愛媛に戻りました

配達を終えて無事に愛媛に戻りました。

昨日は、茅野市スタートです。

まず初めに、I さんのお店 ペロンタ に行きました。

〒391-0213 長野県茅野市豊平7702
 
長野県茅野市豊平7702
チェルトの森 管理事務所内

メニューです。

おすすめのチーズわんバーガー(ダブル)をいただきました。
手作りの味です。
パンも、ログハウスの隣に工房を作って、そこで焼いているそうです。

ゆっくりしたかったんですが、少しだけ近況などを話して、軽井沢に配達に向かいました。
大門街道からそのまま 152 号を走って 18 号(途中県道 80 号)のルートにしました。
初めてのルートなんですが、トレーラだとどうか、ということなどは実際走ってみないと、航空写真やStreet View だと、見落としがあるかもしれないので。
お昼過ぎに無事に引き渡しを完了しました。(が、組み立ての時の作動油代金等をいただくの忘れてしまいました。。。)

次は、十里木に向かいます。
無料の中部横断道路を佐久北から、八千穂高原まで走りました。
佐久南から先は、これまた初めてです。

それで、この時、このルートも初めてだななどと思ったんですが、141 号に小海線の踏切があるじゃないですか、あそこまで走って、あれ、ここ走ったことあるような、という状態になり、野辺山高原に登って、ジョンディア飾ってあるヤンマーの店を見て、がっつりと、ここ来たな、と思い出したわけです。
記憶が曖昧なままなんですが、多分、F さんのところに Airens の薪割り機を納品したとき に通ったような気がします。甲斐大泉駅で待ち合わせをしたので、多分、そうなのかなと思うんですが、調べたら 5 年くらいも前になるようです。
本当に風光明媚なところで、時間があればゆっくりとしたいところなんですが。。。

ペロンタのあと、何も食べてないので、いい加減なんか食べようと思って、道の駅南きよさとに寄ってみました。
が、営業終了。。。
夜、Y さんと合流して、以前食べ損ねた富士宮やきそばを食べようと思っていたので、時間微妙だからどうしようかと思いつつ、ラーメン屋に行きました。

味噌ラーメン専門店 味噌の力 中小河原店

〒400-0854 山梨県甲府市中小河原町634−1
 
山梨県甲府市中小河原町634−1

いつもは塩しか食べないんですが、猛烈に味噌推しの店だったので、素直に従いました。
やめときゃいいのに、ライス「無料」ですけどおつけしますかと聞かれて、に即答 YES です。
大盛り無料ですけど、も危険なセリフですよね。
個人的には好きな味でしたね、拗らせてなくて。

まあ、ラーメン屋の位置でわかると思いますが、その後、358 号を走って、精進湖、本栖湖を抜けて十里木に向かったのでした。

ここは初めてだったんですけどね、上九一色と書いてある郵便局とかがありました。
地下鉄サリン事件 のことを思い出しましたが、1995 年だそうですから、かれこれ四半世紀以上前になるんですね。
当時は商社に勤めていたんですが、営業の人が被害に遭って、会社が騒然としたのが今でも昨日のことのように思い出されます。
今は上九一色村自体は無くなっているようですが、かつては、精進湖、本栖湖、この辺りが上九一色村だったようです。

十里木にはほとんど暗くなる直前に到着して、下ろして説明をして、出発する頃にはすっかり真っ暗になっていました。

その後 Y さんと合流して、念願かなって、富士宮焼きそば 賞味と相成りました。
「どうですか、輪ゴム見たいという人もいます」と聞かれたんですが、言われてみたら、わざわざ富士宮と名乗るからには、何か違う点があるのだろうなと思うんですが、すみません、普通の焼きそばに感じました。

Y さんにお会いするものすごく久しぶりで、こういう時期だから、お店だけ教えてもらって一人で食べるつもりだったんですけど、せっかくとうことで、小一時間、席に座る時も正面にならないようにして、気をつけての談笑となったわけです。

予定では駿河健康ランドに行くつもりだったんですけど、よく考えると、このタイミングで、不特定多数の仮眠室で、寝ている間に誰かがくしゃみでもしてシナウイルスを撒き散らしたら、不潔じゃないの思ったわけで、かといって、ホテルをとって 5,000 円とか払うもの馬鹿馬鹿しいので、そのまま帰ることにしたんです。

潮見坂まで走って、疲れたので休憩したんですけど、この時結構眠くて、どうやら財布を落としてしまったようです。
翌朝、名阪国道を走っている知らない人から電話がかかってきて、「しげまつさんですか?」といわれて何事かと思ったら、財布を拾いましたがどこにいますか、ってことでその方も三重に向かうんですが、ということですが、潮見坂ですから、150km は離れてます。
朝なので、3 時間以上待たないといけないのですが、送ってくださるという話になったので、好意に甘えてそのようにお願いしました。
しかし、財布を落としたのは実に久しぶりですね。
20 代くらいは、しょっちゅう落として、一度も戻ってきたことはなかったんですが。
国大に行っていた時も、財布が 100 均なのをひとまわりほど違う同級生に不思議がられたものですが、落とす前提だったんですよね。
今回は免許やメインのカード類は別のケースに入れてあったので、無事でした。
ちなみに、こういうことの予防のための探知機 TrackR は、電池が切れていたようです。

その後、なんの捻りもなくお昼はこなかです。
いつもと全く同じ、ヒレ 120g。
ただ、今回は、ご飯のおかわりは我慢しましたよ。

その後、香川の S さんを訪問しました。
知り合ったのはちょっと前なんですが、ずっと機会がなくて、訪問できていなかったんです。
今回、ちょっと込み入った話があったので、お邪魔させていただきました。

乾燥機や薪割り作業スペースを見せていただいて、几帳面なんで A 型だなと思ったら、S さんは B 型だそうです。
曰く、自分がすべての作業をやっているわけじゃないから、とのことでした。
まあ、血液型と性格に関しては、相関はない、ってのが科学的な見解のようですけどね。

それで、うちの製造機 WP36 のバーオイルの供給に問題があるという話をしたら、ハッキの供給システムを見せてくれたんですが、おそらくですが、黒く太いホースがパイロット用の高圧ホースで、ここに圧がかかると白いチューブを閉じてある弁が開き、重力でバーオイルが供給される仕組みのように見えます。
ちなみにこのバルブ、痛んだそうで自分で O/H したけど、買ったら 8 万だかいわれた、ということで結構高いもののようです。

この仕組みを使えば、WP36 も今よりは安定してバーオイルを供給できるようになるのではと思います。
バーを倒すためにシリンダを操作しているのですから、その油圧を感知して、リレーのようにバーオイルの弁を開けてやれば、切っている間だけバーオイルを供給することができます。
でも、さすがに 8 万もするものはない感じ。

カブトムシ屋さんも廃業してしまい、チェンソーダストはボイラーの燃料にするだけなので、バイオオイルを使う必要もありません。
オイル供給の手間を考えると、もともと WP36 は、作動油を使う設計ですし、作動油は汚くなる前にバーオイルでどんどん消費して、どんどん足せば、冷却・潤滑性能は云々しないなら、それはそれで合理的かなとも思うわけです。
圧がかかっているわけで、それを押し出すなら、バーの溝にゴミが少々溜まっていても、無理やり供給されるのも利点かなと思います。
でも、そうならば、わざわざこういうリレーのようなバルブを使う必要など微塵もなくて、極論すれば、故意にリークさせるのと同じことですから、シリンダへ行く圧油をチーズで分けて、その先に毎秒一滴とかのレベルに絞れる弁をつけた上で、バーに供給すればいいのではとも思ったりするわけです。
まあ、近いうちに薪製造機はオーバーホールしようと思います。

そんなこんなでなんとか無事に愛媛に到着しました。

それと、PREDATOR 20t ですが、1 台嫁ぎ先が決まりました。
茨城の N さんのところに発送です。
運賃が上がるので、組み立てすることができないので、動作の確認はできません。
万一、到着して動かなかったらごめんなさい。

もう 1 台はうちで組み立て様子を見る予定です。
様子を見た後には売却すると思います。
工業製品なので、待てばまた入荷します。
欲しい方がいらしゃったら、相談してください。
ただ、このモデルは、無保証です。
ヤフオク風にいえば、ノークレーム、ノーリターン。
AS IS, 現状渡しとなります。

長野の T さんに配達した Brave 24t ですが、初の不良品でした。
ログ置き台の金具が変です。
多分、左右の部品を間違えて組み立ててあるんだと思いますが、なんとかワッシャーをスペーサにして組み立てできたようです。
一応、メーカに確認をして、正しい部品を取り寄せようと思います。
でも。。。4 ヶ月くらいかかりそうです。。。

薪割り機がようやく入荷しました

オーダーを入れたのは 2 月くらいだったと思うんですが、薪割り機がようやく入荷しました。
通関に午前中いっぱいかかってしまい、午後イチから引き取りでした。
オーダーの内容に合わせて、組み立て等を行なって、週末くらいまでには配達に出発したいと思います。

途中で電話がかかってきて、直しておいた薪製造機の具合がよろしくない、ということだったので 2 回目の引き取りの際に縁によって再度調整しました。
エンジン自体は、エアクリーナーも交換されていて、調子良く動いているんですが。

メッシュパレットの荷下ろしも終わっていて、次に乾燥する薪も少し溜まっていました。
乾燥機ですが、トレーラを回送した時に止まっていたので、乾燥が終わったのかと思ったら、久しぶりにエラーで止まったようで、リレーの不良だったようです。
予備のリレーがないということなので、忘れないうちに富士電気に国内向けの同等品の型番を聞いて MonotaRO で手配しておかないといけません。
忘れそう。。。

16 時前になってしまったので、ヘッドの修理で高知に行くのは諦めました。

園に行っている間に 5 号が入荷したばかりのもので品切れしているものの検品等を済ませてくれていたので、取り急ぎ 31 ケース出荷しました。

それはそうと、Mac を 11.4 にアップデートしたら Rollo のドライバが対応していないのか、インストールし直して選択できないんですよね。
出荷のラベルの印刷ができないので困りました。
後でなんとかしないとです。

なんだかんだで遅くまで仕事をしたので、5 号と夕飯を食べに行くことにして、今治のイオンまで出かけました。
鎌倉パスタで食べたんですよ。
卵 3 個使っているカルボナーラとやらを。
いえ、医者に卵はコレステロールが、うんぬん、言われてしまして、お昼に茹で卵を食べるのをやめたんですけどね。。。
よくいえば濃厚、悪くいえば超絶くどい。
大盛り(二倍)はやりすぎました。
鎌倉パスタの名誉のためにいっておくと、美味しいいんですけど、量が食べられるタイプの味付けじゃないってことです。
次は自分の歳を考えて、注文したいと思います。

薪割り機の修理というか改造というか

今日は通関に行く予定でした。
午前中はその書類仕事をゴソゴソやって、準備を終わらせて待っていたんですけどね、食品の届け出書が戻ってきませんでした。
14 時を回ったので、諦めて園に行きましたよ。

Brave(ブレイブ)往復 20t ですが、標準だと作動油の量が 12L くらいです。
エンジンはホンダ GC160 で 11GPM のポンプを駆動しています。
これを GX200 と 13GPM にアップグレードする予定ですが、作動油の量を増やすため、また、オイル管理を容易にするため、フレームの下に吊り下げられるタンクを作りました。

ただ、取り付けようとしたんですけど、寸法を間違えて作ったので、くっつきませんでした。

とりあえず、変更点は、大型化以外に、

  • ドレンポート + マグネティックドレンボルト
  • バッフル板(隔板)追加
  • レベルゲージ(温度計も兼ねる)追加

といったところです。

バッフル板の形状だとか、各ポートの位置や高さは手探りなので、これでいいのかはよく分かってません。
思うに、戻り側のポートの位置は高すぎたような気もします。
ジャバジャバと戻すと、エアを噛む気がしないでもないです。
まあ、ダメなら低い位置にポートを追加して、高い位置は塞げばいいだけなんですが。

タンク内部が多少でも錆びにくくなればいいなと、ボンデ鋼板を使いました。

そして、20t から摘出された GC160 と 11GPM の移植を待っているのが、13t です。
専用のドリー付き。
タンクフレーム自体は不良で戻ってきたものを修理しています。
計算上はサイクル 3 秒くらいなんですけど、ホースが細くて抵抗が大きいので、もうちょっとかかるかもしれませんが、20t に比べると格段に速くなるはずです。
ドドンパ(キネティック型)くらいの速度は出ると思います。

乾燥は順調です。
チップがなくなっていたんですが、天皇陛下御即位記念號のチップを搬送する、茹で蛸コンベアのベルトが切れてしまっていたんで、チップの製造ができませんでした。
昨日修理の人が来てくれたようで、チップの製造が再開されました。
とりあえず、これだけあれば、乾燥させることができると思います。

薪製造機の不調の件ですが、エンジンについては、プラグとオイルを交換して、とりあえずは、不調というほどではなくなったと思います。
エアクリーナーの ASSY もとってあるので、丸ごと交換して、キャブも届き次第、交換しようと思います。

ただ、中立からチェンソー操作側にレバーを操作すると、かなりの負荷がかかっているのか、エンジンがストールします。
多分、ソーアクションの速度を調整するニードル弁の不調だと思うのですが、一番開けてみて、なんとか作業ができるレベルになりました。
ちょっと色が褪せていますが、緑色のアルマイトの丸いものがニードル弁のノブです。
その左の黒いブロックが薪割り用のウエッジの高さ調整のコントロールバルブなんですけど、見ての通り、非常に使いづらい位置に固定されています。
各パーツの位置関係やホースの長さ等を一度調べるとともに、レイアウトを見直そうと思います。

与島です

配達で、与島まできました。

昨日、積み込みを済ませて、夜のうちにお宮駐車場まで改装してあったんですが、今日は一日で、午前中は神社なので、夕方に出発しました。

それはそうと、薪製造機が不調なのです。
少なくともエンジンが原因の一つであることは確かなので、一旦おろして、色々と整備しようと思うんですが、最悪のケースに備えて、PTO シャフトの様子を調べることにしました。
プーリプラーでカップリング部分を外して、軸径やキーサイズを測ります。

EX40D は 3,600rpm なんですが、ディーゼルにすると回転数が低くなると思うんです。
GX390 に置き換えると出力が不足しそうだし、かと言って 2 気筒にするとデカくなるし、どうしたものかなというところ。
悩ましいところです。

それはそうと、汎用エンジンを電動化する、モーターと電池とのパッケージ商品、GXE というのが出るとか、そういう情報が FaceBook にありました。
ただ、出力が 2kW ないようですし、連続稼働も 1 時間くらいですから、これからの商品だと思いますが、とても興味深く思いました。
まずは日本国内での展開のようですが、価格競争の激しい米国市場向けの商品が出れば、より安く買えると思います。
GX160 クラスの置き換えも数年内に可能になると思われるのすが、まあ、問題はコストでしょうね。
ただ、面白そうなので、適合するツーステージ型ポンプがあれば、13t を電動化してもいいかもしれません。
後で詳細を見てみようと思います。

和太鼓を落札しました

兼務神社の屋根が痛んで、雨漏りして、太鼓の皮が傷んでしまい、修理代がすごく高いのです。
ヤフオクを見ていると、修理代よりもはるかに安い金額で、和太鼓がたくさん出品されています。
そういう訳で、ちょっと小さい気もするんですが。。。和太鼓を落札しました。
タビープロダクツで奉納します。
うちの子たちが猫又になるほど長生きしてくれるようにお願いしたいと思います。

今日は今日で、普通に検品、梱包、納品でした。
天気がいいので本当は薪作業をしたいところなんですが、そうしないのは訳がありまして。。。
昨日から、ちょっと腰が痛いのです。
荷物を持ち上げるのも大変なので、水平移動になるように作業の高さを調整しています。
そういうわけで、とても、チェンソー作業は無理。

それと、薪製造機のエンジンが不調なのです。
エンジンだけが不調なのか、他にも悪いところがあるのか、ポンプを外してエンジンのみで運転してみたんですが、アイドリングできないので、少なくともエンジンの調子が悪いことは確定です。

載せ替えるとなると、候補としては GX390 なんですが、

SPECIFICATIONS
Model GX390UT2QAE2
Engine Family GX
Power 11.7 HP
Torque 19.51 ft-lbs
Bore/Stroke 88mm/64mm
Disp. 389 cc
Speed 3600 RPM
Start 12 Volt Electric Start and Recoil
Charging System 3 Amps
Fuel Tank 6.4 quarts
Shaft Horizontal
Shaft 1″ dia. x 3-21/32″ keyed, tapped 7/16″-20 UNF
Base Mount Four hole on 3-1/2″ x 7-11/16″ centers
Accessory Mount
Inner 4 bolt on 5″ B.C.
Outer 4 bolt on 6.5″ B.C.
Size 14″ X 19-1/2″ X 17-1/2″
Shpg. 89 lbs.

という仕様です。

今の EX40D ですが、セルなしなので、セル付きにすれば、12V の電気が取れるようになるので、これでオイルクーラーのファンを駆動できるようになるかなと思うところです。
ただ、EX40D は定格 12PS, 最大 14PS だったと思うんですが、GX390 は 11.7PS と少し弱いのです。
EX40D でも結構ギリギリの出力かなと思うところなので、力不足だったら嫌なだと思ったり思わなかったりです。

PTO シャフトの径であるとか、B.C. であるとか、あと、シャフトの回転方向とか、色々確認して、検討したいと思います。

雪の高速でまたまた追突されるところだった件

薪の配達で、長沢ガーデン に来ています。
いや〜、前から泊まりたくて泊まりたくて、ようやく泊まることができました。
これも、追突されて、トレーラが修理から戻ってこないので、仕方なく 4t で当面の間に合わせの配達に来ているからんですが、何事も、前向きに捉えたいもんです。

天気はあいにくの雪です。
少し手前の椿峠ってところが雪が降るとヤバいと聞いていたので、結局、ずっと高速できました。
高速で追越車線の軽トラが自爆して車線を塞いで停車して、それを避けようと隣の車に突っ込まれるところでした。
なんとか止まれましたが、後ろもヤバかったです。
雪が降ってて 50km 規制なのに 80km とか 90km で走るので、危なくて仕方ないです。

食堂がまだやってたので、刺身釜飯を頼むも、釜飯は時間がかかるから終了したってことで、普通の定食です。

お部屋です。
昭和にタイムスリップしました。
ボロいを通り越してオーラが出ています。
ボロいけど、ちゃんと清掃されていて、全く汚くありません。
なんと WiFi が使えますので、温泉に入って、のんびりブログを更新しているわけです。

このボロさはたまりません。
安いし、駐車場も広いし、温泉あるし、九州方面に行くときの定宿にすると思います。

それはそうと、久しぶりに youtube で薪製造機動画を見ているんですが、久しぶりにギロチンタイプを見ました。
こうやってみると、ギロチンタイプの場合、丸ノコやチェンソーと違って、挽き粉が発生しないのががいいですね。
チェンソーの場合、頻繁に目立てが必要だし、オイルで環境も汚染しますし。
でも、ギロチンは普及しない。
何かデメリットがあるんでしょうか。
あと、ウエッジも面白い仕掛けです。

明日の天気が気になりますが、荷下ろしして、ゆっくり帰りたいと思います。