次回の入荷の予定

見落としてたんですが、B/L が届いていました。
本船は PRAGUE EXPRESS なので、調べてみたんですが、

US SEA SEATTLE
ATD: 2020-06-19 13:38 LT (UTC -7)

KR PUS BUSAN
ETA: 2020-07-04 17:00 LT (UTC +9)

ということで、まあ、2 週間ほどですね。

Hapag-Lloyd(ハパックロイド) の船のようです。

かなりどうでもいいことですが、HAPAG ってのは、Hamburg-Amerikanische Packetfahrt-Actien-Gesellschaft の頭文字見たいなんですが、AG って、Aktiengesellschaft, 株式会社って意味だったんですね。
GmbH は Gesellschaft mit beschränkter Haftung, 有限会社です。
脱線ついでに、フィンランド語だと、Oy (osakeyhtiö) で、スエーデン語だと、Ab(Aktiebolag)です。

あとは、釜山から松山までの接続がどれだけかかるか、最悪で考えると 2 週間なので、7/20 の週くらい、そこからデバン、通関、検品、梱包、納品、出荷と続くので、7 月いっぱい、というところでしょうか。

何が遅いって、CFS 搬入は 6/4 なので、積まれるまでに 2 週間かかるってことです。
そこから 2 週間は仕方ないとして、松山ままでで平均して 1 週間は待たされますので、よほどタイミングがよくても 1 ヶ月くらいは、CFS 搬入後かかります。

商品の調達には平均して 1.5 ヶ月、輸送に 1.5 — 2 ヶ月かかるので、都合 3 — 4 ヶ月で、即売れてもそれだけのサイクルで、在庫期間は 1.5 ヶ月以上はあるものがほとんどで、かつ季節商品なので、事実上資金は年 1 回転しかしません。

ずっと寿命があるわけでもないし、元気に働ける時間にも限りがあるし、ここらで今のままで行くのか、商売然とするのか、ちょうど分岐点に立っているように思います。
悩ましい。。。

このコンテナでは、個人的に楽しみにしているのが Accu-Cut です。
記事にしたのが 3 月ですが、届くのは来月という。。。

これがあれば、パネルソーを借りにいかなくても、そこそこなんとかなるんじゃないかと思ったりしています。
ただまあ、丸のこ、コードレスを持っていないので、そっちもなんとかしたいところ。。。

それで、10 万円もらったら、丸のこかと思ったんですが、なんと!
前から欲しかったらバッテリー冷蔵庫がついにマキタから出たじゃありませんか。
日立というか、ハイコーキはペルチェですが、マキタはコンプレッサみたいです。

それで思ったこととして、これ、ガンガン冷えるわけで、ペットボトルを凍らせておいて、それを発泡スチロールの箱にいれて、蓄冷式のクーラーを作れば、これからの時期の配達の時によろしいんじゃないかってことですよ。
無論、普通に冷蔵庫としても使えますし、冬場は PCM を使って、蓄熱式暖房。。。って、これは暖房服でいいや。

ただ、冷房は冷房で、ランタイム氏の人柱動画を見ていると、どうもカンゲキくんがいいんじゃなかろうかと。

今使っているスイデンのよりも圧倒的にコンパクトです。

日動工業 カンゲキくん スイデン SS-16MZB-1
重さ 11.4kg 22.0kg
消費電力 0.19kW 0.59kW
冷房能力 0.41kW 1.4kW

比較してみると、重さでは半分くらい、大きさは見た目だと 1/3 か、1/4 くらいです。
ただ、能力もそれに比例していて、1/3 か 1/4 といってところです。

家庭用、6 畳だと 3kW くらいの能力のようなので、やはりスイデンのスポットクーラーくらいの能力は欲しい感じではありますね。

氷ですが、1kg が溶けるときには、0.09kWh のエネルギーが必要なので、カンゲキくんを 1 時間フルパワー運転したなら 4kg 分くらいの仕事をすることになるわけで、2kWh 分冷房するとすると、20kg も氷が要りますね。
流石にマキタの冷蔵庫では無理だろうなぁ。

年に数日だから、環境には悪いけど、暑くなったらエンジンかけて冷房して、冷えたらエンジン切る、かな。。。

それと、次の次ですが、ONE COSMOS です。

CA RTB ROBERTS BANK
ATD: 2020-06-25 02:05 LT (UTC -7)

KR PUS BUSAN
ETA: 2020-07-08 06:00 LT (UTC +9)

こちらも出航済みです。
ですが、どちらも、6 月末のボーナスの商戦には間に合わない感じ。。。

FISKARS 保証 NG だったケース

FISKARS のメーカ保証の対応ですが、3 月に保証対象かどうか、ということについて問い合わせていたものの回答があって、3 ヶ月くらいかかって、それで結果はというと NG だった、ということをこの間書いたんですが、いただいた写真をブログに載せてもいいと許可をいただきました。

付け根のカラーの部分が割れて、その後、ゴリラテープで補強して使ってきたけどそろそろ限界、ということでお問い合わせをいただきました。

こんな感じで、カラーの部分が完全に欠落してしまっています。
そのため、ミスヒットが原因、と判断されてしまったようです。

あくまでもメーカ保証なので、メーカが NG との答えを出すと、どうしようもありませんが、保証の審査が厳しくなったのか、それとも、痛みすぎたのか、いずれにせよ、刃がかけたとか、使用に全く問題がない(研げば使える)申請は OK で、このように使えなくなるほどの損傷は NG だったりと、バランスが悪い気はしないでもないです。

以下は重松個人の感想というか、想像の範囲ですが、メーカとして、買ったばかりの不良(という主張)に対しては比較的フレキシブルに感じますが、しっかり使い込んだ感がある場合には、ライフタイム保証のライフタイムが尽きた、という考えなのかなという気がします。
なので、不良に気づいたら、その時点で申請するのが良いと思います。

再度書いておきますが、FISKARS 社の製品についても、Hearth & Home 暖炉家としての保証は、初期不良 1 週間となります。
これは、要するに、梱包が悪くて荷物が壊れたけど、運送屋さんが保証しないから、なんとかしてくれ、というようなケースにはうちが責任を持ちます、ということです。
とはいえ、刃が欠けたとか、擦り傷がある等は、実用品なので当方は保証しません。

初期不良保証期間を過ぎるとメーカ保証となりますが、海外からの輸入品のため、お客さんが直接メーカから保証を受けることが極めて困難なため、重松が代理で保証を申請し、OK の場合、海外で受け取り、それを日本に輸入することを無償でおこなうことを約束しています。
そして、国内に在庫がある場合、それを先に発送し、海外で受け取ったもので辻褄を合わせます。
送料や、代替品にも満額課税されるので、IsoCore Maul の場合は、丼勘定で今のところ 3,000 円の運賃と税負担を実費相当としてお願いしています。

なお、代理申請は、当方としては、1 度のみの対応となりますので、刃がかけて申請して NG になった後、カラー部が破損してそちらは OK になるようなケースでも、2 度目の申請は代行しませんので、保証申請というカードを切るタイミングについては、慎重に判断していただきたいと思います。
申請 NG のケースがあるということになりますから。

基本的に、X シリーズは極めて堅牢で、ほぼ不良率は 0 といっていいくらいで、本体が十分使用収益したと思える前にどうにかなることはまずないです。
ただ、シース、刃のカバーのことですが、これの破損はよくあるケースで、かつ、紛失したり破損しても、シース単体は購入できない ため、くれぐれもご注意ください。

これらとは別に、いわゆる商品そのものに欠陥があり、それが原因として事故が発生した場合ですが、PL 保険に加入していますので、保険での対応となります。
輸入品は、輸入者が製造者と規定されています。

当該お客さんは、比較的最近ご購入いただいたばかりで、また新しくご注文くださるということなのですが、流石に短期間に 2 本も買っていただき、何度も利益を頂くのは気が引けるので、予約セールと同等の価格(要するに利益なし)で提供させていただく提案をしました。

このような破損等がないのが一番ですが、不具合についてはできる限り情報を公開し注意喚起しつつ、製品の弱点を知った上で、安全に薪割りを頼みし、豊かな焚き火ライフを送っていただければと思います。

予約品の発送完了と次の配達

予約いただいていた商品ですが、X7 も発送が完了しました。
一通り漏れなく発送したかなというところです。
大変長らくお待たせいたしましたが、到着まで、しばらくお待ちいただければと思います。

それで、次の配達のために、まな板台車を回送しました。
小さなコンテナの引き取りがあるので、次はまな板で配達に行きます。

園についたら、いろいろ干してました。
チップも水を吸って燃えにくくなったということで、木工ででたおがくずとブレンドして天日干しされていました。
この前の配達で濡れてしまったコンテナも乾いていました。

薪乾燥機ですが、やはりチップの品質がとても重要なようで、よく乾いて均一なチップを使い、それで初めて安定して稼働するようです。
生乾きのものだと、灰が多く出たり、燃焼温度が低く煙が出たりして、薪ストーブと同じで、ろくなことはないのだろうと思います。

ただ、ふるいにかけると結構な量の大きめのチップが発生するので、それを破砕し直した方がいいんじゃないか、という気もしないでもないんですが、破砕機も安くはないので、形の悪いものは捨てて、チップ自体を買った方が安いというのが現実です。

積み込みをしようかと思ったら、ビニールがないということなので、台車は切って帰ることにしました。
微妙に置いてある丸太がとってもとっても絶妙に邪魔なのですよ。
台車が伸ばせないので 3 回も切り返しましたよ。
プロなら一発でしょうけど。

薪製造機ですが、写真のコントロールバルブからオイル漏れがあったので O/H してもらい、ついでにハーベスターのケースドレンのホースもクラックが入っていたので、新しく作り直してもらいました。

他にもちょっと怪しいところがあるんですが、ラム自体、微妙に曲がっていて、交換品がカナダに届いたので、次の雑貨と一緒に輸入するつもりです。
かなり時間がかかりました。
ラムの交換作業でかなりバラすことになると思うので、その時にいろいろ点検したいと思っています。

それで次の配達ですが、今のところ、日曜日の午後くらいに出発、与島に到着して仮眠、翌朝、神戸の VOLVO ディーラーの丸栄さんに寄って、和歌山の薪文化さん配達、その後、茨城にコンテナを引き取りに行く予定です。
本当は、かわはらさんのところにも寄りたかったんですが、都合が合わず。。。
ぼちぼち気をつけて頑張りたいと思います。

一通り納品完了

今朝、なんかしんどくて、そしたら朝一に Y くんから電話でお宮にいると。
晴れているので、仕事に来たというのです。
日曜日でした。
慌てて準備してお宮に登りました。

天気もいいので、境内の掃除をあれこれやりました。
除草剤の散布、雨樋、会所や水路の掃除、授与所の解体・片付け、それと、輪越し(夏越)は、屋外だけということになったので、必要のない畳など一式片付けました。
なんだかんだで 15 時前までかかってしまいました。

雑貨の方は 5 号に任せていたんですが、戻ったらあらかた出来上がっていたんで、出荷の手続きをとって、今回入荷したものは一通り納品を完了することができました。
明日か、明後日には、予約いただいている商品の出荷を完了できると思います。

それで、タンクフレームの件、その後です。

まず、不良 3 件目、静岡の Y さんですが、修理後再発ということで連絡がありました。
どうするのか、相談して方向性を決めていきたと思います。

それと、タンクフレームの不良の記事を見て、富山の T さんから連絡をいただきました。
内容としては、電動化して痛んでいないタンクフレームがあるので、必要なら提供できる、というありがたい内容でした。
タンクフレームはドレンを追加したり改造してあるとのことです。

4 件目の I さんの件は、まあ土日ですから仕方ないですが、まだ連絡はない感じで、時差があるので進展があるとしても火曜日以降になるかなと思います。

薪割り機の補修用部品ですが、コントロールバルブが品切れしました。
それで、LS-3000 をまた仕入れるか、それとも Wolverine WLS800 にするのか、ちょっと考えあぐねています。

というのもの、どちらも Prince Mfg の商品なんですが、現地の値段で、前者が $89.95 に対して、後者が $75.60 なんです。

性能をざっと比較すると次のようになります。

型番 価格 最大容量 IN/OUT Work ports
LS-3000-1 $89.95 25GPM 3/4″ NPT 1/2″ NPT
WLS800 $75.60 30GPM 3/4″ NPT 1/2″ NPT

まあ、選択肢はあった方がいいように思うので、今回は両方を少量仕入れてみようかなと思います。
ただ、最近、輸送費と、Amazon の諸経費の値上がりが酷いので、価格を少し改定しないといけなくはなりそうです。

FISKARS 斧入荷 — 雑貨屋的日常

ようやく FISKARS の斧類が入荷したので、納品のための検品作業等をしました。
どこで買っても同じと言えば同じでしょうし、違うと言えば違うわけですが、うちの場合の日常の作業を紹介します。

まずは、Isocore Maul の場合です。

この商品は 2 本が 1 箱に入ってきます。
一度箱から取り出します。

見ての通りなんですが、斧自体はヘッドにダンボールを折ってテープで軽く留めたものを被せてあるだけです。
また、シャフト部分は細いビニール、ヘッド部分は太くて短いビニールを被せてあるだけです。
引っ張れば簡単に外れてしまいますので、こんな梱包で商品を納品することはできません。

なので、一度取り外して、刃に欠けがないか、シャフトの付け根にクラックが発生していないか等を重点的に、全体を点検します。
また、バーコードをうちのバーコードに貼りなおします。

その後、刃先を保護するために エッジボード を当てて、シュリンクフィルムでしっかりと固定します。

Amazon は膨大な数の商品を扱うため、商品 1 点がなんなのか、倉庫で働くスタッフの方はわかりません。
例えば、この斧は 2 本で一箱で納品するんですが、2 本入りの箱で商品なのか、それとも 1 本の斧が商品なのか、ということもはっきりさせないといけません。
また、商品の一部が紛失したり、汚れたりすることを防止するために、商品 1 点ごとに箱やビニール袋等に入れて、保護することが求められています。
そのため、1 本ごとにビニールで梱包します。

ちなみにそのビニールは手作りでしてヤフオクで買った足踏みシーラーなんですが、長くて大きなビニールを作らないといけないので、台を拡張したわけです。

最後に元の箱に収めて、この時に元の箱のバーコードは消すことで、箱単位での販売ではない、ということを明示します。
重たいので、箱が抜けないように、念のため PP バンドで結束して、出荷準備完了です。

実際に、出荷する際には、出荷用のラベルを出力して貼付する必要があります。

次に X25 の場合。

基本的に作業はほとんど同じなんですが、こっちは刃を保護するシース(刃のカバー)が付属しています。
いったんシースを取り外して、刃先などの痛みを検品します。

また、ビニールで保護されていないため、段ボールの紙のカスが付着していることがあるので、いつはエアダスターで清掃するんですが、今日はお宮に忘れてきたので、ブロワーで汚れを取り除きます。

シースですが、オレンジ色の部分を回転させてロック・アンロックするんですが、どこの運送屋か、適当に配達して、このロックが外れて斧がズタボロになったことがありました。
刃が出た状態で荷物が届くという極めて重大な事故に至ったので、以降、シースが外れることがないように、シースをフィルムで固定する作業を追加しています。

また、Amazon の規定で、X25 はプチプチ袋での納品となっています。(なぜか X25 だけ)

というわけで、今日は Y 君も手伝いに来てくれて、大型の商品については、一通り納品できる量、具体的にいうと、ヤマト便の場合、一度に 99 箱しか送れないので、それくらいの量の準備が整いました。
本来なら、今日の荷物は今日のうちに出荷するんですが、豪雨の通知が鳴りまくる状態で、うちのトラックは平ボデーですから、ケースが濡れると強度が失われるため、出荷を見合わせました。

明日、引き続き、X7 などの標準サイズの商品についても、この作業をしていきたいと思います。

ボチボチ頑張ります。

検査でしたがなんとか雨が降る前に引き取り完了

やっと届きました、FISKARS の斧。
3 パレットですが、よく考えると、今回は FISKARS 製品だけでした。
そういう意味では、扱う量が増えた気がします。

搬入確認は 15 時ちょっと前までずれ込んで、その上検査で、なんとか今日中に引き取ることができましたが、ちょっとバタバタしてしんどくて、結局、荷物を下ろすところまで下ろして終了です。
明日は雨で Y 君が手伝いに来たいと夕方に電話があったので渡りに船です。
ある程度の量を一気に納品できると思うので、週末くらいから順次発送できそうです。
ボチボチ頑張ります。

それはそうと、トラック の件です。
これ、CarPlay で表示されないんですが、対応していないようです。
それと、まあ見ての通りなんですが、Siri に切り替えてもらおうと思っても、Truck だと、車としてトラックと認識してしまいます。
アプリの名称はカタカナで「トラック」のままなのですが、iPhone のアプリというのは、最低限、英語と日本語の言語ファイルは用意しなくていいんでしょうかね?
問い合わせたら、対応していません、ということでしたが。

Open Google Maps とか、Switch to Google Maps というと、Get directions by Google Maps といえと Siri がいうんですが、いちいち by Google Maps というのもめんどいし、これもなんとかして欲しいところ。

あと、日課のヤフオク巡回で、この辺だと伊予商運が使っているのと同じようなランゲンドルフの土砂禁ダンプが激安で出てました。110 万。
薪の配達や、チップの輸送に便利かも。
ジムニー買ってる場合じゃなかったか!

それで、吹きそうになったのがアダルトグッズの通販の箱。
これ、見る人が見たら、アダルトグッズって一発でわかると思うんですよね。
逆効果以外の何物でもない。
それ以前に、中の荷物を正確に申告しないというのは、どうなのとも思うんですよね。
いちばんツッコミを入れたいのは、家族にバレたくないということですが、家族って誰よ、ってことです。
嫁さん?嫁さんなら、バレルも何もないと思うけど。
いやはや不思議な記事でした。