MacBook が戻ってきました

今日は午前中はお宮参りでした。

昨日の午後掃除をしたわけですが、境内がすごく荒れていて、のぼりも倒れたり破れたりしているし、拝殿の中にも枯れ葉が吹き込んで、かなり強い風が吹いたようです。

雨が上がったのはよかったんですが、その代わりにものすごく蒸し暑かったです。
天満宮のほうは、エアコンがないので、汗だらだらになってしまいました。
お参りの方も大変だったと思います。
エアコンを取り付けたらどうかとも思うんですが、滅多に使うことがないので、どうしたものかとは思います。

それで、修理に出していた MacBook ですが、思ったよりも早く戻ってきました。
修理に出したのが火曜日で、輸送の時間を除くと 2 日で修理されたようです。
バッテリも交換され、キーボードもいい感じです。

ふと思ったんですが、Apple Care が切れるということは 3 年ほど使った、ということになるのですが、その間に 2 度修理をしたわけで、思い返してみると、正直そんなに修理に出したのは初めてなのです。
Apple Care に入っていて初めて元が取れたような気がします。

MacBook に関しては、今後継機種がないようで、まあ、修理もしたことなので、同じペースで壊れるとしても、あと 1 年程度は持つと思うので、その間に新しいモデルが出てくれるのではないかと思います。

今度は Intel じゃなくなるという話もありますが、Catalina にしたら、使用できないアプリがゴロゴロ出ていたようで、MacBook の方は気にならなかったんですが、引っ張り出してきた MacBook Pro の方では、結構影響がありました。
調べてみたら、どうやら 32bit のアプリが使えなくなっているようです。
今更需要もないのでしょうが、昔作ったものをアップデートしたほうがいいのかなと思ったり思わなかったりです。
Intel じゃなくなるとなれば、それなりに影響があるのかなと思うので、様子を見ながら、移行するタイミングを見計らう必要がありそうです。

それはそうと、薪の問い合わせがありました。
鰹節の製造業車さん向けの話だったんです。

もともと鰹節に薪が必要なのは知っていて、知った経緯としては、何故か鹿児島のような暖かいところで、大きな消費があることがわかり、それが鰹節向けだということだったわけですが、肝心のどういう薪が要求されるのか、という部分に関しては全く知識がないのです。

いずれにせよ、薪の製造という仕事を安定させるには、2 トンのお客さんが 100 件でも、冬場の需要の 200 トンにしかならないため、毎月 2 トンの業者さんを 10 件の方がありがたい、ということになります。

前にも書いた のですが、

  • 個人用だけでなく、業務用の薪の販売 → ピザ屋さん・石窯パン屋さんなど
  • 暖房用途以外での薪の販売 → キャンプ用, 鰹節用

といった販売チャンネルの開拓が必要と思います。
いずれにせよ、こういうある程度安定して量が必要な業販について、まず力を入れていく必要があると感じています。
鰹節製造に求められる薪がどのようなものであるか、よく調べてみないといけません。

ざっと調べたところ、

テーマ 『鰹節を燻す薪(マキ)のお話』

今日は薪(マキ)のお話です。

鰹節は煮あげた鰹の身を薪を燃やした煙と熱で燻す作業を何日も繰り返して乾燥させます。

この作業のことを焙乾(バイカン)と呼んでいます。乾燥を目的とした最も温度が高い燻製と
考えれば分かりやすいでしょう。

焼津では鰹節の焙乾に使う薪は、ナラ、樫、クヌギなどが主に使われています。

今はほとんどナラの木ですかねぇ。

この薪を燃やした煙の匂いによって鰹節の風味も変わってきます。

ナラ、樫、クヌギの煙は鰹との相性が最高にいいのです。非常に食欲をそそる香りがします。

雑薪を使った鰹節も流通しておりますが明らかに風味の違いを感じます。

この薪、組合から購入しておりますが、産地は長野県です。

薪の業者は、まずナラの森林を買い取ります。

この買い取った森林の木を加工し、週に何回も往復して焼津まで運んでくるのです。

そして、買い取った森林の伐採が終わると、次の森林に移るといった具合です。

切り倒すナラの木は樹齢20年程なので、約20年サイクルで森林をぐるぐるとローテーション
していくことになります。

余談ですが聞いた話によると、ナラの木は切り倒した切り株から新しい幹が生えてくるので
植林は必要ないらしいです。

鰹節の原料となる鰹も自然の産物ですが、その加工に
使われる薪は更に長い年月をかけてじっくりと自然の
恩恵を蓄えた産物なのです。

海と山の恩恵を十分に受け作られる鰹節は非常に価値が高いものだと感じませんか?

・・・感じて欲しいぃ~~!!!

とのことなのですが、写真もありましたので引用しますが、

うーん、ごく普通の薪ですね。
ぱっと見ですが、36cm のものに見えます。

うちのものは 33cm なのですが、普通に薪ストーブ用のものでいいような気もしないでもない。
樹種に関しては、ナラということなので、これは問題ありません。
うちの場合も、70% くらいがナラで、残りはクヌギですので。
あとは含水率ですが、これも乾燥機でどうとでも調整できるので、対応できそうです。

一番の問題は価格でしょうね。

さらに詳しいのがこちら。

実際の焙乾の作業の方法が写真とともに解説されています。

コスト等についても明記されている資料がこちら。

価格については、堅木(クヌギ・ナラ)の場合で、概ね 17,000 円/t くらいの数字が出ています。
消費税を含むのか、おそらく鰹節製造業者さんが最終的に支払う金額であろうと思うので、運賃等も含むんだろうとは思うんですが、流通の方式についても記されているので、じっくりと調べてみようと思います。
枕崎に関しては割り込む余地はなさそうですが、山川(指宿市山川鰹節)に関しては 500 円/t の仲介手数料を取る、ブローカーの存在が記述しているので、ここに 500 円を払えば、入れる余地があるかもしれません。

雨の合間に出荷

Brave(ブレイブ)24t 縦横兼用型 薪割り機 VH1724GC ですが、関東方面に出荷です。

先月末、ちょうどまぐろレストランに居るときにご注文いただいたんですが、あと 2 日ほど早ければ、積んで持っていくことができたのですが、なかなかタイミング等のは合わないもののようです。
戻ってからずっと天気が悪かったのですが、ようやく運ぶことができました。
今回は、運送屋さんでの配送となりました。

VH1724GC は写真のような木枠での梱包で、だいたい 230 — 240kg 重量があります。
記憶が確かなら、コンテナには横に積むことができるけど、キャンターの荷台に横には積むことができなかったと思うので、長い方は 2m 以上、2.3m 未満ということになるので、軽トラックの荷台に積むと、後ろのアオリは閉まらないと思います。

中身を詳細に点検するには木枠を壊さないといけないので、それは無理なので外から見る程度の点検で済ませているんですが、Open First と黄色いラベルが貼られたダンボールに組み立て節目英書(英文)が入っているので、まずそれで欠品等がないかを確認してください。

運送屋さんまでは 1 時間近くかかるんですが、園には近いので、せっかくなのでメッシュパレットを運ぶことにしました。

メッシュパレットって意外と重くて、1 枚 60 — 70kg くらいあります。
コンテナの自重は 800kg くらいなのですが、24 枚中に入っているとすると計算上は 2.4t くらいあるんです。

2.5t のリフトだけど、ヒンジやポジショナーがついている分、アタッチメントが重くて減トンになっているので、尻が浮く一歩手前のレベルで、ゆっくりと下ろしました。
だめなら、中身を出せばいいだけのことなんですが。

コンテナ自体はボロボロなので、まずは雨漏りを修理して、内装もやり変えないといけないです。
特に床板は、今回メッシュを入れたら抜けてしまったので張替えが必要です。
おいおいやっていこうと思います。

薪の作業もこの天気だと当面出来なさそうですし、今月末の夏越の準備などを勧めたいと思います。

楽しいジョイフル本田

茨城到着の翌日、天気が悪くて休みにしたんですが、せっかくなのでジョイフル本田に出掛けたのでした。
大きくて、色々なものがある、楽しいホームセンターです。

薪割り機が売られてました。
MTD ROVER R21LS で、値段は税込 360,800 円です。

うちで扱っている Brave(ブレイブ)の 24t 縦横兼用型, VH1724GC と、まあ、似たり寄ったりの機種になります。
値段的には、¥369,999 が今はセールで ¥333,000 税・送料込、という具合です。

ざっと見てみて、Brave との大きな違いは、エンジンの PTO が垂直軸の GC160V だという点でしょうか。

あとは、油圧ホースがスプリングで保護されている点と、フェンダーが付いている、というのはプラスかなと思います。

フェンダーがいるかどうか、有料なら誰もつけないと思いますけどね。
現実問題、日本では公道を牽引できる可能性は極めて低いと思っているので、フェンダーが必要にあることはないでしょうし。
あって困るものではないですけど、あっても役に立たないものでもあるかなと。

ホースはチャイニーズでした。

それで、ホースの寿命なんですが、うちのでお世話をさせていただいた薪割り機に関して、今のところはですがホースをダメにした、あるいは劣化した、という方は皆無です。
ただまあ、ホース自体、ただみたいなものなんですが、出張修理サービスを呼ぶと、1 本 10,000 円くらいは軽く取られます。
一番高いのは人件費ですからね。

なので、ホースに関していえば、うちの扱い機種の場合、NPT 口金に関しては国内に潤沢に在庫があります(純正品ではありません)ので、安心していただいていいかと思います。24t などの縦横兼用タイプに関しては、口金が NPT 以外のホースが使われているため、それらのホースは在庫していませんし、在庫する予定もないので、劣化しりしてヤバイなと思ったら、早めにお問い合わせください。こちらは純正品の取り寄せのみ対応します。

そのほかの薪割りグッズはこんな感じです。

そして、薪は税込だと 764 円でした。
卸値が 6 掛けだと、458.4 円ということになりますね。
1 束 6kg とすると、1kg あたり 76.4 円ということですが、物流の経費がかなりかかるので、採算が取れるか、かなり怪しいところです。

まあ、そんなこんなで、いろいろ調査も兼ねた訪問だったのでありました。

メッシュパレットとコンテナの積み込み

道の駅 風和里しばやま からスタートです。
塔のようなものはオーチスのエレベータ試験棟です。
雨は降りそうにないですね。かわりに暑くなりそうです。

それはそうと、昨夜、竜巻に注意しろと深夜にもかかわらず放送があってビックリしたんですが、どう注意すればいいんでしょう。何事もなかったですが。

ユニック車をリースして、メッシュパレットの回収です。
盗まれたかもということでしたが、枚数が少ないですね。
思ったのの半分は言い過ぎだけど、一度に大抵 24 パレット積むのだから、2 回なら 48 枚ないといけませんん。
3 回だと、72 枚ですが、一山だと 12 枚あるかないかなので、かなり紛失しています。
安いものではないのですが、何枚足りないのかは調べて、少なくとも警察には届けを出さないといけないかなと思います。
ユニックのリースのコスト、回収のコスト(手間、運賃)、紛失のリスク、ということがあるので、メッシュを貸し出すのは、難しいかなと思います。

お昼は、ユニローズの黒にんたまでした。
ニンニク臭いです。
危険を感じたので、並ですが、餃子をつけてしまい、やはりくどかったです。

それはそうと、茨城って、なぜかセイコーマートが繁殖しているんですよ。
田舎のコンビニだと思っていたんですが、北海道に行った時に、向こうの地場のコンビニだと知りました。

夕方には積み込み完了して、途中のコンビニと、若洲とで、固縛の点検です。
この後、箱根峠で仮眠したいと思います。

これが日本一のトラック食堂だ! | 茨城到着

茨城に到着しています。

まぐろの後は、眠くなったので、ちょっと仮眠して、23 時過ぎに出発しました。
宇佐美で給油して、シャワーも借りてスッキリ。
とりあえず、潮見坂までいくことにしたんですが。。。

調子よく走って、何故か浜松の山岡家で力尽きました。
本店に行くとか何とか言っていたんですが。。。
時間も時間なんで、ネギ塩並です。
感想ですか?

クセになる味、ラーメンの山岡家♪

って感じです。

で、食べたらまた眠くなってしまいまして、これがよくなったですね。

結果これですよ。
寝過ぎ。

茨城の A さんと約束があるんですよ、夕方くらいに行きますって。

急いで出たんですけどね、時間が悪くて、渋滞にハマって、持ってきていたお土産ですが、全部上げてしまったので、掛川の道の駅でなんか買うことにしまして、買ったのが写真のブツです。
これ、買い方が分からなくて、レジのおねえさんを呼んでしまいましたが、

  1. お金を入れる
  2. 買いたい商品のボタンを押す
  3. なぜかタバコを引っ張る

という流れで買わないといけないのです。
引っ張る必要あるのか?

そして、ちょうどお昼に次の休憩スポット箱根峠に到着です。

8003 が日本一うまいと言っていた(ような記憶がある)食堂です。
8003 = はせさん、そうです、あの、Youtuber なめるなチェンソートラッカー です。
まあ、アンチもいるみたいですけどね。
どうでもいいけど、同年代だと思ってたんですけど、新聞に載って、年齢見たら平成生まれでした。

で、ホルモンと散々悩んでカルビを頼みました。
ご飯は普通盛りです。
肉は、ちょっと量が少ないですね。

案の定足りなくて、ホルモン追加。
そうすると、案の定ご飯が足りませんけど、また寝るといけないので、ぐっと我慢。

味は、とてもよろしいです。
また行くか、と聞かれると、間違いなく行くと思います。
量が少ないのは、金を出せば解決しますが、まずいのはどうしようもありません。


あ、メニューです。

ここを外すとこの先トラックを止めてゆっくり食事ができるようなところはありませんし、駐車場も広く、となりにはエコパーキングもあるので、ほぼほぼ確実に立ち寄ることができると思うので、関東方面に来る際には、多分ここ、毎回寄ると思います。

まぐろも 8003 情報だし。

で、ここから雨が結構ふだして、お店でトイレに寄るのを忘れたんですが、エコパーキングで寄ればよかったのに、寄らなかったら、ここから先はトラックが止められるところはほとんどありません。
お約束で、横浜あたりでトイレに行きたくなって、えらくしんどかったんで、ナビで宇佐美を探して、平和島で給油して、トイレ休憩をしましたが、土砂降りになりました。

野鳥公園の交差点ですが、相変わらずの行列です。
薪を船で運んだらと思っているんですが、この先に着くんで、間違いなくこの行列に並ぶことになるのかなと。
しかし、なんとかならないものですかね。

結局の話をすると、到着したのは 20 時でした。

途中のトラックのパーキングで台を切って、筑波牛久 IC から那珂 IC までは頭だけなので高速乗りましたが、直行すると 21 時過ぎの表示で、夕方って何時までなんだろうかとか思いましたが、無事にインター近くの A さんの土場で落ち合いました。
厳密にいうと、土場前のファミマですが。
なんか、雨の中立ち話のまま話し込んでしまって、2 時間くらい話していたようです。

実に濃い話だったんですが、興味関心ががっちり同じ方向を向いているのか、Youtube の話なんかでも、見てるチャンネルがほぼほぼ一致しているんだろうと思いますが、新しく登場した Youtuber さんの話なんかも大いに盛り上がりました。

この方なんですけどね。
うまいと思うんですよ、ものすごく。
この方のビデオがとても見やすいと思ったんですが、何がいいってカメラのアングルだと気づいたんです。

それで、自分もこのカメラ位置にバックカメラを追加しようと思うんですよ。

例の NEOTOKYO のミラーカムです。

VOLVO にはそもそもリアの窓もないので、当然、ルームミラーはありません。
ミラーカム自体はドラレコも兼ねているので、前後記録できるわけですし、SONY の STARVIS とかいう、高感度の CMOS センサを使っているらしく夜間でも安全確認に役立つかなと思うんです。

まあ、そのうちにつけようと思います。

明日は雨の予報で、明後日は天気が回復するようなのですが、いい加減疲れたので、明日は休みで、明後日積み込みをして帰る段取りに移りたいと思います。

ひさしぶりのまぐろレストラン

今日は神戸スタートです。

午後一、薪文化さんに到着です。
残っている薪を引き取っていただいて助かりました。

新しい焚火用の携帯ピットというんですかね、二次燃焼機能を組み込んでみたものが 2 種類と比較用のものと、試作品がありました。
最近は本当にキャンプ、焚き火に人気があるようです。

少しゆっくりしたいところでしたが、ひさしぶりにまぐろレストランに行きたかったので、それなりに急いで出発して、あとは普通に亀山を目指しました。
ただ、トラック(ナビ)で時間を見ると、まぐろレストランの到着が 18:30 くらいの表示でした。
ちょっと嫌な予感がしたので、Google で調べると、定休日ではないんですが、営業が 19:30 と今までよりも閉まるのが早いようで、亀山はスルーすることにしました。

それで、途中で見かけたのが謎の重機です。
ナンバー付きなんだけど、ナンバーが 8 でもなければ 9 でもない。
どう見ても 0 に見えるんですけど、目が悪くなったかと思って、写真を撮ったんだけどやはり 0 です。
調べたら、建設機械の大型特殊のナンバーが 0 だそうです。
初めて知りました。

なんか、綺麗な山岡家ができてたような気がしますし、駐車場もガラガラで停めやすそう。
今回は、台車が短いから、大抵の大型のスペースにはちょっとはみ出す程度で停められますが。
でも、初心貫徹、まぐろに行きますよ。
浮気はよくありません。
というよりも、今回、つくば界隈にも行くので、牛久の本店に行こうかとも思っているんですよ。
問題としては、旭屋にも行きたいということなんですが。
FB で知り合った茨城の A さんのヤードにもお邪魔したいんですが、那珂だから、ちょっと足を伸ばさないといけません。

そんなこんなで無事にまぐろにありつけましたよ。
豪快丼 1,000 円、大盛り 80 円、追加の味噌汁 80 円で、1,160 円です。

それで、大トロにするべきだったかなと。
豪快丼はいつも具が余るんです。
大盛りにしたんだけど、それでも米が足りなかったです。
マグロ自体は、ただのマグロで、量が多いんですが、赤みはそれほど好きではないので、米がないとしんどい感じです。
トロの方は、切り身が 1/2 くらいしか乗ってないので、ちょどいい感じです。
値段は 1.5 倍くらいするのですが。
中トロのものもあったので、馬鹿の一つ覚えで、おんなじもんばっかり食べずにたまには違うものも頼まないととは思いました。

その後、仮眠して、今し方目が覚めたんですが、ぼちぼち出発したいと思います。