ブリケット製造機

バイオコークス に注目していて、少し前に 株式会社石橋 さんが 市販 していることをブログの記事にしました。

株式会社石橋 さんからコメントを頂いて、製造プラントが 中外炉工業 製と教えていただいたんですが、本格的なプラントとなって、重松のような個人レベルでどうにかなる、というようなものではありません。

お手軽にチェンソー屑や、竹廃棄物(竹チップ)を燃料化できないものかと考えていたら、面白いものを見つけました。

木質バイオマス燃料(ブリケット)製造機 ・MQ-BM70 日本製 です。

MQ-BM70 ブリケット製造機
ブリケット製造機(ブリケッター)
弊社にて御求め易い価格でご用意致しました。安心の日本製。
廃棄物として処理されていた、おがくずから良質なバイオマス燃料を製造できます。
固形化することで粉塵の飛散防止・運搬の効率化を図ることが可能です。

とのことなんですが、製造能力は一時間あたり最大で 70kg となっています。700kg ではなくて、70kg です。

お求めやすい価格がどの程度お求めやすいのか、気になりますね。

それほど高くないのなら、油圧ユニットは、ボブキャットなどを使えば(電動とのランニングコストの比較検討は将来的には必要でしょうけど、当面は)不要なので、チェンソー屑の処分の問題はクリアされますね。

ブリケットがいくら位で売られるのか調べてみると、西宮ストーブ さんによると、1kg あたり 50 円くらいのようです。
まあ、他所は 100 円という調査の根拠が一切示されていないので、そっちの数字はスルーします。

仮に、一時間に 40kg 作れ、50 円で売れるとすると、ゴミから 2,000 円の価値を生み出すことになります。

ただ、自分の場合、別に処分に困っているわけでも、コストがかかっているわけでもないし、生木の、しかも粗いチェンソー屑なので、更に破砕して乾燥、というような工程が必要になる気がしないでもありません。

天日で乾燥させてくん炭にでもして、畑に入れたほうが現実的な気がしないでもないですが、いつか役に立つかもしれないので、記録しておこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

ブリケット製造機」への2件のフィードバック

  1. もみを固めるモミガライトの製造機はどうなんでしょ?

  2. モミガライト用は、また構造が違うように思います。
    ブリケットマシンでは、籾殻は固まらないと思います。
    その逆は問題ないのかはわかりませんが。

コメントを残す