ベルトコンベアの修理

今日は午前中は神社で、午後からベルトコンベアの修理等をしました。

まず最初にポンプのストレーナ等の確認です。
IN 側は UNF#12 をみた感じ 3/4″ NPT に変換してストレーナを接続しています。
OUT 側は UNF#10 を 1/2″ NPT というところですね。
まあ、とりえずポンプの注文だけは早めに済ませようと思います。

ベルトコンベアですが、ベルトを外して持ち込みました。
15 時までに直すよということで、取りに行ったら直ってました。
修理代は 8,800 円(税込)でした。

ベルトの修理を待つ間にバーオイラーの取り付けの続きをやっていたんですが、どうしても外れない箇所があって、頑張って外したんですが、元々の組み方が悪かったようで、ネジが傷んでました。
頑張りすぎて、カシメてある部分が傷んだのか、漏れるようになったので、ベルトを取りに行く時、ホースを作ってもらって、小一万の追加出費です。

なんだかんだで、薪製造機の方は M さんや T さんが手伝ってくれて、5 号と 4 人がかりでやったもんですから、ほぼほぼ完成しました。
ただ、チェンオイルを供給するチューブ周りは接続しきっていないので、明日以降、接続して吐出量の調整や、オイルの具合の確認などをしていきたいと思います。

それで、バーオイラーですが、万一チェンオイルにゴミが混ざってオイラーが詰まったらオーバーホールがものすごく面倒臭そうなので、チューブの途中にフィルタを仕込もうと思います。

燃料用なんですが、まあ 500 円ちょっとだし、本来の目的には多分使えると思います。
オイルは少し粘るのでどうでしょうかね。
ダメならダメでまた考えます。

あと、天ぷら油からチェンオイルを作っているという話 を Facebook で見かけたんですが、性能に問題がなく価格的に許容できるなら、導入してみたいなと思いました。

このオイルは、エゴバイオ株式会社 さんから購入できると、愛媛トヨタ さんから教えてもらいました。

少しでも環境への負担を軽減できればと思いますが、生分解性=腐る、ということでもあるので、機械的には不安定な油、ということでもあるわけですね。
まずは現状のオイルでテストしてから、このオイルもテストして比較してみたいと思います。

肝心の修理と改造の写真ですが、手が油で汚れてしまったので、撮ってません。
改造については、まだ若干残っているので、完成したら紹介したいと思います。
あと、改造といえば、ログテーブルもいい加減、作業を進めたいと思います。

夕方戻って、身内に不幸があって、お通夜でした。
久しぶりに喪服を着たら、とっても小さくなっていました。
知らない間に喪服が縮んだようです。。。
作り直さないといけないくらいなんですが、滅多にいるもんでもないし、はてさてどうしたものやら。

あと、メッシュパレットの件ですが、為替の問題について、人民元建で計算して交渉したら、ドル建てだと結構な値引きになり、円建ての支払い総額をかなり抑えることができました。
もう、在庫が 1 枚も無くなってしまったので、急いで契約金を送金しましたが、あと少し早ければ、ドル円が 3, 4 円安かったわけで、タイミングって難しいなあと思いますが、こればかりはどうしようもないですね。

ポンプ等の件ですが、注文しようとしたら、前回同様、USPS で日本に直送してもらおうとしたら、Invalid Shipping Method というエラーになって、注文が通りません。
前回は、一旦米国の倉庫に入れて、そこから転送をかけたんですけど。
それをすると、一旦 USP Ground で発送されるので、米国内の移動だけで数日かかるので、避けたいところです。
とりあえず、サポート宛にメールはしておいたんですが。。。

明日は、お葬式は神社の祭日と重なるので、神社優先です。
ボチボチ頑張ります。

故障箇所は油圧ポンプ

今日も薪乾燥機の修理の続きです。

昨日は帰ったら疲れてしまって、確認をしなかった予備のバルブです。
サイズが全く違いますね。
仕方ないので、オーバーホールしました。
手動で確認した範囲では、切り替えできなかったのが切り替えできるようになりました。

バーオイラーですが行方不明になっていた固定部品を発掘したので、これも取り付けようと思います。

空荷で行ってもアレなので、今日も原木を運びました。

それで肝心の修理ですが、バルブを元に戻して組み付けたのですが、作動しませんでした。

ベルコンがいよいよヤバいということで見てみたんですが、ヤバいです。
重松の天才的ひらめきの修理方法ですが、M さん的には引っかかったりしてうまくいかないと思うので、ちゃんと修理してほしいと全拒否。
仕方がないので、本職に依頼に出かけました。
頼むかどうかは、見積り金額次第ですね。
費用がかかりすぎるなら、新品の予備もあるし、ダメ元で重松的修理をしてうまくいけばそれで行きます。
自分で言うのもなんですが、ほぼ間違いなくうまく行くと思います。

ベルコン屋さんの帰りに、自力修理を諦めて、アイテックさんに頼みに行ったら、速攻で修理にやってきてくれて、ついでにオイラーのホースも作ってもらいました。

修理屋さん、来るなり、ポンプがダメと即答。
確認のため、小さいポンプを繋いで運転すると、正常に動作しました。
つまり、大きいポンプが動いてはいるもののほとんど圧が上がっていないということでした。

ポンプを外しました。
ポンプのマウントは、SAE A です。

ポンプは、HONOR, 型式は 2GG9U07R です。
メーカーの資料を当たります。

2GG

pump family

9

shaft number, φ0.75”

U

UNF port, inlet UNF#12 and out UNF#10

07

displacement 7 cubic centimers per rotation = 0.43 cubic inch per rotation

R

shaft rotation, R is cw (Clock Wise)

いつもの油圧部品仕入れ先だと、ほぼ同等のものが $129 ですが、ほぼと書いたのは、inlet/oulet が SAE12/SAE10 なのです。
UNF#12/UNF#10 と同じかどうかがわかりません。
部品は修理屋さんが適合するポンプの国内在庫を探すので現物を確認するかも、ということで持って帰ってきていないのですが、ネジまでは確認しなかったのは迂闊です。
今晩注文して、万一適合しなかったアレなので、明日、ネジをバラして確認してから注文しようと思います。
乾燥機のメーカーにも確認はしてみますが、返事が遅いことが多いので、アテにしていたら 1 週間くらい遊ぶ事になってしまいそうです。
最悪は新しいポンプの SAE に合わせて部材一式とって、丸っとやり直せば、自分で組んだ部分はネジの一つ一つまでなんであるか明らかなので、次から困ることが一切なくなりますので、その方がかえっていいかもしれません。
一応ポンプ側のカップリングは外して、L-100 なのと、シャフトが 0.750″ であることは確認済みです。

しかしまあ、実によく壊れる。
おかげでかなり知識がついてきました。
同じ出力の国産品の 1/10 以下なので、向こうから 10 台買えば 1 台は動く、なんでしょうけど。。。

とりあえず、チップの定量供給機については、再破砕するにしても必要になるし、乾燥機を完全に自作する場合にも要の機構であり、開発は優先順位を上げて取り組みたいと思います。

それと、メッシュパレットですが、無事に成約しました。
近いうちに配達に行ってきたいと思います。
早速、次のパレットの生産の打ち合わせをしています。

あと、これはブログに書いたかどうかちょっと記憶が定かではないんですが、廉価版のティンバージャッキやログトング(重機用)を OEM で実は生産してもらっていました。
今日出荷されて、B/L などの書類一式を受け取ることができました。
今回は、パッケージのデザインをしたり、マニュアルを作ったり、あと、JAN コードを取得したりということはまだできていません。
ただ、Amazon でも販売をしたいので、きちんと商標を取ったり、JAN コードを取ったりすることが大切です。
ブランド名ですが、Timber Cats にしようかなと思っています。
うちの子たちの写真をパッケージにしたいんですよ。
親バカ。

お昼、ちょっと材料を買いにホームセンターに行ったんですが、その時にアウトドアコーナーに立ち寄るとこんなものを発見しました。
コロ薪が 5kg で 1,000 円だそうです。
ホームセンターは大体仕入れ価格が販売価格の 1/3 なので、一箱 300 円(税別、送料別)といったところ。
箱は、ダンボールワンでも MA100-830 が 200 枚で @99 円。
中身は 200 円なので、1kg 40 円です。
箱が小さいだけに詰めるのが大変そうです。
丸協さん、近いので行ってみようかな?

それと米国倉庫から連絡があって、今まではカットの連絡を受けたらブッキングできていたけど、インボイスとパッキングリストを揃えないとブッキングできなくなったから、ということです。
もう、ヘロヘロに疲れてるんだけどなぁ。。。
書類を作らないと、ブッキングしてくれないので、早めになんとかします。
今日はもう無理。

明日は、午前中は月次祭で、午後からまた修理の続きをやります。
夕方、お通夜なので、早めに切り上げないと。。。
ボチボチ頑張ります。

続・乾燥機の修理

今日、午前中は書類仕事と出荷作業をして、お昼前、丸太を積みに行きました。
4t 車にアオリの高さまでなので、グラップルで 3 掴み分しか詰めません。
2m くらいに切ってあるので、後ろの空いたスペースには太すぎたり、Y 字になっているとかで跳ねてあるものを積みましたが、せいぜい 1.5t も積めていたら御の字、というところでしょうか。
あと、3 回分くらいは残っていそうですが、積荷がない時にコツコツと片付けようと思います。

それで、wedge floor の油圧トラブルの件です。

ポンプからコントロールバルブのブロックへ向かうホースを外して、ポンプが機能しているかをまず確認し、動作させるとオイルが送られてきて、ここは OK でした。
次に、コントロールバルブのブロックからタンクに戻るホースを博して確認すると、オイルが一滴も流れてきません。
つまり、コントロールバルブのブロックのどこかに問題があるということです。

あちこち着脱して確認したところ、reciprocating valve が油の流れを堰き止めているであろうことが判明しました。
このバルブですが、予備があるにはあるんですが、乾燥機のための予備部品ではなくて、定量供給機や薪割り機を自作するために取り寄せたものなので、一つ上のクラスのものなのです。
おそらくボディーのサイズが違うので、ポン付けは無理な気がしないでもないんですが、明日現物合わせをして確認したいと思います。

その後、メッシュパレットの引き合いがあったので、荷造りをしました。
HQ コンテナで輸入しているため、うちにある GP コンテナよりも 1′, 約 30cm 荷物が高く積まれているので、そのままでは積み込めないのです。
また、配達先で安全に荷卸できるように、高さを抑えたいのもあります。
とりあえず、準備は完了したので、明日、積み込みをしたいと思います。

今日は M さんがいないなと思っていたら、何やらゴソゴソ作っていたようです。
M さんの力作、カゴのカゴです。
メッシュパレットを入れて、吊り上げるのです。
なんのためかというと、重さを計るためなんですが、玉掛けが面倒臭いし、元々メッシュパレットって吊る用じゃないんで。

次の薪ですが 15 カゴほどできていました。
この様子だと週末には、次の乾燥に必要な 36 カゴできそうな気がしないでもないので、早く乾燥機を修理しないとなんですが。。。

それと頼まれて作ったはずの薪ですが、なんか見積もりをくれとか、どうも話がおかしな事になっています。
600 カゴ以上あるんだけど。。。

メッシュパレットですが、在庫が全部売れてしまって、自分のところで使ったり、カゴ込みで出荷するのに困るので、次のカゴを注文しないとなんですが、この為替の動き。。。もう、お手上げです。
一応、工場との話し合いで、人民元も日本円もドルに対して下げているので、ある程度は為替を考慮して金額を調整してもらいはしたんですが、焼け石に水です。
とはいえ、消耗品なので、頼まないわけにもいかず。。。

あと、戻ったら、アメリカから不幸の手紙が届いていました。
Osamu Shigematsu, Tabby Products LLC 宛、住所は福角町甲を Ko Fukukaku Cho と書いてありました。
うちが税関や海外との取引使う住所の記載とは異なります。
また、国内の商取引法などで明らかにしている住所とも異なるんですよ。
つまり、法人の登記情報か引っ張ったと思われます。
少なくとも漢字がある程度読める人物が関与しているわけで、米国本社の人間の仕業ではないでしょうし、ネタの出どころは察しがつくわけですが。

一番悩むことというのは、自分がそのブランドのファンだ、ということです。
なので、メーカーのブランド価値の保護に対して、うちが受けいられることは協力は惜しむものではないんです。
ただ、並行輸入に対しての妨害というのは、犯罪行為でもあるわけです。
幸か不幸か、この商品、殆ど売れないので、扱いを継続するか思案しているタイミングでもあったので、うちに対する行為が独占禁止法に違反する可能性があることを伝えて、今後について先方の考えを糺したいと思います。

肝心の次回入港ですが、9/23 頃と連絡がありました。
月内にはなんとかなりそうです。

油圧計を取り付けたものの

今日は、昨日届いた油圧計を乾燥機に取り付けに園に行きました。
wedge floor が動かない件ですが、結論からいえば、モータが回っても油圧が一切上がらない状態で、当然、動くわけがないのでした。
モータが回っているにもかかわらず、油圧が上がらない理由は分かりません。

考えられる原因としては、

  • 油圧ポンプとモータの接続部分が壊れている
  • 油圧ポンプが壊れている
  • リリーフバルブが壊れている
  • レシプロバルブが壊れている

といったところで、この中のどれかか、複数同時発生か、というところです。

とりあえず、メーカに確認はしたところですが、はてさてどうなることやら。

返事があればいいんですが、ベラルーシに戻っていると、当面返事がないと思われるので、次の手順で、原因を切り分けていこうと思います。

まず、ポンプ周りの問題の確認ですが、これは単にポンプからとの吐出ホースを外して、それをタンクに突っ込んで起動すれば、ポンプが生きていれば、圧はさておき油自体はホースから出るのが確認できると思うわけです。

バルブ周りの確認は、cross feeder などを駆動している方の油圧回路をつなげば、そちらが生きていることはわかっているので、それで wedge floor が稼働するかどうかで、問題の有無を確認できるはずです。

まずはそこからかなと思います。

製造機のコンベア修理の部材も持っていったんですけど、T さんがいなかったので、また今度にします。

それはそうと、先週 M さんが何やらゴソゴソやっていたんですが、どうやら完成したようです。
20t, 片側だけちゃんと切れない、ということで下駄を履かせたようです。
つるつるで滑らないのかなという心配があるんですけど、まあ、滑ったら滑ったで、爪でもつけて対策すればいいんじゃないのかなと思います。

夕方戻って、出荷と納品作業をして本日終了です。
なんか猛烈に暑かった気がします。

明日は天気が微妙みたいなんですが、まあ、様子を見ながらできることをやっていこうと思います。

それと、次回の入荷の件です。

本船がどこにいるのか調べたら、9/11 4:00 KRPUS の予定が、まだ入港していませんでした。
でもまあ、もうすぐですね。
早ければ今週くらい、遅くても来週か再来週には届くと思います。
うちで品切れしているものが、かなり高額で販売されているようなので、とりあえず予約だけ開始しておきました。

ただ、相場には勝てないので、為替変動分は値上げせざるを得ません。
それでもかなり値上げ幅抑えたつもりですが、今後の為替次第ではありますが。
今後、為替が大幅に安くなる可能性は低いと思いますし、今の為替レートで仕入れてしまっているので、為替が有利になっても在庫分は価格を安くすることが難しいため、その辺はご理解ください。。。

作動油の給油の際の工夫

今日は薪割り機の配達でした。
急遽お客さんから、今日休みになったので、と連絡をいただいて、まだ作動油を入れていなかったものですから、急いで園に作動油を取りにいきました。
エンジンオイルも切らしていて、明日、日曜日に来ると思っていたので、のんびりしすぎてきましたが、組み立て自体、昨日のうちに済ませておいてよかったです。

それで、作動油を給油する際に量を確認しづらく、時々入れすぎてこぼれそうになるので、工夫してみました。
まあ、見ての通りなんですが、ドラム缶ごと重さを計るわけです。
当然ですが、給油すると、給油した分だけ軽くなっています。
作動油自体の比重は 0.85 — 0.92 くらいで、計算が面倒臭いので 0.9 だとすると、10L いれると 9kg 軽くなる、という寸法です。
結論だけ書くと、最終的に 32kg ちょっと入ったので、必要な作動油は 36L くらいかなと思います。

動作を確認して、午後、県内なので、無事に配達を済ませました。
おかげさまで 37t は成約しました。

それで、非常に心苦しい話ではあるんですが、為替で既に 3 割は円の価値が毀損している上に、仕入れ価格自体も上昇しているので、今後は価格を改定します。

何度も何度も書いていることですが、どう考えても、日本円は既にジャンクレベルで、持っているだけ損をします。
ルーブルよりも下落している始末ですから、もはや救いようがありません。
あなたの貯金が 1,000 万なら、それは半年前なら $90,000 でしたが、今だと、$69,000 ですので、$21,000 ほど目減りしました。
さらに物価も上がっていますので、この半年で価値が半分程度になった、ということです。

俺は輸入品を使わない、国産愛好家だぜ、うぇい〜♪ ってなおめでたい人もいるかもしれませんけど、米ですら、肥料の高騰に苦しんでいるんですよ。
トラクターやトラックの燃料だって、驚くような価格になっています。

ECB も 0.75%、史上最大幅の利上げを行いました。
インフレを抑制するためです。
もう、ユーロはドルよりも弱くなっています。

本当に、本当に、日本円を持っていても、損をするだけです。
必要なものは、今ならまだ間に合うので、優先順位をよく検討して、早めに手当てすることを強くお勧めします。

Brave(ブレイブ)最強 37t

今日は午前中は輸入の書類を作成したりで終わってしまいました。
午後からは、薪割り機の組み立てをしました。

組み立て自体は 2 時間かからないんですが、木枠の梱包の片付けなどを含めると 3 時間くらいかかってしまいますか。
木から落ちてからまだ体力が回復していないのもあって、暑くて汗だくになってしまいました。
もう暑くもないし、直射日光に当たるわけでもないし。

このモデルは、現在のラインナップだと、Brave(ブレイブ)社の薪割り機では 最強の 37t になります。
本国からの直輸入の米国国内向けのモデルで、五十嵐商店さんでは扱っていません。
在庫としてはこの 1 台が最後で、次回入荷は円安もありますし、当面受注発注で、あともう 1 台くらい売れて、在庫が少なくなったらかな、と思います。
いずれにせよ、3 割は仕入れ価格が上がりますので、五十嵐商店さんの価格と大差なくなると思います。
明後日、お客さんが見に来られるので、成約するかもしれません。
Brave(ブレイブ)社の薪割り機は 24t はまだ在庫があります。

組み立て作業ですが、24, 30, 37t は往復タイプの 20t よりも工数が少ないので作業自体は楽なんですが、やはりメインのフレームが重たいので、ここばかりは人力だと大変すぎると思います。
もし、フォークリフトやクレーンがない場合、写真のように立ててから取り付ける工程があるので、チェーンブロック等で吊り上げてやると良いと思います。

それと、作動油ですが、ドラム缶で買っているんですが、この前 24t を出荷した時、残りが少なくなっていました。
いつもの仕入れ先なんですが、ちょっと送料が高いので、近くのオイル商社さんで見積もりを取ってみました。
取りに行けば安くなるかと思ったんですが。。。
結論から書くと、見積もり 72,600 円(税込)でした。

今までの仕入れ先が 52,800 円(税込)で、クレジットで支払うので、1.5% 安くなるので実質 52,008 円です。
でも、これでも高い。

ヤフオクを見てみると、53,460 円(税込)というお店がありました。
今日は平日なのすが、明日はクーポンが配布されるので、4,000 円引きになります。
ということは、49,460 円になって、PayPay で 0.5% ポイントがつくので、実質 49,213 円の予定です。
ここで購入しようと思います。

多少安くは買えた気はしますが、それでも 1L あたり 250 円程度かかることになります。
Brave(ブレイブ)の縦横変形タイプの薪割り機は大体 36L 程度入りますから、ドラム缶で買っても 9,000 円も入ることになります。

ペール缶(20L)についても、仕入れ価格がかなり上がってしまったので、値上げしました。
また来月も上がるようなので、必要な方は早めに確保した方が良いと思います。