耐熱塗料は焼き付けが必要なタイプ

祭日の翌日はすごく疲れるので、のんびりスタートです。

薪ストーブの錆がひどいので、サビを落として、耐熱塗料(スプレー)で塗ったんですが、24 時間以上経過した後、熱を加えて硬化させる作業が必要になるタイプです。

使ったのは MonotaRO のもの です。
値段は 600 円ほど。

もう少し高いものだと、熱を加える必要がないタイプもあるようです。

硬化する前は、おニャー様が登ってひっかくと折角の塗装が禿げるとアレなので、ダンボールで養生してあったんですが、あまりに不細工なので。

ストーブに火を入れると、しばらくして案の定、もくもくと煙が上がって室内が猛烈に臭くなりました。
窓を開けて換気扇や扇風機で換気をしますが、追いつきません。

家にいても臭いし、農協のスタンドでタイヤの組み替えをしてもらいに出かけました。

本当はジモティーで 4 本 2,000 円(作業工賃のみ)という掲示があって、一本 500 円なので、5 本でも 2,500 円だから、その人に頼もうと思っていたんですが、かれこれ都合が合わなくて、ずるずると一月以上経過してしまい、連絡が途絶えてしまったのです。

ちょっとはジムニーらしくなりました。

後は、軽トレーラーの登録のための作業も棚上げになっているので、牽引ヒッチの取り付け等の作業をしないとなんですが、まあ、おいおいやっていこうと思います。

交換作業の合間にホームセンターに買い出しに行きました。

おニャー様のご飯がなくなったんで、メインはそれなんですけど、どうしても気になって買ったものがあります。
タッチアップ塗料です。

ダクトレールですが、一部、ダイコーのものがありまして、気づいてしまったんですが、ビスがシルバーなんですよ。
本体は黒なので、それが一度目につくと気になって仕方ありません。
内部の樹脂も、黒ではなく、比較的明るめのグレーでよく見たら気になりますが、普通には見なかったことにできるレベルですが、ビスはどうしても気になって、大抵のことは細かいことはどうでもいいんですが、一度気になり出すと徹底的に気になるタイプなので、黒くすることにしたわけです。

上に向いて塗る必要があるし、高いので難儀をしましたが、これでスッキリです。

代わりにスッキリしてなくて、気になり始めたのがこれですよ。

ただまあ、家具用のコンセントのアイデアで思い出したんですが、世の中には什器用の電源レールがあって、そこから任意の場所で電源を取ったり、照明したりできるものがあるんです。
大昔、アパレル店員をしていた時、そういう什器を使っていたのです。

後は、普通のコンセントになるんですが、USB 給電できるタイプもあるにはあります。

いくつか問題があって、

  • 壁のコンセントをすげ替えるタイプで、かなり大きいので、家具等に埋めるのは現実的ではない
  • 壁からダラダラとケーブルを引き伸ばす必要が出てきてしまう
  • 値段が高い
  • 電気工事が必要(電気工事士の資格が必要)

などもあるんですが、クリティカルなのは、能力が低く、かつ YouTube でレビューを見たんですが、これを何年も使うわけですが、その間に USB の仕様が変更になる可能性がとても高い、という点です。

まあ、タップをもっと大きくて、USB に対応したものにするとかもあるんでしょうけど。

考えがまとまっていないので、これもおいおい調べていこうと思います。

Gorilla-Lift

先にナンバーつけてからにしたらと言われそうですが。。。
面白いものを見つけてしまいました。

まあ、みたままの商品で、Gorilla-Lift です。
値段は、$160 ほどで、配送料無料。
かなり食指が動くアイテムですね。

アルミトレーラは相変わらず、進展なし。
そうこうしているうちに春祭りシーズンに突入してしまいました。

それと、頼まれている鉄のトレーラの方ですが、未だ音沙汰なし。

本船ですが、HMM PROMISE で、調べてみると既に南シナ海にいます。
そうすると、近いうちに松山に入港すると思うんですが、今週中か、遅くとも来週くらいでしょうか。
A/N が届かないので何とも言えませんが。
一応の予定は、

US SEA
SEATTLE
ATD: 2021-03-15 04:41 LT (UTC -7)

KR PUS
BUSAN
ETA: 2021-03-27 01:00 LT (UTC +9)

でした。

品切れしているトング類も届く予定ですし、これもいつオーダーを入れたのか忘れるくらい前なんですが。。。

あとは、13t のデュアルタイプが 2 台入ります。
これで多少は小割りが効率化されればと思うんですが。
モノがきたらになるんですが、作動油タンクを作らないといけません。
そういえば、頼まれているドリーも作らないとだし。。。

あと、前はついていたと思うんですが、油圧ポンプにキーがついてなかったんです。

Shaft 1/2″ dia. x 1-1/2″ long keyed

という具合で、キーについて書いてないんです。
キーですが、おそらく 1/8″ だと思うんですが。
あと、ポンプを固定するボルトのサイズ等もわからないので調べて、無ければ取り寄せないといけません。

GX200 も在庫がなくなっていまいました。
エンジンの方もキーがついてなかったんだけど、こっちのキーは大量に買って持っているので問題ありません。
ただ、エンジンにポンプをマウントするブラケットを固定するボルトの在庫がありません。
まあ、MonotaRO で売っているんですが、ものすごくいい価格なんですよね。

でも、今買って、届くのは 8 月頃になりそうです。

配達完了

無事に荷下ろししました。
今回は、メッシュパレットのままで、配達時にひっくり返して、パレット自体は回収しました。

帰りはこなかと思っていたんですが。。。
ほんの少し間に合いませんでした。

それはそうと、ウォーキングフロアの件です。

新明和だと スライドデッキ というようです。

仕組みは全く同じです。

値段も書いてありました。

6,313千円(標準仕様)

これは、GVW25t 車、要するに普通のトラックに架装した場合です。
多分、箱のサイズは 9m くらいじゃないかと思うんですが、12m の海コンの箱に仕立てた場合、長さで単純計算すると 840 万くらいになりますね。
シェイクが定価で 1,500 万ってことからすると半額です。

今回ですが、推定で 12t くらいの積載だったと思います。
ウォーキングフロアのコンテナがあれば、積み下ろしにかかる時間を大幅に短縮できるわけですが、1 人/日節約できるとしても、愛媛県は人件費は 12,000 円程度で、経費を同額見ても 24,000 円の節約です。
積載効率アップも合わせて考えて、一度に 5 万円節約できるとしても、840 万だと 168 回、回収にかかります。
月に 2 回の配達だと、7 年かかることになりますね。
投資した資金を回収するだけでそれだけかかるので、もっと配達の頻度が増えないとですが、生産が追いつきません。

なかなか難しいです。

配達完了 — 尾道〜三原の 2 号バイパスが開通しそう

薪の配達は無事に終わりました。

この経路で何箇所かボトルネックだなと思うところがあるんですが、そのうちの尾道〜三原の 2 号バイパスですが、雰囲気的にほとんどできているように感じました。

調べてみたら、3/14 に開通する予定みたいですので、次の配達時には、通れるのかなと思います。
木原道路というようです。

あと、時々ひどい渋滞なのが、東広島・安芸バイパス っていうんですか、東広島バイパスは海田町の高架もだいぶできてきてはいますが、看板は令和 3 年 3 月 31 日になっているんですが、今年って令和 3 年ですが、流石にあとひと月では無理だと思います。安芸バイパスの方も作ってる雰囲気はあるけど、あれもまだ少しかかりそうですが、こっちの方が、開通の効果は大きいんじゃないかと思います。

ただまあ、ここがなんとかなっても、この先しばらくは、広島の市街地は地べたを走る状態だし、多少払っても海沿いに迂回したらと思ったんですが、そもそも道がありませんでした。

そんなこんなで無事に戻っています。

それと、今回の配達の運転中、ずっと考えているのがウォーキングフロアの実装です。

簡単なのは、シーケンシャルバルブとレシプロバルブを使うパターンです。
この場合、シーケンシャルに動かすために、それぞれのグループに最低 1 本の油圧シリンダとシーケンシャルバルブも入ります。
まあ、ソレノイドやリミットセンサーを使う方法もあるんでしょうが。
ただ、もっと安くしたい。
メカニカルにあの動きを実現したいわけで、方法を思いついてしまいました。
シリンダも 1 本、レシプロバルブで動きを実現できますので、コストもかかりません。
いきなり作るのもあれなので、模型を使って実験してみようと思います。

もし、自作ウォーキングフロアがうまく機能したら、薪もコンテナ直積みで納品できます。
積み下ろしの時間・コストを劇的に短縮できます。
コスト削減につながり、万年赤字体質を解消できたらと思います。

アルミトレーラとジムニーの連結

作っているアルミトレーラの件です。

軽自動車検査協会に出向いた、というのは書いた通りなんですが、次に来る時はジムニーとの連結検討をして、トレーラの側にジムニーで牽引する旨記載を入れましょう、という話になったわけです。
それで、ジムニーに牽引装置を付けてきてくださいといわれたので、ジムニー側の細工も始めないといけないかなと思うのです。

前のジムニー, JB23 の話なんですが、ヒッチレシーバーはヤフオクでゲットしたサン自動車のものだったと記憶しているんですが、結構擦った痕がついていたんです。
なもんで、バンパーにレシーバーを設けて、デパーチャーアングルというらしいんですが、極力擦りにくい状態にしておきたいと思うわけです。

とはいえ、売り物のバンパーでヒッチレシーバーが取り付けられるのは、ワイルドグースのもの くらいしか見つけられませんから、買うなら選択肢は限られる状態です。

写真を見て分かる通り、このバンパーを取り付ける場合、

  • バンパー本体
  • 左右のレンズ交換
  • レシーバー
  • ナンバー移設キット
  • スペアタイヤ移設キット

これだけのパーツをセットで交換しないといけないわけです。

さらに言えば、マフラー周りとか、足回りとか、丸見えになるので、ノーマルだと、ものすごくダサく見えるんじゃないかと思うんですが、半世紀も生きてしまった老人のシニアカーですので、あまり派手な見た目もどうかと思うんですよ、正直。
お宮に行くために山を登る車で、別に泥をこねる趣味があるわけではなく、たまに原木を買い付ける時に、伐採現場等を下見に行くので林道を走る程度ですから、ノーマルに毛が生えた程度(タイヤを大きくしてスキッドガード等をつける)で十分なんですよね。

となると、

という選択肢が無難、でも擦るかもね、ということになるわけです。
23 よりは車高が上がっているとかいないとか、これで擦ったら考えたらいいじゃないかと思います。
ポン付だし、自分の行動範囲でダメならオクに流せばいいわけで。

いやー、擦りそうだな。。。
低すぎ。

みんカラとか見ると、有名店の商品だけあって完成度が高く、針金のついた鉄板(ネジを切ってあってナットの役割を果たす厚板)とかは、フレームの内側に差し込みやすいように工夫されていて、取り付けも容易だという評判です。
牽引フックを使って取り付ける構造で、そのままだと牽引フックが使えないので、ちゃんと新しいフックが用意されているなど、細かな気配りがされている良品とか。

まあ、予算的にも、これが限界かなと思います。
ただ、今月は、キャンターも車検だし、まな板も車検だし、タイヤを買ったので、早くても来月かなと思います。
一体いつになったら完成するのか。

そういえば、タイヤを買ったのを書いてなかった気がします。
これも、ようやく重い腰を上げて買ったのですよ、ヤフオクで。

貧乏で、ケチなので、鉄板タイヤ、トーヨートランパス MT です。
安さ一番、お値打ち一番、町一番のお買い得。

オープンカントリー RT を買うと言っていたのはどうなったんだって?
値段を見てゲンナリですよ。
なんで軽四のタイヤに 1 本で 1 万以上出さないといけないのかって話。

それに対して、トランパス MT は、安いし、軽いし、まあ古臭いけど。

で、背負っている一本も変えないとなもんで、5 本落札したんですよ。
でも、届いたのは 4 本。
伝票が見当たらなくて、盗まれたのかと思ったんですが、防犯カメラを確認するのもだるいので、お店に問い合わせるも、3 日待ってのノー連絡。
電話をかけたら 4 本しか送ってないって、もう 1 本送りましょうかって、どういう了見って業者でした。
評価はそれなりに悪くはない業者さんだったんですが、

総合評価: 42257 良い評価 99.8%

これだけ評価があっても、100% ではないというのは、それなりにいい加減なところがある、ということかなと思います。
1,000 件に 1 件もなければ、100% 表示になりますので。
まあ、稀なケースなんでしょうけど、発送ミスの後の対応が残念な業者さんでした。

5 本で、40,997円(落札合計:32,747円 送料:8,250円 )でした。
PayPay で払って、5% off クーポンと、1% バックがあるので、実質だと 4 万は切りましたが、交換工賃もかかるし、まあ、1 本 1 万弱はかかってしまうでしょう。

配達から戻ってくる頃には届いていると思うので、そしたら交換に行ってこようと思います。
半年点検もまだだし。。。
その頃には、もう一台、ジムニーが納車されそうな予感。

コンテナの回送と雑貨の出荷

今日は朝イチでコンテナの回送をしました。
台がうまく切れなくなるということで、修理工場の人がついてきてくれて、ロック状態の確認や、切り離し時のサポートをしてくれて、回送自体は無事に終わりました。

予想通り半日仕事で戻ってきたら、お昼だったので、5 号に迎えにきてもらって、久しぶりにみなと食堂に行きました。

そうしたら、何か変わった車(キャンターです)が止まっていて、おやつを売っていました。
せとか 600 円を買いました。
インスタ見てくださいと言われたので、宣伝しておきます。

明日は地鎮祭なので、お宮に行って準備をしたり、下見に行ってきました。

玉串なんですが、見ての通り、色が悪いです。
虫に食われてしまっているし、困った。
一応神社の境内で育てているものなので、勘弁してもらおうと思います。

夕方まで、雑貨屋さんでした。
3 パレット、うち 1 パレットが予約注文品で、これで全部発送完了です。
2 パレットは在庫が切れているものを Amazon に納品です。
まだまだ在庫がないものがたくさんあるので、検品、梱包等、進めていこうと思います。

それはそうと、コンテナの件ですが、シェイク が出ないかなと思ってずっとオークションを見ているんです。
年に 1 度くらいの頻度で出ていたんですが、最近全く見かけません。

最近かなり生産量が増えてきて、配達をより効率的に行うことを考えないといけなくなってきました。
積み込みしかり、荷下ろししかりです。

トレーラ、というか、コンテナに積み込む際も、ベルトコンベア等で積み込めば、かなり手間が減らせますし、微妙に隙間ができる、ということも無くなります。
無論、手で並べて積んだ方が、たくさん詰めるんですが、大体 60m3 容積があるので、ベルトコンベアで落とし込んでも、隙間が 50% だとすると、60 x 0.8 x 0.5 = 24t 積むことができます。
最大積載量が 24t なのですが、コンテナの重量分があるので、今の台車だと目一杯積むと過積載になる感じですね。
目一杯積むなら、3 軸に変える必要があるでしょう。

問題はどうやって下すかです。
チップ屋さんを見ていると、ウォーキングフロアと書いてあります。

仕組みはこんなもんですから、極めて原始的ですね。

買うといくらするものなんしょう。
簡単に作れるものだと思うんですが、確か 3 年くらい前の林業機械展で上陣のトレーラは 2,000 万とか、そういう値段だと聞いた記憶があります。
シェイク も新品は 1,500 万で、3 軸の 40ft の新車が 400 万なら、似たような金額ってことになりますね。

明日は、午前中は地鎮祭、午後からは、Y くんが来てくれるようなので、薪割り機の組み立てをしようと思います。
ぼちぼち頑張ります。