシリンダに同量の作動油を送らねばなりません。
と同時に、グループの床板を 1 本だけのシリンダで真っ直ぐ押すことは難しいと思われるので、左右から 2 本のシリンダで均等に押す必要があると思うのです。

写真のようなユンボのブームシリンダですが、左右に二本あり、当たり前ですが伸ばす時(ブームを上げる時)も縮む時(ブームを下げる時)も、2 本はシンクロして動作しないといけませんよね。
だから、やりようというのはあるんだろうと思っていたんですが、こういうところには、gear type を使えばいいということになりそうです。

メインの 3 つの回路に均等に送るというところですが、伸ばす時はそうなんですが、縮める時は #1, #2, #3 と順次動作になるわけです。

前に貼った 回路図ですが、シーケンス弁自体、一方通行のようで、チェックバルブが仕込まれていますね。
逆流時には、チェックバルブ側を通って油が戻るようになっています。

以上から、3 つのグループに油を分けて送る部分に使う flow divider に関しては、あくまでも現時点での考察としては、

  • 3 つに均等に分けるように努力してくれる程度で良い
  • 一方通行で良い

ということになります。
ということは spool type で良い、ということかなと思うんですが。。。

頭が悪いので、spool type の動作原理の説明動画を見ても、いまいちわからないのですよ。

この方式だと、Inlet があって、center cavity があって、そこを左右に自由に摺動できる spool があるわけですよね。
だとすると、物理的に outlet は 2 ports ということになるので、3 ports のものがあるのか、というのがわからないことの 1 点目。

次に、イレギュラーなケースでの動作がどうなるのか、という点です。

3 つだとややこしいので左右の 2 つで考えるとして、右ポート(動画だと port #2)の圧力が上昇すると、spool は押されて左にずれることになり、結果補償される的な説明をしているんですが、これがどの程度正確なのか、また、例えば port #2 が何らかの理由でシリンダが伸びきった際に、port #1 に行く油がどうなるのか、ということなんかはわからずじまいなんですよね。

動画の説明を、文章に落としてみました。
補償の詳しいロジックなどは言ってないと思うんですが。

This is a spool type proportional flow divider.
These flow divider consist of a housing, a spool, and 2 end caps.
The housing has 3 ports, 1 inlet port and 2 outlet ports.
A narrow passage connects the center cavity, and each of the outlet ports.
Inside the housing is a sliding spool with cross drilled hole in the center and through the entire length of the spool.
The spool is available to move freely in the housing.
Flow from the inlet, enters the center of the spool through the center drilled hole, the flow divides and flows to both ends of the spool.
Flows out both end of the spool, around the end of spool, and the narrow passages to the outlet ports.
If pressure outlet #2 increases, the spool will shift to the left.
The spool moves slightly in response to difference in pressure between the 2 outlets, resulting in pressure compensation for both outlet ports.
This is accompanied by the opening to outlet #1 partially closed while opening outlet #2 is opened slightly more.
The flow both outlets remains constant if pressure outlet #1 increases, the spool will shift slightly to the right, opening the passage to port #1 and slightly closing the opening outlet port #2.

gear type の場合は、完全にシンクロするしかないので、例えば、最初に右のシリンダが先に伸びきってしまったら、左のシリンダに送る油も止まってしまうはずです。
なぜなら右に送るギアが回らないから、左に送るギアが回らないので、左にまだ送れるとしても、送れません。
滅多に問題になるとは思いませんけど、最初にインストールする時、手順を考えておかないといけませんね。

spool type はそこまで厳密ではないと思うんですが、今回のように左右 2 本のシリンダを完全にシンクロさせて動作させたいという向きには適さないと思います。
それと、どう考えても原理的に 3 つに一つのバルブで分割することはできないように思います。
一つのボディに 3 つのスプールを内包するものを作れば、そういうこともできるとは思いますけど、それなら 2 分割を 3 つ使えばいいだけですよね。

押し出し側については、完全にシンクロするのが理想ではあるんですが、たまにシンクロしなくても荷物を下ろすスピードが落ちるだけで、うちの荷物の性質からして、フロアを動かして積み込みをすることはないので、wedge floor のように、床自体に爪をつけて対処することもできます。
特に無理してシンクロさせることもなく、単に 3 つに分割するだけでもいいんじゃないか、それで問題があれば、3 分割タイプの flow divider を噛ませてやればそれで済む程度の問題ではないかと思ったりもします。

それで現時点で分かった必要な部品を考えてみました。

  • シリンダ x 6
  • 2 分割 proportional flow divider (gear type) x 3
  • 3 分割 proportional flow x 1 (適当なものがあれば)
  • sequence valve x 2
  • check valve x 2
  • reciprocating valve

とまあ、こんなところでしょうか。

とりあえずは、flow divider がどうやって分割しているのか、priority は今回は必要ないので無視しましたが、およその仕組みは分かった気がしたので、一番肝心の reciprocating valve の方を探していこうと思います。

あとは Keith という会社のようですが、ここのパーツリストのようなものを見かけたので、どれくらいの容量のシリンダを使っているのか等、前例があるわけですから、それを踏襲すれば、能力が足りなくて荷物が下ろせない、というような間抜けなことは起こりづらいかと思うわけです。
そこら辺もおいおい確認していこうと思います。

でも、中古が出たら、それを買うのが一番合理的な気はするんですが、まあ、こうやって調べ物をするのも、知恵がついて良い気がしています。

配達完了

無事に荷下ろししました。
今回は、メッシュパレットのままで、配達時にひっくり返して、パレット自体は回収しました。

帰りはこなかと思っていたんですが。。。
ほんの少し間に合いませんでした。

それはそうと、ウォーキングフロアの件です。

新明和だと スライドデッキ というようです。

仕組みは全く同じです。

値段も書いてありました。

6,313千円(標準仕様)

これは、GVW25t 車、要するに普通のトラックに架装した場合です。
多分、箱のサイズは 9m くらいじゃないかと思うんですが、12m の海コンの箱に仕立てた場合、長さで単純計算すると 840 万くらいになりますね。
シェイクが定価で 1,500 万ってことからすると半額です。

今回ですが、推定で 12t くらいの積載だったと思います。
ウォーキングフロアのコンテナがあれば、積み下ろしにかかる時間を大幅に短縮できるわけですが、1 人/日節約できるとしても、愛媛県は人件費は 12,000 円程度で、経費を同額見ても 24,000 円の節約です。
積載効率アップも合わせて考えて、一度に 5 万円節約できるとしても、840 万だと 168 回、回収にかかります。
月に 2 回の配達だと、7 年かかることになりますね。
投資した資金を回収するだけでそれだけかかるので、もっと配達の頻度が増えないとですが、生産が追いつきません。

なかなか難しいです。