ゴムクローラが切れたようです

この間の連休、貸して欲しいということで、貸し出していた先でのことなんですが、ワイヤが出ていたので遅かれ早かれだと思っていたゴムクローラですが、ついに切れた、ということです。

2003 年式で、今年が 2021 年、なので、かれこれ 18 年ということでしょうか。
記憶が確かなら、これで 4 回交換したように思うんですが、2 本あるわけだから、片側 6 年サイクルくらいで切れている、あるいは 1,000 時間ちょっとで切れる、ということになりますね。

まあ、消耗品ではあるんですが、ミニでもそれなりの価格で、今回はポイントなどを考慮すると 6 万円弱かかりました。
多少なりとも安くしたかったので、5 のつく日まで待っていたわけです。

これ、考えてみるとかなりのコストです。
1 時間あたりだと、片側で 60 円以上かかるので、2 本あるわけだから、一時間あたりクローラの損耗は 120 円を超えるということです。
ゴムの方が騒音も少なく、乗り心地を気にするようなものもないのですが、盛り土をした際に踏んで締め固める際に、結構疲れが違うんですよね。

次にお金ができたら、もう少し大型で、原木を配る用のものを一台構えたいと思っているんですが、そうなるとゴムはやめておいた方がいいように強く思います。

あと、足袋も新しいものを買いました。
これも、安いと言えば安いのですが、送料込みで 819 円 します。
すぐに痛むので、なかなかの負担です。

かなりどうでもいい話でしょうが、最近は陳建一さんの料理動画にハマっていて、その関連の動画でエビチリだの、チャーハンだのを見ています。
それで、麻婆なんですが、うちの近所のスーパーだと、豆豉(トウチ)がないんですよね。
別にどうしてもないといかんというモノでもないんでしょうが、入れたらどうなるのか、というのが気になっていました。
あと、豆板醤とか、甜麺醤ですが、陳建一さんおすすめはユウキ食品のものだったんですけど、これも置いてないので、違いがあるのか、違いわかるのはということもあるんですけど、ネットの方が安かったので買ってみました。

中華鍋を買おうかと思ったりもしたんですけど、まあ、あまり拗らせるのもどうかと思いますし、この動画とか、普通に鍋でやってるし、まあその鍋ってのが普通ではないお高いストウブだったりして、その辺が拗らせているわけですが。

そうそう、ストウブで思い出したんですが、ひと月ほど前に高島屋に行ったとき、バーミキュラの展示販売をしていた んですね。

この時にも書いたんですが、うちは炊飯器がかまどさん電気(ちなみに、こんな高いものは普通に買えないので、タダでもらっています)なんですが、これ、土鍋だから白米以外炊きたくないわけです。
ただ、炊き込みご飯とかはしたいわけです。
そして、ガスコンロは、これは身銭を切って、そこそこ(?)というか、個人的には恐ろしいほと高い ビルトインコンロ +do を大奮発して入れたわけですが、これには炊飯機能があるので、炊き込み用に琺瑯引きのダッチオーブンが欲しいわけです。

お前 Lodge を扱ってるのに Lodge にしないのか、というツッコミを入れられそうなので、なぜ Lodge じゃないのか、それを書いておこうと思います。

琺瑯引きの場合、重金属等の検査が必要になって、色ごとに検査をしないといけませんので、恐ろしいほどコストがかかるんです。
売れるのがわかっていたら、そういうコストも負担できるんでしょうが。。。
それ以上に、一番の理由があって、MADE IN CHINA なんですね。
正直、幻滅です。
自分があまり欲しくないものを扱おうという気にはとてもならないわけですよ。

それで、オーブンポットラウンド 18cm が欲しいなと思ったんですが、品切れしていたんですよね。

あれから一月、そろそろ入荷してそうなんですけど、カプラーの修理代のことが気になって、気持ちに余裕がない状態なんです。
貧すれば鈍するともいうんですが、ない袖は触れないともいいますし。

配達に行けない=商品の納入ができない=商品の代金の支払いがない、ということでもあります。
また、原木を運ぶこともできない上、ちょうど在庫の原木が完全に無くなったタイミングでもあります。
修理があまり長引かないといいんですが。。。

そんなこんなで、今日は神社の祭日でした。
9 月ももうほとんど終わりです。

今月は、少しお参りが多かったようで、月参り御幣が足らなくなりました。
ということは 50 家族は、昇殿して参拝された、ということです。
この御幣、1 体当たり 200 円程度コストがかかっているんです。(現在は、昇殿参拝された方に奉納の有無に関わらずお頒かちしています)
現時点で判断するのは時期尚早ではありますが、この取り組みにかかるコスト増加に見合う社入金の増額は認められないので、事業としては失敗かもしれません。

御朱印については、レーザー用のゴムを買ったまま止まっていて、こちらは御幣とは違って、イニシャルは多少かかるものの、そのあとは朱肉代くらいですから、コスト負担は少なくて済みます。
年に数人の方に訊かれる程度ではあるんですが、早めに準備したいと思います。

ハンマーナイフモアの値段

TITAN のスキッドステア用のハンマーナイフのエントリー にコメントをいただいたんですけど、あれ、ずっと売り切れのままなんですよね。
なんというんでしょうか、日本国内のアタッチメント類の値段って、かなり高い気がします。

久しぶりに eBay を散策してみました。
Bobcat で草刈りというのは、やはりシーンが限定されすぎると思うんです。
コンマ 1 クラス用のものを探してみました。
それで見つけたのがコレ。

お値段、EUR 1.149,00 です。

ハンマーナイフの大きさや、製品の重量(55kg)からして、クサカルゴンほどの能力はないと思います。
油圧モータは、直結のようです。
クッションバルブのようなものが見えはしますけど。。。

3t クラスでもそこそこいけそうです。
おそらく MADE IN CHINA でしょう。
ドイツ製なら、問題は出づらいと思いますけど、原産国は書いてないです。

もうちょっと(3 倍くらい)出すと、まともな原産国のものが買えます。

ちなみに、国内だと、カリアゲくんだとか、クサカルゴンに似た後発品もありますけど、定価の話をすると、100 万を軽く超えて、ちょっとした軽自動車の値段です。
どう考えても、軽自動車ほどの工作精度でもなければ、技術力も必要ありません。
明らかに売れないから高い、高いから売れない、そういう残念な状態です。

個人的には、JCB Hydradig が欲しくてたまらないんですが、ついでに言えば、fail mower ではなくて mulcher の方が太いものも処理できるのでいいかなとも思うんです。
日本じゃあ、タイヤショベルは流行らない気はするんですが、ヤードでの原木の積み下ろしがメインだったら、悪くないと思うんですけどね。
あと、公道を自走できるとしたら、大型特殊でいいんで、大型や牽引がいらないので、免許の敷居が低くていい気もします。

こんなこともあろうかと

今日は微妙な天気でした。

とりあえず、雨が止んでいるうちにお宮駐車場の片付けをしました。
製材に出して、残ったものが戻ってきていたんですが、それを露天に置いたままになっていたんです。
梅雨入りってことで、まあ、ろくなものはないんですが、腐らせると勿体無いし、何よりも邪魔なので、太陽電池小屋にしまうことにしたわけです。

ところがどっこい、行ってびっくり、この前の激しい雨でゴミが流れ込んで、太陽電池小屋の出入り口前のトラフが詰まってしまって、泥水が中に流れ込んでしまいました。
クロックスなので滑って転びそうになるし、綿の断熱材はちょっとだけ泥水がついてしまうし、散々な状態です。
これの掃除はなかなか大変なことになりそうなんですが、先送りにして、なんとかユンボで吊って、搬入だけはしておきました。

次いでというわけではないんですが、一番奥にしまい込んであった薪割り機の在庫 2 台は取り出しました。
K さんに部品を頼まれているので、 1 台は共食い整備用にバラそうと思います。
もう 1 台、今日注文が入ったので、倉庫でエンジンが部品どりされている半組み立て品があるので、K さん用の部品採りをした残骸でニコイチしたいと思います。
そのニコイチで PCLS2013GC の在庫は完売ですが、完成品のみとなります。

壊した石垣の片付けの続きをしようと思って、回送している時気づいたんですが、なんということでしょう、ツースがすっかりすり減っって、穴が空いてます。

こんなこともあろうかと、替えのツースは 10 年くらい前に安かったので、ヤフオクで買ってあったのですが、問題は、ピン抜きの工具がないことです。
まあ、それで今まで放置されていたわけですが、仕方ないので工場に持っていって、がたつくようなら、溶接して固定してもらおうと思います。
今回アダプターを新調しても、次にツースが減るタイミングでバケットやユンボ自体の寿命が尽きていないとは限りません。
なので、当面使えればそれでいいのです。
2003 年式ですから、20 年近く使って、ようやくツースを交換ですから。

そんなわけで、バケットは入院して、フォークに付け替えて石を整理していたら、なんということでしょう、ホースが爆発して、油でベトベトになったじゃありませんか。

こんなこともあろうかと、替えのホースはもちろん準備済みであります。
MADE IN THE USA, 要するに既製品の安物、両端 1/2″ NPT-M にしてあるので、薪割り機と共通です。
薪割り機用にホースを在庫してあるんですけど、どうでもいいことですが、未だかつて 1 本も売れたことはないのでありました。

そんなわけでホースを交換して、間知石の回収作業は終了です。
どうでもいい情報ですが、ここら辺の明治時代くらいの間知石は、倉橋島の石 が多く、国会議事堂の石と同じです。
ただ、桜色を通り越して、錆色に近い、品質の低いものですけどね。

大きな石の救出が終わったので、グリ石の救出です。
集めたら材料ですが、混ざったままだと、残土・廃棄物です。
とりあえず、軽トラに集めて、隅っこに集積しておきます。
次に(っていつ?)擁壁工事をする際に使います。

まあ、そんなこんなで真っ暗になってしまって強制終了です。
あと少しだったんで、実にキリが悪いです。

明日は天気次第ですが、車検が終わっているまな板台車の引き取りや、残りのみかんカゴとユンボの回送、原木の引き取り、薪割り、etc できることから片付けていこうと思います。

Brave(ブレイブ)13t TMH1315 発送

写真の通り、とってもコンパクトです。
Brave(ブレイブ)13t 往復タイプ、TMH1315, 2 台のうちの 1 台が北の大地に発送されました。
一応二人で持ったら持てなくはない重さです。
これは廃盤で、次はありません。
運賃は来月までわからないです。

もう一台は園で使う予定です。
20t を GX200 + 13GPM ポンプに換装して多少スピードアップしつつ、GC160 + 11GPM ポンプが余るので、13t をこれで使おうという算段です。

それで、園に行った帰り、ViO30 を持って帰って、駐車場への侵入路を広げようと思ったんですが、エンジンがかかりません。
セルは回るんですが、燃料が来ていない感じで、グローアップするとかかりそうになるんですけど、バッテリーが痛むといけないので早々に諦めて、修理を呼びました。
なんでも、なんとかソレノイドがなんとかかんとか、とにかく部品の交換が必要とのことで、2, 3 日は使い物にならない感じです。
この間、特定自主検査をしたばかりで、その時になんで分からなかったんだろう、と思うんですが、まあ、壊れる時ってのはそんなものなんでしょう。
3,800Hr ほど回っていましたので、そろそろ労ってやらないといけませんね。

次は ViO55 の林業仕様が買えるといいんですけど、キャノピー仕様で 800 万するようです。
ソー付きだと、0.25 クラスで 1,200 万、0.4 クラスで 1,500 万するようです。
トレーラからの荷下ろしを考えると、0.4 クラスで、フラットシューにしたいところですが。。。
とてもとても、補助金が 2/3 くらい出ても、薪ではしんどい金額です。

薪の生産状況ですが、乾燥が終わって、次の配達に向けて積み込みが終わりかけているところでした。
今日、夕方までには積み終わる、ということなので、明日の夜に回送して、明後日出発しようと思います。

それはそうと、今日は残念なメールが届いていました。
バンクーバー便ですが、なんでも、荷物が集まらなかったので、コンテナが仕立てられませんでした、と。
12 日にブッキングして、とっくの昔に CFS に搬入してあり、23 日に船積みの予定だったんですけどね。

シアトル便の方ですが、書いたかどうか忘れましたけど、本船は SOFIA EXPRESS/064W で 4/12 付の B/L が届いたので、船積みされたっぽいんですが、その後どこにいるのか、情報が更新されていません。
というよりも、位置情報では、まだ TACOMA(シアトル)にいますし、その後の予定、大抵はバンクーバに寄ってからアジア方面に向かうんですが。。。、それも白紙で何も情報がありません。

大体、釜山までで 3 週間くらいと思っておいたら間違いがないところなので、そうすると 5/3 頃、釜山入港になって、すんなり 1 週間くらいで接続してくれると 5/10 頃に松山入港って感じになりますか。

取り寄せ中の薪割り機があるので、早く届いてくれるといいんですが、接続に 2 週間かかることもあるし、食品の申請も必要な貨物が含まれるので、発送可能なタイミングとしては、当初案内した通り、5 月中旬から下旬くらいかなというところです。

釜山入港のタイミングがわかったら、予約をしている方にはアナウンスしたいと思います。

乾燥機の修理とインタローッキングブロック洗浄の続きと崖崩れの土砂の片づけと

自分は今日は乾燥機の修理でした。
結論から言うと、復旧はできませんでした。
というのもの、正常な状態がどうなのか分からないので、逆に言うと、どこが問題なのかわからなかったのです。
確認したことを写真付を含めてメーカーに送って、点検すべき箇所等あたりをつけてもらおうと思います。

午後からは、お宮の作業でした。
5 号がインターロッキングブロックの洗浄で、自分は崖崩れの土砂の片付けをやりました。

とりあえず、白いインターロッキングは洗い終わった感じなので、全体の 1/3 くらいはできたかなと言うところです。
洗い終わったら、目地の砂を補充して、完成。

崖崩れですが、山道に落ちてきている土砂は概ね撤去した感じですが、撤去したというよりは単に下に落としただけで、道路の下もいっぱいになってしまったので、ダンプを借りてくるなりして運ばないとどうにもなりません。
2 トンでは埒が明かないと思うので、4t を借りようと思うんですが、日曜日に Y くんがきてくれるかとうか、です。
道路ギリギリに積み上がっていますので、早めに片付けたいと思います。

それはそうと、ボブキャットのタイヤの空気が減っているような気がします。
重くなると少し傾くので。

それで前々から気になっている マキタの 18V 空気入れ MP180DZ を思い出しました。
これ、以前は 18V がなかったんですが、いつの間にか出ていました。
コンプレッサもあるので、別に充電式である必要はないんですが、ちょっと気になります。
やはり電源がなくても良いと言うのは、山とかで便利かなと思うのです。
ただ、年に何回使うのか、と言うことを考えると元は取れない気がしないでもない。

Amazon だと、8,230 円のようです。(バッテリー別)

同じく Amazon でいちばんの売れ筋のガンの値段が 2,750 円です。

差額は 5,500 円なので、とっても微妙ですね。

ちなみに、MonotaRO でかった 12V の空気入れですが、一度も使ったことがありません から、まあ、そう言うことかなと思うんです。

さらに古い話になりますけど、ハイガーのコンプレッサがマキタバッテリーで動く わけで、これは結局、ハイガーだから買わなかったわけですけど、総合的に考えると、これがまともなら、いちばん良い解決策であるとは思うんですよね。

とまあ、そう言うことを思っていたら、夕方、またユンボの履帯が外れかけました。
ワイヤーが切れて飛び出しているんですが、そちらがゴムだけで保っている感じでかなり伸び気味で、反対側に対して、長さが変わっているので外れやすいようです。
ワイヤーが完全に見えていると言うか、もう、秒読み段階であることは間違い無いので、空気入れを云々する前にこっちの安いお店を探すのが先になりそうです。

そろそろ限界か — ゴムクローラが外れる件

予定通り W さんと、2 年前に参道の崖が崩れた箇所の片付けをしました。

で、朝一、早速ゴムクローラが外れました。
ちょっと張りが甘かっただけなのかな、と思いましたが、道具を持っていなくて、W さんが取りに帰ってくれて、直したんですが、またまた小一時間したら外れてしまい、また直す羽目に。
かなり強めに張っておきました。

実際のところ、大して減ってはいないのですが、数年前、反対側が切れて、記憶が確かならこの時も W さんと、Y くんと交換した気がする んですが、この時すでに交換してもいいかなと思う状態だったんです。
でもまあ、もったいないから切れてからにしよう、ということで今日まで粘ってきた訳ですが、そろそろ限界かもしれません。
強く張ったので、所々亀裂部分からワイヤが見えていますので、時間の問題かも。。。

あるいは、この間、スプロケットは交換したんですが、アイドラやトラックローラは何もしていません。
トラックローラやキャリアローラは手で回してみて軽くスムーズに回るし、アイドラも今のところ異音がするとかガタガタするとかそういうのはないんですが、元々の山がどれくらいあったのか覚えていないので、減ってるのか、減ってないのか、それ以前に交換するようなものなのか、そこのところがわかりません。
ちょっと強く張っているので、旋回時に音がすることがあったりするんですが。

それで作業なんですが、捗らなかったわけではないんです。
ないんですが、お茶を飲む時間すら節約した感じがあるんですが、W さんにダンプで走ってもらって、自分積み込みと整地とをほぼ休みなしでやって、進んではいるんですが、「千里の道も一歩から」という言葉が頭をよぎるような状態です。

たちまち道路に雨で土が出る状態ではないというところまでは片付けたんですが、崩れた土を取り除いた後は、単に掘り下げただけで、崖側は切り立っていますし、そもそも地山自体が安定角の 30° を超えているので、切った断面には全て落ちて堆積した層がいくつか見えてバウムクーヘンの断面みたいになっている訳ですから、このままではあっという間に元の木阿弥かなと思う訳です。

自分なりに考えてみたんですが、ダンプへの積み込み速度が .1 だと遅すぎるので、ユンボは整地して、土砂を道路側に繰り出す作業のみをして、繰り出した土砂はボブキャットで、道路の反対側に崖下に落とし、その崖下は作りかけの駐車場なので、そこにいったん溜めておき、充分貯まったら、W さんにきてもらうか、ダンプを借りてきて、ボブキャットで積み込みをすれば、ダンプを使う経費の節約になるのではと思うのです。
ボブキャットのバケットは .4 だし、歩く速度は倍くらい速いので、通常の 3 倍w くらいのスピードで作業が進むのではと。

この作戦の問題は二つあって、一つは道路をボブキャットで横切らないといけないこと。
もう一つは、ボブキャットのバケットを太陽電池小屋の奥のほうにしまってあるので、取り出すのがかったるいってこと。
うまくいくかは分かりませんが、今のやり方だと、お金がかかって仕方ないので、5 号と二人でできる方法である程度、トライしてみようと思います。