ログテーブルの改造

昨日組み立てたログテーブルですが、最終的にはこんな感じにしたいと思うところです。

ただ、これは電動なんですけど、うちのものはエンジンでリコイルのため、エンジンをかける際にスターターロープを引く必要があり、その作業スペースが必要です。
なので、現状、オペレータ側から原木を供給するようにしているんですが、少しでもソー側に寄せて供給する方が、原木を送る距離が短くなるので作業性が向上します。
エンジンをセル付きに載せ替えるとか、油圧ユニットを別体にするとか、色々と改善したいことはあるんですが、時間も費用もかかるので、そっちは、おいおい検討していこうと思います。

それで、シャフトですが、この動画を見る範囲では、チェンとチェンの間隔が狭いなら、問題になる可能性は低そうに見えますね。
薪の長さは 33cm — 36cm 程度にセットされていて、3 回カットしているので、140 — 150cm 程度の原木の長さのように思います。
そうすると、3 本あるチェンのそれぞれの間隔は大体 60cm くらいなのかなと思います。

丸太を乗せる台についているチェンですが、60 と書いてあります。
ローラを駆動するチェンについては 50 と書いてあります。
60 の方が 50 よりも大きなサイズのチェンです。
チェンについて、少し調べてみました。
この数字は、チェンのピッチのようで、例えば 60 の場合、6/8″ のピッチになるようです。

MonotaRO を見てみたのですが、MonotaRO ブランドのものだと、50 の 3m は 2,490 円(税別) のようです。
60 だと、3,490 円(税別) でした。

ピッチが 15.875mm とあり、計算をすると、0.625″ = 5/8″ であると分かります。
寸法 L (mm) 20.7, リンク内幅 (mm) 9.53, 寸法 LC (mm) 22.2 ということなので、現物を測ってみようと思います。

もし、チェンがこの「標準型」であれば、MonotaRO で売っているスプロケット等が使えると思うのです。
スプロケットは 完成品 がそれなりに安く売られているんですが、キー溝加工済みのシャフトが見当たらないです。
米国だと、Keyed Shafting といって、キー溝が端から端まで彫ってあるものが売られているので、これならば適当な長さに切って使えるんですが。。。。
シャフトを下げようかと思ったんですが、それなりにかったるそうなので、既にあるものを加工して対処した方が楽そうです。
それでダメなら、次の手を考えるとします。

材料となるログテーブルはもう一台あるので、チェン 4 本の台を作ろうと思うのですが、感覚をだんだん広くするようにしたらと思います。
それで、チェンの間隔について考えてみました。

現状の木製のログテーブルですが、全幅で 1,300mm くらいです。
材料ですが、105mm 角だと思うので、間隔として 50cm くらいなのですが、リフトの爪を最大開いている状態だと、台に当たってしまうことがあります。
また、爪を最大に広げると、曲がりが強いものが落ちてしまうことがあります。
そのため、一番狭い部分は 50cm くらい、フォークリフトの全幅ですが、1.5t で 1,115mm, 3t で 1,240mm という数字があるので、大体 1 本目と 3 本目の間隔(内々の寸法)として、130cm あればいいのかなと思います。
チェン自体の幅が 10cm とすると、1 — 2 本目の感覚が 50cm(内々の寸法) なら、2 — 3 本目の間隔(内々の寸法)は 70cm ということになりますね。
全体(外々)だと、150cm くらいです。
これだと長いものの扱いが難しいので、4 本目もあった方がいいように思います。
この辺りは実際に作業をして煮詰めた方がいいと思うんです。
今のものは幸い幅がある程度調整できる構造になっているので、しばらく試してみてから考えたいと思います。

それと、乾燥機のクロスフィーダの件です。

不調の原因ですが、ソレノイドの故障かと思ったんですが、そうではないと思い直しました。
その理由ですが、DIN コネクタを外してやると、また動くようになるからです。
もし、ソレノイドの不調であれば、DIN コネクタを外そうと、動くようにはならないはずです。
なので、圧力センサの問題ではないかという考えに至りました。

そうこうしていると、ベラルーシの D さんから返事がありました。

What is the latest situation around the hydrailic station?

After I spoke with Niels, I can tell you the following:
– Cross feeder left and right motions work on the same cylinder
– Once cross feeder extends all the way to one side it goes back to the other side
– Cross feeder stops when the system sences enough pressure on the high pressure switch
– Seams like the system can not reach that pressure and tries to build up more pressure and keeps pushing the cylinder
– That is why the motor keeps working and LED stays on

The reasons:
– Minor pressure leak somewhere in the system on the hoses, cylinder, fittings, etc
– Too big of a pressure setting on the Hight pressure switch

Solution:
– Lower the pressure setting a little bit on the High pressure switch (look on the attached drawing)
– Monitor for where the pressure is escaping

まあ、思っている通りの回答ではあります。

明日は神社の祭日なのですが、夕方調整を試みたいと思います。
今週末は残り 1 社の春祭りがあります。
来週から本格的に再稼働したいので、ボチボチ頑張ります。
納期も遅れに遅れているので乾燥を仕上げないとです。
故障続きで本当に大変ではあるんですが、配達に行ったら「品質がすごくいいのでお客さんに喜んでもらえてます」と言ってくださるので、少しで早く納品できるようにしたいと思います。

ログテーブルを組み立てました

今日は M くんが手伝いに来てくれました。
M くんには蜜蝋ワックス塗りをお願いして、天神さんの祭具や賽銭箱を磨いてもらいました。

自分はお札を送る作業をしていたんですが、伝票がエラーで出せなくなったので、一旦切り上げて、この前届いていた貨物のチェックをすることにしました。

メッシュパレットですが、1,200 x 1,000 x 890mm の定番サイズで、それぞれ 50 x 50mm と、100 x 50mm のサンプルを取り寄せました。
今までよりも 1 割り程度安く買えるのですが、溶接が汚いですし、メッキも下処理が悪いのかムラが目立ちます。
丁寧に梱包はされていたのですが、最初からぶつけたり引っ掻いたりで傷があったり曲ったりです。
薪を入れたりするので、気にしなければ、実用上は問題が起こるとは考えにくいんですが、汚いよりは綺麗な方がいいわけで、非常に悩ましいです。

本日のメインイベント、ログテーブルの組み立てです。
説明書は入ってませんでした。
適当に組み立てたので、思った以上に手間がかかりましたが、なんとか組み立ったように思います。

それで、組み立てている間に幾つかの問題に気付きました。

まず、原木を搬送するチェンを駆動するスプロケットですが、二つをシャフトで繋いでいます。
ただ、スプロケットの外径が小さいので、スギやヒノキのようにまっすぐなものならいいんですが、曲がりが強いものはほぼほぼ確実にシャフトに干渉すると思われます。
シャフトには十分な強度がないと思うので、このままではすぐに壊れるでしょう。

あと、最も縮めた状態でも 150cm くらいの幅になります。
曲がりが強いものなんかはもっと短くするので、これはもともとわかっていたことではあるんですが、もう一台を組み合わせてもっとチェンの間隔を詰めたいと思います。

ワンタッチや口金の種類がわからないので、これはメーカーに問い合わせようと思います。

全体的に強度がなさそうなので、補強もした方がいいように思いました。
ボチボチやっていこうと思います。

ボブキャットのタイヤも組み替えました。
廃タイヤを引き取ってくれる業者を探さないといけません。
あと、空気を入れて、履き替えないとなんですが、エアチャックガンのゴムが腐って使えなくなっていたように思うので、なんとかしないとです。

ハンドリフトですが、観察してみました。
思った以上に曲がってます。
修理するよりも部品の値段次第ですが、交換した方がいいかもしれません。

明日は、お札を送る作業の続きをやりたいと思います。

春祭り

今日は兼務神社の春祭り、祈念祭でした。
恙なく執り納めました。

5 号は薪割りでしたが、ちょうどお昼に原木がなくなり、2 カゴちょっとで終了です。
とりあえず、トレーラ 1 台分終わりました。
あとは、降ろしてあるものが 1 台分、積んだままのものが 1 台分残っています。
第 2 ヤードにも残っているので、梅雨までにはある程度、破り終えたいところです。

戻ったら疲れて、夕方まで寝てしまい強制休業です。
本当はボブキャットのタイヤの交換を試したかったんですが。

明日は、M くんが手伝いに来てくれるんで、前回の続きで祭具の手入れをやってもらおうと思います。
自分は処理済みの原木がなくなっているので、その作業をしようと思います。

それと、届いているログテーブルですが、まだ開梱もしていません。
これも組み立てて、油圧源をどうするのか等、現物を見て検討しようと思います。

それはそうと、薪割りの件です。
最近は、細いものを片づけ終わったので、生産スピードがアップしました。
でもまあ、細いものはそれなりに発生し続けるわけです。
これの効率化についても、考えていかないといけません。

Bilke S3 は昔からあるのですが、一度だけメーカーに問い合わせをしたことがありますが、梨の礫なので、まあ、この機械は買うと後で難儀しそうです。

Pikemaster に Super というモデルが追加されていて、S3 とよく似たものになっています。

トラクタにくっついているんですが、必要な出力は 40kW ということになっています。
ちょっとそれが問題かもしれません。

値段については、デモで使用した中古機が 100 万円程度で売りに出ているので、倍額であっても 200 万はしないものなんだろうなと思いました。
たちまち買えるわけでもないので、お金に余裕ができたら、そのタイミングで値段を聞いてみようかなと思います。

カタログスペックとしては、φ20cm までのもの、長さは 50cm が最大ですが、うちは長いものは作るつもりはないし、φ20cm を超えるなら、WP36 で処理すれば良いだけなので、特に問題はないかなと思うところです。

あるいは、SMART 1 の方が楽でいいかもしれません。

Adapters (Euro, Avant, S40, S45 etc.)

とあるのですが、OilQuck は確か、S40 だかと互換性があったはずです。
今度ちゃんと調べておこうと思います。
つまり、ポンづけできる可能性がとても高い。
40L/min は ViO-30 クラスでも可能なので、SV100 ならかなり余裕だと思います。
190mm までのものを 1.2 秒で処理できるのですが、動画のようにアタッチメントとして使うのば実はあまり便利ではないように思います。

Igland AS にも似たようなものがあって、定地式にしてグラップルで投入するやり方です。
この動画はベルコンを組み込んでいないのですが、排出側を工夫すれば、割ったものの処理もかなり端折れると思います。

それ以前に、完成品を買うほどの複雑なものではなく、簡単に自作できそうでもあります。
ただまあ、時間が無限にあるわけでもないのが悩みです。

明日もボチボチ頑張りたいと思います。

ログテーブルとサンプルのメッシュパレットが届きました

今週は雨が多い予報です。
今日は降らない予報なので、午後から、先週届いていたログテーブルとメッシュパレットの通関と引き取りに行ってきました。
午前中は書類を作ったりしていたんですが、ちょっと時間がハンパになったので、小一時間ほど薪割りをしました。

前の細長い箱がログテーブル、後ろがメッシュパレットです。

ふと思うこととして、これだけの木箱を作るだけでも、相当のコストじゃないのか、ということです。
メッシュパレットとか、通常買うと、$70 程度のもので、メッシュのピッチ違いで 2 枚のサンプルが入っています。
構造用合板はすごく値上がりしていて 3 x 6 板の 12mm のものが 1 枚 2,000 円くらいするようになっているんじゃないかと思うんです。
W 1,300 x D 1,100 x H 400mm とした場合、5m2 くらいはロスがほぼ出なくても材料が必要になります。
平米 1,000 円としたら、材料の木だけで 5,000 円もかかってしまうわけですよ、日本なら。
慣れているとはいえ、それなりに手間もかかるでしょうし。
なんだかんだで、ちゃんとした梱包で届きました。

それで、運賃の件です。

大きな箱 3 つの方の運賃は $100 だったわけですが、日本側でいくら取られたか、気になりますか?
結論から言うと、4 万近く取られましたので、都合 5 万くらいかかったことになります。
小さい箱も似たようなもので、4 万くらいですかね。
中身よりも圧倒的に高い。

ちなみにですが、この荷物全部と、コンテナ(20’)と日本側の費用はどちらが安いと思いますか?
実はコンテナの方が安いんです。
コンテナの場合、4 万円ちょっとと、ドレー(コンテナを指定場所まで引っ張ってきてもらう)が 2 万円で 6 万円で済むんです。
要するに初乗り運賃が異常に高く、量がある程度ないととても割高になる、ということですね。
なお、上の数字は、通関や検査などは自分でやる前提の数字になっています。

ログテーブルなんですが、組み立てるとこう言う感じのものです。
薪製造機のオプションで、持っている WP36 との互換性はないものと思われます。
それ以前に、チェン 2 本で送るため、ある程度素性が良く長さも揃っていないと、うまく機能しないんじゃないかと思うわけです。

今の所の考えとしては、製造機から油圧を取り出して動作させるためには、製造機側の改造が必要になり時間がかかるため、一旦、薪割り機等、仕様がわかっているものから油圧を取り出すか、連続して稼働するわけでもないので、12V の油圧システム(軽ダンプなどの電動油圧ポンプ)等を利用して駆動しようかなと思います。

3 台あって、1 台は K さんに頼まれた分で、自分のは 2 台なのですが、2 台並べて使えば、より対応できる原木の幅が広がるんじゃないかと思っているので、試してみたいと思います。

PREDATOR のオイル注入口のサイズ

低価格な往復タイプの薪割り機 PREDATOR についてです。
園でテストしていたものを少し前に引き上げてきています。

今日は雨なので、外の仕事もできないし、このところ特に休みもなかったので、買い出しに出かけることにしたんですが、前にも書いた通り、オイル注入口ですが、3/4″ よりも大きくて、Brave 用のブリーザーキャップやフィルタ類を取り付けることができなかった のですが、多分 1″ かなと思いつつ、念のために現物を持っていって、サイズを調べることにしました。

結論を書くと 1″ でした。
それで、持っている Zinga のフィルタは 3/4″ なので、そのままだと取り付けることができないので、1″ を 3/4″ に変換するブッシングを買ってきました。
買ったブッシングのネジは何も書いていないので、R/Rc だと思います。
Zinga は NTP なのですが、樹脂製だし、そもそも圧力がさほどかかるわけでもないので、2, 3 山でもかかっていれば、昨日はするだろうということで、一旦試してみようと思います。
それ以前に、PREDATOR の方も R/Rc だか、NPT だかわかってませんし。

変換せずにそのまま 1″ にハマるものはないかと思ったら、別にきっちりした金属製である必要はないのですが、Dynamic の DB40-16 が 1″ NTP なので、そのまま行けるんじゃないかと思いますが、3/4″ だと、ただのブリーザーキャップが $5 くらいなのに $20 近くするんです。
Zinga のフィルタよりも高い。。。
ちょっと微妙なので、もうちょっと安いものがないか、探してみた方がいいかもしれません。

それと、もう一つの懸案事項として、シリンダロッドが保護されていないというのがあります。
これもどうするのか考えているんですが、手っ取り早いところで、フォークリフトであるとか、ユンボであるとかのシリンダ保護グッズが流用できないものかな、と思います。

ただまあ、低価格が売りの PREDATOR なので、あまりコストをかけては意味がありません。
ヤンマーの ViO の 3 型から投入されたシリンダ保護板バネみたいな、もう少しシンプルなものをポリカ板などで簡便に作って対処できないものかと思います。

これについても、追々やっていこうと思います。

それで、PERADATOR の次回の入荷のお知らせです。
2 台オーダーしたつもりが何故か 3 台通っていたものが倉庫に到着して、先週輸出の手続きを開始しました。
概ね 2 ヶ月程度で届くと思われます。
PREDATOR 3 台と Brave 24t が 2 台、それ以外の小物が 1 パレットで、運賃がおそらく 30 万では足りないと思うくらいかかり、本体自体も値上がりしていますので、前回よりも 2 割程度高くなるかなと思うところです。
このモデルに関しては、原則引き取り、組み立て動作を確認して引き渡しして、その後は無保証ということで、安さ最優先で行こうと思っています。

それはそうと、太陽熱温水器のセンサーの配線ですが、保護したらどうかと思うわけですが、引き込み部分の部品の名前がわからなかったんですが、ようやくわかりました。

エントランスキャップ

というようです、未来工業の場合。
在庫のパイプの寸法がいくつかわからなかったので、買ってくることはできませんでした。

ずっと放置している低電圧のガーデンライト周りですが、チャージコントローラを収納するボックスを購入しました。
近いうちになんとかしたいと思います。

太陽熱温水器についてなんですが、このところガス代などが値上がりしていて、今までいくらかかっているか特に意識していなかったんですが、3,000 円くらいかかっていたことが判明しました。
今までは基本料金(最低料金)の 1,000 円で収まっていたわけですから、シャワーなどを使うとかなりのコスト増です。
5 号がやってきたし、炊事場を作ってガスコンロを使ったり、食器洗い機もお湯をつかつので、まあ仕方のないことではありますが、月 3,000 円だと、今までよりも 2,000 円増えるので、年間 24,000 円ほど、4 年で 10 万かかってしまいます。
なので、ガス給湯器に太陽熱温水器のお湯をミキシングバルブを介して供給しようと思ったんですが、国内で買うと、太陽熱温水器の値段が昔の倍くらいしてしまっていて、投資を回収するのにかかる時間がとても長くなっていることに気づきました。
20 万投資すると、工事費(配管の材料)などを含めると、業者に頼むと 30 万くらいかかることいなりますからね。
単純計算で、回収するのに 12.5 年もかかります。
実際には、雨の日もあり、その日はガスの使用量を減らすことは難しいので、回収までの時間がもっと長くかかる可能性がありますし。

それで、Alibaba を調べてみたら、向こうではかなり安いことが判明しました。
落ち着いたらこれも輸入してみようと思います。

太陽熱温水器は、モータなどの部品がないので基本的に腐食などがなければ寿命は半永久的なもので、導入後には燃料等不要ですからランニングコストは限りなく 0 に近く、当然ですが、燃料を使わないのだから CO2 も出なければ、核廃棄物も出ません。
そういう意味ではかなり優秀な持続可能エネルギーだと思うんですけど、なんで流行らないのか不思議です。

グラップルが直りました

配線のカプラを痛めてしまって動かなくなっていたグラップルですが、修理が出来上がりました。
ベースマシン側の確認もしたいということで、念のために取り付けて動作チェックです。
ようやく原木をおろしたり、チップを作ったりの作業を再開できそうです。

テストの結果、動きはしたんですが、スイッチの反応が鈍いことがあります。
もともとそういうものだったんですが、これ、電気のスイッチで ON/OFF なので、接触的な問題だと思います。
機械だと油を差すとかそういうことなんでしょうけど、できるとことといえば、誘電グリスを塗るくらいですかね?
K さんから、南星が壊れないので、南星のレバーに元から交換した、という話を聞いたんですが、N さんから、汎用品があるからそれを買うとすごく安いよ、とも教えてもらいました。

汎用品を探していますけど、こんなものを見つけてしまいました。

これ、2 spool ですけど、1 spool のものがあれば、薪製造機のウエッジの調整レバーの位置が悪くて、ワイヤーでレバーを移動できないか、なんて思っていたところなんです。
ワイヤー部分だけ欲しい感じ。

昨日写真を撮り忘れた勝手口です。
一応、蓋をして、これで完成です。

それはそうと、少し前にケルヒャーの掃除機を買ったわけで、まあ、今回もこうやって使っているわけなんですが、とにかくコードが邪魔です。
特に倉庫で使うとき、そもそもコンセントがないので、延長コードを引っ張ってこないといけません。
不便だなと思っていたところにこんな動画を見てしまいました。

そういや、前にもハイガーのコンプレッサ、マキタのバッテリーが使えるので買おうか悩んで買わなかった んですけど、これもハイガーです。

ハイガー直販 だと、8,730円(税込)ですね。
Amazon だと、9,000 円。

え?18V で 1 本?
使い物になるのかな。

マキタの 18V のスティック型コードレスは持っていますが、正直、オモチャに毛が生えたレベルです。
同じバッテリーで図体をでかくしても、吸うとは思えないんですけどね。

ただまあ、18V のバッテリーはたくさん持っているし、容量が足りないなら、次々交換すれば良いだけなので、その点はいいなとは思うんですが、せめて 18 + 18 = 36V にして欲しいです。


マキタのものだと、VC001GZ があるといえばあるんですけど、定価 59,000 円(税別)、大体ネットでは 6 掛け、実店舗は 7 掛けくらいが相場かなと思うので、消費税を入れると、4 万円前後してしまいますね。

そう考えるとハイガーは 1/4 だけど、それで性能が 1/2 ならまだ我慢できますけど、1/4 以下の予感しかしません。

一応こっちはバッテリー 2 本刺せるようです。
チェンソーで 2 本持っているのですが、2 本だと微妙に足りなくて、充電器と電池 2 本のセットを買いたいんですが、何か本体を買わないといけないので、こっちを買うのが正解のように思います。

連動機能はあった方がいいような気もしないでもないですけど、滅多に使わないし。。。

まあ、何か間違えてお金が溜まったら、考えようと思います。

明日は雨っぽくて、せっかくグラップルも直ったんですが、外の仕事はできそうにありません。
壁でも塗るか、と思って足場を組み立て始めたんですが、17mm のインパクト用のソケットが見当たりません。
水平器もないし。。。
お宮に取りにいったんですけど、お宮でも見当たらなかったんですが、どこにいったんでしょうか?
とりあえず、適当にやったんですが、やはり歪んでるし、これだけ組み立てて嫌になりました。
まあ、ボチボチ頑張って、死ぬ前には完成させたいと思います。