ゴムパッドが届きました

書類上の不備があったようで、今日にずれ込みましたが、取り寄せていたゴムパッドが届き、通関に出掛けてきました。
午前中に無事に許可になり、午後イチで引き取りました。

早速取り付けました。

実は SV100 の専用品ではないんです。
0.25 用のもので、ボルトのピッチ等は合わせてあるんですが、溝の形状などに違いがあり、MonotaRO で取り寄せたものは取り付かなかったんです。
念のため、細かく採寸してもらって、どちらも取り付くだろうとは思ったんですが、安い方は、少しボルトの頭が干渉することがわかっていました。
高い方は、当たるかもしれないと思って 1 枚だけ、フィッティングをテストするために取り寄せたんですが、そちらの方がしっくり馴染みました。
まあ、消耗品なんで、遅かれ早かれ交換することになると思うので、次回は高い方にしようと思います。

元々 SV100 用は数が出ないためかものすごく高くて 1 枚 5,720 円もするんですよ。
76 枚使ったので、437,760 円もかかることになります。
今回の輸入にかかった費用を計算したところ、12 万円弱だったので、1/4 くらいの計算です。
少量の輸入だったので、運賃がかなりの割合を占めています。
有名サイトだと、大体 13.5 万円程度(税・送料込)で販売されています。
少し安く買えたようです。

品物的には国内で普通に売られているものと比べると仕上げが雑に感じますけど、消耗品なので、個人的には問題を感じません。
ある程度数をまとめて輸入すると、運賃がかなり抑えられると思うので、有名サイトよりも安く販売できそうです。
しばらくは適合を調べつつ、新しい商品に加えていこうと思います。
重機部品屋さんの名前は有名店にあやかってチゃん乃蔵にしようかなと思います。

そうこういっていたら、早速 K さんからクボタ用の引き合いがありました。
0.25 用について、うちにサンプルがあるので、適合を調べるために貸し出すことができます。
興味がある方は お問合せ ください。

ボブキャットのタイヤなんかも国内で買っているので、これも直輸入した場合の値段を調べてみようと思います。

薪割り機の引き取り

今日は薪割り機の引き取りがありました。
オイル等を充填して、動作確認をしておきます。

作動油ですが、小分けにしたものは園に持っていったので、ドラム缶から直接入れました。
で、入れ過ぎちゃったんですけど。。。

エンジンオイルもなかったんでイエローハットに買いに行ったんですが、なんかえらく色が濃いオイルですね。
缶のままだと使いにくいので小分けにして、早速ラベラーでラベルを印刷して貼っておきました。
オイルは 10W-30 で、0.5 — 0.6L くらい入ります。

タイヤのハブのカバーですが、他の部品も、こんなふうに厚紙にパックしてあるんです。
なもんで、欠品していることがまずない。
非常に良い工夫だと思います。

で、このカバーの取り付けにはちょっとしたコツがあって、普通に叩いてしまうとカバーが痛むので、VP50 のパイプを短く切ったものがシンデレラフィットするので、パイプの中にカバーを入れて、それでパイプを叩いてやると簡単に傷をつけずに装着できます。
VH1724GC には、取り付け時に使うパイプを短く切ったものがついてきて、それでやり方がわかったわけです。
PLCS2013GC にはついてこないんで、何度失敗したことやら。。。
まあ、VH1724GC についてくるものもショボいので、VP50 に行き着いたわけです。

引き渡しは無事に終わって、お土産のだんごをいただき、早速美味しくいただきました。

これで PREDATOR も在庫は完売です。
次回入荷は、これほどの円安なので、未定です。

Brave はまだ在庫があります。
チャイニーズ品に比べると、ちょっと高いからか、滅多に売れません。
いい薪割り機なんだけどなぁ。。。

明日は薪の配達なので、トレーラに積んだままになっている荷物を下ろして、本日終了です。
今度は山口に行ってきます。
ボチボチ頑張ります。

往復型 薪割り機 PREDATOR 組み立て

今日は父の式年祭でした。

午前中、5 号がお宮のことをやってくれている間に、済ませました。

薪割り機の注文をいただき、月曜日に引き取りがあるので、組み立てです。

PREDATOR ですが、非常にパッケージングが良くできています。
特に、ボルトやナット、そういう細かな部品が厚紙に並んで、それをパックしてあるので、不足がないことが一目瞭然なのです。

これで PREDATOR も完売です。

仕入れが $999 で、米国内の送料が $200 くらいして、それを日本に持ってくると大体、仕入れ価格の 1/3 くらいの運賃がかかります。
なもんで、$1,600 くらいが仕入れ価格ということになってしまい、今の為替レートだと、為替手数料やら保険代を加味すると、$1 = 160 円を軽く超えて 170 円に近い金額になるわけですが、仮に 160 円だったとしても、ここまでで 256,000 円かかります。
これに消費税が課税され、販売時の手数料(約 5%)が差し引かれますので、実際のところ、30 万くらいで販売しないといけないわけです。
うちの儲けが全くなくても、です。
実際には組み立ても必要だし、その時に作動油やエンジンオイルだって必要です。
そうなると、同じようなホンダウォークのものでいいじゃないの、ということになってしまうかと思うのです。
まあ、米国からの輸入にコストがかかり過ぎているし、もともと MADE IN CHINA なので、直接中国から送って貰えば、大幅にコストカットはできると思うんですよね。とはいえ、そこまで台数が出るわけでもないし、似たものがあるわけだから、わざわざうちでやる必要があるのかなというのは思うところです。

組み立てただけで、オイル等はまだなので、月曜日までに動作を確認するところまで済ませたいと思います。

在庫の薪割り機は Brave の 24t のみとなりました。
こちらも今のような酷い円安の前に仕入れてあるものなので、それなりにリーズナブルな価格になっています。
在庫がなくなると多少なりとも値上げしないといけなくなると思うので、米国製の安定した品質の薪割り機をお探しなら、おすすめのモデルです。

完成納品なので、エリア限定ですが、自分で組み立てる、引き取る、等も対応できますので、ご相談 ください。

除草剤散布と薪割り機見学と

お参り陸ちゃんです。
この子は、このお宮で出会いました。
かれこれもう 5 年ですかね。

春祭りには間に合わず、それでも放置するわけにはいかないので除草剤の散布です。
今度の総代さんは、動噴を持っているので、お願いしました。
買い置きの除草剤の残りが 2L で 100 倍に希釈し 200L です。
除草剤がなくなってしまったので、買わないとなんですが、結構バカにならない出費です。

その後、徳島から NP1, NP2 をはじめとした薪割り機の見学で来訪がありました。
NP1 は、実際に操作して、薪割りを体験していただきました。

薪製造機は高価な機械なので、実物を確認するのが一番だと思います。

うちのものは、大体軽トラック 1 台分くらいの値段なので、薪屋を始めるにあたって新車のハイゼットジャンボと某国産薪割り機あたりを買おうとしてたならば、軽トラの方を中古にすれば、同じ予算で製造機なる、そんな感じで企画したものです。
もっと安く作ろうと思えばできなくもないんですが、薪を実際に生産しているなかで、必要だと思う機能を追加しているので、そこそこの価格になってしまっていますが、使えばあってよかったと感じていただける機能だと思っています。

そのあたりのことも含めて、実際にデモをご覧いただければと思っていますので、見学ご希望の方はお気軽に お問い合わせ ください。

ラベルプリンタが届きました

今日は神社の祭日です。

Y くんがきてくれました。
Y くんには、昨日コメリで草の掃除用に 三角ホー を買っておいたので、早速使ってもらいました。
散々悩んだんですけど、コメリのは値段も安く、ステンレスで錆なさそうだし、軽くて、結構いい感じだと思うんです。
しばらく使ってみて良さそうだったら、他のお宮にも備え付けておこうと思います。

で、思わずポチってしまったラベルプリンタですが、知らない間に届いていました。

早速試してみたんですが、ちょっと印字が掠れますね。
不良品かな?
とは言え、見えないわけではないし、文句を言うのも面倒くさい感じです。

ラベルライター自体は持っているんですが、これを買った理由というのは単純で、ラベル自体が固定サイズだから、です。

テプラだとかは、ラベルテープはトイレットペーパーみたいな巻物で、都度カットしますよね?
それが嫌なんですよ。

非常に古い話ですけど、カシオから KP-C10 っていう、おもちゃみたいなラベルプリンタが出ていて、どうしても Mac で使いたくて、ドライバを書いて使っていたんです。
KP-C10 はラベルのサイズが固定で、記憶が確かなら 1 種類しかサイズがなったように思います。
色は色々あったんですけど、感熱紙のシールでした。
USB バスパワーで動作して、ドライバ自体はコマンドラインで動作して、それに GUI のシェルを被せるという作り方をしました。
これまた 20 年も前の話みたい。
自分でも忘れていたけど、2,000 円で売っていたみたいですね。

このおもちゃの使い勝手に慣れているものですから、そういう極めて手軽なものを探していて、たまたま見つけたのが NIIMBOT だったんです。

iPhone では専用のアプリをダウンロードして使いますが、接続自体は Bluetooth で、アプリから近くにあるラベラーがリストに表示されるので選択して接続、そうするとセットされているラベルやリボンの情報が表示され、編集画面はそれらが反映された状態で行えます。
操作自体はシンプルですが、日本語で使用する場合、使用できるフォントがかなり少なく、しかもいくつかは明らかに簡体字用のフォントでハネやなんかが気持ち悪い形をしているため使い物になりません。In-App Purchase で、フォントなどの追加はできますが、アホのように高いです。
ただまあ、凝ったものを印刷するようなものではないから、無料の範囲でもそれなりに使えるので、致命的な問題にはならないと思いますが。
本体自体は充電式で、USB-C で充電できるのは良いです。

ラベル自体は、一緒に買ったのでなんともいえませんが、チャイニーズだということを考えると安くはないですね。
ラベルの費用だけではなく、リボンの費用もかかりますし。
米国でもそれなりのシェアをとっているようで Amazon.com で買えるので、送料を含めて、どこで買うのが一番安いのか、なくなりそうになったら、一度調べてみようと思います。

で、ボブキャットですが、やはりガッツリ釘を踏んでました。
都合 2 本。。。
アストロでパンク修理キットを買ってきたはずだけど、どこに行ったかわかりません。
とりあえず外して交換したので、見つけたらパンク修理に挑戦してみます。

それとリア側ですが、締め付けが甘かったのか、緩んでリムが傷んでしまっています。
困るなぁ。。
ボルトの方は大丈夫そうです。

締め付けのトルクですが、調べてみたら、143 — 172Nm 程度 のようです。
米国の情報だと 200Nm くらいでした。
家からトルクレンチを持ってきてたんですが、100Nm くらいまでしかセットできなかったし、それ以前にソケットとサイズが合いませんでした。
トルクレンチは買い直さないといけなさそうですが、大型との共用は難しそうです。

大型用の場合、トルクの調整範囲が 350 — 750, 400 — 1,000Nm なので、逆に 150 — 200Nm には調整できない感じです。

1/2 sq のものだと大体 5,000 円くらいで 200Nm 弱くらいの設定はできるようなので、後でソケットの方のサイズを確認して買い足しておこうと思います。
ソケットの方は、エアインパクト用にサイズを揃えて買ってあるので。

夕方、お宮の後は、太陽電池小屋周りの掃除をして、多少は片付いたかな。。。
片付ける速度と散らかる速度が拮抗しているので、いつまで経っても綺麗になりません。
この時期、やはり雑草や木の手入れに時間が取られすぎるので、採するにしても、元からやるなり、神社なので丸坊主というわけにはいかないながら、収入にはほぼ貢献することはほぼなく、管理コストばかり嵩みますから、とにかく管理の手間や費用がかならない工夫をしていこうと思います。

月次祭

今日は 15 日で、神社の巡回からスタートです。
巡回では、簡単な清掃をしたり、お供物を新しく交換したりするんですが、自分は自分の考えで、お供物は加工食品をメインにしています。

コスト的には、乾物だけを並べておけば、とても安上がりなんでしょうけど、神宮様の日別朝夕大御饌祭 では、お米は蒸して、お箸を添えてお供えしています。
で、これだけのものを、お供えしたあとどうするのか、気になったので聞いたんですけどね、「食べる」のだそうです。

うちの場合、流石に毎朝火を起こすことから始めて、ここまでのことはできるわけもありませんので、要するに手抜きするしかないのですが、基本的に「食べる」必要があると考えているので、半月もって、その後自分が食べるものをお供えすることにしたわけです。

神饌の並び順はちょっと微妙になってますが。。。
お菓子やお茶などは、お参りの方に差し上げられるよう、用意しているものです。

日曜日に地鎮祭があったのですが、雨で濡れたため、乾かしてしまっておきました。
以前は、道具がよくなくなっていたんですが、テント屋さんに収納袋を作ってもらい、それぞれをきちんと収納して保管することで、ミスを減らすことができました。
この袋もかれこれ 20 年、紐が痛んだので、車を解体する時に集めておいたシートベルトで作り直しました。
とても丈夫で、もう 20 年は使えそうです。
生きてるかな、自分。。。

駐車場を広げた箇所ですが、排水はうまく行っているようです。
ただ、水の量が多いのか、切土が安定せず、崩れてきています。
しばらく様子を見てみようと思いますが、ダメな場合、石積みをしようと思います。

お昼からは、ボブキャットのタイヤの組み替えに行きました。
今回も今治の タイヤサービス J(ジェイ) さんにお世話になりました。

〒794-0063 愛媛県今治市片山3丁目9−35
 

費用ですが、組んである状態のタイヤを持ち込んで、新しいタイヤに組み換え、それで税込 5,000 円弱でした。
廃タイヤ料も込みです。

前回は重機屋さんに電話して 2 本組んでもらい、1 本はパンク修理で確か 5 万とか、それくらいかかった気がします。
無論、タイヤそのものの値段は含みません。
タイヤの値段が 8PR なら 13,000 円程度、送料を入れても 16,000 円はしません。
その時のパンク修理代(場合によってはチューブ代)がどうかはわかりませんが、新品を組むのにかかる費用は 20,000 円くらいってことになるので、今後は出張で呼ぶようなことがないように、ちゃんと組んである在庫を持っておこうと思います。

ヤフオクで買ったチェンジャーも時間をとって、軽トラのタイヤで練習してから、ボブキャットのタイヤを組めるように改造して、さらにコストを抑えようと思います。

そういえば、コンテナシャーシの車検の時にタイヤの組み替えの値段をふそうさんに聞いたら、2,000 円くらいのことをいっていたんですが、本当にそんな値段でした。タイヤの処分代もかかってませんでした。
トラックに関しては、点検のタイミングでよければ、ふそうさんにお願いするのが一番安そうです。

作業を待つ間、ホイルのカタログを見せてもらったんですが、TE37、かっこいいなぁ。
その昔、NB の時、TE37 履いてたんです。
もう 25 年は前の話ですが、夜通し 5 号と車の話で盛り上がったのを思い出します。
値段を聞いたら、結構な金額だったので、今のタイヤを交換するタイミングくらいで考えたいと思います。

ついづいてコメリに行きました。

Y くん、珍しい苗字なんです。
全国で 200 人くらいしかいないみたいだけど、この辺り、結構いるんだけどなぁ。
なもんで、いわゆる三文判にはありません。
最近、インボイスのこととかあるので、手間請けの書類とかもらっておく必要があるんで、きた時に押してもらうハンコを用意しておこうと思って作っておきました。

ここ、大きいから色々置いてあって、結局 2 時間くらいうろうろして、色々買ってしまいました。

帰り、園によって乾燥機の具合を確認して、本日終了です。

遅くなったので、重信のグランのミョンドンヤで食べたんですけどね。。。
これで 1,000 円オーバー。。。
お子様丼ですか?
餓死しそうです。。。
古川のてんやの居抜きのミョンドンヤ、行く必要ないかも。。。