ホース代をケチりたい件

トロンメルの話です。

ホースのことなんですが、米国で買えば高くはないんですが安くもないのです。
それで、以前書いたと思うんですが、Brave 13t が計算ほどの速度が出なくて、これはホースやポートサイズの問題じゃないかと思うのです。
なので、太いに越したことはないし、そういう意味では、薪割り機なんかは皆 1/2″ を使っているのでそれに合わせたらいいようにも思ったりもするんですが、今回、薪製造機のベルコンを駆動する圧油を横取りしてやろうという作戦でいます。
そうすると、モータの位置はベルコンの付け根になりますから、ベルコンの長さ + α、さらにトロンメルを駆動するモータは出口側につきますので、トロンメル本体の長さ + α、都合 10m くらいにはなるわけです。
往復 + ドレンですから、3 本必要です。
意外と馬鹿にならないのでは、と思うわけです。

それで、走行減速機ですが、現状 0.12 cu のポンプを使っているわけで、3,000rpm で駆動すると、1.56 GPM で運転されているということになります。

Q をフローレート(GPM), D を配管内径(インチ), V を流速(ft/s)とすると、

Q = 2.45 \times D^2 \times V

となります。

ポンプ側について言えば、そもそも SAE 6 で、この 6 って数字は Dash Size といって、1 = 1/16″ なので、SAE 6 ってのは、6/16″ = 3/8″ ってことになるので、ホース部分を 1/2″ にすれば余裕はあるんだけどね、不必要だよね、ってことになるのかなと思うのです。

それで、最も不利なのはサクション側なんですが、それですら SAE 6 のポンプもあったりして、まあ、K さんのところの初号機は SAE 8 ですが、まあ、ここは一つ 3/8″ にサイズダウンできるのかどうか、というのをちゃんと計算したらどうかと思うわけです。

2.45 \times (3/8)^2 \times 4 = 1.378125

戻り側の速度は、4 — 7 ft/s くらいとされているので最も不利な数字を採用します。
うーん、戻り側は最悪の条件では少し厳しいということになりますね。
まあ、戻り側なんで、Hosebarb を使って 1/2″ にすれば安上がりって話もありますが。
ドレンについても、同様に。

どれだけ安かがりかというと、144″ の場合、3/8″ だと $26.25, 1/2″ だと $28.90 って、ほとんど変わらないですね。
よくわからないんだけど、多分、One-wire の安物だと思いますけど、$16.95 ってのが 1/2″ にはあるから、1/2″ の方が安いってことになりますね。
なんとも。。。
流量の計算方法がわかったので、よしとします。

あと、もう一つの課題は、ベルトコンベアの流量が分からないので、フローディバイダをどうするのか、決められない、ということです。

プロポーショナルフローディバイダを使えば、ベルコンの速度は単純に 1/2 になります。
まあ、1/2 になっても問題ないとは思うんですが、問題は、それでトロンメルが駆動できるのか、ということです。
実際に走行減速機の必要な流量も分かりませんし。
K さんがインバータ駆動にしているので、逆にモータの回転数とスクリーンの回転数から必要流量を逆算した方が早いかもしれません。

流量計は結構高価なので、コンベアの方は、戻り側ホースを外しておいて、一定量が何秒でバケツに貯まるのか、という原始的な方法で当たりをつける程度でいいんじゃないかとも思います。

あ、そうそう、全然関係ないんですが、注文してあったニューマチックストラッピングツール(Pneumatic Strapping Tool)ですが、今朝届きました。
というか、知らない間に置いてありました。

早速試しましたが、引き締めはちょっと弱いような気がしないでもないです。
それと、溶着ですが、タイマーで自動で切れるからそれまで押し続けろ、みたいなことが書いてあるんですが、止まらないですね。適当なタイミングで離すと一応溶着はできているんですが。

マニュアルをざっと読んでみたんですが、タイマーの調整方法のようなことは書いてません。

実際に使う前にちゃんと調べようと思います。
高くはないんですが、安くもないので。

昨日書いた WiFi ですが、夕方、出荷の後、オートバックスに行ってみたんですが、物自体は置いてありませんでした。
なもんで、大きさだとか、そういう部分は全くわからずじまいです。

帰りに DoCoMo ショップに寄ってみたんですが、なんと定休日でした。
それも、月に 1 回の。
定休日男の本領を発揮してしまいました。

こっちは、毎月費用が発生し続けるのでよくよく考えたいと思います。

そろそろトロンメル 2 号機を作ったらどうかと思う件

配達の際に K さんのところで稼働しているトロンメル初号機がまたまた改良されていました。
写真を撮って来ればよかったんですが。。。(写真は改造前のものです)
忘れないうちにメモをしておこうと思います。

まず、駆動系があまりもののホンダエンジン GC160 から三相モーター(インバーター駆動)に変更されていて、回転速度も調整できるようになっていました。
電源があるところなら、これが一番コスト削減に繋がりますね。

あと、排出部分ですが、シャフトが延長されて、オーバー材の排出時に詰まる問題が解決したそうです。

依然残っている問題としては、ダスト等の分別はシュートを作らないと混ざるということと、門扉の鉄車輪の損耗が激しいということのようです。

うちの場合、電動化は現状はない選択肢なのですが、油圧駆動にしておけば、このように油圧源をモータ駆動にすることでロスはあるものの電動対応もできるよ、ってことですね。

それで、2 号機を作る場合のことですが、初号機に対して、次の変更を加えたらどうかなと思うのです。

  • 懸架方式については、カーゴトレーラ用(薪割り機なんかと共通)のゴムタイヤを用いて、メンテナンス頻度・コストを下げる。場合によっては、フォークリフトのノーパンクタイヤのほうが良いかもしれない。
  • スクリーンは交換可能とし、各スクリーンの下部には、シュートを設けてそれぞれが混ざらないようにする。

サイズや駆動方式、本体サイズ等は、特に設計変更の必要性は感じません。

スクリーンについては、交換可能とすることで、今は摺動式のふるいで処理している燃料用チップの分級作業について、かなりの効率化が図れるものと思います。

トロンメル製作コストのうち、最も高額な部品が走行減速機です。
それで、e-jyuki さんに買い出しに出かけました。
ヤフオクで新品が 13 万で出ているので、それにも惹かれたんですけど、前回のものと同じモータがあって 9 万円でゲットしてきました。

この走行減速機はケースドレンが必要です。
前回はダブルリリーフバルブ(クッションバルブ)を安全のために組み込みました。
e-jyuki さんと話したんですが、必要ないんじゃないのか(コントロールバルブ側にリリーフが内蔵されているし、リリーフよりも低い圧力でデテント機能が働き停止するため)ということになりました。
まあ、部品点数は少ないなら、それに越したことはないです。

いずれにせよ、2 号機の肝心要の部品は無事調達できましたので、今シーズンの早期稼働に向けて準備を進めていきたいと思います。

前回、初号機の部品は August 7, 2017 に調達しているようなんですが、内容としては、

ITEM DETAILS PRICE (e.a) QTY
20 GPM 1 Spool Speeco Log Splitter Valve $49.95 1
5 Gallon Log Splitter Hydraulic Reservoir/Tank $90.95 1
Insert For L-095 & L-090 Jaw Coupling $3.60 1
3/4″ L-095 Jaw Coupling Half $8.20 1
1/2″ L-095 Jaw Coupling Half $8.20 1
0.12 cu in Dynamic GPF1020PC Hydraulic Pump $87.95 1
SAE AA 2-Bolt Gas Engine To Pump Mount Hydra-Mount Corp G11-106 $34.95 1

ざっとこんな感じです。油圧ホース類や、フィッティングなどの細々したものは省いています。

K さんのところにエンジンがあるので、エンジン自体は部品として拾っていませんし、SAE AA のマウントもいらないと思います、多分。

最悪油圧源に関しては、薪割り機で間に合わせることもできなくはないわけですし、初めから薪製造機から取り出すのでも良いようには思います。

必要な油量に関して、走行減速機の仕様がわからないんですが、少なくとも 0.12 cu の油圧ポンプで間に合っています。

  • Disp. 0.12 cu. in. / rev.
  • Pump Type Gear
  • Rotation CW
  • Pressure: 3190 PSI rated, 3770 PSI peak
  • Speed: 2000 RPM rated, 6000 RPM max.
  • Flow: 0.97 GPM rated, 2.90 GPM max.
  • Mount 2 bolt SAE AA
  • Shaft 1/2″ dia. x 1-1/16″ long with 1/8″ wide keyway
  • Rqd. Filtration 25 micron
  • Inlet Port SAE 8
  • Outlet Port SAE 6

という具合ですね。
エンジンの場合、定格 3,000 RPM くらいだと思うので、1.5 GPM くらいの流量ではないかと思います。

上の部材のコストはだいぶ前の値段で米国内の送料も含んでません。
今だと、1.2 — 1.3 倍, ヘタをすると 1.5 倍するんじゃないかなという感じです。

ブラケットに関しては、流用しないとすると、SAE AA よりも 4F17 の方がいいし、MTE D201.7-5487 Hydraulic Pump にすると、ポンプ自体も米国製になって、0.097 cu in というところです。
ただ、IN/OUT がどっちも SAE 6 なので、SAE と NPT の変換をしてやる必要がありますね。
今買うと、$120 くらいです。

もし、ダブルリリーフを組み込むとすると、Hydraulic Cushion Valve Prince Mfg DRV-4HH, 1/2 NPT 30 GPM 1500-3000 PSI を咬ますことになるかと思いますが、これは $90 程するようです。

コントロールバルブも今は $50 を切るような値段ものはなくて、安くて、大体 $80 程度です。
手持ちの在庫は IN/OUT 共に 3/4″ NPT なので、ポンプからの取り回しは 1/2″ でやるとすると、ここも変換が必要です。

それと、油圧源については、薪製造機から取り出す場合には、移動したりする際に切り離せるようにする必要があります。
ドレンに 1/2″ は必要ないし、まあ、ここは最悪 hosebarb とクランプで凌いでもいいようにも思うんですが、1/4″ の flush (flat) face coupler を使う場合だと、オスメスセットで $26 です。
まあ、これをケチって、ホースを付け直して、その度にオイルが漏れる、ゴミが入るとかはダサすぎですね。

あと、スクリーン本体の支持方法ですが、一番手っ取り早いのは薪割り機のタイヤを使う方法です。
これだと、車軸の在庫もあるし、空気タイヤなのである程度のガタも吸収してくれそうな気もするんですけど、ちょっと弱い気もしないでもないのです。

フォークリフトのタイヤを使った方がいいんじゃないかと思うんですが、車軸側の入手方法がわかりません。
屑鉄屋さんに潰すリフトが転がってないか、転がっていたらガスで足の先だけ切ってもらって、それを使えばいいんでしょうけど。
リフト屋さんにも聞いてみようと思います。
リフトなら、かなりの荷重がかかった状態でガンガン走って壊れないので、安心かなと思います。

バーオイルのタンクを大型化

薪製造機ですが、もともとは作動油をバーオイルとして使うような構造になっていました。

カブトムシの養殖場にチェンソーダストを出荷するようになった時(今は養殖場が廃業して出荷していません)、生分解性のオイルに切り替えました。
オイルは YSバイオチェーンオイル を使っています。
それで、肝心のオイルタンクの容量がすごく少なくて、頻繁に補充する必要がありました。

今は重力式なんですが、油圧で圧入するためのオイラーを追加しようと思っているのですが、タンクは M さんが大型化して来れていました。

オイラーですが、届くまでにしばらくは時間がかかりそうなのですが、タンクが大型化されて、しばらくは凌そうです。
また、タンク位置も高くなったので、重力供給ですが、より安定するのでは、とも思います。

ホース類も固定されてぷらぷらしなくなっています。

後、原木のフィードローラですが、テーブルとの隙間が大きすぎたので、切り詰めて調整されていました。
長い原木は処理できなくなりましたが、隙間にはまってしまう、ということは減るのではないかと思います。
吉と出るか、凶と出るか。
まあ、凶と出たら、それはそれでその時に考えます。

どう考えるかというと、写真のモータがフィードローラやベルトコンベアを駆動しているわけですが、フィードローラ側はローラ自体を作り直して、V シェイプのテーブルをチェン駆動にしたらどうかと思っています。

また、ベルコンの方は、コンベアの速度は十分=油量は余裕があると思うので、トロンメルの駆動もここから分岐したらと思うわけです。

モータのお尻の中心の部分は、ヒートンのような形をした金物で、これはバンジョーというものです。
過去に記事に書きました。

それで、ベルコンの方のドレン用のバンジョーのホースですが、切れて漏れたので、アイテックさんに作ってもいましたが、アイテックさんにはバンジョーは通じず、メガネというのだ、と言ってましたから、まあ、この辺が業界の闇というか、油圧屋さんと、車やバイクのブレーキホース関連とで呼び方が違うってことで、まあ、なんともだなあと思ったわけです。
いずれにせよ、お金さえ出せば、アイテックさんがなんとかしてくれるというのが現状ではあります。
ただ、圧もろくにかかりもしないのに、高価な高圧ホースを頼むのも馬鹿馬鹿しい限りなんですよね。

それでヤフオクをまた見てみました。

ふむふむ、ダブルバンジョーボルトというのですね。

とりあえず、ネジ自体が M10xP1.25 なのかどうなのか、そこからですね。

また、JIC から NPT のフィッティングですが、JIC-4(AN-4), 7/16″-20 37° Flare から 1/4″ NPT 変換が $2 です。なので、AN-4 バンジョーフィッティングを二つ買って、この変換金物を使えば、間のホースは 1/4″ NPT の安いホースが使えます。

さらに調べると、バンジョーには、たけのこがあるんですよ。
なもんで、どのみちタンクに戻すだけで圧力はほぼかからないので、普通の耐油ホースを使えば、高圧ホース代すらかかりませんし、裂けてからホームセンターに買いに行ったんで間に合うわけです。
ただまあ、そこまでケチるほどかと言われると、甚だ疑問ではありますが。

とりあえず、一番知りたいことは、このモータの仕様なんですけどね。

まずは、バーオイルの問題から完全解決を目指していきたいと思います。

チェンソーダスト

玉切りをする際に大量に発生するチェンソーダストですが、今まではカブトムシの養殖場に出荷していました。
廃業してしまったので、ストックは溜まる一方で、一部はコンクリート土間の上に広げて乾燥させてボイラーの燃料に使ってみようと思うのですが、毎年、ヤフオクでマットを作成するので買ってくださる方がいて、今年も問い合わせがありました。
バーオイルは生分解性のものを使っています。

というわけで、園から一袋持って帰りました。
手間を考えると 1 回の取引ではとても採算は取れないのですが、まあ、何事もコツコツとやらないとかなと思うんです。
そうするうちに需要というものも見えてきて、商品化できるのではと思ったりするわけです。

3 分のふるいを買ってきてきたので、大きなものを抜くつもりです。
ビニール袋に入れるのですが、大きなものがあると、突き破って、中身が出てしまう可能性があります。
ただ、ふるいの代金を回収するだけでも、結構な量売れないといけないと思うんですよね。
まあ、ボチボチ頑張ります。

そういえば、薪製造機ですが、オーバーホールするにはしたんですが、バーオイルの供給に関しては、手付かずです。

結構、オイルの供給は手間なので、バーオイルポンプを注文することにしました。

HAKKI のもの は推測ですが、ソーモーターか、バーを駆動するシリンダをパイロット圧として、バーオイルの供給自体は見てわかる通り、圧がほとんどかからないであろうホースで供給されていることから、重力式と思われます。
これでは安定して、というか、強制的にバーオイルを供給できません。

バーオイルポンプを使うと圧入することができると思われ、かつ、電源等必要ない(機械式というか、油圧式)のも利点かなと思います。
唯一の問題はやはり値段ですかね。

今の薪製造機の喫緊の課題として残っているのは、バーオイルの安定供給だけなので、これが解決すれば、まあ、プライオリティの低い問題は残っていますが、随分とよくなるんじゃないかと思うのです。

プライオリティの低い課題ってのは、作動油のフィルタが高いので、ZINGA の外付けフィルタに変えてランニングコストを抑え、フィルタの目詰まりを検出するためゲージを取り付けたい、ってことなんですが、この時、オイルクーラーをもうちょっとなんとかしたいとも思うんですよね。

オイルクーラーの冷却用にファンを回したいんですが、冷却しぎるのも良くないと思うんですが、車のラジエーターみたいにサーモみたいなものは、油圧回路用にもあるものなんでしょうか。
ついでに言えば、ここも電気を使いたくないので、ファンは油圧モータで駆動したいと思うんですけどね。
かなりお高い ので、これは夏までに考えるとしますか。

ドリーのタイヤをノーパンク化しました

この間、というほどこの間でもないのですが、激安のタイヤで修理をしたドリーですが、半年ほどでダメになりました。

ドリーというのは、薪割り機を移動するために使っている牽引装置のことです。

アメリカでは、ピックアップトラックなどに大抵ヒッチレシーバという牽引装置がついているのですが、ヒッチボールというてるてる坊主みたいな金物があって、それの直径は大抵 2″(” = インチ、2.56cm, フィートは ‘ です)の直径なんですが、それに受けから被せるカプラと呼ばれる金物が薪割り機側についているわけです。

まだ薪割り機程度なら手で持ち上げてちょっと移動するとかもなんとかなるんですが、キャンピングカーとか、ボート(ボートの乗っている)トレーラとか、流石に人力だと難しいわけです。

それで、写真のドリーという道具を使うわけです。

ドリーなんて使わずに、キャスターつけたらいいんじゃないの?

そう思うならそうすればいいですよ。
大きなドリーのタイヤと、キャスターの小さく細いタイヤとでは、違いは歴然です。
それにカプラを外してしまったら、牽引できません。
自分は不便だと思います。

日本国内だと、ナンバー取るのは難しいし、軽トラックとかで公道を牽引するのは難しいんじゃないか?

そうなんですけど、ヤード内だとできますよね。
軽トラック用にはアオリに引っ掛けるタイプのもの(公道走行不可)が堂々と売られています。

うちではフォークリフトで移動したりもします。
移動時には、フォークリフト用の ヒッチレシーバアダプタ を使います。

まあ、そういうわけでドリーを使っているのです。

また繰り返すのもアレなので、当たりをつけたったベアリング入りのキャスターに交換することにして、MonotaRO で取り寄せたんですが、軸径が違うので、軸から M さんがやり直してくれていました。
そこそこタイヤが大きいし、コンクリートで段差もほとんどないので、ざっと動かしてみたところ問題なさげです。
まあ、半年でダメになる、ってこともないかなと。

ドリーについては頼まれているので、もう一台、早めに作りたいと思います。

ゴムクローラが切れたようです

この間の連休、貸して欲しいということで、貸し出していた先でのことなんですが、ワイヤが出ていたので遅かれ早かれだと思っていたゴムクローラですが、ついに切れた、ということです。

2003 年式で、今年が 2021 年、なので、かれこれ 18 年ということでしょうか。
記憶が確かなら、これで 4 回交換したように思うんですが、2 本あるわけだから、片側 6 年サイクルくらいで切れている、あるいは 1,000 時間ちょっとで切れる、ということになりますね。

まあ、消耗品ではあるんですが、ミニでもそれなりの価格で、今回はポイントなどを考慮すると 6 万円弱かかりました。
多少なりとも安くしたかったので、5 のつく日まで待っていたわけです。

これ、考えてみるとかなりのコストです。
1 時間あたりだと、片側で 60 円以上かかるので、2 本あるわけだから、一時間あたりクローラの損耗は 120 円を超えるということです。
ゴムの方が騒音も少なく、乗り心地を気にするようなものもないのですが、盛り土をした際に踏んで締め固める際に、結構疲れが違うんですよね。

次にお金ができたら、もう少し大型で、原木を配る用のものを一台構えたいと思っているんですが、そうなるとゴムはやめておいた方がいいように強く思います。

あと、足袋も新しいものを買いました。
これも、安いと言えば安いのですが、送料込みで 819 円 します。
すぐに痛むので、なかなかの負担です。

かなりどうでもいい話でしょうが、最近は陳建一さんの料理動画にハマっていて、その関連の動画でエビチリだの、チャーハンだのを見ています。
それで、麻婆なんですが、うちの近所のスーパーだと、豆豉(トウチ)がないんですよね。
別にどうしてもないといかんというモノでもないんでしょうが、入れたらどうなるのか、というのが気になっていました。
あと、豆板醤とか、甜麺醤ですが、陳建一さんおすすめはユウキ食品のものだったんですけど、これも置いてないので、違いがあるのか、違いわかるのはということもあるんですけど、ネットの方が安かったので買ってみました。

中華鍋を買おうかと思ったりもしたんですけど、まあ、あまり拗らせるのもどうかと思いますし、この動画とか、普通に鍋でやってるし、まあその鍋ってのが普通ではないお高いストウブだったりして、その辺が拗らせているわけですが。

そうそう、ストウブで思い出したんですが、ひと月ほど前に高島屋に行ったとき、バーミキュラの展示販売をしていた んですね。

この時にも書いたんですが、うちは炊飯器がかまどさん電気(ちなみに、こんな高いものは普通に買えないので、タダでもらっています)なんですが、これ、土鍋だから白米以外炊きたくないわけです。
ただ、炊き込みご飯とかはしたいわけです。
そして、ガスコンロは、これは身銭を切って、そこそこ(?)というか、個人的には恐ろしいほと高い ビルトインコンロ +do を大奮発して入れたわけですが、これには炊飯機能があるので、炊き込み用に琺瑯引きのダッチオーブンが欲しいわけです。

お前 Lodge を扱ってるのに Lodge にしないのか、というツッコミを入れられそうなので、なぜ Lodge じゃないのか、それを書いておこうと思います。

琺瑯引きの場合、重金属等の検査が必要になって、色ごとに検査をしないといけませんので、恐ろしいほどコストがかかるんです。
売れるのがわかっていたら、そういうコストも負担できるんでしょうが。。。
それ以上に、一番の理由があって、MADE IN CHINA なんですね。
正直、幻滅です。
自分があまり欲しくないものを扱おうという気にはとてもならないわけですよ。

それで、オーブンポットラウンド 18cm が欲しいなと思ったんですが、品切れしていたんですよね。

あれから一月、そろそろ入荷してそうなんですけど、カプラーの修理代のことが気になって、気持ちに余裕がない状態なんです。
貧すれば鈍するともいうんですが、ない袖は触れないともいいますし。

配達に行けない=商品の納入ができない=商品の代金の支払いがない、ということでもあります。
また、原木を運ぶこともできない上、ちょうど在庫の原木が完全に無くなったタイミングでもあります。
修理があまり長引かないといいんですが。。。

そんなこんなで、今日は神社の祭日でした。
9 月ももうほとんど終わりです。

今月は、少しお参りが多かったようで、月参り御幣が足らなくなりました。
ということは 50 家族は、昇殿して参拝された、ということです。
この御幣、1 体当たり 200 円程度コストがかかっているんです。(現在は、昇殿参拝された方に奉納の有無に関わらずお頒かちしています)
現時点で判断するのは時期尚早ではありますが、この取り組みにかかるコスト増加に見合う社入金の増額は認められないので、事業としては失敗かもしれません。

御朱印については、レーザー用のゴムを買ったまま止まっていて、こちらは御幣とは違って、イニシャルは多少かかるものの、そのあとは朱肉代くらいですから、コスト負担は少なくて済みます。
年に数人の方に訊かれる程度ではあるんですが、早めに準備したいと思います。