Brave(ブレイブ)PCLS2013GC のストレーナの詳細判明

Brave(ブレイブ)PCLS2013GC のタンクの件の続きです。

このタンクには、全部で 3 つの穴(?)が空いているわけです。

このうち、サクションストレーナがハマっている部分の規格がわからなかったんですが、ストレーナの見積もりを取ったら、仕様が書いてありました。
ストレーナとは、吸入する油を濾過する、網の部品です。

3/4″ FPT x 1-1/2″ MPT

それぞれ、全てメスで、

  • ブリーザキャップ(作動油を入れるところ) 3/4″ NPT
  • ストレーナ(作動油をポンプに送るために吸い出すところ) 1-1/2″ NPT
  • リターン(作動油がタンクに戻るところ) 3/4″ NPT

と判明しました。

ちなみに、部品代ですが、ストレーナが $17、エルボが $12 でした。

エルボは恐ろしく高いし、純正品である必要は全くないので、ここは汎用品で良いとは思います。
もっと言えば、単なるエルボではなく、エルボの竹の子でいいと思うんですよ、樹脂のと同じで、それが金属であれば。

いずれにしても、Brave(ブレイブ)PCLS2013GC は、コンシューマ向けのモデルで作動油の容量が業務用のモデルに対して半分以下ということもあるし、エンジンに割れた薪が当たることがあったりでカバーが欲しいこと、あとは、電動化したいという要望にも対応したいので、国内でフレームを作ったらどうかと思っているわけですが、とりあえず、必要な情報は出揃った、というところでしょうか。

それで、少し気になる動画を見ました。

ポンプの芯出し、という動画なんですが。。。
なんとも大変な作業です。

薪割り機のポンプの場合、この作業を省くために旋盤加工してあるブラケットを使うことで勝手に芯が出るようになっているんですが、JIS モータの場合それができませんから、脚の高さの調整だの、ありえないほどの面倒臭さです。
はてさて、ジョーカップリングを使ったとして、どれくらいの精度で芯出しをすれば実用上問題ないんでしょうか、気になりますが、それ以前に、お客さんがここまで細かな作業をできるのか、ということも問題ですよね。
マイクロゲージとか、自分は持ってませんけど、普通は持ってないでしょうし。

それで、業務用というか、Iron and Ork の BH2W2016GX についてです。

全然造りの堅牢さが違う、タンクのサイズも違うことが一目瞭然かと思います。
値段も別次元で、Brave(ブレイブ)PCLS2013GC の 3 倍くらいしています。
まあ、やりすぎかと。

タンクについては、業務で使うなら、オイルクーラーをつけないなら、やはりこれくらいの容量は欲しいところです。
ただ、タンクをやたら大きくしてフレームと共用にすると、必然的に重たくなる、という問題があるわけです。

30kg を超えると運賃が跳ね上がります。
佐川では一応 50kg までは持っていってくれるんですが。。。
あとは、らくらく家財宅急便を使う方法ですが、これは配送に時間がすごくかかるという、痛し痒しです。

タンクについては、フレームと共用にするのか、フレームとは別にするのか、別にするなら既製品を使うのか、など検討する課題が多くあります。
フレームと別にするのなら、既存のフレームに背負い込む形でもいいわけですし。

おいおいやっていこうと思います。

予約品の発送完了と次の配達

予約いただいていた商品ですが、X7 も発送が完了しました。
一通り漏れなく発送したかなというところです。
大変長らくお待たせいたしましたが、到着まで、しばらくお待ちいただければと思います。

それで、次の配達のために、まな板台車を回送しました。
小さなコンテナの引き取りがあるので、次はまな板で配達に行きます。

園についたら、いろいろ干してました。
チップも水を吸って燃えにくくなったということで、木工ででたおがくずとブレンドして天日干しされていました。
この前の配達で濡れてしまったコンテナも乾いていました。

薪乾燥機ですが、やはりチップの品質がとても重要なようで、よく乾いて均一なチップを使い、それで初めて安定して稼働するようです。
生乾きのものだと、灰が多く出たり、燃焼温度が低く煙が出たりして、薪ストーブと同じで、ろくなことはないのだろうと思います。

ただ、ふるいにかけると結構な量の大きめのチップが発生するので、それを破砕し直した方がいいんじゃないか、という気もしないでもないんですが、破砕機も安くはないので、形の悪いものは捨てて、チップ自体を買った方が安いというのが現実です。

積み込みをしようかと思ったら、ビニールがないということなので、台車は切って帰ることにしました。
微妙に置いてある丸太がとってもとっても絶妙に邪魔なのですよ。
台車が伸ばせないので 3 回も切り返しましたよ。
プロなら一発でしょうけど。

薪製造機ですが、写真のコントロールバルブからオイル漏れがあったので O/H してもらい、ついでにハーベスターのケースドレンのホースもクラックが入っていたので、新しく作り直してもらいました。

他にもちょっと怪しいところがあるんですが、ラム自体、微妙に曲がっていて、交換品がカナダに届いたので、次の雑貨と一緒に輸入するつもりです。
かなり時間がかかりました。
ラムの交換作業でかなりバラすことになると思うので、その時にいろいろ点検したいと思っています。

それで次の配達ですが、今のところ、日曜日の午後くらいに出発、与島に到着して仮眠、翌朝、神戸の VOLVO ディーラーの丸栄さんに寄って、和歌山の薪文化さん配達、その後、茨城にコンテナを引き取りに行く予定です。
本当は、かわはらさんのところにも寄りたかったんですが、都合が合わず。。。
ぼちぼち気をつけて頑張りたいと思います。

一通り納品完了

今朝、なんかしんどくて、そしたら朝一に Y くんから電話でお宮にいると。
晴れているので、仕事に来たというのです。
日曜日でした。
慌てて準備してお宮に登りました。

天気もいいので、境内の掃除をあれこれやりました。
除草剤の散布、雨樋、会所や水路の掃除、授与所の解体・片付け、それと、輪越し(夏越)は、屋外だけということになったので、必要のない畳など一式片付けました。
なんだかんだで 15 時前までかかってしまいました。

雑貨の方は 5 号に任せていたんですが、戻ったらあらかた出来上がっていたんで、出荷の手続きをとって、今回入荷したものは一通り納品を完了することができました。
明日か、明後日には、予約いただいている商品の出荷を完了できると思います。

それで、タンクフレームの件、その後です。

まず、不良 3 件目、静岡の Y さんですが、修理後再発ということで連絡がありました。
どうするのか、相談して方向性を決めていきたと思います。

それと、タンクフレームの不良の記事を見て、富山の T さんから連絡をいただきました。
内容としては、電動化して痛んでいないタンクフレームがあるので、必要なら提供できる、というありがたい内容でした。
タンクフレームはドレンを追加したり改造してあるとのことです。

4 件目の I さんの件は、まあ土日ですから仕方ないですが、まだ連絡はない感じで、時差があるので進展があるとしても火曜日以降になるかなと思います。

薪割り機の補修用部品ですが、コントロールバルブが品切れしました。
それで、LS-3000 をまた仕入れるか、それとも Wolverine WLS800 にするのか、ちょっと考えあぐねています。

というのもの、どちらも Prince Mfg の商品なんですが、現地の値段で、前者が $89.95 に対して、後者が $75.60 なんです。

性能をざっと比較すると次のようになります。

型番 価格 最大容量 IN/OUT Work ports
LS-3000-1 $89.95 25GPM 3/4″ NPT 1/2″ NPT
WLS800 $75.60 30GPM 3/4″ NPT 1/2″ NPT

まあ、選択肢はあった方がいいように思うので、今回は両方を少量仕入れてみようかなと思います。
ただ、最近、輸送費と、Amazon の諸経費の値上がりが酷いので、価格を少し改定しないといけなくはなりそうです。

Brave(ブレイブ) PCLS2013GC タンク不良

Brave(ブレイブ)薪割り機のタンクからの油漏れ不良、4 台目の発生です。

1 台目は、うちで使っていたものが K さんのところにとついたもの。(自力修理)
2 台目は、栃木の Y さん。これは初期不良。(交換)
3 台目は、静岡の Y さん。(自力修理)

今回の 4 台目は、三重の I さんです。

流石にタンクフレームの在庫はないので、どうしたもんかと思案中。
保証の対応については問い合わせ中ですが、FISKARS 同様にチャイニーズウイルスでリモートワーク中ということで、しばらく時間がかかりそうではあります。

それで、タンクからのリークが発生する確率としては、結構無視できない数字になりました。
一応、仕入れ元に Brave(ブレイブ)に頻発しているから、設計を変えた方がいいんじゃないか伝えて欲しい旨は、合わせて書いておきましたけれども、既に市中に出回っているものについて、今後 5 年, 10 年先を見据えれば、エンジンマウントをぶつけることもあるかもしれないし、やはり対策を講じる必要はあると思うのです。

仮に保証対象ということになった場合ですが、I さんには次のように提案しました。

元々このアイテムの場合、アメリカ国内では部品は無償なのですが、日本までの運賃はかかります。
形が歪なので、2 台目のケースでは、パレット 1 枚に乗っていたもんで、1.2 x 1.0 x 0.4 = 0.48m3 くらいの容積を食ってまして、3 万くらいかかってしまったわけです。
この部分をこちらで負担させてもらう代わりに、不良品のフレームを送り返して欲しいと。
通い箱を作っておいて、不良品を回収したいのです。

不良品は、溶接で修理して、次に不良が発生した際に同じように交換するようにすれば、お客さんは送料とフレームの交換の手間で修理できるので、運悪くタンクに不良が生じても、負担は最小限に収まるのではないかと思うのです。
尤も不良が出ないのが一番ですが、ここは重松がどうこうできることではありませんから。

それと、多分ですけど、ストレーナー周りですが、Rev F, F 型 ですが、こいつはフィッティングが金属になっているんです。
わざわざ純正品を取る必要があるかはわかりませんが、確認したところ次のようになっています。

タンクフレームは 38 番でして、これは買うと $225 します。

ストレーナは 2 番です。
これは前にも書いたんですが、4″ とかなり短いサイズのもので、品番がわからないのですが、少なくともいつも使っている 2 軒のパーツ屋さんのカタログには見当たりません。
消耗しないので、在庫を持っていないのですが、この際、一つ持っておこうと思います。

ここから先の話ですが、46, 48 番が金属のフィッティングです。
F 型以外は、これが 3 番、樹脂製の一体型のフィッティングなんです。

Item Parts Number Description
2 4011 4” Suction Strainer
38 791605 Hydraulic Tank
46 BR001098 Fitting – 3⁄4” Male x 3⁄4” Female

とりあえず、上のものを在庫に追加しておこうかなと思います。
46 番ですが、ネジについて書いてないんですが、サイズについては 3/4″ ですし、他のものが NPT なので、多分 NPT だと思います。

ストレーナについても、現物あわせでネジについて調べられるため、電動化のためのモータ使用のタンクフレームを作る時に必要なフランジのサイズも確定します。
もちろんストレーナを新品交換すれば当然任意のサイズにできるんですが、こんなもんでも数千円するので使いまわせるなら使いまわしたいわけです。

この辺りのものは、次のコンテナに間に合えばなと思っています。

次々回 FISKARS 製品入荷予定

週も変わり釜山には 6 日に入港済みのはずなので、そろそろ A/N が届いても良さそうな今日この頃ですが、まだ届いてないので、届くものを次回とすると、そのさらに次、次々回の FISKARS 製品の入荷の予定の話です。

ブッキングがあったと連絡があり、一応のスケジュールが示されたので、備忘録を兼ねてメモしておきます。

ETA がなんか遅れてるなと思ったんですが、7/15 ってことになっちゃってますね。
まあ、ここに書いてあることは全く当てにならないんですが、BUSAN, KR の 7/8 はほぼ予定通りに行くとは思います。

それで、元々のスケジュールはこんな感じだったんですが、CFS Closing 6/9 に間に合わせてくれと言う話になっていたのに、どうして間に合わなかったのか、甚だ疑問です。
単純に、締め切りが早まったからなんでしょうけど。。。

とりあえず、次回、ここでそこそこ纏まったものが入荷して、予約販売分がなければ、一月くらいは売れるペースが今までと同じであるとすれば、在庫が切れることはないと思います。

なので、7/15 が予定通りに入ってくるなら、多分なんとかなるのではと思いますが、ちょうどボーナス時期ですから、コロナの影響がどの程度出るかはわかりませんが、7/15 か、その一週間前の入荷かってのは、クリティカルな差になるんですよね。

とはいえ、今更ガタガタいっても仕方ないので、なるようにしかなりません。
少し多め、4 パレットになりましたが、TrueNorth TN20 は先送りしています。

内容も 40″ x 48″ のパレットなので、4t ユニックには 3 枚しか乗りませんから、大型で引き取りに行きたいと思います。

ちなみに、次回のは、2 パレット、Totals:2259.6kg, 3.995m3 なのです。
次次回が 4 パレット、5.943m3 なのに、2014.0kg と 1.5 倍の体積でむしろ軽いわけですが、この差はずばり、IsoCore Maul の数の違い、です。
IsoCore Maul は、とにかく重いってことですね。

それはそうと、薪製造機 WP36 ですが、ラムがちょっと歪み掛けていて、修理部品を一年近く前に頼んだんですが、その代金がようやく請求されました。
請求された=出荷された、かと思ったら、請求されただけ。。。
いったいいつ届くんでしょうかね。。。

あと、もう一点困っていることが、チェンソーオイルの供給の問題で、作動油を重力により供給する仕組みなんですが、まともにオイルが供給れないので、ソーが作動状態になったら = ソーを送るシリンダに圧がかかったら、そこをパイロットとして、重力式のバイオオイルタンクからの弁を開く、というようなパイロット圧で操作できる弁がないかなと思っています。
そうすることで作動油ではなくバイオオイルを使用できますし、バイオオイルは良くも悪くも腐るので、必要最低限の吐出にしておかないとソー周りでオイルが樹脂化したら掃除が厄介ですし。
12V 電源を用意できなくはないので最悪ソレノイドバルブを使い、リミットスイッチで開閉すれば済む話ではあるんですが。
どうしても、バイオオイルを使わないといけないわけではないので、バーオイルをシリンダの回路から取って、ニードル弁で絞って供給するのでもいいんじゃあるまいかと思ったりもします。
とにかく、安定してくれないのが困るので。

とりあえず、明日修理屋さんを呼ぼうと思います。

鉄屑 27 万円号がいよいよ鉄屑に近づいてきました

鉄屑 27 万円号とは、ユソーキのまな板台車の愛称です。
そのままズバリで 27 万で買ったから、鉄屑 27 万号です。

なんだかんだで、かれこれ 4 年近くはこの台車を引っ張っているわけです。

全塗装してみたり、泥除けを自作してみたり、スタンションを増やしてみたりと、それなりに手入れをしつつ、騙し騙し使ってきて、今のところまだタイヤ交換がすぐさま必要な状態ではないんですが、いざタイヤを変えるとなると、本体よりもタイヤの方が高いという笑えない状態になることは必至なのです。

それで、ランディングギア(脚)のハンドルというか、くるくるするやつ、元から歪んでいて癖があって、一発目の整備で修理した方がいいといわれたんですけど、慣れたら問題なくずっと使えてたんです。
ただ、やっぱり調子が悪いことには変わりがないし、うちは自宅の車庫が狭いので、台車とセットで駐めることはできなくはないんですがやりたくないので、毎朝台を繋いで、夕方に切らないといけません。

荷台の床板もこの前フォークで突き破って穴が開いているところもあるし、そろそろ腐ってきているので、張り替えが必要です。
ただ、それらを直したら、当面は使えそうです。
最近はアピトンって高いようなんで、いくらくらいかかるのか気になります。

まあ、金額次第ですが、また鉄屑を落としたほうが安いんじゃないかという思いもあるので、ヤフオク巡回です。
ありました 25 万円号、車検付き。
タンクシャーシですね。
この長さは微妙かも。。。

今日の 1 号。
いつもいつもの定位置、足の間。

フラッシュフェイスカプラですが、圧力がかかったままになっていてつなぐことが難しい状態で、プーリープラーで圧を抜いたらどうかと思ってフェイス面を押してみたんですけど。。。
周りの人が逃げる逃げる。
そして大方の予想通り、霧状に作動油が吹き出して、油塗れになったわけですよ。

1 号、臭くないのかな。。。

結論として、プーリープラーで圧を抜くのは無理、です。

対策品を使うと、機械の数ほど必要で、高そう。

こんな道具があるようです。

Ever been showered in oil while trying to connect those hydraulic hoses?

ありますとも!

どうやって使うんだろうかとも思ったんですが、別のものですが、動画がありました。

いいけど、ちょっと高いよなぁ。。。
と思ったら、ニュージーランドドルでした。
ポチなう。
というわけで、wktk しつつ、明日も元気に頑張ります。