次回の米国からの貨物はたった 3 パレットな件

昨日、カナダ便の連絡と合わせて、米国便の連絡もありました。

本船ブッキング情報を下記の通りご案内申し上げます。

VSL: BAY BRIDGE V. 127W
ETD LAX: FEB. 11
ETA KOBE: FEB. 26
3 PALLETS

こっちは基本的に、予定がそれほど狂わないので、今月中には入港すると思うのです。

問題はたった 3 パレットしか荷物がないってこと。

それに、珍妙なパレタイズをしてくれたもんだと。
検査になって、ピカっとやって、やっぱり物見せろと言われたら、これをバラすのかと思うと、どっと脂汗が出そうな雰囲気です。
バラすのはいいけど、4t だと、どうやって平積するの、ということになるわけで、まあ、その時はその時で、ヤマト運輸で送ってしまえばいいんでしょうけど、それでかかる送料と、トレーラで増える経費とを天秤にかけると、かなり微妙なラインです。

あと、やたら背が高いのは、そのままだと、おそらくひっくり返る予感。

怖いのは、軽いものってないはずなのに、なんであんなに高く、何が積めたのか、ということです。
パレットも、倉庫が使っているスキッドではなく、木パレットに乗っていますが、背の低いやつは、ボブキャットの用のグラップルで、それ以外は、ボブキャット用のパレットフォークのパレットを流用して、バラで届いた貨物を積み付けたものと思うのです。

ドラム缶ストーブキットとか、もともとパレットで入庫するように指示していたのに、バラ貨物にしたもんだし、一つ 12kg くらいあるのでとんでもない数になったわけで、倉庫側から、パレットにまとめていいか、と聞かれて OK はしたんですが、こんなことになるとは思ってもみませんでした。
貨物が破損する可能性が極めて高いので、保険をかけておいたほうが良さそうです。

まあ、そんなこんなで、カナダ便のタイミングにも依るんですが、やはり神戸にはコンテナで行くとして、その時には薪の納品に行って、帰りに荷物を引き上げて帰り、その後、検品等をして、千葉にカナダ分と合わせて納品に行き、この時にはコンテナを 2 基回収して帰りたいと思います。
本当は、メッシュパレットの空いたものの回収もしたいんですが、ユニックをリースしないと回収できないしので、費用も時間もかかりすぎるので、この辺のことは相談して考えたいと思います。

神戸、また、千葉との往還の際に、薪ストーブや薪割り機をおまかせ便での配達も可能です。
おまかせ便は、重松が上京するタイミングに合わせて、「ついで」に荷物を無料、もしくは低価格でお届けするサービスです。

過去、ユニック車だったのですが、今は輸送量増大のために大型トレーラで走行していますので、ご自宅の目の前までお届け、ということができなくなりました。トレーラが停車できる、広い駐車場や SA, PA などで待ち合わせての受け渡しとなります。
その待ち合わせ場所の一覧です。

おまかせ便の場合、配達の日付も時間も一切指定できません。
時間は、極論すれば、午前 3 時のこともありえます。
また、道路事情により、打ち合わせの時間に到着できない場合もありえます。
こちらが遅れる可能性があるのに、こういう事を言うのは何なんですが、必ず待ち合わせの 30 分くらい前には、おまかせ便利用者は到着するようにお願いしています。(遅刻されると、次の予定に支障をきたす場合、荷物を降ろさず通過することがあります)

平ボディ車の場合、雨が降ると、養生はしますが、荷物は濡れる可能性があります。
コンテナ車の場合、全長が 16m を超える相当大きなトラックとなるため、待ち合わせ場所一覧の場所でも、トレーラ枠の空きがなく、停車できないことがありますから、先に到着して、駐車スペースの確認等をお願いしています。

かなり融通がきかないサービスではありますが、大型商品の配送料金は馬鹿になりませんので、手間をかけても安くしたい、という方は是非ご利用ください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す