ソープストーン薪ストーブの年内納品のタイムリミットについて

なんとか年内に、というお問い合わせをいただきましたが、スケジュールとしては以下のようになります。

とりあえず、Nov 11 の便には乗せますから、それに間に合わないとなると、流石に Dec 2 だと、危なっかしいので、最終タイムリミットは Nov 25 になります。
これは、CFS Closing なので、パレタイズなどのことを考えると、Nov 14 くらいまでに納品にならないと無理があります。

現状、オススメした各モデルについて、価格は以下の通りです。
これは、梱包費、運賃、税金、為替手数料、国際送金手数料、保険、その他、当方の代行手数料、一切含まない金額です。
通貨、カナダドル。

Osburn
Matrix Wood stove with Blower(ニューモデル、EPA2020 対応); OB02032
本体; $2,699.10 在庫 2
必需品;
Soapstone side panel kit OA10701; $765 在庫 1
Sopastone panel top OA10703; $324 在庫 1
合計 $3,788.10 (310,617.21 円)

Heartstone
Heritage TruHybrid (ニューモデルです; Model 8024)
Black Matte; 8024-4110L; $4,185 在庫 3
合計 $4,185 (310,617.21 円)

ヘリテージのオプション類について、少し説明したんですが、日本に入ってきているものとは少し違うようで、現地では、左右の勝手や、アッシュドロワーの有無、フレームの色等が選べます。
選べますが、定番ではないものは、納期がかかり、おそらく間に合いません。

まあ、

どんぶり勘定で行きますと、梱包+カナダ国内送料が $100, 商品代金が $4,200, 現地合計が $4,300 で、容積が 1m3 あり、M3 あたり 6 万円、カナダドルが 83 円だった場合、

((4,200 * 83 * 1.035 * 1.01) + 60,000) * 1.1 * 1.1 = 513,534

となります。
これに国内運賃が 20,000 円かかるとすれば、55 万くらい、為替などは保証しませんので、その辺は加味しておいてください。

1.035 掛けているのは、為替手数料と国際送金手数料です。
1.01 は保険です。本当はかける必要がないうちの貨物にも保険をかけるので、もっと割り増しでもらいたいところなんですが。
1.1 を 2 回は、消費税の 10% と、代行手数料の 10% です。

ストーブ単体の場合、1m3 を超えることはあまりありません。
かなり余裕を見たドンブリ勘定にはなっています。
正規モデルの価格は、定価で 55 万(税別)なので、もしこれが最新モデルの値段ならば、流石に定価で売ったりはしないと思うので、うちにご依頼いただいてもメリットはないかもしれません。

しかし、ちょっと知らない間に Osburn も HearthStone もモデルチェンジしていました。
EPA 2020 に対応と書いてあったんですが、排ガス規制がまた一段と厳しくなったようです。

Emission Limits for Wood Stoves

The internal design of wood stoves has changed entirely since the EPA issued standards of performance for new wood stoves in 1988. EPA’s mandatory smoke emission limit for wood stoves is now 4.5 grams of smoke per hour (g/h) under Step 1 of the revised standards of performance for wood burning room heaters; Step 2 will take effect on May 15, 2020, when the standard will be lowered to 2.0 g/h. Heaters using the optional cord wood test method must meet a standard of 2.5 g/h. A voluntary hangtag marks units that meet these standards before the May 2020 date.
Stove manufacturers have improved their combustion technologies over the years, and now some newer stoves have certified emissions in the 1 to 4 g/h range. When comparing models, look for the EPA white label on the stove – a lower g/h rating means a cleaner, more efficient wood stove.

EPA ってのは、Environmental Protection Agency の略で、アメリカ合衆国環境保護庁、と訳されていますね。

最近のストーブの進化は加速しているように感じます。

古いものを長く大切に使うことも大切ですが、あまりに古いものは、熱効率が低くたくさんの薪を無駄にしてしまうばかりか、煤煙も撒き散らすことになりますから、やはりある程度期間で、更新していく、そういう選択肢もあって良いのかもしれません。

最新のストーブへの入れ替えを考えている場合、ストーブの本場からの直輸入で日本未発売の最新環境対応モデルもご用意できますので、ぜひお問い合わせください。

そういえば、Neo の見積もりが来てないです。
在庫がなかったのかもしれません。

というわけで、I さん、煙突の部材を拾い出す時間がどんどんなくなっているので、早く図面をくださいますようお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

コメントを残す