崩れない薪の積み方?テールアルメと薪棚

ふとした思いつきですが、最近、すぐに忘れるので、メモっておこうと思います。

薪ストーブのブログランキングを見ていて、薪が崩れかけた方のエントリーを見ました。
http://blogs.yahoo.co.jp/hima_88/12322671.html

うちは、薪は積みませんから、そもそも崩れることはないのですが、薪を積む場合には、乾燥収縮による傾き、その進行に伴う崩落という現象は、日常茶飯事のようで、手間がかかる薪の積みなおしなりが必要になり、なかなか大変なように思います。

もっと簡単に、なんとかできないんでしょうか?
そう考えているうちに、ちょっと思いついたことがあります。

zoom02ヒントを得たのは、表題のテールアルメなんですが、知ってますよね、テールアルメ。よく見かけますから。名前は知らなくても、写真を見たら、あ、あれかと思うはず。

垂直に高く立ち上がっている擁壁なんですが、構造としては、スキンと呼ばれる十字型をした擁壁パネルと、そのパネルを裏で引っ張るストリップで構成されいます。物凄くシンプルで、よくそんなんで保つな、と思えるのですが、そこにはちゃんと科学があるようです。

で、この科学の理屈の説明のサイトがあるんですが、ここで見た絵が、崩れている細めの枝を積み上げた写真とダブって見えちゃったわけです。

https://www.hokyodo.jp/1_morido/a_ta/01_summary/01_summary.html

terrearmeeテールアルメ自体の理屈はリンク先に詳しいので、端折るとしますが、要するに、ただ単に薪を積むんじゃなくて、薪を砂粒とすれば、テールアルメでいうところの松葉、つまり、細い紐状のものを間に挟んで積み上げれば、崩れにくくなるんじゃないのか、更にその紐の端に枝でも括りつけておけば、より安定するんじゃないか、と思ったりしました。

すくなくとも、土木では上手くいっているようですが、薪積みにもこの理屈は通用するのでしょうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしに参加しています。 励みになりますので、足あとがわりに、ランクアップにご協力下さい。

4 thoughts on “崩れない薪の積み方?テールアルメと薪棚

  1. 初コメ、お邪魔します

    要するに、薪重による摩擦力>引っ張り力にすれば、崩れないと言うことですね
    面白そうなんで、私も、具体的な方法を考えてみます
    ありがとうございました

  2. mooさん、こんちには。
    コメントありがとうございます。

    実際に試したわけではなく、現状は思いつきです。

    ロープでもを間に挟み込み、時たま薪に巻きつければ、かなり崩れにくくなりそうですが、ただ、この場合は、今回のリンク先のブログのように横に倒れることをは軽減できても、前後には効果は限定されるのではないかと思います。

    なので、寒冷紗のような、シート状のものを、一定の間隔で挟み込むことで、前後の傾きもある程度抑えることができるのでは、などと考えています。

    良いアイデアがあったら、教えて下さい。

  3. 紐にコブを作り薪に挟めば抜けにくく出来そうですね
    横の支えは竹を使えば材料費も節約できそう
    今度試してみよう。

    今日、太枝切りばさみを注文しました
    届くのが楽しみです。

  4. yasさん、思うに、横に竹の支柱を作ったとしても、ロープで端から端まで結んで、その上に薪を積むと、乾燥で痩せた時、かえって都合が悪くなるので、自然に沈下できるように、縦の部材にはロープを結ばないほうがいいと思うんです。
    自分はログハウスに住んでますが、ログの場合は、セトリングといいますが、乾燥収縮で家自体が縦に縮むので、そういう動きに追随してスライドするように、窓やドアなど高さが変化できないものとの取り合いには注意を払う必要があります。
    概ね 5% くらい縮むといわれていますが、薪の場合、縮んだことにより噛みあわせ具合が変わって、もっと低くなると思います。
    ロープも端から端まで 1 本にする必要はない、というよりも寧ろ、短めのものが複数あったほうが、これも遊びがあって、都合が良い可能性が高いのではないか、と考えています。
    あくまでも、机上の空論としてですが。

    枝切、ご注文有り難うございます。
    結構太い枝がスパスパ切れますので、薪づくりだけではなく、庭木などの手入れにも使えると思います。
    明日には発送になると思いますので、楽しみにお待ち下さい。

コメントを残す