ジムニー死亡 — バッテリーを逆に接続

ジムニーなんですが、しばらく動かしていなかったんですが、ちょっと邪魔になるので、移動しようと思ったら、うんともすんと言わない、まあ、バッテリーが上がっていたわけです。

仕方ないので、フォークリフトを持ってきて、バッテリーを繋いだら、ばちばちっていうので、おかしいなとおもったら、逆に繋いでいました。
というか、端子のカバー、+ 側が黒くて、- 側はカバーなし。
黒いカバーを見て、先に黒のケーブルをつないでしまい、反対側は、残りの赤をついないだ模様です。
よく覚えてないけど。

初めて逆につなぎました。
それで、結局どうなったかというと、ヒューズが飛びました。

見ての通りなんですが、飛んだヒューズが外れなくて、力ずくで外したらケースだけ壊れて、端子部分はくっついていて外れません。
短絡した時の熱で溶着したようです。

ヒューズボックスごと交換する必要があるのか、そうでないにしても、とりあえず、新しいヒューズが刺さるようにはしないといけないんですが、肝心の替えのヒューズも近くの黄色帽子に行ったんですが、売ってませんでしたので、まあ、今まで放置してあったのだから、のんびりとやります。

この車も、さっさと処分しないと、また税金を払う羽目になるし、置いておいて価値が上がることもまずないでしょうし。
そういう意味では、銅線でもでとりあえず電気が流れるようにだけ復旧して、あとのことは、次の人に任せるでも良い気はします。
ヒューズ以外にも何か悪くなっているかもしれないですし。

廃車にした方が低コストかもしれませんが、不動車でヤフオクに出して、買い手がつけばそれでいいかも。
ただ、問題は、どうやって丸太小屋から移動するかってことなんですけどね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

2 thoughts on “ジムニー死亡 — バッテリーを逆に接続

  1. こんにちは。ジムニーのそのヒューズは、プラスネジで電極が止まっていますので、ヒューズボックスを浮かせて取り換えて下さい。量販店では手に入らないかも?
    毎年、薪を購入しようかと思いながら、ブログを読ませてもらってます。

  2. こんにちは。
    なるほどネジ止めですか。
    ペンチで引っ張っても外れなくて、溶着してしまったと思っていました。
    肝心のヒューズが手に入っていないので、スズキに買いに行こうとおもいます(黄色帽子よりも近いんですが、休みだと思ってよりませんでした)。
    薪ですが、ご縁があれば、是非ともよろしくお願いします。

コメントを残す