バーの摩耗がひどいのでグラインダで削ってみました

今日も Y くんが手伝いに来てくれて、自分と Y くんは擁壁の補強工事の続きをすることにしました。
5 号は一人で薪割りです。

昨日はバードレッサーもグラインダも 5 号が取りに帰ったんですけど、見つけられなかったので、とりあえず一番まともそうなバーを使ってもらってたんですが、今朝、グラインダは見つけて持ってきたので、10 時の休憩の時にガタガタになっているので削ることにしました。

まだ微妙に腰が痛くて、かがむことができないんですけど、ちょうどいい高さで固定できるものがないので、結構難儀をしました。
グラインダは、注意しないと削れすぎる感はあるんですが、ドレッサよりも楽ですね。
まあ、バッテリーだから、サクッとできるんでしょうけど。

グラインダで削ったバーは、5 号的には切れ味は復活したそうです。

工事班(?)というか、二人しかいませんけど、自分と Y くんとで、朝一、トーフを運びました。

右手前の大きめの石は昨日フォークでより分けてあったものですが、今日は、その奥の小さめの石を集めました。
いろいろ解体したりした時に、コツコツ集めてあったんですが、単に積んであったため、ぐちゃぐちゃに混ざってしまっていたんです。

夕方までかかって、一通り片付きました。

明日は雨っぽく、明後日は神社の祭日です。
月曜日の天気次第ですが、掘削してベースコンクリートを打設して、丁張りをかけようと思うんですけど、杭や貫がない気がするんです。
後、トーフを傾けて吊るワイヤーもないのでこれも買ってこないですね。

薪割り班(?)の方は、張り付いて見ているわけではないのですが、ボチボチは進んでいるような。。。

製造機の調子が本調子ではなく、特に、バーオイルの供給がまた微妙になってしまっているようです。
というか、バーオイルがちゃんと供給されないとバーが痛むし、バーが痛むと切れなくなるので、余計にバーが痛むわけで、さっさとバーオイラーをつけようと思いますが、近くの重機修理屋さんは匙を投げたので、園の近くのホース屋さんは対応してくれるので、ここが片付いたら、オイラーとログテーブルの接続用のホース作成を頼もうと思います。

明日は雨みたいなので、工事は一旦お休みかなと思うんですが、午後から、TrueNorth のお客さんが DIY で設置したいということで、近所なので午後にも様子を見に行ってこようと思います。
煙突も併せて納品となる見込みで、ICC と国産(高木・新宮)とを提案できればと思います。

TrueNorth といえば、去年に注文をいただいているお客さんのところにも納品に行かないとなんです。
薪割り機も納品を待っていただいているんですよね。
次の検診で骨折がどの程度治っているか、長距離運転 OK が出たら配達に行かないとと思います。

ボチボチ頑張ります。

草刈りと薪割りと

今日は Y くんが手伝いに来てくれました。
自分と Y くんは草刈り担当で、5 号が薪割り担当です。

朝イチ、この間タイヤを交換したリフトのホイルですが、増し締めをすることにしました。
前回、トルクレンチをどこにしまったか思い出せなくて、手でしめただけだったのですが、発掘しました。
アストロの安いやつですが、まあ、手でやるよりは正確でしょう。

草刈りですが、Y くんに刈ってもらって、自分が刈った後の掃除をしました。
天気が良くて、ものすごく暑いんですけど、自分はすっかり体力が落ちていて、ちょっと草を集めただけで疲れてしまいました。
結局、草刈りは 15 時までかかりました。
明日からは、お宮駐車場の工事も再開しよう思うので、15 時からは、材料の石を集めました。
大きな石は大体選り分けたので、明日は雨が降る前に、グリ石を集めてしまいたいです。

薪割りですけど、製造機がまた不調になって、よく観察するとバーが斜めに入って切れなくなっているので、バーの送りではなくて、バー自体が曲がったのかなと思って、バラしました。
そうすると、結構バーが摩耗していて、ドレッサーで整える必要がある状態でしたが、ドレッサーが見当たりません。
しかたがないので、園に電話すると、バーが 2 本あるということで、5 号が取りに行きました。
バー自体、使い古ししかなかったんですが、最もまともなのを使って、とりあえず今日くらいは仕事ができる状態になりました。
グラインダでちょっと削るかと思ったんですが、グラインダも行方不明です。
新品のバーもあるはずなんですが。。。
一度製造機用の予備部品などをきちんと整理したほうがよさそうです。

それと、バーオイラーの取り付けまでの間、噴霧器を改造して凌いでいたんですが、これがまたちょっと調子が悪いみたいです。
まともに油が供給されない状態で使うので、バーが摩耗する、バーが摩耗すると切れないからさらに摩耗する、という悪循環ですね。
バーオイラーもそうですが、ログテーブルもさっさと取り付けようと思います。

夕方、SV-100 の回送を頼みに行きました。
本来は電話で済むことことなんですが、キーをつけてくるのを忘れたので、預けに行く必要があったのと、月末なので、前回の回送代の支払いもあったので。
明日、朝イチは別の仕事があるので、その後に回送してもらえることになったので、多少なりとも積めたらいいなと思います。

薪割りの準備

明日、薪割りをすることにして、今日は午前中、修理をした薪製造機を回収しに行きました。
本当はバーオイラーだとか、ログテーブルだとか、その辺の油圧配管をなんとかしてからと思っていたんですが。

まな板台車もほぼほぼ出来上がっていました。
ただまあ、もう少しかかるかも、ということで、来週くらいに車検を受けたいと思います。

仮ナンバーですが、19 日までに返却する必要があったのですが、すっかり失念していたので、支所に返しに行きました。
その途中で、モバイルルータが届いたので、電波状況を確認しました。

神社で適当にやったら、全く繋がらなくて、アプリを入れたら No Service と表示されたので、どうやら圏外のようです。
支所まで行くとちゃんと通信できました。
それで、うろうろして電波をどこまで拾うか確認したんですが、どうも海沿いは電波が良くて、山側が電波が悪いということがわかりました。
社務所のあたりまではそれなりに通信できるようですが、拝殿の周りだと、微妙な速度でした。
まあ、防犯カメラは静止画をクラウドに保管するだけなので、これくらいの速度が出ればとりあえずは問題ないかなと思います。
モバイルルータは充電しながら使用することができないので、早めに据え置き型の契約をしようと思います。

夕方、セールの案内が来ていたので高島屋に鞄を買いに行きました。
ふと思い返すと、娘が生まれる前に買った鞄なので、もう 20 年以上使っています。
さすがによれよれになってきたので、新しくしたいなと思っていたんですが、そこそこの値段するので、ずっと我慢していたのです。
安くなったので思い切って買いました。

そして、お約束の四川飯店です。
メニューがリニューアル、つまり、値上げされていましたが、まあ、仕方ありません。
いつも通りですが、自分で歩ける程度には回復したので、麻婆は小辛を頼んだんですが、中辛で良かったようにも思いました。
美味しくいただきました。

明日は Y くんが手伝いに来てくれるのでぼちぼち頑張ります。

薪製造機の修理

今日は 15 日なので、神社の巡回です。
前回 賽銭泥棒が来ているようだ ということを書いたと思いますが、やはり継続してきているようです。

警察に通報しようかと思うところですが、盗まれた額はせいぜい数千円ですので、半日かけてまで被害届を出しても、そもそも警察が犯人を検挙する確率が限りなく低く、かつ、検挙した犯人が損害を弁済する可能性はさらに低いのです。
上の書き方を読めばわかると思いますが、実際に過去、何度も手間をかけて通報しているのです。
防犯カメラでナンバーまで特定して、顔もはっきり写っていても、検挙しないのが、警察の捜査の実情なんです。
まあ、それでも、悪質と思う場合は、通報するようにはしているんですが、続くようなら、対策をしていこうと思います。

昼からは薪製造機の修理をしました。
昨日ログテーブルを接続もしたい、とかいたと思うんですが、一度に園に運べないので、薪製造機から作業をしました。

チェンソーが引っかかって切れない症状が出て、ラムを戻す位置を調整するプレートの問題かと思って、ラムを持ち上げてプレートの位置を調整したんですが、それでは改善しませんでした。

この調整、恐ろしく手間なのです。
なもんで、ホールソーでインパクト用のソケットが入る穴を開けておきましたが、延長しないとちょっと届かない感じです。
延長のための工具を持ってくるのを忘れたので、微調整はまた今度にします。

バーを動かすシリンダのコントロールバルブを調整して、とりあえず、今のところは引っかかる症状が改善しました。

まな板台車ですが、M さんたちが修理してくれていました。
板は全部は剥いであって、ビスが残っている部分の処理をしていました。

キングピンの上のところなんですが、水抜きの穴が小さくて、泥水が溜まっていました。
ここは、着脱可能なように縞鋼板でもで蓋をして、たまに掃除できるようにした方がいいと思うのですが、水はけを良くするためにガスで穴を開けることにしました。
カプラに載る部分にあけてしまうと水が抜けないし、カプラにゴミが乗るのでよろしくありませんが、まあ致し方ありません。

そんなこんなで夕方になってしまったので、剥いた床板を回収して、本日退散です。
床板ですが、後で切り詰めて、薪にしようと思います。

明日は神社です。
今までは、代理を頼んでいたのですが、もう一月ちょっと経つので、明日からはできる範囲で頑張りたいと思います。

今日の入港分ですが、状況を確認する余裕はありませんでした。
まあ、今日の今日で、はんにゅされることはないと思いますが。。。

それと久しぶりに、煙突の見積もりの依頼をいただきました。
カナダの ICC 社製の煙突です。
ただ、こう円安と、運賃の高騰があっては、従来に比べて相当価格が上がってしまいます。
さらに、現地の価格自体も上昇していますし。
極力無駄のないレイアウトを提案して、性能を犠牲にせずにコストをカットできるように計画をしてみたいと思いますが、国産の高木・新宮なども高品質なものも併せて提案してみたいと思っています。

ボブキャットの回送

しばらくは晴れが続くようなので薪割りをしようと思うのですが、この間チップ作りのためボブキャットを第 2 ヤードに回送してあったんですが、今日はそれを回収しました。

SV-100 も回送してあるんですが、それは自分で運べないので、頼みました。
ちなみに、SV-100 の回送費用ですが、12,100 円(税込)でした。
つまり、チップ代ですが、第 2 ヤードでやると、+24,200 円かかる、ということになりますね。
人件費としては、2 人で半日なので、1 人/日で 12,000 円。
燃料代が 5,000 円とすると、機械損料が同じくらいかかるとして、10,000 円。
本当は、フレコンも傷んだりするんだろうけど、考えないことにして、79,200 円かかります。
そうそう、フレコンに詰める作業の時間も計算していません。
これで、乾燥薪が 20t 出来るとしても、1t あたり 3,960 円チップ代がかかりますね。
約 4 円。
現状、3 円で計算しているし、大きすぎて使えないものを跳ねているんですが、その処理も棚上げしているので、毎回回送していたらお話になりません
実際、今日、2 時間くらいは回送にかかっているので、燃料代を含めて大体 5,000 円くらいはさらにかかっているってことになりますね。
この辺も、昨日の動画じゃないですが、もっと効率よく作業を進めないといけないかなと思うところです。

まあ、チップについて問題が山積みなのはさておき、昨日、アイソウが定休日だったので、帰りに寄りました。

アイソウの前に運輸局に寄り道して、まな板台車の車検が切れて、自賠責も切れてしまっているので、自賠責保険をかけ直しました。
修理のために回送するにしても、臨時運行許可、いわゆる仮ナンバーが必要です。
仮ナンバーを借りるためには、臨時運行する間、自賠責保険が有効である必要があるのです。
荷台を修理する必要があって、今体調がこんな感じですから、とても屈んで床板を貼るのは無理があります。
通常、自賠責保険は、次の車検までか、+1 ヶ月しかかけられなくて、大型のトレーラは 1 年車検なので、12 ヶ月か、13 ヶ月ということになります。
事情を説明して、14 ヶ月で掛けた旨伝えたら、OK ということで、14 ヶ月で掛けました。
ちなみに、1 ヶ月でも 3 年でも、自賠責保険料は 5,000 円くらい、今年は 5,250 円でした。
明日スタートなので、14 ヶ月後は R5/8/9 ということになるので、それよりも 1 年以上前に車検を受ける必要があります。
そうでないと、また 5,250 円払うハメになります。。。

ピクチャレールですが、オリジン工業、というところのもののようです。
MADE IN JAPAN ですが、結構いいお値段ですね。
ワイヤですが、レールに引っ掛けるフックにドリルで穴が刳ってあって、そこにワイヤを通しているタイプのものが付属していたんですが、これ、結構高くて一つ 1,800 円くらいしました。
ワイヤをフックをバラバラで買うと数百円ほど安くなるんですが、ワイヤがアイ加工してあり、フックに引っ掛けるようになるので、統一感がなくなるのです。
かなりどうでもいいことなんですけど、気づいてしまう時になるので、結局高いのを買いました。

その後、一旦家に戻って、仮ナンバーを北条支所に借りにいきました。
750 円かかりました。

帰りに思い立ってダイキに寄ってホースの口金の確認をしました。
PF(G) 3/8″ と聞いていたのですが、その通りでした。
ただ、平行ネジなので、どうやってシールするのか、多分、シート面だと思うんですが。。。

せっかくダイキに寄ったので、壊れているセンサーライトがセールになっていたので一つ買ってきました。
早速取り付けたんですが、ちょっと電源コードが短くて、不細工なことになりました。
まあ、夜中に家の周りをうろうろすることもないんですけど。
古いものは、まだつけっぱなしなので、もう少し怪我が治ったら、なんとかしようと思います。

特に仕事をしてないのに、夕方になってしまって、本日終了です。

明日は明後日の地鎮祭の準備をして、まな板台車の回送の準備もしたいと思います。

潰れた骨は元に戻らないそうです

一ヶ月経って病院に行ってきました。
いやはや、待ち時間の長いこと長いこと。
10:00 に家を出たんですが、戻ったら 14:00 くらいで、すごく疲れてしまいました。
半日仕事ですね。

レントゲンを撮って、経過を見てもらった感じなんですが、結論から書くと、まだ養生しろ、ということでした。
痛いですかとか、痛み止めは要りますか、そういうのはほぼないんです。
湿布を貼っておく程度でいいんですが、現実問題、痛かったのなんてコルセットができるまでで、それまでも動かなければどうということはなかったし、それ以降は全く痛み止めなんて必要を感じません。
痛くなかったら仕事してもいいですけど、重たいものを持ったりはダメ、ということで、それって仕事にならんでしょう、という感じです。
後、お辞儀をしていいですかというと、それができないようにコルセットをつけているんですけどといわれて、それもそうか、ということで、お宮もまだ無理そうです。
薪の仕事自体は梅雨入りしてあまりできなくなりそうだし、その間に治るといいんですが。

超音波や酸素についても聞いたんですが、超音波で治るのは長さがある骨、ということで、腰椎はそもそも対象外で、酸素も特に効果があるとは言えないような口ぶりで、コスト対効果という意味では、う〜んみたいな反応でしたから、まあ、そういうことでしょう。
結局は時間をかけないとどうしようもない感じです。

それと、潰れた骨ですけど、ここがこうだから固まり始めてますね〜、みたいなことを言ってたんですけど、四角くないのですよ。
そのことについて聞いたら、このままですってことで、四角に戻すには手術が必要で、セメントを注入して固めるとかなんとか恐ろしいことを言ってました。
潰れたまま固めたらどうなるのかといったら、背が縮むそうです。
微妙に曲がった状態になるようだし、でもまあ、なるようになるでしょう。

とりあえず現状はそんな感じで、家に戻ったら疲れて熟睡してしまいましたが、活動時間と同じ時間、寝落ちするくらい疲れてしまうのが問題です。
全く仕事ができないわけでもないので、短時間でも負担の少ない作業から復帰していこうと思います。

薪の件ですが、現状、全ての薪の乾燥が仕上がり、出荷のための選別も終わりました。
次の薪を割らないといけないんですが、上記の通り、重たいものが持てないのと、腰を曲げられないので、チェンソー作業が無理です。
ログテーブルを接続すれば、長いままでもなんとかなりそうなので、来週はその作業をやりたいと思います。

それで、ログテーブルなんですが、1 台は組み立てたんですが、見ての通り、チェンとチェンの間隔が広くて、2 本しかないのです。
このままだと、曲がりが強くて短く切り詰めたものなどを搬送することができませんし、逆に 3m, 4m と長いものは幅が足りない、という状態になります。
2 台分の材料を使って 1 台, 4 本のチェンのものを作ろうと思いますが、チェンを駆動する方法をどうするのか悩んでいます。
手間をかけないなら 2 台の油圧モータを直列につなくのが良いと思うんですが。。。
この辺りもやって見るしかないですが、チェンを駆動するための油圧をどこからとるのか、ということは問題です。
当然、最終的には薪製造機から取る必要があるんですが。

明日は、いわゆる法事です。
おそらく、これだけで疲れてしまうと思うのですが、入荷した貨物の出荷や納品作業も少しづつ進めたいと思います。