雪の高速でまたまた追突されるところだった件

薪の配達で、長沢ガーデン に来ています。
いや〜、前から泊まりたくて泊まりたくて、ようやく泊まることができました。
これも、追突されて、トレーラが修理から戻ってこないので、仕方なく 4t で当面の間に合わせの配達に来ているからんですが、何事も、前向きに捉えたいもんです。

天気はあいにくの雪です。
少し手前の椿峠ってところが雪が降るとヤバいと聞いていたので、結局、ずっと高速できました。
高速で追越車線の軽トラが自爆して車線を塞いで停車して、それを避けようと隣の車に突っ込まれるところでした。
なんとか止まれましたが、後ろもヤバかったです。
雪が降ってて 50km 規制なのに 80km とか 90km で走るので、危なくて仕方ないです。

食堂がまだやってたので、刺身釜飯を頼むも、釜飯は時間がかかるから終了したってことで、普通の定食です。

お部屋です。
昭和にタイムスリップしました。
ボロいを通り越してオーラが出ています。
ボロいけど、ちゃんと清掃されていて、全く汚くありません。
なんと WiFi が使えますので、温泉に入って、のんびりブログを更新しているわけです。

このボロさはたまりません。
安いし、駐車場も広いし、温泉あるし、九州方面に行くときの定宿にすると思います。

それはそうと、久しぶりに youtube で薪製造機動画を見ているんですが、久しぶりにギロチンタイプを見ました。
こうやってみると、ギロチンタイプの場合、丸ノコやチェンソーと違って、挽き粉が発生しないのががいいですね。
チェンソーの場合、頻繁に目立てが必要だし、オイルで環境も汚染しますし。
でも、ギロチンは普及しない。
何かデメリットがあるんでしょうか。
あと、ウエッジも面白い仕掛けです。

明日の天気が気になりますが、荷下ろしして、ゆっくり帰りたいと思います。

30t 薪割り機の引き渡し

暖かくなるにつれて、シーズンが終わり、来年・再来年のために使った分、薪割りのことを考えるタイミングになったということでしょうか、最近、薪割り機のお問い合わせを多くいただきます。
24t 以上の縦横兼用モデルは、現在、日本国内に在庫がありません。

今日現在の状況ですが、24t は、当方の米国在庫 3 台, うち 1 台売約, 商談中 2 台です。
なので商談が成立すると、在庫数は 0 で追加発注が必要です。
現在、Brave(ブレイブ)社の在庫がとても逼迫している状態なので、納期がかかる可能性があるのと、在庫が切れると次回ロットから値上げが通告されているため、うちの方の価格も改訂しないといけないと思います。

37t に関しては、米国在庫 1 台です。

米国在庫については、当方の倉庫にまだ届いていない(発注・支払済)のですが、2 月末くらいまでに届き、日本に向けて輸送を 3 月くらいに開始できると思いますが、物流に滞りが発生しているので、通常よりも時間掛、コストもアップする可能性があります。
今のタイミングで予約注文いただけ場合、梅雨入り前までには納品可能かなというところです。

予約いただく際に現金で前払いしていただける方には、5% 割引を行なっています。
また、24t, 30t は引き取りに来ていただける場合、組み立て時に必要な作動油等をサービスいたします。
37t に関しては、引き取りの場合 3 万円引きいたします。

ご購入を検討している方は、お早めに お問い合わせ ください。

今朝は昨日組み立てた薪割り機の引き渡しでした。

その際にスペアパーツ等の話を少ししたんですが、ちょっと気になっていることがあるんです。
エンジン自体は在庫があるんですが、マフラーの出口の黒い部品は付いてこないんです。
作動油のタンクに排気ガスが当たらないように向きを変えている部品です。
どうやって調達するのか、仕入れ先に問い合わせておきました。

その後、薪づくりの現場を見てみたいということだったので、色々と見ていただきました。

乾燥機ですが、昨日の時点でも乾燥し切っていたとは思うのですが、念のため、一日余分に乾燥させていました。
チップがなくなるかと思っていたのですが、自動停止していなかったので、手動で停止させるように切り替えておきました。

薪割りをして、夕方、メインファンを停止しようかと思ったんですが、雨が降り出したのと、薪製造機がばらされていて、薪割りができなかったのでやむなく撤収です。

釜が冷えたら、バッフルを取り付けたいと思います。

入荷したキンクラです。
今回は今までよりもかなり良い状態で届きましたが、写真のものは箱に潰れがあるためはじきました。
Amazon だと、箱が傷んでいますと書いてあっても読まないで、クレームになることがあるんです。
箱が少々潰れているといっても、今までよりも圧倒的に状態は良いです。
直販で、多少割引価格で販売しようと思います。

薪割り日和

今日は薪割りでした。

まず、少しだけあるカシを割りました。
全部で、4 カゴ弱です。
乾燥後は 500kg 分くらいの製品になるかなというところです。
丸太のまま置いておくと他のものに混じるといけないので、とりあえず片付けたと言う感じ。

サクラは 3 本しかないので、どうしたものかなと思っています。

午後からは、ナラを片付けました。

Y くんにやってもらったんですが、几帳面なのか、慎重なのか、慣れないのもあるんでしょうけど、いまいち捗らなかった気がしないでもないですが、まあ、千里の道も一歩から、と言うところでしょうか。
5 号が動画を撮っていたので確認したんですが、サイクルで 10 秒くらいかかっていました。

もともと、12t ほどしかない原木が半分以上残った感があるのですが、6t の原木が薪に加工されたわけです。
6t は乾燥後だと 3t で加工は 1kg あたり 10 円を見積もっているので、30,000 円しか予算がありません。
3 人でやってその量だと箸にも棒にもかかりません。
薪割りは 10 円のうちの 1/4, 2.5 円なので、今日の薪割り代は、7,500 円です。

あまり丁寧に作業しすぎるも問題ですね。
自分がやると 1 時間に少なくとも 1t は割るので、6 時間稼働だとして、一人でやって 6t は割れたと思います。

途中で難物をコーンスプリッタで割ったり、その時に、ワンタッチカプラがワンタッチじゃないことがあるので着脱用のジグが作られていて、それを試して、まあ、半分遊んでいたようなものなのですが、納期が押していて、日曜日にも稼働しているわけで、効率を考える必要はありそうです。

まあ、そんなこんなで、配達の薪を積み込んであるので、コンテナシャーシを回送して本日無事に終了です。
40 袋以上積んであるので、結構重たかったです。

明日、通関・引き取りを済ませて、配達に出発したいと思います。

乾燥にかかった時間

今日は神社の祭日でした。
微妙にお参りが少なくて、ただポツリポツリなので、休む時間はない感じで、帰って疲れてしまいました。
夕方、コンテナを回送しようと思ったのですが、家に帰ってごろごろしたら、そのまま寝てしまって、起きたら 20 時すぎでしたが、とりあえず、回送だけはしておきました。

それで、乾燥の件です。

今回、36 カゴを乾燥させたわけですが、どれだけ時間がかかったのか、というと 2 週間かかってしまったようです。

前回、乾燥を終えたのが 1/7 だったんですが、入れ替えなどがって、実質乾燥を開始したのが、1/12 です。
1/25 の時点で仕上がっていたわけで、そういう意味では、1/22 までに乾燥していたということですね。

途中、バッフルが焼け落ちるとかのトラブルもあったわけで、安定して運転できていないのですが、運転日数的には、9 日間、ということになります。
夜間は停止しているため、釜を温めるのに 2 時間のロスがあり、実際の運転時間は 6 時間といったところなので、56 時間の連続運転、2.3 日に相当するかなと思うのですが、そういう意味では、メーカーの言う 2, 3 日という数字はあながち嘘ではないように思います。

いずれにせよ、安定して稼働させることが喫緊の課題であり、差しあたって二つの大きな解決すべき問題があります。

そもそもの問題の根っこはチップの品質です。
サイズが不揃いの問題、微粉末の問題、そして、バッフルが焼け落ちるのは、チップの含水率を含んだそういう問題の延長線上です。

まず、サイズが大きすぎる問題は、天皇陛下ご即位記念号である程度解決しているんですが、そこで大きすぎて弾かれたもの、巻きの生産過程で生じた木屑が大量に発生する問題があり、差しあたっての小型のチッパーを買ってきたわけです。
とりあえず、破砕はうまくできたので、後は微粉末をどうするか、という問題が残ります。

また、チップ自体、高いものを買うわけにもいきませんので、バッフルの側をどうにかするしかありません。
バッフルなしで運転すると、今度は火室内の空気の流れの問題か、燃焼温度がうまくあがりませんでした。
これに関しては、間に合わせになりますが、単純な形状に変更して、ステンレスの厚みを増やして試作して、対処するしかないかなと思います。

次の注文ですが、この調子で行けば、次の釜は 2/10 頃に仕上がるわけです。
そして、その次は 2/24 までかかります。
これではお話になりません。

バッフルの方は効率が悪い程度ですが、チップの詰まり等で停止する問題は 24 時間運転ができないため、そちらを早々に解決して、2,3 日、とは言わないものの、一週間(5 日, 入れ替えの時間が必要なので実質 4.5 日)では乾燥させるサイクルを確立したいと思います。

TrueNorth TN20 松山港に到着

本日、入港でデバンだそうです。
搬入はもう終わっていると思いますので、明日、通関したいと思います。
検査にならなければ、多分、明日のうちに引き取り、検品、発送までできればと思います。

明日はチップも届きます。
今度のチップの品質が気になりますが。。。
そういえば、チップ小屋が完成していました。
先週の金曜日、風が強い中、がんばってシートを貼りかけたんですが、向きを間違えて、それを修正したら、次は裏表が逆で、先送りしていました。

薪の件ですが、今日、積み込みを完了しました。
400kg x 15 袋 + 370kg x 1 袋、です。
借りていたプロセッサ等は、使用しないので、痛めてもいけないので、一旦返却しようと思います。

次の薪ですが、36 カゴ乾燥中で、今日で 2 日目です。
薪の温度が 100°C に到達し始めたので、乾燥がだいぶ進んできたように思います。
ただ、ここからが長いのですが。。。
薪が短くなり、割が細かくなった分、乾燥は有利かなと思うのですが、短いと空隙率が下がり、たくさん入る+空気の流れが悪いということが考えられますし、前回は 30 カゴですが、今回は 36 カゴで 20% カゴの数自体が増えているので、単純計算すると、2 割乾燥時間が増えてもおかしくないわけです。
この辺りはやってみるしかありません。

FGF Frequency Drive のエラーの件ですが、発生の条件を特定したため、現在のところ、エラーを抑制できているのですが、チップのつまりで火災のリスクがあり、無人運転を中断しているため、運転時間の短縮が難しいところです。
キャンピングカーでも借りて、寝泊りしてもいいんじゃないかと思うくらい、逼迫している感じですが、喉が治ったら、今度は鼻水がひどいので、歳も歳なので、無理をしないようにしたいとは思います。

ボチボチ頑張ります。

やっぱり嘘

今日は神社でした。
なんか、午前中、思った以上にお参りの方が多くて、疲れてしまいました。
今日、郵送で依頼されていたお札の発送をしようと思ったんですが、全く時間がなかったので、明日作業をしようと思います。

で、絶対嘘 だと思った件の続きです。

薪製造機の部品ですが、

VSL: ONE HOUSTON V. 041W
ETD VANCOUVER: 7/31
ETA BUSAN: 8/11
松山入港予定8/18頃
2 PALLETS

というスケジュールだった訳ですよ。
今日、メールが来たんですが、まだ B/L が届いてないと。

本船のスケジュールがだいぶ遅れておりまして、現在1週間ずれ込んでおります。
現時点でのバンクーバー港の出港予定は8/7となっております。
現地にて出港確認が取れますのが来週になるかと思いますので、BL入手しましたら、改めてご報告申し上げます。

そこが遅れる?
新しいスケジュールは以下の通りです。

というわけで、これを鵜呑みにしたとして、23 日着、接続に 1 週間かかるとすると、月末〜来月頭。
うーん、当初の読み通り。。。

そう言えば、鰹節屋さんは何の連絡もない状態なので、単価的に全く合わなかったのでしょうね。
北海道の T さんも、あの単価には絶句していましたが、どこかあの単価に合わせることができたのでしょうか。

明日も暑そうですが、死なない程度に頑張ります。