TrueNorth TN20 松山港に到着

本日、入港でデバンだそうです。
搬入はもう終わっていると思いますので、明日、通関したいと思います。
検査にならなければ、多分、明日のうちに引き取り、検品、発送までできればと思います。

明日はチップも届きます。
今度のチップの品質が気になりますが。。。
そういえば、チップ小屋が完成していました。
先週の金曜日、風が強い中、がんばってシートを貼りかけたんですが、向きを間違えて、それを修正したら、次は裏表が逆で、先送りしていました。

薪の件ですが、今日、積み込みを完了しました。
400kg x 15 袋 + 370kg x 1 袋、です。
借りていたプロセッサ等は、使用しないので、痛めてもいけないので、一旦返却しようと思います。

次の薪ですが、36 カゴ乾燥中で、今日で 2 日目です。
薪の温度が 100°C に到達し始めたので、乾燥がだいぶ進んできたように思います。
ただ、ここからが長いのですが。。。
薪が短くなり、割が細かくなった分、乾燥は有利かなと思うのですが、短いと空隙率が下がり、たくさん入る+空気の流れが悪いということが考えられますし、前回は 30 カゴですが、今回は 36 カゴで 20% カゴの数自体が増えているので、単純計算すると、2 割乾燥時間が増えてもおかしくないわけです。
この辺りはやってみるしかありません。

FGF Frequency Drive のエラーの件ですが、発生の条件を特定したため、現在のところ、エラーを抑制できているのですが、チップのつまりで火災のリスクがあり、無人運転を中断しているため、運転時間の短縮が難しいところです。
キャンピングカーでも借りて、寝泊りしてもいいんじゃないかと思うくらい、逼迫している感じですが、喉が治ったら、今度は鼻水がひどいので、歳も歳なので、無理をしないようにしたいとは思います。

ボチボチ頑張ります。

やっぱり嘘

今日は神社でした。
なんか、午前中、思った以上にお参りの方が多くて、疲れてしまいました。
今日、郵送で依頼されていたお札の発送をしようと思ったんですが、全く時間がなかったので、明日作業をしようと思います。

で、絶対嘘 だと思った件の続きです。

薪製造機の部品ですが、

VSL: ONE HOUSTON V. 041W
ETD VANCOUVER: 7/31
ETA BUSAN: 8/11
松山入港予定8/18頃
2 PALLETS

というスケジュールだった訳ですよ。
今日、メールが来たんですが、まだ B/L が届いてないと。

本船のスケジュールがだいぶ遅れておりまして、現在1週間ずれ込んでおります。
現時点でのバンクーバー港の出港予定は8/7となっております。
現地にて出港確認が取れますのが来週になるかと思いますので、BL入手しましたら、改めてご報告申し上げます。

そこが遅れる?
新しいスケジュールは以下の通りです。

というわけで、これを鵜呑みにしたとして、23 日着、接続に 1 週間かかるとすると、月末〜来月頭。
うーん、当初の読み通り。。。

そう言えば、鰹節屋さんは何の連絡もない状態なので、単価的に全く合わなかったのでしょうね。
北海道の T さんも、あの単価には絶句していましたが、どこかあの単価に合わせることができたのでしょうか。

明日も暑そうですが、死なない程度に頑張ります。

作動油 32 番 ドラム缶で購入

薪製造機ですが、この前、作動油がダダ漏れになって、修理したわけですが、間に合わせて取り寄せた 20L では焼け石に水だったのです。
お店で扱っている薪割り機も 32 番なので、組み立てて出荷する場合にはどのみち必要になるので、ドラム缶, 200L 買うことにしました。
毎度のヤフオクです。

価格は、品物が 7,800 円、送料が 20,000 円で、都合 27,800 円です。
ペール缶だと 20L で 5,000 円ほどが仕入れ値なので、@250 円ですが、ドラム缶だと、@139 円と、半分くらいになるわけです。

それで、今日は昨日入荷した雑貨の検品、梱包、発送をしました。
500kg 程でした。

写真の真ん中のパレットの 70% くらいの容積は片付いたんですが、残りの 30% が LODGE の cookware で、スタックして積み込んであるので、容積的には大したことないのですが、アイテム数と重さはまあまあ、という状態です。
これは明日、処理したいと思います。

残りの 2 パレットは全く手付かず。

カナダ便は今日入港して、デバンは明日ということなんですが、搬入確認がいつ取れるのか、午前中いっぱいくらいなら、午後一で通関を切りたいと思いますが、4 パレットあるので、4t ユニックには乗らないので、午前中のうちにまな板のコンテナを下ろして、港界隈が許可になっているので、通行許可証を取りにいかないといけません。
いくら埠頭とはいえ、トレーラを路駐するの迷惑ってもんでしょうから、通行許可証をとりに行った帰りに、申告を済ませたらいったん帰って、トレーラに乗り換えれば、無駄がないかなと思うところです。

しかし、4 パレット入ってくると、ちょっと倉庫が狭いです。
無理せず、祝日明けでもいいような気もするんですけど、X11 とか、X7 とか、バックオーダー品が入っているので、極力早めに処理したいところではあります。
後回しにしても値打ちが上がるわけでもないですし。
フリータイムは 31 日までだそうです。

それにしても暑くて、一応スポットクーラーはあるんですが、熱中症になるかと思いました。
去年も同じことを言っていた気がするんですが、倉庫の中にスーパーハウスでも据えて、エアコンが効いている状態で作業をしないと、ちょっと作業性が悪すぎます。
マキタの冷蔵庫も買えなかったし。。。

まあ、そんなこんなで、今日は暑い中よく働きました。
自分で言うな?

そういうわけで、帰りにスーパーにって、鹿児島のウナギを買ったわけですよ。
お値段なんと 3,800 円(税別)。
まあ、鹿児島のウナギ業者も、チャイニーズウナギを輸入して、それを養鰻池にほんのちょっと泳がせておいて「鹿児島産で御座います」ってなことかもしれませんけど。

ウナギでも食べて、明日もそれなりに頑張ろうと思います、それなりに。

LODGE cookware 等入荷しました

今日、海の日だと思ったんですよ、iPhone がそういうから。
でも、普通にみんな仕事をしているようで、朝一、先週に出した見積もりの件で問い合わせがあったり、日通さんも、税関さんも電話をしたら出たので、予定通り、午後から通関を切りに行くことにして、午前中は書類を準備したんですが、昼前にユンボを回送しました。

昨日の日曜日は、本当は朝から Y が来る予定だったのです。

大雨が降ると倉庫に水が流れ込んでくることがある問題があり、壁の穴の問題かと思ったんですが、どうも山側の建物基礎の外の犬走のコンクリートが、倉庫内の土間コンよりも高く、犬走部分の排水が追いつかない(例えば、ゴミが溜まっていたりして水の流れが阻害される等)と、クラックから浸潤しているのでは、と推測しています。

そうすると、倉庫内の湿度が上がるため、段ボールの強度が低下したり、今はそこまでではないんですが、場合によっては、保管してある物がカビてしまったりする可能性もありうるので、先手を打って、犬走部分を斫って、その後、十分に土間よりも低い位置で再度コンクリートで舗装しようと思うのですが、山からの水の影響も考えられるので、掘り下げた上で砕石で埋め戻し、かつ、排水のためにフリュームを埋けたらどうかと思うのです。

それで、Y くんに手伝ってもらって、既存のコンクリートを撤去するくらいまでは済ませたいと思っていたんです。
日曜日は、T 組が休みなので、コンガラを捨てたり、再生砕石を買ってくることはできませんから、そっちはおいおいになるとは思うんですが。

ところが、体調不良で休むと朝に連絡があり、結局作業自体は何もできてないので、ユンボは持ってきて、持って行っただけになってしまいました。

その時気付いたんですが、ツースがずいぶん丸く、短くなってます。
うち外は入れ替えを 2 回くらいやっていて、交換するつもりで放置していたら、ここまでダメダメになっていました。
というわけで、もう何年前になるか、ヤフオクで買ってあったものをついでに持って行きました。
時間がある時、交換作業をしようと思います。

原木なんですが、まだ結構残っていて、少し古くなって痛みつつあります。
早めに片付けないとと思いますが、薪割りスペースに屋根ができて、直射日光が当たらないので、かなり楽になったんじゃないかと思います。

お昼ですが、久しぶりに瓢月に行こうと思っていたんです。
ただ、嫌な予感はしてたんですが、月曜日は定休日でやってませんでした。
味十味はやってたけど、満車だし、そもそも 4t は止められませんし。

というわけで、鶏ラーメン屋さんができていたのが気になっていたので行ってみました。
まあ、写真の通り。
拗らせてなくて、普通のストレート麺、普通の鶏っぽい出汁の醤油ラーメンで、740 円也。
最初なので、量などの加減がわからず、ラーメン単品、普通盛りを注文しました。
感想としては、まあ、とにかく普通。量やちょっとだけ少なめ、値段は高め。
味は普通に美味しいです。

そして、その後、外環を使って三津へ。
申告、区分は 2 でしたので、納税して、許可、この時点で 15 時半で、急いで日通さんに駆け込んで、CFS の締め切り 16 時ギリギリに引き取りました。

本来は明日の予定だったんですが、薪割り機のお客さんが急遽来店ということで、少々お待ちいただいて、大部分を積んで、積みきれなかったものだけ発送ということで、受け渡し完了です。

その後、荷下ろししました。
今回は 3 パレットです。
PorterCable の Dovetail Jointer が乗ってますね。
あと、Accu-Cut も届いていましたから、wktk です。

そのタイミングで、カナダ便の A/N が届き、確認したら、明日の入港です。
時間が時間なので、デバンなんかの確認は明日にしようと思いますが、明後日の午前中に搬入確認が取れたら、23 日が海の日みたいなので、22 日に通関を切りたいところではあります。
カナダ便は 4 パレットあるので、4t では積みきれないので、トレーラで引き取りに行かないといけません。
そうすると、それ前にある程度検品と納品作業を済ませておかないと荷物が溢れ返りそうです。
あと、今回、初めての業者さんで、愛媛海運さんの保税に入るようです。
あ、一応港界隈は許可を取ったんですよ。
でも、許可証をまだとりにってないから、それもいかないとですね。。。

あと、薪割り機の作動油の手配、エアクリーナに原木がヒットして壊れたということなので、それも確認して部品の手配をしないといけません。

というわけで、明日は検品作業は 5 号に任せて、その辺の野暮用を片付けて回ろうと思います。
やることが溜まる一方ですが、ボチボチ頑張ります。

絶対嘘

今日は神社の祭日でした。
久しぶりに天気が良く、平日にもかかわらず、お参りの方が多かったと思います。

それで、薪製造機のラム部分ですが、ようやく出荷されました。
スケジュールの連絡があったんですが。。。

VSL: ONE HOUSTON V. 041W
ETD VANCOUVER: 7/31
ETA BUSAN: 8/11
松山入港予定8/18頃
2 PALLETS

絶対嘘。
断言してもいい。
超嘘。

第一、今日が 7/16 で、なんだかんだで普通に 1.5 ヶ月はかかるし、下手をしたら 2 ヶ月かかります。
そんな一月で来たりしたらびっくり仰天ですよ。
というわけで、まあ、9 月頭くらいに思っておけば腹も立たないでしょう。

それで、薪製造機なんですが、ピザ薪とか、そういうものを作るのに SPLITTA 400 を導入したい と思っていたわけです。

見積もりを出しはしますが、鰹節薪の件については、単価的におそらく箸にも棒にもかからないのではと思いますから、受注できる可能性は限りなく低いと思うし、お断り見積もりと感じられるんじゃないかという危惧すらありますけど、将来的にそういう大量に消費する業務用途への参入などを視野に入れると、33cm までの SPLITTA 400 でいいのかどうなのか、という部分が少し気になる今日この頃なのです。

というのも、鰹節屋さんの件で感じたことは、お客さんはお客さんの今までのやり方に固執する、とういことです。
まあ、それはもっともで、鰹節はさておき、ピザでいえば、薪に固執しているからこそ、薪を使うわけで、電気だとか、ガスだとか、それでいいとなればそれまでだから、お客さんのやり方というのは最大限尊重できればそれに越したことはない、ということです。
そうなると、例えば、40cm だとか、45cm が欲しいというケースだって出てくると思うのです。

とはいえ、33cm を安定して大量生産できるようになっていないのですから、その上に割りのサイズだの、長さだのバリエーションを増やしたら収拾がつかなくなります。

昨日も「クヌギだけ」の薪のお話があったんですが、そもそも原木が入る時点で混ざっていて、クヌギの割合は 20 — 30% くらいしかないので、ある程度の量をまとめて作ると、ナラだけの薪がその 3 — 5 倍はできる計算です。
まあ、ナラはナラで、鰹節が受注できたら、そっちはナラだけ希望なので、うまく収まるのですが。

それと運賃の件です。
関東方面までの話ですが、カイコン便の見積もりを取りました。

松山〜関東というか、中部というかの某港、そこからのドレージ込みだと思いますが、2 軸で間に合う場合(20t 未満)に、210,000 円+BAF 4,500円/40FT HQ DRYコンテナ(実入りの片道)ということになりました。

あと、面白いのがウイングコンテナですが、40ft のものも 5 本だけあるということですが、こちらだと、コンテナの使用料金が高いようで、+ 20,000 円でした。
ただ、普通のウイング車のウイングと同じ開き方をしてしまうので、写真にあるように地べただと荷役できません。
自重で 8t もあるので、積載も相当減りますし、身入りの重たいコンテナをシャーシに積めるような設備があるところなら、そもそもこのコンテナを使う必要がないし、下ろす側のニーズなら尚更でしょうから、このデザインで問題ないのでしょう。

JR の 31ft ウイングコンテナ は違った開き方をします。

ちなみに、松山港までのドレー費用、消費税は含みません。

計算上は、3m3 のラックが 12 ラック積めます。
もしかしたら、11 ラックしか詰めないかもしれませんが、12 ラック積めた場合で言えば、松山までのドレーを 3 万弱程度すれば、24 万程なので 1 ラックあたり 2 万(税別)、ということになります。
3m3 で 150 束計算ですから、133 円/束、これが運賃ですね。

それで大型トラックの場合ですが、大体 10 万ちょっとだろうということです。
荷台ですが、9,000mm あるとして、9 ラック積むのは難しいと思うんで 8 つ積めるとして、運賃が 12 万だとすると、1.5 万/ラックなんですね。
ただ、新規格車(総重量 25t)でないと、3m3 の生薪は計算上 1.5t あるし、ラックの自重もあるので、多少乾燥させて重量を絞ったところで、完全乾燥時ですら 1.2t くらいはあるので、10t ギリギリかなというところです。
乾燥度合いによっては、重量的に 8 ラック積めない可能性もありますね。
8 ラック積めたとして、この場合、100 円/束の運賃になります。

予約品の発送完了と次の配達

予約いただいていた商品ですが、X7 も発送が完了しました。
一通り漏れなく発送したかなというところです。
大変長らくお待たせいたしましたが、到着まで、しばらくお待ちいただければと思います。

それで、次の配達のために、まな板台車を回送しました。
小さなコンテナの引き取りがあるので、次はまな板で配達に行きます。

園についたら、いろいろ干してました。
チップも水を吸って燃えにくくなったということで、木工ででたおがくずとブレンドして天日干しされていました。
この前の配達で濡れてしまったコンテナも乾いていました。

薪乾燥機ですが、やはりチップの品質がとても重要なようで、よく乾いて均一なチップを使い、それで初めて安定して稼働するようです。
生乾きのものだと、灰が多く出たり、燃焼温度が低く煙が出たりして、薪ストーブと同じで、ろくなことはないのだろうと思います。

ただ、ふるいにかけると結構な量の大きめのチップが発生するので、それを破砕し直した方がいいんじゃないか、という気もしないでもないんですが、破砕機も安くはないので、形の悪いものは捨てて、チップ自体を買った方が安いというのが現実です。

積み込みをしようかと思ったら、ビニールがないということなので、台車は切って帰ることにしました。
微妙に置いてある丸太がとってもとっても絶妙に邪魔なのですよ。
台車が伸ばせないので 3 回も切り返しましたよ。
プロなら一発でしょうけど。

薪製造機ですが、写真のコントロールバルブからオイル漏れがあったので O/H してもらい、ついでにハーベスターのケースドレンのホースもクラックが入っていたので、新しく作り直してもらいました。

他にもちょっと怪しいところがあるんですが、ラム自体、微妙に曲がっていて、交換品がカナダに届いたので、次の雑貨と一緒に輸入するつもりです。
かなり時間がかかりました。
ラムの交換作業でかなりバラすことになると思うので、その時にいろいろ点検したいと思っています。

それで次の配達ですが、今のところ、日曜日の午後くらいに出発、与島に到着して仮眠、翌朝、神戸の VOLVO ディーラーの丸栄さんに寄って、和歌山の薪文化さん配達、その後、茨城にコンテナを引き取りに行く予定です。
本当は、かわはらさんのところにも寄りたかったんですが、都合が合わず。。。
ぼちぼち気をつけて頑張りたいと思います。