予約品の発送完了と次の配達

予約いただいていた商品ですが、X7 も発送が完了しました。
一通り漏れなく発送したかなというところです。
大変長らくお待たせいたしましたが、到着まで、しばらくお待ちいただければと思います。

それで、次の配達のために、まな板台車を回送しました。
小さなコンテナの引き取りがあるので、次はまな板で配達に行きます。

園についたら、いろいろ干してました。
チップも水を吸って燃えにくくなったということで、木工ででたおがくずとブレンドして天日干しされていました。
この前の配達で濡れてしまったコンテナも乾いていました。

薪乾燥機ですが、やはりチップの品質がとても重要なようで、よく乾いて均一なチップを使い、それで初めて安定して稼働するようです。
生乾きのものだと、灰が多く出たり、燃焼温度が低く煙が出たりして、薪ストーブと同じで、ろくなことはないのだろうと思います。

ただ、ふるいにかけると結構な量の大きめのチップが発生するので、それを破砕し直した方がいいんじゃないか、という気もしないでもないんですが、破砕機も安くはないので、形の悪いものは捨てて、チップ自体を買った方が安いというのが現実です。

積み込みをしようかと思ったら、ビニールがないということなので、台車は切って帰ることにしました。
微妙に置いてある丸太がとってもとっても絶妙に邪魔なのですよ。
台車が伸ばせないので 3 回も切り返しましたよ。
プロなら一発でしょうけど。

薪製造機ですが、写真のコントロールバルブからオイル漏れがあったので O/H してもらい、ついでにハーベスターのケースドレンのホースもクラックが入っていたので、新しく作り直してもらいました。

他にもちょっと怪しいところがあるんですが、ラム自体、微妙に曲がっていて、交換品がカナダに届いたので、次の雑貨と一緒に輸入するつもりです。
かなり時間がかかりました。
ラムの交換作業でかなりバラすことになると思うので、その時にいろいろ点検したいと思っています。

それで次の配達ですが、今のところ、日曜日の午後くらいに出発、与島に到着して仮眠、翌朝、神戸の VOLVO ディーラーの丸栄さんに寄って、和歌山の薪文化さん配達、その後、茨城にコンテナを引き取りに行く予定です。
本当は、かわはらさんのところにも寄りたかったんですが、都合が合わず。。。
ぼちぼち気をつけて頑張りたいと思います。

次々回 FISKARS 製品入荷予定

週も変わり釜山には 6 日に入港済みのはずなので、そろそろ A/N が届いても良さそうな今日この頃ですが、まだ届いてないので、届くものを次回とすると、そのさらに次、次々回の FISKARS 製品の入荷の予定の話です。

ブッキングがあったと連絡があり、一応のスケジュールが示されたので、備忘録を兼ねてメモしておきます。

ETA がなんか遅れてるなと思ったんですが、7/15 ってことになっちゃってますね。
まあ、ここに書いてあることは全く当てにならないんですが、BUSAN, KR の 7/8 はほぼ予定通りに行くとは思います。

それで、元々のスケジュールはこんな感じだったんですが、CFS Closing 6/9 に間に合わせてくれと言う話になっていたのに、どうして間に合わなかったのか、甚だ疑問です。
単純に、締め切りが早まったからなんでしょうけど。。。

とりあえず、次回、ここでそこそこ纏まったものが入荷して、予約販売分がなければ、一月くらいは売れるペースが今までと同じであるとすれば、在庫が切れることはないと思います。

なので、7/15 が予定通りに入ってくるなら、多分なんとかなるのではと思いますが、ちょうどボーナス時期ですから、コロナの影響がどの程度出るかはわかりませんが、7/15 か、その一週間前の入荷かってのは、クリティカルな差になるんですよね。

とはいえ、今更ガタガタいっても仕方ないので、なるようにしかなりません。
少し多め、4 パレットになりましたが、TrueNorth TN20 は先送りしています。

内容も 40″ x 48″ のパレットなので、4t ユニックには 3 枚しか乗りませんから、大型で引き取りに行きたいと思います。

ちなみに、次回のは、2 パレット、Totals:2259.6kg, 3.995m3 なのです。
次次回が 4 パレット、5.943m3 なのに、2014.0kg と 1.5 倍の体積でむしろ軽いわけですが、この差はずばり、IsoCore Maul の数の違い、です。
IsoCore Maul は、とにかく重いってことですね。

それはそうと、薪製造機 WP36 ですが、ラムがちょっと歪み掛けていて、修理部品を一年近く前に頼んだんですが、その代金がようやく請求されました。
請求された=出荷された、かと思ったら、請求されただけ。。。
いったいいつ届くんでしょうかね。。。

あと、もう一点困っていることが、チェンソーオイルの供給の問題で、作動油を重力により供給する仕組みなんですが、まともにオイルが供給れないので、ソーが作動状態になったら = ソーを送るシリンダに圧がかかったら、そこをパイロットとして、重力式のバイオオイルタンクからの弁を開く、というようなパイロット圧で操作できる弁がないかなと思っています。
そうすることで作動油ではなくバイオオイルを使用できますし、バイオオイルは良くも悪くも腐るので、必要最低限の吐出にしておかないとソー周りでオイルが樹脂化したら掃除が厄介ですし。
12V 電源を用意できなくはないので最悪ソレノイドバルブを使い、リミットスイッチで開閉すれば済む話ではあるんですが。
どうしても、バイオオイルを使わないといけないわけではないので、バーオイルをシリンダの回路から取って、ニードル弁で絞って供給するのでもいいんじゃあるまいかと思ったりもします。
とにかく、安定してくれないのが困るので。

とりあえず、明日修理屋さんを呼ぼうと思います。

これが松山の自転車だ

午前中、八幡さまに野球少年達がやってきて、石段の上り下りをしていたわけですが、自転車がすごいことになっています。

わかりますでしょうか?
全て同じ自転車なんですよ。

全部、ブリジストンのロココ です。
そして、これ、1 台 7 万円もするんです。
7 万ですよ、7 万!
お高いです。

さて、今日はというと、予定通り、オイル交換の日でした。

乾電池とか、植木鉢とか溜まっていたので、園に行くついでに埋め立てセンターによりました。

植木用の化学肥料なんですが、これも腐ったので捨てたくて、土みたいなもんだから、埋め立てかと思ったらまさかの可燃ゴミでした。
本当に燃えるでしょうか?
まあ、薪ストーブの灰も燃えるゴミなんですけどね。

それで、この前行けなかった瓢月です。
前回、3 人前を頼んだんですが、2.5 人前しか桶に入りませんということで、今日も 2.5 人前。

コロナ対策で混み合う前に行ったのに、釜揚げなんで茹でてる間にお客がどんどんやってきて隣に座られてしまいました。
ガンガン換気しているから寒いし、コロナになる前に風邪ひきそうでした。

そんなこんなで作動油を持っていったんですが、もう 1/4 くらいしかなさそうだから、下手したら足らないかもしれませんが、まあ、すこし予備もあるので、なんとかなるでしょう。

薪乾燥機で使うメッシュパレットですが、一番下の段は空気の流れを確保するためある程度の高さが必要なので、角パイプで上底にする細工がされていました。
ベージュってのは、どういうチョイスなんでしょうか。
まあ、別に何色でも問題はないと思うのですが、自分なら、銀色に塗るように思います。
帰る時に、薪乾燥機の余り物の断熱材をもらいました。
車庫というか、倉庫というか、2F を改装して事務所というか、作業スペースというか、とにかく整備をしたいのですが、その時に屋根の断熱にしたいと思います。

その後、南クリーンセンターに行ってゴミを捨てて、雑貨の配達に寄ったんですが、家はわかったものの不在で配達できず、思い立ってふらりと立ち寄ったお店がこちらです。

ゴミ袋が吊ってありますが、皆それぞれ工夫しています。

ふらりというか、要するにキャロルの車検が明日で切れるのです。
決断するなら今!
結局、LED ヘッドライトだけは譲れず、XC をお買い上げしましたけど、値引きは 2,800 円ほどでした。

納車はなんでも 1 年後くらいということで、それまではキャロルの延命が必要なんですが、あくまでも延命なので、明日軽自動車検査協会の 2 ラウンドの予約を取りました。
とりあえず、バルブ切れだけチェックして、そのままラインを通して、ダメだったらそれから考えようと思います。

かなり先のことなんで、とりあえず、純正のオーディオを借りに突っ込んでおいたんですが、2 スピーカーだし、前の時もそうだったんですが、フロントは足元にあって音が篭るので、ツイーターを別にして、リアスピーカーも追加、さらに運転席下にウーハーをつけていたんです。
デッキとしては、2DIN のもので 5 万, Apple Car Play 対応、ステアリングのリモコンにも対応しているってことなので、まあ、特に文句はないんですが、なんか Google 先生がこんな広告を打ち込んできたんですよね。

思いっきりジムニーがアピールされてます。

値段は 59,800 円だから、純正に比べたらキットや工賃分高くなる感じですが、画面は 1.8 倍もデカくなります。

最近、すっかり老眼で、手元が見ないので、デカくて見やすいに越したことはないかなというところです。

ただまあ、ここに金をかけるくらいなら、地鎮祭道具専用トレーラを買いたいところ。

この蓋付きなら、雨でも道具も濡れないし、お宮の車庫にそのまま切って保管すれば楽チン!
値段が書いてないのがアレですが。。。

先の話なのでおいおい考えたいと思います。

Eastonmade Wood Splitters — Tempest というか Perfect Split というか

久しぶりに見た変わり種の薪割り機です。

Tempest というか Wood-Mizer というか、自分は千切り機方式と呼んでますけど、キャベツや大根を千切りにするように行ったり来たりして任意のサイズに削ぎ落とすタイプです。
ただまあ、V シェイプになっているあたりと、割る方向が一定でところてん方式なのは JAPA の Perfect Split に近い感じもしないでもないですね。

たいていのメーカーってのは、まっすぐで節もない、それそこ電信柱ですか、ってな原木を持ってきて、ドヤ顔で「こんなに仕事が捗るんです」みたいなあり得ない前提条件でのデモ動画が意外と多いわけですが、この動画で感心したのは、「え、それ行きます?」みたいなのを割って見せてるところです。

詰まるんじゃないか心配になるくらいのものを、「木元竹末(きもとたけうら)」を無視して、又になった難物を末口から割って見せてます。
シリンダが映ってますけど、相当太いように見えますね。

ただ、サイトを見ても、この動画のモデルはラインナップにはありませんので、詳しい仕様はわかりませんでした。

で、個人的にちょっと面白いなと思ったのは、リトラクタブルバカ棒です。
バーにマグネットで取り付けるタイプではなく、クラッチカバーを固定するネジに折り畳みしきのバカ棒を取り付けてありました。
すぐにバカ棒をなくす自分としては、かなりツボりました。

このメーカの価格帯としては、高いものでも $10,000 くらいですから、Tempest や Wood-Mizer に比べるとリーズナブルに感じます。
ただ、Tempest や Wood-Mizer に関していえば、往復で割りますから、生産性は高いわけです。

あくまでも個人的にですが、すべてのものがところてん方式なので、詰まったらどうするのよ?という問題が気になるので、自分で作るとすれば、ウエッジ自体が動くようにしたらどうかと思います。
そうすると、往復で割れますし、詰まっても反対側の物を割れば、押し出されてつまりは解消すると思うのです。
まあ、両方とも詰まるってこともないとは言えませんけど。

で、買うか、と言われると、自分は、この薪割り機は買うことはないと思います。
少々高くても、Splitta 400 の方が格段に生産性が高いと思いますし、割りのサイズの調整ができますからね。
特にピザ向けの小さいサイズの生産を今後は目指しているので、サイズの調整がより細かくできる点は見逃せません。

JAPA 435 は、ウエッジを交換することで、割りのサイズを調整するようです。

Eastonmade Woodsplitters のものもウエッジの高さ調整はできるので、正方形でなくて平べったくなって良いなら、断面積ならば調整は可能になると思います。

平べったい薪といえば、エコエコ棟梁がチーズケーキカット の利点を説いているから、気にはなっているんですが、自分は基本的に ZM 数 があまりに高すぎるのもどうかなと思うんです。薄くなればなるほど、ZM 数 が大きくなるわけで、下限が 600 かどうかはさておき、上限というのもあるんではないのか、と思うのです。
鉋屑は大袈裟でしょうけど、パッと燃えて熾ができない、できても長持ちしない、というのだと頻繁に薪を足さないいけなくなってかったるいと思うんです。なので、燻らない限り、焚き付けじゃあるまいし、燃えにくい薪の方が好きなんですよ、自分は。
まあ、いい悪いではなくて、好みの問題でしょうけど。

Splitta 400 ですが、軍資金がないので、在庫の Brave PCLS2013GC のセールをやろうと思っているんですが、セールといっても、値引きして売れるほど利益をのせてないので、ここは汗をかく方向、組み立てて配達に出向く、というサービスをする方法で考えています。

あと、今度の貨物に Brave PCLS2013GC の電動化のための試作用資材が入っていますが、これは Splitta 400 の油圧ユニット作りにも必要になるので、その辺も並行して進めていきたいと思います。

グラップルのホースホルダー

今日は、昨日の続きで溜まっている書類仕事で午前中潰れてしまいました。

午後から乾燥機の組み立てに顔を出したんですが、薪製造機の調子が悪いということで、確認をしたのですが、バーが結構傷んでいたので、ドレッサーで調整しようと思ったんですが、行方不明で見当たりません。
代わりにグラップルのホースホルダーが発掘されたので、また行方不明になる前に取り付けました。

それと、この前、山で原木を積む時に、ちょっと無理っぽい体勢で 5 号が捏ねていたんですが、爪の先が曲がっています。
まあ、安物だから仕方ないといえばそうなんですが、爪の本数も少なくてちょっと短いものはハンドルしづらいので、修理のついでに強化しつつ、爪も増やそうかなと思います。
でもまあ、当面先になりそうですが。
相手が木なので、ほとんど磨耗はしていません。

チップですが、少し作られていました。
細かな粒子は少なめですが、チップのサイズがかなり細かいです。
サイズの調整はできないようです。
ただ、細かな粒子、粉末が少ないので、燃焼速度は早そうですが、買ってきたものよりは良いと思います。
ただまあ、捨てるよりはコストがかからない的なものでしかないので、メインの燃料になることはないでしょう。

乾燥機の組み立てはそれなりに順調のようなんですが、ひとつ大きな部品が行方不明なのです。
まあ、簡単な構造のものなので、最悪でも作れば済むことなのですが。
細かなパーツも不足しているんですが、それはハンドキャリーするそうです。

明日ですが、D/O がようやく届いたのと週末なので、通関・引き取りを済ませたいところです。
書類は今朝サクッと作りました。

あと、軽トラの車検ですが、ナンバー灯は、今日の帰り、黄色帽子によって LED に付け替えてもらいましたので、明日、軽自動車協会で確認してもらおうと思います。
明日、車検に再度落ちると 14 日までしか車検がないので、積載していかないといけなくなってしまい、面倒臭いので。
ぼちぼち頑張ります。

組み立て作業のその後

今日は神社だったので、終わってから、様子を見に行きました。

ドアも取り付いて、天井部分もあらかたでできていました。
排熱回収器だとか、煙突との取り合いだとか、そのあたりは、まだっぽいですが、フレーム部分をフォームスプレーで断熱し始めていたり、予定よりも少し早い気もしないでもないです。
明日も引き続き作業を進めるということでしたので、それなりに頑張りたいと思います。

それはそうと、寒いのもあるし、しばらく放置してあったのもあると思うのですが、昨日ユンボのエンジンがかかりませんでした。
新しいのを買おうと思ったのですが、サイズを確認するのを忘れていました。
というわけで、80B24L のようです。
5 年働いてくれたので、御の字ですね。

昨日持って帰ったものが多少玉きりされていました。
なぜか人力で。
どうしてプロセッサを使わないのでしょうかね。